ドコモ×電通共同出資のデジタルマーケティング企業 D2C が運営するリスティング広告システムのプロジェクトマネージャーを募集!

8ヶ月前更新
年収
400  700

勤務地
東京


担当するプロダクトは?

D2Cが提供する検索連動広告配信システム「D2C Listing Ads 」の開発に携わっていただきます。

D2C Listing Ads

日本では数えるほどしかないリスティング広告専用配信システム。
NTTドコモのポータルサイト「iメニュー」「dメニュー」の他、「au ポータル」、「Yahoo! JAPAN」の携帯電話版にも広告を配信しています。

ビジネスモデルはペイパークリックによる課金で、クリックチャージとシステム利用料(クリックチャージ×20%)を合わせた金額が掲載料金となっています。

具体的な業務内容は?

検索連動広告配信システム「D2C Listing Ads 」の開発・運用におけるプロジェクトマネジメントを担当していただきます。

リスティング事業部門と密にコミュニケーションを取りながら継続的開発を進めていきます。現在、システムの開発・運用は外注パートナー業者が行っていますが、次期システムでは社内での内製化を目指しています。

現場で使われている技術は?

Java による開発です。データベースは Oracle、インフラはオンプレミスとなっています。

また、プロジェクト管理に Backlog を使用しています。

採用されたら使う技術

言語

データベース

その他、現場で使われている技術

プロジェクト管理

技術面でアピールできることは?

大規模システム/高トラフィック/高レスポンス要求/ビッグデータを扱うシステムの開発運用経験が身に付きます。

開発の進め方は?

事業部門からの要望を元に実現方法を外注パートナー業者と検討して、仕様とスケジュールと金額を決定。事業部による実施決定となったら、社内の決済承認を得て着手します。

詳細な仕様策定は協力会社さんと事業部の間に立ち、課題やスケジュール、予算の調整を行いながら齟齬がないように意見を取りまとめます。検収前は受入試験の実施を行います。

チームの構成は?

メンバー構成

チームのメンバーは現在2名です。

  • プロジェクトリーダー 2名
  • 常駐メンバー 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • 1度は聞いたことのある大規模サイトやサービスへの広告配信に携わることができます。
  • 担当したプロジェクトが事業の売上に貢献できたとき、その喜びは非常に大きいものです。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 技術力とコミュニケーション能力、また志の高い方。
  • アドテクノロジーに関する開発経験がある方。
  • ビジネスを立ち上げた経験がある方。
  • スクラムマスターとしての実績がある方。

提示年収の上限額
700 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ふだん何気なく接しているインターネット上の広告ですが、その裏側は

  • ピークを予測した高負荷への対応
  • 数ミリ秒のレスポンスとの戦い
  • PC/スマートフォン/タブレットそれぞれにおけるブラウザ/アプリといったマルチデバイス・マルチクライアント対応
  • ビッグデータ解析
  • スケーラブルなインフラ
  • KVS やクラウド等の新技術・サービスの適用
  • チーム開発、高速開発、DevOps

といった最先端の様々な技術の組み合わせで実現されています。こちらのポジションではこれら全てに携わっていただくことになりますので、大変ですがエンジニアとしてのキャリアの幅を広げられるやりがいのある業務だと思います。

少しでも興味を持たれた方、ぜひ一度オフィスに来てお話ししませんか? エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:30〜18:00

【休日休暇】土日祝日、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、結婚休暇、リフレッシュ休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費(月上限10万円まで全額支給)
  • 退職金制度あり
  • 社会保険:NTT健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険、NTT企業年金基金
  • コミュニケーション施策(部活動やコンセプト交流会、全社忘年会など部門を跨いだ交流の機会多数)

会社データ

株式会社D2C
株式会社D2C

D2C Inc.

メンバー
entaka
Takashi Endo
kozykana
金澤 幸治
部長
kuniyuki.aonuma
青沼 邦之
コーポレート本部 人事総務部
tomoko.tanaka.3348
tomoko.tanaka.3348
コーポレート本部 人事総務部
takuma.sawai
沢井 拓
エキスパート

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル


事業内容

株式会社D2C は、NTTドコモと電通の共同出資による合弁企業で、モバイル広告およびモバイルマーケティングを手がけています。

会社の創業は2000年6月。当時 NTTドコモは前年より開始していた i-modeサービスが広く普及することを予測して、企業向けのマーケティングサービス提供を模索していました。そんな折、電通がいち早く i-mode サービスへの広告利用の可能性に目を付け、両社の思惑が一致。そこに NTTアドが加わり、3社の協同出資による合弁企業を設立することに合意、株式会社ディーツーコミュニケーションズの設立に至りました。(社名は2012年6月、「株式会社D2C」に変更)

世界初のモバイル広告企業として、様々な形による携帯電話向け広告配信をスタート。

2000年7月に「Picture広告」、「モバイルメール広告」を、2001年4月にプッシュ型広告配信サービス「メッセージF(フリー)」を提供開始。また2002年4月に「モバイル広告大賞 (現 コードアワード )」を創設し、モバイルを使った広告やマーケティングの健全な発展と普及を支援しました。

2010年6月、創業10周年を迎えたことを機に新体制へと生まれ変わった D2C は、引き続き精力的に事業を拡大、2011年3月にはコンシューマ事業を開始し、ゲームアプリやコンテンツなどの開発を手がけました。

同年8月には50億円の増資を実施。豊富な資金を得た D2C はインド・インドネシアでモバイル広告を手がけるシンガポールの Affle や、モバイル向けコンテンツの制作・調達を行う米Bellrock Mediaへの出資を行い、また中国・上海に100%出資の現地法人「迪尓希広告有限公司」を設立するなど、海外に向けても事業を大きく展開。

さらに既存の事業との相乗効果をねらい、広告配信管理プラットフォームを提供する Kauli や、ブラウザゲーム開発 JavaScript フレームワーク enchant.js 等を提供するユビキタスエンターテインメントといった国内の有望企業への出資を実施。

また2013年2月、モバイルデバイス向け成果報酬型広告などの広告商品開発および販売を行う子会社「株式会社D2C R」を設立。同年7月に Webサイトやアプリ、デジタルコンテンツなどの受託開発・制作、スマートフォン向けゲームの運用を行う「株式会社D2Cソリューションズ」を設立しました。

2014年10月現在、D2C の子会社・関連会社は合わせて7社を数えるグループ企業群を形成。D2Cグループは市場環境や社会心理が変化する中、広告・マーケティング事業のみならず、ワイヤレス領域を軸とした様々な事業を行っています。

ワイヤレスが実現する様々な生活シーンをデザインし、ワイヤレスを活用したコミュニケーションの発展に貢献、人々の生活を豊かにするべく事業展開しています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • 大企業の「しっかりさ」とスタートアップ企業の「スピード」を併せ持つ社風です。
  • 業務用スマートフォンを、1人1台支給しています。
  • NTTドコモ、電通のグループ社員向け研修への参加が可能です。
  • 有料社外研修への参加支援制度を設けています。
  • 汐留駅から徒歩1分、最寄り駅から雨に濡れずに会社に来ることができます。

この企業の他の求人