【利用者数100万人突破】個人向け名刺アプリEightの開発エンジニアを大募集!(東京or大阪)

担当するプロダクトは?

□業務内容
個人向け名刺管理アプリEightの企画・開発・運用を行っていただきます。

現在、Eight事業部 Development Teamではフィードやビジネスプロフィールなどの
ビジネスネットワークサービスとしての機能を継続的な改善に加え、
事業のマネタイズのための新規開発を行っています。
具体的には、広告配信、リクルーティング機能のマネタイズの施策や
大量のデータ分析を伴うリコメンデーション機能の開発などを行っています。

□業務の流れについて
業務の一連の流れとしてはDevelopment Teamのプロダクトマネージャー、
デザイナーと連携し、OKRにより提案される企画素案を元に実現に向けた、UI・UXの設計を行います。
設計後はモバイルアプリ開発メンバー、インフラメンバーと連携し、
概念・実装の各設計、API定義、アーキテクチャの定義、実装、テスト、リリースまで一括で行っています。

□やりがいについて
Webアプリ開発メンバーはユーザの所有する大量な名刺や
ビジネス上のコミュニケーションの情報を元にしたサービスを安定して提供し、
かつ新規機能をつくり上げていくことの両方を求められます。
大規模なサービスを開発・運用していく能力とOKRを元にした
定量的に事業を成長させていくための能力が求められるため、責任もある分非常にやりがいもあります。
また、ユーザーヒアリング会などで直接ユーザーと接点を持ちながら
改善に取り組んでいる他、オフィス内の大型ディスプレイにはユーザー数などのKPIが
リアルタイムで表示されているため、開発したシステムの反響を肌で感じられます。

□開発環境
・開発言語:Ruby, JavaScript
・フレームワーク:Ruby on Rails, Sinatra, React.js, Babel, Gulp
・インフラ:AWS(EC2, S3, Redshift, DynamoDB, RDS, SQS, SWF等)
・バージョン管理、コラボレーションツール:GitHub, Slack, Qiita Team
※Pull Request ベースでのコードレビューを行っています。
・CI環境: CircleCI
・デプロイ環境: Chef, Capistrano
・開発環境: ノートPC・ワイドディスプレイ2台支給

□担当するプロダクトについて
名刺は、こうなる『個人向け名刺アプリEight(エイト)』
https://8card.net/
https://contents.8card.net/blog/

Eightは「Your business network」をコンセプトに、単なる名刺管理だけでなく、
ソーシャルの仕組みを取り入れた新しいビジネスネットワークです。

スマホのカメラやスキャナで撮影するだけで名刺の情報が正確にデータ化されます。
クラウド上に保存された名刺情報はスマホやPCからアクセスでき、
いつでもどこでも全ての名刺情報を持ち歩けるようになります。
またオンライン名刺交換機能により、連絡先は常に最新の状態に更新されます。

2012年2月28日よりサービスを開始、
2014年11月にApp storeビジネス(無料)カテゴリ1位にランクイン、
2014年、2015年連続で、Google Playベストアプリに選出されています。
2015年2月には初の有料機能「Eightプレミアム」を開始しました。

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている
  • コード品質評価ツールを導入して、メンバーが常に確認できるようにしている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている
  • 特定の人だけしかできない業務が存在しない(属人性をなくす取り組みをしている)

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている
  • リモート勤務を行うことができる

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している
  • 開発メンバーの新卒採用を実施している
  • 開発部門に学生インターンを受け入れている

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • 希望者には定価 6 万円以上のオフィスチェアが支給される

技術カルチャー

  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

プロジェクト管理

情報共有ツール

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 92%
  • 女性 8%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

どんなビジネスも、すべては人との出会いから始まります。
そして、その出会いの際に交換されるものが「名刺」です。

世界で年間100億枚も交換されている名刺は、個人の名前と所属、
連絡先等を示す「正確な情報」であり、さらにそれが手元にある時点で、
すでにその人と出会っていることを示す「出会いの証」でもあります。

世界中で、アナログな紙の状態のまま個人の引き出しに眠っている名刺には、
「出会った人をつなぐ価値」が内在しており、そこにはグローバルに通じる大きなビジネスチャンスがあります。

法人向けクラウド名刺管理サービス、「Sansan」、個人向け名刺アプリ「Eight」、
Sansan株式会社はこの2つのサービスをグローバルスタンダードになるまでやり遂げます!

勤務時間・休日休暇

□勤務時間
9:30-18:00 ※休憩1時間

□休日休暇
・土日祝日
・年末年始休暇
・有給休暇

社会保険・福利厚生など

□福利厚生
・各種社会保険完備
・交通費全額支給
・社員持株会
・昇給年2回(6月/12月)
・賞与年2回(7月/12月)

□独自の社内制度
・開発環境整備補助制度
・開発者向け勉強会奨励制度
・書籍購入補助制度
・住宅補助制度
・在宅勤務制度
・出勤日振替制度
・英語学習補助制度
・子育て相談制度
・保育園料補助制度
・ベビーシッター費用補助制度
・サテライトオフィス(徳島県神山町)での短期滞在型開発支援制度


会社データ

Sansan株式会社
Sansan株式会社

Sansan, Inc.

メンバー

エンジニアの割合
30%

勤務地

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F


この企業の他の求人