【リモートワーク推奨】2014年3月に約5億円を調達!ますます波に乗る A/Bテストの KAIZEN Platform が Data Warehouse Engineer募集!

担当するプロダクトは?

携わっていただきたいプロダクト

Kaizen Platform 」という「A/Bテスト × クラウドソーシング」のプラットフォーム開発に携わっていただきます。

A/Bテストと実態

「A/Bテスト」はWebデザインのパターンを複数つくり、効果がよかったほうを採用していく手法です。Webサイトを成長していくためには欠かせない手法です。
ただ、「A/Bテスト」はとても手間もコストもかかるもの。「A/Bテスト」をコツコツやっている企業は、月あたり200万円ほどコストがかかっていたり、計画時から開始までに約5週間ほど時間がかかるなど、かなり手間がかかるものになっています。
でも本来、Webってもっと簡単に変えながら、成長させていくもの。そのため、僕らは「Kaizen Platform」というプロダクトで、Webサイトの成長を加速できるにしていきたいと思っています。

 Kaizen Platformのこだわりポイント

こだわりポイントは2つです。

①とにかく簡単にA/Bテストができること

Kaizen Platform ではA/Bテストの設定は最小5分程度で終了します。簡単なテストであればやりたいと思ったその日に開始することも可能です。

デモ動画

②みんなの知恵を集結させるクラウドソーシング

企業とデザイナーがいっしょになって、サイトを「KAIZEN」できるプラットフォームにすることで、Webサービスの成長を加速できるように、プロダクトを作っています。

プロモーション動画
(※こちらは正式には2014年にリリース予定です)

将来的なプロダクト開発はどう考えている?

広告であればAdwords、解析であれば、GoogleAnalyticsやClickTale。
Webマーケティングに関わる方であれば、だれでも知っているプロダクトが
世の中にはあります。
その中で、まずはWebサイトを改善するのであれば、
「planBCDだね」と言われるぐらいの品質にプロダクトを磨き上げていきたいと思っています。

そして、「データ×クリエイティブ」でWebサービスを成長させる方法は山ほどあります。
ここらへんからは、まだ世の中にはお伝えできないこともたくさんありますが、
アイディアは山ほどあり、このあたりの領域では新規のプロダクト開発なども考えております。
技術を使って面白いことをしていきたい方には、チャンスがたくさんありますので
詳細をお知りになりたい方は、いつでもご連絡ください。

具体的な業務内容は?

やっていただくこと

  • データウェアハウス構築および運用
  • Kaizen Platform のバックエンドシステム (ログサーバー) の開発と運用
  • プロダクトマネージャーおよびセールスが利用するデータ分析システムの開発・運用
  • KAIZEN platform Inc. の事業 KPI 分析に対するシステム面からの支援

現場で使われている技術は?

Web アプリケーション

  • Ruby on Rails v3
  • Coffee Script
  • RDS (MySQL)

バックエンド A/B テストログ計測

  • fluentd
  • ElastiCache (Redis)
  • RDS (MySQL)

インフラ

  • Amazon Web Services
    • EC2, RDS, Route53, S3, CloudFront, ElastiCache
  • Chef + ServerSpec で運用を自動化

採用されたら使う技術

言語

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

新しい働き方に挑戦してみませんか?

KAIZEN エンジニアページ

  • Open Source のように作る
  • 使っている道具
  • オープンなコミュニケーション
  • リモートワーク
  • プロセスの自動化
  • コードとしてのインフラ

開発の進め方は?

コミュニケーション

デプロイワークフロー

Quality Assurance

  • RSpec (ruby), Jasmine (JS) による各種ユニットテスト
  • CasperJS による web app E2E テスト
  • Browserstack を利用したクライアントサイトに貼り付ける JavaScript コードのクロスブラウザテスト
  • デプロイ前の、担当エンジニアによる手動動作確認ワークフロー

チームの構成は?

メンバー構成

CTO 石橋 利真

技術顧問 伊藤 直也

  • 元はてなCTO
  • 元GREEソーシャルメディア統括部部長

エンジニア

  • 15名
  • 大阪からジョイン1名、 バリからジョイン1名、相模原から3名
  • 元GILT、AppSocially のCTOやチームリーダーが在籍

  • Design / Frontend Enginner 3
  • App Engineer 7
  • Dev. Productivity 2
  • QA / Test Engineer 3

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

必須スキル・経験

  • DWH 構築およびインテグレーションに必要なプログラミングスキル
  • 大規模データに対する SQL 記述およびログ処理の経験
  • Hadoop, Amazon Redshift などによるデータウェアハウス構築・運用経験

歓迎するスキル・経験

  • GitHub の利用経験
  • Ruby
  • Ruby on Rails などのフレームワークを使った開発経験
  • 各種 BI ツールの利用・導入経験
  • データ分析経験
  • 統計処理の知識
  • AWS の利用経験
  • fluentd の利用経験
  • OSS プロジェクトへの参加経験
  • ビジネスレベルの英会話スキル

求める人物像

  • 家族・同僚を大切にする人
  • エンジニアリングの観点からビジネスオペレーションを効率化したい人
  • エンジニア以外の業務にも関心を持ち、理解する姿勢を持った人
  • 自身が中心となって事業/プロジェクトを推進していける人
  • 新しい事を勉強する、求めることに貪欲な人
  • 英語でコミュニケーションを取ることに抵抗がない
  • 自らの活動をオープンにするオープンマインド

提示年収の上限額
1,200 万円

勤務時間・休日休暇

労働条件

*【勤務時間】 10:00〜19:00

*【休日休暇】 土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など

労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険・通勤手当支給


会社データ

Kaizen Platform
Kaizen Platform

KAIZEN platform Inc.

メンバー
takuya.tsuruta1
鶴田 拓也
naoya.muto
武藤 尚也
kenji.sudo
須藤 憲司
Co-Founder/CEO
toru0322
栄井 徹
Executive Vice President
haruki.ishii.31
石井 悠
ysudou
須藤 吉公
MasahiroOniishi
鬼石 真裕
sales&bizdev lead,福岡グロースハックネットワーク主宰
kaizentetsu
kaizentetsu
Lead Recruiter
marietsu
Marie Kaizen
mayamaya
mayamaya

エンジニアの割合
38%

勤務地

東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル41F


事業内容

どんな会社か?

KAIZEN platform 」はWebサービスを簡単に、そしてみんなで改善できるようにしたい、という想いから生まれたスタートアップです。

  • 2013年3月:創業
  • 2013年7月:事業開始
  • 2013年9月:プロダクト「Kaizen Platform 」リリース

どんな事業をやっているか?

本来Webは、簡単に変えていくことができます。
事実、Facebook、Twitter、Quoraなどは、Growth Hackと呼ばれるUIやサービスの改善活動を細かく積み重ねることで飛躍的な成長を遂げました。
GrowthHackを積み重ねることで、Webサービスの成長は飛躍的なものとなります。
ただ、実際にWebサービスの開発現場を見てみると、GrowthHackがなかなかうまく進まないのも事実です。バグがあれば、走って直さなければならず、エンハンスがあれば、手元のGrowthHackよりも優先しなければならない。日々、バタバタの連続です。
もっと簡単に、Webサービスの改善ができれば、もっとWebサービスの成長は加速するのに。
そんな思いから、我々は、「Kaizen Platform」というA/Bテストを軸にしたWebのUI改善のプラットフォームを提供しています。興味がある方は、Kaizen PlatformのWebサイト改善エディターを実際に触ってみてください

本社はシリコンバレーです。

世界的なWebサービスを見ると、創業間近のタイミングで、世界に向けてサービスをリリースしていることが、とても多いです。
日本発であっても、世界で戦っていきたい。そんな思いから、KAIZEN platformはシリコンバレーに本社を置いています。(※開発拠点は日本が中心ですが、すでにグローバル展開を踏まえて、リモートでの開発体制を作っています。)

いまの状況はどんな具合か?

<シリーズAの資金調達を無事終え、今後はどんどん海外への展開に注力していきたいと考えているタイミングです。>
とはいえ世界的に見ると、まだまだちっぽけな会社。世界中のWebサービスをぜんぶ成長させたいと本気で考えていますので、自分の技術で世界に挑戦したい仲間、募集中です。
http://kaizenplatform.in/pressrelease/2013/08/20/seed-round.html 

参考記事

CEO 須藤の記事


会社・オフィスのアピールポイント

僕たちは事業成長に加えて、2つの挑戦をしています:

リモートワーク

  • 参考記事 by @naoya: Sqwiggle が良いという話、またはリモートでアジャイル開発をどう進めるか
  • 拠点が各地に散らばる事を想定して、リモートワークでのチーム開発業務を行っています。
  • リモートワークを前提としたコミュニケーション文化を築いています
  • お互いコミュニケーションロス、齟齬、放っておくと意識が容易に離れてしまう事を意識高くもって、日々出くわすコミュニケーション上の課題に取り組んでいます

英語コミュニケーション

  • グローバルビジネスへの挑戦
  • いずれ世界中に拠点オフィスが出来る事を想定して、社内コミュニケーションを英語でやっています (全社定例回、月次合宿など、全社員イベントでは特に)
  • 現在、英語が母国語のメンバーが4名いまして、彼らが居る場では 100% 英語のコミュニケーションが求められます
  • ※現時点でエンジニアチームは日本人のみ、当面は日本を拠点に活動を続ける予定です

この企業の他の求人