100万人が使う名刺管理アプリ「Eight」の Androidアプリを開発するエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

Eight 」は「名刺をビジネスのつながりに変える」をコンセプトとした、個人向けの名刺管理サービス。2012年2月に提供を開始しました。

法人向けサービス「Sansan 」の経験をもとに一から企画、開発した事業。

サービス上に登録された名刺情報には PC やスマートフォンなどどこからでもアクセスが可能であることに加え、ユーザー同士が Eight上でつながると、相手の名刺情報に変更があったときに自動でお知らせが届くため、名刺帳の情報が常に最新に保たれます。また、Eight は名刺交換機能も搭載しており、繋がったユーザー同士が気軽にメッセンジャーでやり取りすることもできます。

2016年3月現在、利用者数は100万人を突破しており今なお成長中。各種メディアからの受賞履歴も多数あり、名実ともに名刺管理サービスの決定版として認知されています。

無料の名刺管理機能を武器に、国内だけでなく海外までユーザーを拡大し、世界最大のビジネスネットワークサービスになることを目指しています。

具体的な業務内容は?

Eight 」の Androidアプリ開発に携わっていただきます。

少人数での開発のため、仕様の調整から設計・開発・テストまでを行います。また場合によっては、サーバー側のAPIについてサーバーチームと調整を行うこともあります。

現場で使われている技術は?

Java によるネイティブアプリ開発となります。エディタやIDEについては縛りはありません。OS については、Windows / Mac OSX / Linux の中から選んでいただけます。

バージョン管理、コラボレーションツールとして GitHub を全社的に利用しており、Pull Request ベースでのコードレビューを行っています。

なお、サーバーサイドは Ruby と Ruby on Rails で構築されています。

採用されたら使う技術

言語

プロジェクト管理

その他

その他、現場で使われている技術

言語

フレームワーク

技術面でアピールできることは?

  • 1000万枚を超える名刺管理とデータ処理について、Ruby on Rails と AWS を駆使した開発を経験できます。
  • 週1回、開発部の各グループでテーマを設けて社内勉強会を実施しており、他に有志による読書会などが毎日のように開かれています。また2014年3月から定期的に .NETエンジニアのための勉強会 を開催しています。第1回は gloopsさんとの共催でした。

【参考リンク】

開発の進め方は?

1~2週間単位のイテレーションで開発を行っています。

イテレーションの開始前に User Growth Team(サービス改善の企画と検証をするチーム)とエンジニアで企画について打ち合わせを行い、優先度を決定します。次にエンジニア全員でストーリー(開発タスク)について見積もり、イテレーション内で開発するおおよその内容を決定します。

エンジニアはストーリーに対して実装を開始し、ある程度のまとまった粒度で Pull Request を出し、それを皆でレビューしてマージします。リリースは基本的に週2回を目安にリリースを行っています。リリース後は数週間の検証を行った後にユーザ価値への寄与を評価し、次のイテレーションへ活かします。

プロジェクト管理ツールは Pivotal Tracker を採用、User Growth Team とエンジニア全員が利用しています。

チームの構成は?

メンバー構成

2016年3月時点で、Eight事業部 Development Team は18名が所属しており

Webアプリケーション、iOS / Android、インフラと担当が分かれています。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • チーム内のベテランによるコードレビューを常に受けることで技術力が磨かれること。

  • 企画段階からエンジニア全員が参加するため、意見を聞かれたり、エンジニアの提案が取り入れられることが多いです。(一人ひとりがサービス提供者として責任のある立場で開発していただきます)

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 会社と事業のミッションを理解し、サービスの成長に貢献できる
  • プログラミングとマインドの両方でチームをリードして成果を出せる

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

世界中の名刺をデータ化してユーザー同士をつなげることが、Eight の目標でありコンセプトです。

ビジネス版の Facebook、日本発の LinkedIn になれる可能性が Eight にはあります。スマートフォンが普及していく中で、今後数年間のビジネスシーンにおいて名刺交換の形が変わっていくのはまちがいなく、その担い手として最も近いのが、Eight であり Sansan だと私たちは信じています。

Sansan の事業に参画していっしょに成長していくことに興味を感じた方、まずはオフィスにお越しいただいてお話ししましょう。エントリーお待ちしてます!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 9:30〜18:00
【休日休暇】 土日祝日、年末年始休暇、有給休暇

社会保険・福利厚生など

【福利厚生】

  • 各種社会保険完備
  • 交通費全額支給
  • 社員持株会
  • 昇給年2回(6月/12月)
  • 賞与年2回(7月/12月)

【独自の社内制度】

  • 開発環境整備補助制度
  • 開発者向け勉強会奨励制度
  • 書籍購入補助制度
  • 住宅補助制度
  • 在宅勤務制度
  • 出勤日振替制度
  • 英語学習補助制度
  • 子育て相談制度
  • サテライトオフィス(徳島県神山町)での短期滞在型開発支援制度

会社データ

Sansan株式会社
Sansan株式会社

Sansan, Inc.

メンバー
9495fa31be3776e0f2e9950eb4ce1be1
宍倉 功一
Nobody
日比谷 尚武
Nobody
hiroshi.senju
Nobody
辰濱 健一
Nobody
尾部 絵里子
Nobody
yanagida.eiichi
Nobody
中川 泰夫
Nobody
常楽 諭
Nobody
山本 直也
Nobody
我妻 さよこ
Nobody
Yuta Ohma
8febdee29a39be70fa9aa2054f249cb9
藤田 裕子
2d6ee6d89d0f32061bd40ef24e043051
青山 修平

エンジニアの割合
30%

勤務地

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F


事業内容

Sansan株式会社は、名刺管理に特化したクラウドサービスの企画・開発・販売を行っている会社です。

法人向け名刺管理サービス「Sansan 」は、「営業を強くする名刺管理」をコンセプトに企業に眠る名刺を営業活動に使える資産に変えることで「出会い」の価値を最大化する企業向けクラウド名刺管理サービス。ユーザーは名刺をスキャンするだけで、名刺情報は入力オペレーターにより正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有できます。

さらにその名刺情報を元にしたマーケティングや営業活動、顧客管理といった幅広い活用が可能な機能を備え、これまでの名刺の価値を革新する全く新しい名刺管理サービスとして特許を取得。ユーザの使いやすさにこだわったサービス設計や、企業の収益向上につながる「営業を強くする」機能が支持され、国内・海外含め導入企業4,000社を突破しています。

個人向け名刺管理アプリ「Eight 」は「Your business network」がコンセプト。単なる名刺管理だけでなくソーシャルの仕組みを取り入れた新しいビジネスネットワークとしてスマホのカメラやスキャナで撮影するだけで名刺の情報が正確にデータ化されます。

クラウド上に保存された名刺情報はスマホやPCからアクセスでき、いつでもどこでも全ての名刺情報を持ち歩けるようになるだけでなく、オンライン名刺交換機能により連絡先は常に最新の状態に更新されます。

2012年2月28日よりサービスを開始して、2014年11月には App Store ビジネス(無料)カテゴリ1位にランクイン、同年12月には Google Play の2014年ベストアプリに選出。2015年2月には初の有料機能「Eightプレミアム 」を提供開始しました。

世界初の無料で使えるマルチデバイス対応の名刺管理サービスとしてリリース当初から成長を続け、2016年3月現在ユーザー数は100万人を突破しています。

世界中で、アナログな紙の状態のまま個人の引き出しに眠っている名刺には、「出会った人をつなぐ価値」が内在しており、そこにはグローバルに通じる大きなビジネスチャンスがあります。法人向けクラウド名刺管理サービス、「Sansan 」、個人向け名管理アプリ「Eight 」、Sansan はこの2つのサービスをグローバルスタンダードになるまでやり遂げます。


会社・オフィスのアピールポイント
  • 全社としてエンジニアを大切にする社風があります。エンジニアの要望を吸い上げ、人事制度などに積極的に生かしています。
  • 平日の勤務を休日に振り返ることができる「どに〜ちょ」制度、部分的に在宅勤務が可能な「イェーイ」制度、徳島県神山町の古民家をサテライトオフィス「神山ラボ 」として希望者が一時的に滞在して勤務できるなど、柔軟な働き方が可能です。
  • 2014年3月3日(Sansanの日!)に移転したばかりの表参道のオシャレなオフィス。「神山ラボ 」の知見を活かし、「転地効果」を意識したオフィスとなっており、希少植物を追って世界中を飛び回る「プラントハンター」として話題の西畠清順氏のプロデュースによるフリースペースは社員に好評です。

【参考リンク】


この企業の他の求人