Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

Scala でアドテクを追究する Demand Side Science がエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

プライベートDSPパッケージ「fractale

DSP(Demand Side Platform:広告主が出稿する広告効果の最大化を支援するツールのこと)のサーバインストール型のパッケージ製品です。クライアントに導入する際は、企業ごとにカスタマイズしています。

各種ターゲティング配信、データマネジメント、最適化エンジン、効果測定などのDSPとして基本的な機能を備えており、マーケティングプラットフォームとして ROI(投資対効果)を最適化していくことを可能としたパッケージ製品です。

広告関連システムのコンサルティングおよび受託開発

デジタル広告領域において、Scala やその他オープンソースソフトウェアを組み合わせて活用する形で、受託開発およびコンサルティングを行っています。

使用する技術は、

Scala、Play Framework、Finagle、Backbone.js、nvd3、Haskell、MySQL、HBase、Hive、Redis、SVM(Support Vector Machine:教師あり学習による識別手法の一種)、UCB(Upper Confidence Bound:得られた評価値の信頼性を自動的に高めるアルゴリズム)

など様々です。

受託案件ではありますが、広告業界は変化の早い業界なので新規性の高い業務に携わることができます。

広告関連新規プロダクト

fractale の次を担うプロダクトの開発を現在計画中です。

具体的な業務内容は?

状況に応じて各案件をご担当いただきます。

プライベートDSPパッケージ「fractale」のサービス運用、機能改善

導入先の企業と連携を取りながら、課題の解決や機能改修などを行います。インフラ保守は導入先企業担当のため、当社の担当は主にアプリに関するものとなります。

広告関連システムのコンサルティングおよび受託開発/広告関連新規プロダクトの開発

開発業務を中心にご担当いただきますが、プロジェクトマネージャーや企画をやりたい方も歓迎しています。

現場で使われている技術は?

Demand Side Science では、ほとんどの成果物が Scala で実装されています。fractale では Webビーコンに Play Framework を採用、またRTB取引サーバには Twitter が公開している RPCフレームワーク「Finagle 」を使い、ハイパフォーマンスを実現しています。

またフロントエンドJavaScript は Backbone.js で構造化。メインデータベースは MySQL で、バックエンドのログ基盤として HBase & Hive を使用しています。

テストについては Specs2 でサーバー側、Jasmine でフロントエンドの単体テストを記述しています。

インフラはオンプレミスで、構成管理に Ansible を使っています。

チーム開発は GitLab 上で行っており、チケット管理に Redmine、HipChat でチーム内のコミュニケーションを取っています。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

その他

その他、現場で使われている技術

言語

データベース

プロジェクト管理

情報共有ツール

技術面でアピールできることは?

  • 現状ではほとんどの成果物が Scala で実装されており、Scala に習熟するにはよい環境です。
  • Scala だけではなく Haskell など関数型言語に興味があるエンジニアが多いです。
  • フロントエンドもバックエンドも関係なく様々な領域にチャレンジできます。実際、UI/UXからバックエンドまでこなす人もいます。

【社内技術ブログ】

開発の進め方は?

ゆるいアジャイル開発スタイルで、スプリント計画やふりかえりを軸に、状況や案件規模に応じて進め方をアレンジしています。

気づいたことなどはすぐに HipChat で共有し、そこで仕様が決まることも多いです。開発作業そのものは GitLab の Merge Request(= GitHub の Pull Request と同じ) と、Redmine のチケットを組み合わせてプロジェクトを進めていきます。

チームの構成は?

メンバー構成

エンジニアは全部で6名(役員含む)。少人数で社員同士の距離が近く、厳密に役割を分けることはあまりないですが、以下のような構成です。

  • プロジェクトリーダー 1名
  • フロントエンドエンジニア 2名
  • サーバーサイドエンジニア 1名
  • インフラエンジニア 1名

この仕事のやりがいは?

  • Scala でほとんどの開発ができること
  • Finagle などの新しい技術や、機械学習などのアカデミックな技術をリサーチして、エンジニア個々の判断で使っていける社風
  • 技術的にもビジネス的にも、アドテクノロジーの最前線に触れられること

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 1年以上、何らかの OSSプロジェクトのコミッターである方
  • コードの品質が高く、それを可能にするための方法論を他人に説明することができる方
  • 人格者で、場を和ませたり他のメンバーの士気を上げる力を持っている方
  • 顧客ないし利用者の声を聞き、適切なコミュニケーションを実践できる方
  • アドテクノロジーの分野で、高負荷・大規模データ処理システムの開発経験がある方

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

Demand Side Science 株式会社は、社員全員がエンジニアで10名以下の小さな会社ですが、その分メンバー同士の距離も近いですし、様々なスキルセットや興味領域を持ったメンバーが活躍しています。

エンジニアとして技術そのものにこだわる道も、企画や運用を含めたサービス作りにこだわる道、どちらもあると思います。あなたにとって、長い目で見て役立つスキルが身につくキャリアプランを一緒に考えていきたいと思っています。

Scala をバンバン使って開発したい方、また大規模配信や機械学習など広告分野ならではの技術に取り組んでみたい方、オフィスはエンジニアばかりなので静かで落ち着いた雰囲気です。興味を持たれた方はお気軽にご応募ください。良ければご飯でも行きましょう。

なお、当社はほとんどのプロダクトを Scala で開発していますが Scala経験は不問です。経験0からScalaを学んで活躍している人もいます。

エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 10:00〜19:00

【休日休暇】 土日祝日、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額3万円まで)
  • 近距離手当(2駅以内在住かつ交通費がない場合、月額2万円支給)

会社データ

Demand Side Science株式会社
Demand Side Science株式会社

Demand Side Science, Inc.

メンバー
Nobody
平岩 二郎

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル


事業内容

Demand Side Science 株式会社は、広告配信プラットフォームのパッケージ製品開発およびデジタル広告領域における受託開発、コンサルティングなどを行っています。

当社は、代表の平岩がとある広告配信最適化エンジンの開発に関わったことがきっかけで、アドテクノロジーベンダーとして2012年11月に創業しました。主に DSP(Demand Side Platform)と呼ばれる分野を中心に開発を行っています。

DSPとはデジタル広告において広告主が出稿する広告効果の最大化を支援するシステムのことで、具体的には、 RTB(Real Time Bidding)をはじめ、予算や入稿の管理といった基本的な機能から、オーディエンスの属性に基づいた配信の最適化、配信枠の最適化などのインテリジェントな機能までを提供するシステムです。

製品としては、プライベートDSPパッケージ「fractale」を開発、提供しています。各種ターゲティング配信、データマネジメント、最適化エンジン、効果測定など、DSPとして基本的な機能を備えながら、クライアントのデータ資産や事業領域に合わせたカスタマイズを行える、サーバインストール型のDSPパッケージ製品です。

開発にあたっては、関数型言語であること、パフォーマンス面、エコシステムの発展性などの理由で、主に Scala を利用しています。Scalaに限らず、関数型言語や新しい技術が好きなエンジニアが集まっていますので、新しいことが受けいられやすい環境です。

Demand Side Science 株式会社はその名の通り、DSP を始めとする広告のデマンドサイドの課題を技術の力で解決するための会社です。「技術の力でデジタル広告のコミュニケーションを改善すること」を理念に、様々なアドテクノロジーを研究・開発し、広告主だけでなくそれを受け取る生活者にとってもより良い広告コミュニケーションが取れる世界を目指しています。


会社・オフィスのアピールポイント
  • 会社規模の割にトイレが2つと多く、両方ともウォシュレット完備です。
  • 社外に向けて勉強会スペースを提供しているほか、社内での勉強会も不定期開催しています。
  • Scala国内カンファレンスのスポンサーもちょっとだけさせていただいてます。