toB / toC の自社サービスにおける大量データの蓄積・分析を助ける、ブレインパッドの各種プロダクトを担当する Androidエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

レコメンドエンジン搭載の統合マーケティングツール「Rtoaster(アールトースター) 」の Android SDK 開発、および、140万DL超の家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ) 」の Android版開発をご担当いただきます。

Rtoaster SDK

Rtoaster は、企業の抱えるユーザー1人1人への最適な情報提供を行うレコメンデーションシステムと、Webサーバーに蓄積されるビッグデータや自社サイトのログデータなどを一元管理・分析し、広告配信などのアクションプランの最適化を実現する DMP が統合されたシステムです。

2016年1月現在、160社が導入済みで、レコメンドエンジン搭載のプライベートDMPとしては国内最大規模。サイトやアプリ内のユーザー行動、CRMデータ、ソーシャルデータ他、様々なデータを管理できることに加え、他社の解析ツールとの連携による多彩な分析機能を備えており、数多くの企業のサービス成長を支援しています。

Rtoaster SDK は、Rtoaster を Androidアプリで利用するための SDK。

この SDK を導入することで、ユーザーの情報をより簡単に、より幅広い属性情報を収集することが可能となります。さらにプッシュ機能の活用により、ユーザーの属性別に商品情報やセール情報など様々なお知らせを配信することができるため、企業の手がけるスマートフォンアプリの成長およびサービスの規模拡大を支援することが可能です。

ReceReco

「家計簿をリデザインする」をコンセプトに、レシートのデータ化から、分析、外部連携までを無料で提供する家計簿/支出管理アプリ。撮影したレシートの情報を、品目や値段、店舗名などカテゴリーごとに即座に自動データ化して保存、そのデータを基に分析を行うことができます。

Evernote やマネーフォワード マネールック など外部サービスとの連携により、より高度な家計管理も可能。料理レシピ(E・レシピ )や電子チラシ(Shufoo! )、キャンペーン応募機能(シュフモ )など、家計管理にとどまらないお得な機能も充実しています。

今後は新機能の開発を進めるとともに、日本有数のデータサイエンティストチームを抱えるブレインパッドの分析力を生かして、ReceReco に蓄積したデータを用いて新たなビジネスモデルを生み出すことを目指しています。

具体的な業務内容は?

統合マーケティングツール「Rtoaster 」の Android SDK 開発、および、人気家計簿アプリ「ReceReco 」の Android版の新機能開発をご担当いただきます。

ベトナムのオフショア開発チームと協力して開発を行っており、ブリッジSE を通して依頼を行う業務も併せて行っていただきます。また、Rtoaster 自体の開発は別チーム にて行っています。

現場で使われている技術は?

2プロダクトともに、Java を使って開発を実施。ビルドツールは Gradle を使用しています。

チーム開発は Bitbucket上で行っており、プロジェクト管理に JIRA、情報共有に Confluence、チャットツールに HipChat を使用。全社的に Atlassian製品を使っています。

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

  • 幅広く業務に携わることができる社内文化があるため、多方面に興味を持ち、積極的に学びながら業務を行いたい方には最適な環境です。
  • 技術に関する知見共有が活発。各エンジニアが社内勉強会やブログ などで、積極的にアウトプットを行っています。
  • 開発技術の選定に関しては、開発メンバー主導で検討し、プロダクトに導入することができます。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

営業やプロダクト企画、サポートといった他部門を通して顧客の要望を受け、それを元にチームリーダーを中心とした開発メンバーで話し合った上で、仕様に落とし込みます。

タスクの見積もり、スケジュール管理

チームリーダーが全体的な見積もりを行い、JIRA を使ってスケジュール管理をしています。

開発フロー、デプロイフロー

機能テストで動く粒度のもので、JIRA でチケット化をしております。チケット採番→実装→テスト→受け入れテスト→デプロイの流れです。

コードレビュー

Bitbucket で Pull Request ベースでレビューを行っています。

ソフトウェアテスト

単体テストはビルド毎に自動的に実施されるよう設定しております。機能テスト、受け入れテストは本番と同等の環境の開発環境で実施しております。

チームの構成は?

メンバー構成

2016年1月現在、開発部のメンバーは常駐スタッフが3名おります。

  • エンジニア 3名(内、1名はブリッジSE)

チームの性別比率

  • 男性 100%
  • 女性 0%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 作ろうとしているプログラムの仕組みや性質を隅々まで理解した上で、最適なコードを書ける方。
  • 効率とスピードを重視して開発に取り組み、担当する仕事を完遂することができる方。

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

今回のポジションでお任せする業務は、ブレインパッドが培ってきたレコメンドエンジンの技術をスマートフォンアプリで活用するための SDK 開発です。国内では草分け的存在としてこれから注目される製品であり、大きなやりがいを感じていただけると考えています。これから拡大させていく段階のプロダクトなので、ぜひお互いにアイデアを出し合っていっしょに開発していきましょう。

社内にはデータマイニングや機械学習などの技術に精通したエンジニアが多く在籍しており、その方面の技術に興味がある方にとって刺激の多い環境。プロダクト開発自体も、機械学習や予測モデリングや最適化技術を使ったエキサイティングなものとなっており、メンバーが一丸となって、世界のマーケティング環境を革新するようなサービスを目指しています。

最新の統計技術を用いてデジタルマーケティング領域の先頭を走るサービスを開発することに少しでも興味を感じられた方、ぜひ一度私たちのオフィスへ来て、気軽にお話ししてみませんか?

エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 10:00〜19:00(コアタイムを11:00〜16:00としたフレックスタイム制)
【休日休暇】 土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、その他会社が定めた休日

社会保険・福利厚生など
  • 交通費支給(3万円まで)
  • 社会保険完備(雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険)
  • SKILL-UP-AID:年額12万円まで、個人のスキルアップのため自由に活用できる制度
  • BOOK-AID:業務に必要な書籍であれば、会社が全額費用を負担するサポート制度
  • 社員持株会制度

会社データ

株式会社ブレインパッド
株式会社ブレインパッド

Brainpad Inc.

メンバー
Nobody
柳原 淳宏
Nobody
kazushige.morooka
C825279fafd5cb7e3e712194d45fb33c
塚本 修一
Nobody
安田 誠
Nobody
2at0sh1
Nobody
渡邊 恭子
C1fc4ffbd9c12535b306c9520a7e72c0
rily
Nobody
1230555563640753

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都港区白金台3-2-10


事業内容

株式会社ブレインパッドは、データマイニングや最新テクノロジーを用いて、データ分析で企業のマーケティング課題を解決するプロフェッショナル集団で、企業の蓄積データの分析業務を請け負う「アナリティクス事業」、そこで用いられている分析技術を使った自社開発サービスを提供する「マーケティングプラットフォーム事業」、CRM・分析ソフトの販売やシステム構築を行う「ソリューション事業」の3つを事業の柱としています。

代表取締役会長の草野隆史は、慶應大学SFC出身。大学院修士課程を修了後、サン・マイクロシステムズを経て、インターネットプロバイダのインフラ構築を支援するフリービットの立ち上げに役員として参画、法人営業と事業企画を担当しました。

取引先各社と接する中、インターネット技術の普及により企業内に膨大なデータが蓄積されながらも、それらに分析能力が追いつかず有効活用されていないことに着目し、データ分析に特化した事業での起業を決意。2004年3月、フリービットの取引先だった分析ソフト会社である、マーケットスイッチ・ジャパンの代表を務めていた佐藤清之輔(現・代表取締役社長)とともに、株式会社ブレインパッドを設立しました。

創業当初は国内においてデータマイニングの重要性があまり認識されておらず、また2005年から施行された個人情報保護法も高いハードルとなり、仕事の受注自体が難しい状況が続くも、「社会の役に立つデータマイニングは必ず世の中に普及するはずだ」という確信のもとに営業体制を強化。

広告代理店や印刷機メーカーなどから大きな仕事が舞い込んだ機会を逃さず、データマイニング技術を活用したマーケティングの有効性を実証するなど着実に実績を積み重ねることで、取引先を徐々に拡大。一方で、データ分析事業で培った技術を応用した自社製品の開発に着手を始め、2006年にはWebサイト訪問者の行動解析に基づき、最適なアクションを実現可能にするレコメンデーションシステム「Rtoaster(アールトースター) 」を提供開始。さらに、リスティング広告の自動最適化ツール「L2Mixer(エルツーミキサー) 」を2010年にリリースしました。

アナリティクス事業、マーケティングプラットフォーム事業、ソリューション事業それぞれが売上を伸ばしていく中、ブレインパッドは2011年9月に東証マザーズに上場。2013年7月には市場変更を行い、東証一部上場企業となりました。

さらにコンシューマー分野にも進出し、スマートフォン用家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ) 」をリリース。レシートを撮影すると自動的にデータ化され、分析や外部連携が行えるアプリで、家計簿アプリ史上初めて AppStore 国内総合1位を獲得。リリース後5ヶ月で100万ダウンロードを突破し、「金融イノベーションビジネスカンファレンス2013」で大賞を受賞、さらに「2013年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

2016年1月現在、ブレインパッドの社員数は170名ほど。その内約60名が分析を担当するデータサイエンティストで、会社設立から10年で、延べ300社以上のクライアント企業のデータを分析。日本マクドナルドや博報堂といった大企業を始め、金融から商社、小売、人材、エンターテイメント分野など、幅広い業種における企業を支援しています。法人向けのマーケティング支援ツールは16を数えるまでになり、大手企業を中心に延べ160社以上に導入されています。

2015年時点で売上高は27億円、経常利益は1億円。2019年には売上高で60億円、経常利益で10億円の規模へと成長させるべく、その成長エンジンとなる人材開発を推し進め、業務領域のさらなる拡大を図っています。

今後はデータ分析の対象をマーケティング領域を超えて広げていくとともに、市場ニーズをとらえたテクノロジードリブンな新しいサービスへのチャレンジを続け、世界に通用するサービスを提供することを目指しています。


会社・オフィスのアピールポイント
  • フレックスタイム制を導入しており、柔軟な働き方が可能です。
  • オフィスは白金台駅から徒歩1分と駅近です。
  • 技術や英語の勉強など、個人のスキルアップのため年額12万円まで補助されます。
  • 社員の長期的な財産形成を目的とした従業員持株制度があります。
  • 作業中はヘッドホンで音楽を聴けるなど、みんな自由なスタイルをとっています。
  • デュアル、またはそれ以上のディスプレイ環境を完備しています。
  • 東北の復興支援のためのサイクリングイベント「ツール・ド・東北 」に毎年協賛しています。社外活動(非公式含む)が活発で、テレマークスキー、ボルダリング、BBQなど、様々な活動を行っています。

この企業の他の求人