140万DL突破、レシートを撮影するだけの家計簿アプリ「ReceReco」を開発する iOSエンジニアを募集!

7ヶ月前更新

担当するプロダクトは?

スマートフォンからレシートを撮影して使える家計簿アプリ「ReceReco 」に携わっていただきます。

ReceReco(レシレコ)

「家計簿をリデザインする」をコンセプトに、レシートのデータ化から、分析、外部連携までを無料で提供する家計簿/支出管理アプリ。

スマートフォンのカメラで飲食店やスーパーなどのレシートを撮影すると、品目や値段、店舗名などカテゴリーごとに即座に自動データ化して保存、そのデータを基に分析を行う他、他社サービスとの連携による共有などができます。

「簡単に家計簿登録ができる」点にフォーカスした UI / UX を軸に、とにかくラクに使えるサービスを目指して開発を行っています。

【ReceReco の特徴】

  • 面倒じゃない家計簿 …レシートをパシャッと撮ることで自動データ化。自由に分析、記録、共有までできて、週ごとや月ごとの支出内訳をグラフで確認、無駄な出費をチェックすることも可能。誰でも簡単に家計簿、お小遣い帳の作成ができます。

  • レシートを使ってライフログ …読み取ったレシート情報は、「食費」「被服費」「日用品費」などのタグをつけて管理。フォト・メモ機能で食べたものや買ったものに写真やメモを加えたりと、レシート管理と同時に使えばライフログ的に楽しむこともできます。

  • お得で便利な連携機能 …Evernote やマネーフォワード マネールック など外部サービスとの連携により、より高度な家計管理も可能。料理レシピ(E・レシピ )や電子チラシ(Shufoo! )、キャンペーン応募機能(シュフモ )など、家計管理にとどまらないお得な機能も充実しています。

2013年1月のリリース直後から話題となり、App Store ファイナンス部門で約40日間に渡り1位をキープ。さらに家計簿アプリ史上初めて AppStore 国内総合1位を獲得し、リリース後わずか5ヶ月で100万ダウンロードを達成。

2014年10月末の時点でダウンロード数は140万以上、登録されたレシート数は1,300万以上となっています。

また、金融イノベーションビジネスカンファレンス2013において大賞を受賞、2013年度グッドデザイン賞 を受賞しており、「煩雑な作業だった家計簿記録の大幅な簡易化に加え、家計のライフログツールとして利用可能」といった点が高く評価されています。

収益については現状はアプリ内広告と、アプリ内課金で500円を支払うと広告が出なくなる有料オプションの2パターン。

また ReceReco に蓄積されたデータは、日本有数のデータサイエンティストチームを抱えるブレインパッドの分析力を生かして、新たなビジネスモデルを生み出せると考えております。

今後も基本機能はシンプルさを保ちつつ、サービスの向上やデータ活用に向けて、積極的に外部サービスとの連携を行っていく予定です。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

家計簿アプリ「ReceReco 」の iOS版開発に携わっていただきます。

主に既存機能の改善と追加機能の開発ですが、少人数チームで開発しているためサーバー側の知識もある程度要求されます。

また ReceReco の機能は非常にシンプルですが、多くの他社サービス・アプリとの連携機能を提供しており、以下のものにも携わっていただくことになります。

  • Evernote SDK を利用した、Evernote とのレシートデータ同期
  • レシートの取り込みをより手軽にする機能として、スキャナ市場で世界トップシェアを誇る PFU の「ScanSnap 」や、「SnapLite 」との連携機能
  • ReceReco側が WebAPIを提供するデータ連携(お金管理サービス「マネールック 」、資産管理サービス「マネーフォワード 」や会計ソフト「freee 」と連携中)

さらにレシートデータの分析については、社内のデータサイエンティストと協力して行っており、業務に携わることでデータ分析分野の知識も身につけるチャンスがあります。

現場で使われている技術は?

iOSネイティブアプリについては、現状 Objective-C による開発です。

BitBucket上でチーム開発を行っており、プロジェクト管理に JIRA を使っています。

なおサーバーサイドは Java と PlayFramework という構成。データベースに MySQL、インフラは AWS を使っています。

採用されたら使う技術

言語

その他

技術面でアピールできることは?

  • 既存技術の制約がほとんどなく、新しい技術を使って何か実現してみたいという方に合致した現場です。
  • 機械学習やパターン認識などの社内勉強会が有志によって行われています。

開発の進め方は?

まずサービスの今後の方向性を共有し、チーム全員でディスカッションしながら、新機能や機能改善の開発を進めていきます。

開発リーダーがタスクを見積もりを行っており、スケジュールを JIRA上で管理。

実装後は Gerrit でチームによるコードレビューを行っています。

自動テスト環境は現状では未構築ですが、Jenkins による実機環境におけるテスト自動化を実施の予定です。

チームの構成は?

メンバー構成

プロジェクトリーダー、エンジニアからなる3名体制のチームとなります。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • 新規技術などを積極的に提案・採用していくことが可能です。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • プログラミング開発に好き嫌いなく取り組むことができる方
  • 開発技術やクラウドコンピューティング等、いずれかの分野で名前が知られた有識者の方
  • サービス全体のアーキテクチャ設計、運用のご経験をお持ちの方

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ブレインパッドには単に開発だけを行うのではなく、エンジニア自身がユーザーに提供する価値やサービスの収益化を考えながら開発を進められる環境が整っています。特に今回募集を行う家計簿アプリ「ReceReco 」の開発メンバーは、多く経験を積むことができるポジションです。

下記のような方には、きっと挑戦しがいのある環境だと思います。

  • アプリが大好きな方
  • 開発だけ、分析だけ、と仕事を限定されず、多くの経験を積んでみたい方
  • ユーザーの役に立っていることを実感できるプロダクトを作りたい方
  • データ分析を利用したサービス開発・運営に興味のある方

これらに当てはまる方、まずはオフィスにお越しいただき、お互いに色々とお話させていただけませんか? エントリーをお待ちしています。

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 10:00〜19:00(コアタイムを11:00〜16:00としたフレックスタイム制)

【休日休暇】 土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額3万円まで)

会社データ

株式会社ブレインパッド
株式会社ブレインパッド

Brainpad Inc.

メンバー
atsuhiro.yanagihara
柳原 淳宏
ぺーぺー
kazushige.morooka
kazushige.morooka
shuichi999
塚本 修一
Makoto.Yasuda
安田 誠
取締役
2at0sh1
2at0sh1
部長
kyoko.watanabe.5059
渡邊 恭子
人事
rily
rily
1230555563640753
1230555563640753

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都港区白金台3-2-10


事業内容

株式会社ブレインパッドはデータサイエンティストのプロ集団とも言える会社で、企業の蓄積データの分析業務を請け負う「アナリティクス事業」、そこで用いられている分析技術を使ったネットサービスを提供する「マーケティングプラットフォーム事業」、CRM・分析ソフトの販売やシステム構築を行う「ソリューション事業」の3つを事業の柱としています。

代表の草野隆史は慶應大学SFC出身。大学院修士課程を修了後、サン・マイクロシステムズを経て、インターネットプロバイダのインフラ構築を支援するフリービットの立ち上げに役員として参画、法人営業と事業企画を担当しました。

取引先各社と接する中で、インターネット技術の普及により企業内に膨大なデータが蓄積されながらも、それらに分析能力が追いつかず有効活用されていないことに着目。2004年3月、株式会社ブレインパッドを設立しました。

創業当初は国内においてデータマイニングの重要性があまり認識されておらず、また2005年から施行された個人情報保護法も高いハードルとなり、仕事の受注自体が難しい状況が続くも、「社会の役に立つデータマイニングは必ず世の中に普及するはずだ」という確信のもとに営業体制を強化。

広告代理店や印刷機メーカーなどから大きな仕事が舞い込んだ機会を逃さず、データマイニング技術を活用したマーケティングの有効性を実証するなど着実に実績を積み重ねることで、取引先を徐々に拡大。現在では日本マクドナルドや博報堂といった大企業を始め、金融から商社、小売、人材、エンターテイメント企業など幅広い業種の企業から仕事を受注しています。

一方でデータ分析事業で培った技術を応用した自社製品の開発に着手を始め、2006年にはWebサイト訪問者の行動解析に基づき、最適なアクションを実現可能にするレコメンデーションシステム「Rtoaster (アールトースター)」を提供開始。

その他2010年リリースのリスティング広告の自動最適化ツール「L2Mixer (エルツーミキサー)」など、マーケティング支援ツールは現在16を超え 、大手企業を中心に延べ150社以上に導入されています。

アナリティクス事業、マーケティングプラットフォーム事業、ソリューション事業それぞれが売上を伸ばしていく中、ブレインパッドは2011年9月に東証マザーズに上場。さらに順調に成長を続け2013年7月には市場変更を行い、東証一部上場企業となりました。

さらにコンシューマー分野にも進出し、スマートフォン用家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ) 」をリリース。レシートを撮影すると自動的にデータ化され、分析や外部連携が行えるアプリで、家計簿アプリ史上初めて AppStore 国内総合1位を獲得。リリース後5ヶ月で100万ダウンロードを突破、「金融イノベーションビジネスカンファレンス2013」で大賞を受賞、さらに「2013年度グッドデザイン賞」を受賞。

また ReceReco(レシレコ) のヒットにより、会社の一般認知も広がりました。

2014年6月現在ブレインパッドの社員数は143名(連結子会社含む)ほど。その内約60名が分析を担当するデータサイエンティストで、会社設立から10年で延べ300社以上のクライアントのデータ分析を支援してきました。

また米国と中国に現地法人を設立、優秀な分析スタッフを採用・育成する拠点とすると共に、現地市場でのサービス展開も視野に入れて活動中です。

2014年6月期の売上高はブレインパッド単体でおよそ25億円、経常利益は2.2億円となっており、2017年には「経常利益30億円を社員300名で達成できる高収益企業」とするべく、その成長エンジンとなる人材開発を推し進め、業務領域のさらなる拡大を図っています。

今後はデータ分析の対象をマーケティング領域からさらに広げるとともに、市場ニーズをとらえたテクノロジードリブンな新しいサービスへのチャレンジを続け、世界に通用するサービス企業を目指しています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • オフィスは白金台駅から徒歩1分と駅近です。
  • ストックオプションを全社員に付与、また社員の長期的な財産形成を目的とした従業員持株制度があります。
  • 技術や英語の勉強など、個人のスキルアップのため年額12万円まで補助されます。(SKILL-UP-AID制度)
  • 社内ラウンジは19時以降、アルコール解禁。一杯やりながらの技術談義をよく行っています。(AFTER-7-AID制度)
  • 東北の復興支援のためのサイクリングイベント「ツール・ド・東北 」に毎年協賛しています。

この企業の他の求人