CMでおなじみの「Sansan」や50万人が使う名刺管理アプリ「Eight」のインフラをお世話してくれるエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

Sansan 」および「Eight 」の大量のトランザクションを扱うサービス基盤であるインフラシステムを担当していただきます。

Sansan

Sansan 」は「営業を強くする名刺管理」をコンセプトに、企業に眠る名刺を営業活動に使える資産に変えることで、「出会い」の価値を最大化する企業向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャンするだけで、名刺情報は入力オペレーターにより正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有できます。

また、Sansan には名刺のデータや周辺情報をPCやモバイルから参照することができたり、取引先の組織図が自動生成されて社内の人脈と照合してツリー表示されるという機能が備わっています。さらに、自分の顧客に関係のあるニュースや人事異動情報などが配信される「レコメンデーション機能」も実装しており、名刺をきっかけに新しい情報が自動的に入って来たり、それを元に新たな人脈作りに発展させることが可能です。

また世界で最も高機能な営業支援ツールである Salesforce とも連携しており、Sansan で入力された名刺情報は全て自動的に Salesforce に登録され、即座に見込み顧客リストとして活用できます。

1ユーザー3,500円/月から始めることができ、2014年3月現在、1,500社以上の企業が Sansan を導入しています。すでにサービスの海外展開も行っており、米セールスフォースやマイクロソフトと協力してのグローバルマーケティングを推進しています。

Eight

Eight 」は「名刺をビジネスのつながりに変える」をコンセプトとした、個人向けの名刺管理サービスです。2012年2月に提供を開始しました。

法人向けサービス「Sansan 」の経験をもとに一から企画、開発した新規事業になります。Sansan と同様、オペレーターの手入力による100%に近い入力精度がウリです。

登録された名刺情報にはPCやスマートフォン、どこからでもアクセスが可能です。 さらにユーザー同士が Eight上でつながると、相手の名刺情報に変更があったときに自動でお知らせが届くため、名刺帳の情報が常に最新に保たれます。

Eight は、開始から1年あまりで登録ユーザーが50万人を突破、今なお成長し続けているサービスです。各種メディアからの受賞履歴も多数あり、名実ともに名刺管理サービスの決定版として認知されています。

無料の名刺管理機能を武器に、国内だけでなく海外までユーザーを拡大し、世界最大のビジネスネットワークサービスになることを目指しています。

具体的な業務内容は?

 各サービスの開発者と連携して完全性、機密性、可用性を担保したインフラシステムの設計・構築・運用をお任せします。

現場で使われている技術は?

Sansan については C# と .NET Framework の組み合わせで Windowsサーバーによる運用となります。

データベースは PostgreSQL、その他に Redis。インフラ環境については、自前のサーバーマシンをデータセンターにて運用しています。

Eight は Ruby と Rails & Sinatra で Linux サーバーによる運用です。データベースは MySQL で、インフラは全て AWS を利用しています。

それぞれ Nagios や Munin、 Zabbix で監視しています。

採用されたら使う技術

技術面でアピールできることは?

  • 1000万枚を超える名刺管理とデータ処理について、Ruby on Rails と AWS を駆使した開発を経験できます。

  • OSの垣根を越えて Chef などを用いたオペレーションの自動化を推進しています。

  • 週1回、開発部の各グループでテーマを設けて社内勉強会を実施しており、他に有志による読書会などが毎日のように開かれています。また2014年3月から定期的に .NETエンジニアのための勉強会 を開催しています。第1回は gloopsさんとの共催でした。

【参考リンク】

開発の進め方は?

Sansan Eight などのインフラ担当者として各事業のプロジェクトに加わっていただきます。

チームの構成は?

メンバー構成

  • インフラ部長 1名
  • インフラエンジニア 3名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

成長が著しい Sansan Eight の大量のトランザクションを扱うことで技術力を高められます。

また、サービスのシステム設計・構築・運用に直接関わることでユーザー視点で物事を捉える力を養うことができるのもやりがいの一つです。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 技術力に大変優れていて、コミュニケーション能力が高い人材。
  • 特にデータベース技術に精通している方。
  • AWSなどクラウドサービスを用いた大規模なインフラ設計、構築、運用経験をお持ちの方。

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

Sansan株式会社で働くことの魅力は成長とイノベーションです。

この会社にはユーザーに新しい価値を提供しそれを広めたいという信念を持った人たちが集まっています。サービスの成長を肌で感じながら技術力を磨ける環境がここにあります。

インフラエンジニアとして新しい目標にチャレンジしたい方、いっしょに新しい価値を世の中に提供することに貢献してみたい方、エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 9:30〜18:00
【休日休暇】 土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など

【保険】 各種社会保険完備

【諸手当】 近隣住宅補助制度(会社から2駅以内の場合)

【通勤交通費】 支給
【その他】 PCやディスプレイはエンジニアのご希望を聞き、発注しています

【エンジニア向け人事制度】

  • 書籍購入サポート(毎月5,000円まで)
  • ランチ勉強会サポート(ランチ時の勉強会の昼食代を会社負担。運営を人事がサポート)
  • エンジニア勉強会サポート(費用と運営を人事がサポート)
  • エンジニア交流会サポート(運営を人事がサポート)

会社データ

Sansan株式会社
Sansan株式会社

Sansan, Inc.

メンバー
9495fa31be3776e0f2e9950eb4ce1be1
宍倉 功一
Nobody
日比谷 尚武
Nobody
hiroshi.senju
Nobody
辰濱 健一
Nobody
尾部 絵里子
Nobody
yanagida.eiichi
Nobody
中川 泰夫
Nobody
常楽 諭
Nobody
山本 直也
Nobody
我妻 さよこ
Nobody
Yuta Ohma
8febdee29a39be70fa9aa2054f249cb9
藤田 裕子
2d6ee6d89d0f32061bd40ef24e043051
青山 修平

エンジニアの割合
30%

勤務地

東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F


事業内容

Sansan株式会社は、名刺管理に特化したクラウドサービスの企画・開発・販売を行っている会社です。

代表の寺田親弘は慶応SFC卒業後の1999年に三井物産に入社、情報産業部門で機器の輸入等を手がけた後、シリコンバレーにて米国最先端ベンチャーの日本向けビジネス展開を担当。そして2007年5月、三井物産入社直後から温めていたビジネスモデルを元に4人の仲間と三三株式会社(現・Sansan株式会社)を創業しました。

同年9月に提供を開始した「Link Knowledge(現・Sansan )」は社員が持つ名刺を電子化し、各社員の“人脈データベース”をクラウドに構築するためのサービス。スキャナとタッチパネル式PCを入力装置としてオフィス拠点に設置、名刺をスキャンするとその情報がデータセンターに送信され、データベースに登録されるという仕組み。

サービスの最大の特徴は、データの入力をオペレーターによる手作業で、かつ同じデータを2名で担当することで高い入力精度を保証したこと。これにより入力ミスは限りなくゼロになり、サービスの信頼性を高めることに成功しました。

10万円からという強気の価格設定にも関わらず、サービス開始から約1年で導入企業が100社を突破し、ほぼ同時期に単月黒字化も達成。また「Tech Venture 2009 」にて審査員特別賞と準グランプリをW受賞、「Microsoft Innovation Award 2009 」にて優秀賞、さらに「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー 2009 」などを次々と受賞。

成長性が評価され、2009年6月にサイバーエージェントおよびリクルートインキュベーションパートナーズ、GMO VenturePartners の3社から総額5,000万円の資金調達を実施。さらに2013年4月にはニッセイ・キャピタルから5億円の資金調達を行いました。

同年9月には導入企業は1,500社を突破、その直後に米セールスフォース・ドットコムとの資本提携を発表しました。

また2012年2月より個人向け名刺管理サービス「Eight 」がスタート。世界初の無料で使えるマルチデバイス対応の名刺管理サービスとして、リリース当初から成長を続け、2014年3月現在、ユーザー数は50万人を突破しています。

世界中で、アナログな紙の状態のまま個人の引き出しに眠っている名刺には、「出会った人をつなぐ価値」が内在しており、そこにはグローバルに通じる大きなビジネスチャンスがあります。法人向けクラウド名刺管理サービス、「Sansan 」、個人向け名管理アプリ「Eight 」、Sansan はこの2つのサービスをグローバルスタンダードになるまでやり遂げます。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • 全社としてエンジニアを大切にする社風があります。エンジニアの要望を吸い上げ、人事制度などに積極的に生かしています。
  • 平日の勤務を休日に振り返ることができる「どに〜ちょ」制度、部分的に在宅勤務が可能な「イェーイ」制度、徳島県神山町の古民家をサテライトオフィス「神山ラボ 」として希望者が一時的に滞在して勤務できるなど、柔軟な働き方が可能です。
  • 2014年3月3日(Sansanの日!)に移転したばかりの表参道のオシャレなオフィス。「神山ラボ 」の知見を活かし、「転地効果」を意識したオフィスとなっており、希少植物を追って世界中を飛び回る「プラントハンター」として話題の西畠清順氏のプロデュースによるフリースペースは社員に好評です。

【参考リンク】


この企業の他の求人