国内270万DLを突破、海外版も好調のリアルタイム協力バトルRPG「ぼくとドラゴン」のサーバーサイド Rubyエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

イグニスが100%子会社のスタジオキング名義で2015年2月(iOS版は3月)にリリースした、新感覚のギルドバトルRPG「ぼくとドラゴン 」をご担当いただきます。

ぼくとドラゴン

3Dアクション要素とRPG要素、リアルタイムバトルの3要素が楽しめる新感覚のスマートフォンゲーム。3Dアクション要素はタップでのスライム狩り、RPGはドラゴンとの白熱のバトル、リアルタイムバトルはギルド間の大規模戦闘となっています。

ゲームで遊ぶ「人と人とのコミュニケーション」を強く意識しており、スマホゲームにありがちなクエストの体力制限は一切なし。好きなときに好きなだけ遊ぶことができます。

  • 大迫力の 3Dドラゴン討伐
    ギルドの仲間の力を借りて、強大なドラゴンを撃破! 3D で描く大迫力の討伐シーンは最後まで目が離せません。伝説のドラゴンを撃破すれば、強力な仲間にすることができます。

  • アツい! リアルタイム協力バトル
    他のプレイヤーとリアルタイムでやりとりすることが可能。ギルド同士が激突する完全リアルタイムバトルで、仲間とタイミングをあわせて一発逆転を狙おう!

  • 超ハイクオリティのイラスト
    美少女・イケメン・ドラゴンまで、総勢100体以上のユニットが存在。デッキの組み方は無限大です!

2015年2月20日に Android版を先行配信、3月13日に iOS版をリリース。Google Play のカテゴリ無料ランキングで1位を獲得、App Store でもトップセールスに継続して上位ランクに入っており、2016年3月現在、270万ダウンロードを達成。リリースから一度もメインコンテンツであるリアルタイム協力バトルを中止したことがなく、安定した運営を続けています。

さらに海外版の提供も開始しており、台湾・香港・マカオ市場向けに繁体字版 の提供をスタート。こちらの発進も好調となっています。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

ぼくとドラゴン 」の新規イベント開発や機能改善、およびインフラ運用に携わっていただきます。

企画段階からエンジニアも積極的に関わっており、プロデューサーへの直接提案も可能です。またチームにはインフラ専門のエンジニアがおらず DevOps 運用となっているため、インフラ周りの業務も担当に含まれます。

海外展開も好調なスタートを切ったぼくとドラゴン を皮切りに、イグニスのゲーム事業は大きな新規サービスリリースも控えています。推進力を高めながら、さらなる事業拡大を目指しているまっただ中となっています。

現場で使われている技術は?

サーバーサイドの開発言語は Ruby、フレームワークは Ruby on Rails という構成。
Minitest でユニットテストを記述、合わせて API の挙動も自社開発ツールを組み合わせてテストしており、それらが Jenkins で自動実行される環境を構築しています。

データベースは MariaDB を使用。また Chef で構成管理、Capistrano でデプロイを行っています。

なお iOS 版および Android 版のクライアントは Unity によるクロスプラットフォーム開発で、言語には C# が使われています。

GitHub 上でチーム開発を行っており、プロジェクト管理に Pivotal Tracker、情報共有ツールとして Qiita:Team を使用。チャットツールとして、HipChat と Skype を併用しています。

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

その他

技術面でアピールできることは?

  • 社内での技術共有や課題解決のため、プロジェクトを横断して開発技術ごとのチームを形成しています。
  • プロジェクト進行にまつわる課題をプログラミングで解決することが開発チームのモットー。人間がやらなくていい作業の自動化を推進することで、少数精鋭のスタイルとスピーディーな開発サイクルを維持しています。
  • 常に失敗から学び、PDCA を回して独自のノウハウを強化。市場動向をキャッチアップしてスピードと質を意識した開発を行うとともに、組織の規模に合わせた適切なサービス展開を分析し、戦略的に組織を成長させています。
  • イグニスグループ全社のナレッジを共有しあい、新しい技術を積極的に試していく体制ができています。技術力の高さを持ち合わせたメンバーが切磋琢磨しており、サービス開発に関するスキルアップに最適な環境であると自負しています。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

ディレクターが、機能の素案、目的・目標を作成してチームを招集し、クオリティの責任者とスケジュールの責任者を設定、α→β→リリースのマイルストーンを作成します。α ではコアな体験の確認、β ではクオリティの確認を行い、リリースまでチーム全員で最終調整を行っていきます。

タスクの見積もり、スケジュール管理

機能の素案を具体化した後、担当のエンジニアやデザイナーが見積もりを行い、全体スケジュールに反映します。全体スケジュールはディレクターが、ある時期までに必須となる各機能を余裕を持って置いておき、担当者の見積もりを反映して固めていくボトムアップの管理方法をとっています。

開発フロー

複数の機能開発を同時進行しており、機能ごとに小さなチームを招集、スクラムライクな開発フローで進行します。リリースまでの見積もりが2週間以上になる場合、1週間をスプリントの単位としてレビューを行います。
リリース後には、実際のプレイフィールと分解した数値目標を元にふりかえりを行い、次回のさらなる精度向上を目指します。

コードレビュー

GitHub の Pull Request ベースで行っています。

ソフトウェアテスト

単体テストはモデルレイヤーでのロジックの検証中心で、「肝心な部分にミスが発生したときに気づくか?」を基準に、最低コストで作成します。機能テストは API連携部分について作成し、クライアントエンジニアとサーバーエンジニア間で手戻りを最小にすることを心がけています。
また、単体テスト、ゲームのコアな部分を検証する内製ツールでのテストを、Jenkins で自動化しています。

チームの構成は?

メンバー構成

スマホネイティブゲーム開発においては1チームのみとなっており、以下の構成です。

  • プロデューサー 1名
  • プランナー 4名
  • サーバーサイドエンジニア 3名
  • スマートフォンエンジニア 5名
  • UIデザイナー 5名
  • 3DCGデザイナー 3名
  • グラフィッカー 5名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 保守性、耐障害性、パフォーマンスの観点から、品質の高い機能開発を行うことができる方。
  • ゲームをおもしろくする仕様提案、開発効率向上につながる提案ができる方。

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

イグニスは、代表取締役社長の銭と代表取締役CTO の鈴木による2代表制の会社です。エンジニアが CTO として経営に参画していたり、社長がエンジニア出身という会社はたくさんありますが、技術開発の最高責任者が代表権を持ち、経営の最終判断を下すことができる会社は日本ではそれほど多くありません。

しかし、エンジニアがいなければサービスを作ることはできません。
エンジニアが真にパフォーマンスを発揮できる環境を作るためには、エンジニアのことを100%理解し、経営の最終判断ができる代表が必要であると考えています。

当社の取り組んでいるネイティブゲーム開発は長期戦です。レッドオーシャンと言われる市場において、大きな利益をあげながらメンバー全員が充実した生活を送れるよう、私たちのチームは挑戦し続けています。

自分がおもしろいと思えるゲーム作りにじっくり取り組みたい方、人と人がつながるサービス作りに携わってみたい方は、ぜひ一度、恵比寿の当社オフィスにお越しいただき、私たちとゆっくりお話ししてみませんか?

エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】コアタイムを11:00〜16:00とするフレックスタイム制(1日8時間労働)
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇(3日間)、年末年始休暇(12月28日~1月4日)、有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇(2日間/年)、結婚休暇(3日間、入籍から1年以内に取得可能)

社会保険・福利厚生など
  • 社会保険完備(関東IT健保、他)
  • 通勤交通費全額支給(月額5万円まで)
  • 家賃補助(恵比寿から2駅以内/月額2万円)
  • ランチ補助(週2回、社内メンバーとのランチ代を1,500円まで支給)
  • 家賃補助(月額2万円まで、条件あり)
  • 扶養家族手当(月額2万円まで)
  • 子ども手当(月額2万円まで、条件あり)
  • オフィスフルーツ・野菜支給(新鮮・安心の野菜がオフィスで食べられます)

会社データ

株式会社イグニス
株式会社イグニス

Ignis Ltd.

メンバー
yonestra
yonestra
エンジニア
marutanm
藤田 諒
taka.iida1
taka.iida1
yamagata.shinichi
山県 信一
100002816343008
山口 祥吾
人事
mrgtky
森口 拓也
Designer
1461140144179382
1461140144179382
Analytics
10206987161941415
淺原 正吾
エンジニア
nakagomi200911
中込 拓也
Forkwellsupport
Forkwell サポート

エンジニアの割合
43%

勤務地

東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー12F


事業内容

株式会社イグニスは、スマートフォンアプリの企画・開発・運用を行う会社。自社コンテンツの開発に特化しており、ソーシャルゲーム、漫画アプリ、ツール系アプリなど、様々な種類のサービスを手がけています。

代表の銭錕は理系の大学を卒業後、インターネット広告企業のシーエー・モバイルに入社しました。子会社である zeronana の立ち上げに参画し、後に同社へ出向。その経験を機に、自身の力で新しい事業を興そうと考え、世界中にインパクトを与えるようなサービスをユーザーに届けることを目的として起業を決心しました。
そして zeronana を退社後、株式会社イグニスを2010年5月に設立。サイバーエージェントでソーシャルゲームの企画・開発経験を積んできた鈴木貴明(共同代表、現CTO)がそこに参加し、スマートフォンアプリの開発をスタートしました。

仮想の彼女/彼氏からの電話でラブラブ通話気分が楽しめるアプリ「妄想電話 」の iOS版を2010年10月にリリース、次いで Android版を公開。Androidアプリは、R25 Presents 第1回 Androidアプリ大賞の「エンターテインメント」部門で大賞を受賞するなど、早くも注目を集めました。
さらに、芸能人から架空の電話がかかってくるアプリ「ドリームコール」を2011年5月に、セリフをしゃべって被写体を笑顔にするカメラアプリ「しゃべるカメラ」を同年6月に提供開始したところ、公開後の AppStore カテゴリーにおいて連続して1位に。

その一方で、世界同時展開を実現するべく創業初期から入念な準備を行い、2012年5月に満を持してリリースしたチャットアプリ「peep 」は盛大に失敗し、わずか2週間で終了という結果に。この大きな失敗を経て、今までヒットしたアプリが「なぜヒットしたのか」を体系化することに注力し、独自の「ヒット量産の方程式 」を組み立てました。

受託業務は一切引き受けず、自社コンテンツ企画によるアプリ開発にこだわり、小さなプロジェクトチームを多数構成、2013年6月までに約80本のアプリを次々とリリースしていきました。App Store 総合1位を獲得したアプリも多く、10位以内にランクインしたアプリは約60本と、7割超のアプリがトップ10入りという実績を打ち出しました。

その後も400万ダウンロードを突破したカジュアルゲーム「ネズミだくだく 〜マウス繁殖セット〜」や、シリーズ累計2,500万ダウンロード以上となった、パンダをモチーフにしたオリジナルキャラクター「だーぱん」による一連のツールアプリ・カジュアルゲーム「だーぱんコレクション」など、ヒットアプリを次々と生み出していきました。

そしてイグニスは創業から約4年が経過した2014年7月、東証マザーズへの上場を達成。2016年3月現在までに100タイトルを超えるスマホアプリをリリースしており、自社アプリダウンロード数は累計1億件を突破、月間アクティブユーザーは約800万人にも及んでいます。

さらに海外にも事業を展開しており、アメリカに現地法人「IGNIS AMERICA, INC.」、韓国に「IGNIS KOREA LTD.」を開設。また開発チームを独立させて法人化した株式会社アイビー、株式会社イグニッション、スワッグアップ株式会社(現・IGNIS APPS)、株式会社スタジオキングや、2014年に全株を取得して子会社化した ALTR THINK株式会社などからなるグループ会社を構成しています。

イグニスはこれまで、自社内で企画・開発・運用の PDCA を回してきたBtoCサービス企業として、開発規模の小さなコンテンツを中心に、地道に成長を続けてきました。2016年3月現在、大規模開発・運用、プロモーションまで、複数プロジェクトを併行して進められる企業体力が整ってきており、アプリノウハウの蓄積と優秀なメンバー、資金力を得て、イグニスとして変わらぬモノづくりへの想いや柔軟性はそのままに、今まさに次のステージへと成長する面白い時期を迎えています。

代表である銭の 「世界にインパクトを与えなければ、気がすまない」 という想いから始まったイグニスは、会社のミッションである 「次のあたりまえを創る。何度でも」 のもと、現状に満足せず、世界のスタンダードとなるようなアプリを生み出すことを目指しています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • オフィスは恵比寿の駅近くに立地しており、12階からの景色は抜群。ランチの美味しいお店も周辺にたくさんあります。
  • フレックスタイム制を設けており、時間に厳しくしばられず自分のスタイルに合わせて仕事ができます。
  • リラックススペースや集中ルーム、スタンディングデスクなど、気分転換に自席を離れて仕事することもできます。
  • 長時間の座り仕事なので椅子にはこだわっており、オカムラのサブリナ を使用。ヘッドレストも付いています。
  • 開発マシンや専門書籍など、社員のパフォーマンスを上げるものに対して、会社としてしっかり投資を行っています。
  • 退社後は、技術勉強会やプライベート開発、学習、他社サービスの調査などに各自取り組んでいます。熱意を持ったメンバーが揃った会社です(体育会系の空気はありません)。
  • フリーランチやシャッフルランチの制度など、他チームのエンジニアや他職種の人とコミュニケーションを取る機会が多く、社内の何気ない会話から問題解決策が見つかることも多々あります。

【参考リンク】


この企業の他の求人