日本のデータ市場を切り拓くプライベートDMP「owldata」を開発・運用するエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

owldata」は企業が保有するデータを、企業ごとのプライベートな環境で管理できるプライベートDMP。企業がマーケティングに必要な顧客データを収集、分析、活用するためのサービスです。

owldata を用いれば、以下のような様々な条件を用いたユーザーのセグメント化が可能です。

  • 訪問URL
  • 会員データベース情報
  • オフラインデータインポート
  • 性別等のデモグラフィックデータの類推
  • 検索キーワード(サイト内検索にも対応)

owldata はこれまでに約20,000のセグメントが作成され、導入されているサイト数は1,000以上、ユニークブラウザ数は3億にも上る、国産のDMPでは最大のデータ規模を誇るサービスとなっています。

まだ現在は主に、Web広告の効率的な配信に用いられることが多いですが、ゆくゆくはユーザーとサービスの最適なマッチングを可能にするデジタルマーケティングツールの1つとして owldata は大きな注目を集めています。

たとえばベネッセの高校生向け進路進学サイト「Benesseマナビジョン 」にも owldata が導入されており、大学・学部の詳細な閲覧情報、志望大学情報等ベネッセの保有するデータから高校生一人ひとりの進路検討に適した情報が提供されています。

今後はこういったマーケティング全般に必要なデータを集約するプラットフォームとして開発を進めてゆく予定です。

具体的な業務内容は?

プライベートDMPである owldata の開発および運用を行っていただきます。
またユーザーからの問い合わせに答えていただくなど、カスタマーサポート業務にも携わっていただきます。

サポートからのフィードバックを活かして、新機能の提案・設計などにも行っていただきたいと考えております。

現場で使われている技術は?

データ解析のバックエンドおよびフロントは Java 中心。MySQL や Cassandra、Hadoop に蓄積された大量データを処理、表示するための Servlet をベースとした自社製フレームワークを用いて開発しています。

サービスによっては開発効率の高い Ruby on Rails でフロントを構築することもあります。

またコード管理ツールとしては Git、自動ビルドツールとしては Jenkins、サーバーの構成管理ツールとしては Chef を使用しています。

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

その他

技術面でアピールできることは?

導入のメリットや運用の問題などを責任持って進めてゆく前提で、メンバーが独自でOSSなどを積極的に取り入れてゆく文化があります。

エンジニアが設立した「エンジニア中心の会社」ですので、プログラミングのみならず、企画・設計などサービスの一部ではなく、全般にエンジニアが携わることになります。
また、自社サービスのカスタマーサポートも行う機会があるため、ユーザーからのフィードバックを取り入れたサービス開発に取り組むことが可能です。

開発の進め方は?

開発の進捗状況は Redmine のチケットで管理しています。
大きな流れは以下のようになっています。

  • プロダクマネージャである社長が開発の機能
  • 週に1度タスクの見積りと開発スコープの決定
  • 開発後にテストおよびコードレビューを実施
  • 週に1度もしくは隔週に1度、リリースを実行

チケット駆動で開発状況を共有しつつ、毎週、定期的なサービスのリリースとデプロイが可能な環境作りをしています。
また、スケジュールや機能を見直すミーティングを随時行っています。

チームの構成は?

メンバー構成

  • プログラマー 2名
  • プロダクトマネージャ 1名
  • プロジェクトマネージャ 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • まだ日本では始まったばかりのデータ市場を切り拓いていくチャンレンジングな仕事に携われます。
  • プロダクトの企画段階からエンジニアが関わり、開発する機能の優先順位やスケジュールについて意見を言うことができます。
  • エンジニアが顧客を訪ねて、検討やリリースした機能へのフィードバックが直接受けられます
  • 月間100億PVにせまるトラフィックを高速で処理する仕組みを作るなど、技術的困難性の高い課題を通じて技術力を磨くことができます。

今回の採用の背景は?

オウルデータの事業を拡大していくにあたり、開発チームの文化をいっしょに醸成してくださる方を募集しています。

設立から間もない会社のため、固定化されたプロセスはありません。
そのため自分なりの開発や開発プロセスにたいする考えをもち、提案、実践を通じて、メンバーが切磋琢磨していけるチームづくりに取り組んでくださる方を募集しています。

読者に向けてメッセージをどうぞ!

オウルデータは安全にデータ利用が可能な社会の実現をめざし、日本ではまだ始まったばかりのデータ市場の創造を目指しています。

そのために素早い価値の提供を目指して、開発とリリースを繰り返して来ました。結果、多数のお客さまから支持していただいているプロダクトへと成長してきました。

しかし、技術的な負債を貯めてきたことも事実です。
今後の開発チームに求められることは、技術的な負債をいかに返済しながらビジネススピードに合わせた開発を実現するか、ということです。

実現の道のりには困難と苦労を伴うと思いますが、新たな市場をつくるという目的が伴うやりがいのある開発の実現であるとも考えています。

今のメンバーと切磋琢磨しながら、会社としてエンジニアとして成長してゆくチームを作ることに取り組んでくださる方がいらっしゃいましたら、ぜひご応募ください!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 10:00〜19:00

【休日休暇】 土日祝日、年末年始休暇、有給休暇(入社後3ヵ月後、15日間付与)、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など

【福利厚生】 書籍購入費・研修参加費等負担、ストックオプション

【保険】 社会保険完備

【通勤交通費】 あり


会社データ

株式会社オウルデータ
株式会社オウルデータ

Owldata, Inc.

メンバー
Nobody
小笠原 啓

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都渋谷区鶯谷町15-7 ライブリーYSビル2階


事業内容

2013年は日本におけるDMP(Data Mangement Platform:データ管理プラットフォーム)始動の年になると言われています。
DMPとは自社のユーザーのデータを一元管理し、さらに外部からのデータを取り込んで詳細な分析や効率的な活用を実現するプラットフォームです。

早い話が、広告やマーケティングのためのビッグデータ管理ツール。
メディアやECサイト、コミュニティサイト等が保有する大量のデータを収集、蓄積されたデータを分析、それを市場分析や商品開発等のマーケティング活動および広告に活用できるよう加工するためのもの。

オウルデータは、ドワンゴやウノウ出身のエンジニアが立ち上げたインターネット広告を扱う株式会社スペイシーズ からDMP事業部門が独立した会社。
2012年12月に設立したばかりですが、「だれもが安心してすべてのデータを活用できる世界へ」というビジョンの下、国内はもちろん海外への展開など、事業を拡大しています。

「アドテク・ターゲティング技術 〜Pig, Mahout, KVS〜」 (代表の太田祐一がデブサミ2013でプレゼンしたときのスライド)


会社・オフィスのアピールポイント
  • 週に1度は社内で勉強会を開催しています。また社外の方も招いて勉強会を開催することもあります。
  • 社外のセミナーも業務時間内で参加できます。条件を満たせば、有償のセミナーへの金銭的な補助も行っています。
  • 経営陣全員がコードを書けるため、機能が決まってからリリースまでが早いです。
  • 普段とは違う会話による交流を目的に、月に1度社内で懇親会を行っています。
  • エンジニアには大きなL字型の机と高級なチェアを提供して、仕事中の疲れが軽減できるよう努めています。