Software Engineer in Test

担当するプロダクトは?

今後私たちの主力サービスとして展開していく、次期サービスの品質保証管理業務に横断的に携わっていただきます。
次期サービスからはグローバルに広く展開していくことや、より柔軟な働き方や大規模なお客様に対応していきます。

2016年12月に発表したプレスリリースの反応も上々で、開発スピードと品質の両立が求められており、QAチームをリードするメンバーの存在が必要不可欠です。

現在QAチームを担当している倉谷は、世界レベルのハッカソンで入賞する実力を持つエンジニア
(2017年3月にはSalesforce MVPも受賞)ということもあり、QAエンジニアとして活躍されている方はもちろん、QAエンジニアに転向したいエンジニアも歓迎します。

週に1回リモートワークを推奨しているので、時間を有効に活用して、新しい技術を積極的に勉強していきたい方にマッチする環境だと思います!

在籍しているメンバーも、社外勉強会への参加や登壇、社内勉強会の自主開催、技術書の回し読み、ハッカソンへの参加等積極的にスキルを磨いているメンバーが多く、技術力の高さは社外からも評価されています。
※書籍購入支援制度やセミナー参加支援制度あり

■具体的な業務
・テストアーキテクチャ・テスト戦略の策定・運用、テスト
・自動テストコード作成
・テスト自動化フレームワークおよび基盤環境の開発・運用
・コードメトリクス測定・静的解析と改善計画の策定・実施・自動化
・開発チームへの品質改善および機能改善提案

■開発環境
フロントエンド:JavaScript(ECMAScript6/React/Redux)、HTML5+CSS3
バックエンド:Apex(Javaライクなオブジェクト指向言語)、SOQL(SQLライクなデータベース言語)、Java
iOS/Android:Swift、Android Java

プロジェクト管理:JIRA、Bitbucket
CI環境:Jenkins、JUnit、Selenium、Karma/mocha
プラットフォーム:Force.com、heroku、Amazon Web Service
開発手法:アジャイル、スクラム
コミュニケーション:Slack、Chatter

■開発フロー
スクラムによるアジャイル開発を行っており、まず、スプリントプランニングでスプリント期間での開発対象を決めて、開発に着手をします。
開発では、ソースコード管理はBitbucket、タスク管理はJIRAで行っています。
masterからブランチを分岐させて開発し、Pull Requestを投げチーム内の他エンジニアにレビューをしてもらいつつCIを走らせます。問題なければmasterブランチにマージしすぐデプロイしています。
このようにして開発を進め、スプリントの最後ではプロダクトマネージャーと開発エンジニアでレビューを行っています。
その他、チーム内のコミュニケーションは対面の他、slackを活用しながら進めています。

■働き方について
・メンバーの平均残業時間は、20時間/月程度です。
・フレックスタイム制度(コアタイム 11:00〜16:00)を導入。
・週1回の「在宅勤務」を推奨。

■チームスピリットのR&Dチームで働く魅力
・向上心が強く、勉強熱心なメンバーと働くことができる。
・開発環境のモダン化を進めている段階である。
・裁量が大きく、仕事の範囲を広げることやチーム内でのポジションの変更も可能であり、幅広いキャリアが描ける。
・今後主力プロダクトとしてグローバルに展開し、2020年時点で120万ユーザーの利用を目指すプロダクトのスタートアップメンバーになれる。
・「働き方改革」や「長時間労働」など日本が直面している課題解決の一助となるプロダクト開発に携われる。

■チームで活躍している人の人物像
・技術への興味関心が強く、継続的にインプットアウトプットをしている人
・求められている開発のゴール(プロダクト価値創出、納期、品質、コスト)に対し、「できる」を前提としたアクションを考え、行動できる人
・主体的に情報共有を行い、暗黙知を作らない努力をしている人
・プロダクトマネージャーやデザイナーなどと連携し、最適なユーザーストーリーやUX設計ができるよう支援し、技術的な側面から検証した解決策をアプリケーションの機能として実現することができる人

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしていない

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • コード品質評価ツールを導入して、メンバーが常に確認できるようにしている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • ほとんどの機能に受け入れテストを記述、実施している
  • 想定される複数環境での品質チェックを義務づけている

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている
  • 特定の人だけしかできない業務が存在しない(属人性をなくす取り組みをしている)

労働環境の自由度

  • フレックスタイム制または裁量労働制を採用している
  • リモート勤務を行うことができる

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している

待遇・福利厚生

  • フリードリンクが提供されている
  • ストックオプションまたは自社株購入支援制度がある

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 63%
  • 女性 38%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

私たちは【変化に挑戦する人と企業の成功に、常識を超えたサービスで貢献する】というミッションの下、「働き方改革」を推進するためのサービス“TeamSpirit”を提供しています。

日本が直面している「人口減少や労働力不足」、企業が直面している「長時間労働是正をしながらいかに企業価値を向上させるか」という問題、また個人として「ワークライフバランス」をどのように実現するかという問題の解決には、いずれも【生産性の向上】が鍵になります。

“TeamSpirit”はその解決の一助となるためのサービスを提供しています。

具体的には、「勤怠管理」や「就業管理」「経費精算」等の非生産的な作業時間を圧縮することや、SFAとの連携や「工数管理」によりアウトプットに要した時間を把握し、時間当たりの生産性を計測・可視化すること、また、カレンダーと連携した日報やSNSによるコーチングにより高い生産性を実現することなどが可能です。

今後はビッグデータやAIのテクノロジーを活用し、さらなる事務作業の効率化や新サービスの提供等を行うことで、変化に挑戦する人や企業にさらなる価値を提供していきます。

当社にご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ気軽に「話を聞きたい」ボタンからお知らせください。
弊社やチームのこと、これまでのお仕事や今後目指されていることについて会話させていただく、カジュアルな面談の場を設定させていただきます。
エントリーを楽しみにお待ちしております!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】フレックスタイム制度(コアタイム11:00〜16:00)
【休日休暇】完全週休2日制(土・日)/ 祝日/有給休暇/特別休暇(育児休暇等)ほか
※年間休日120日以上

社会保険・福利厚生など

・社会保険完備
・通勤交通費支給
・服装:原則自由
・在宅勤務制度あり
・健康診断、インフルエンザ予防接種
・社員合宿(年1回、宿泊費/交通費、全額会社負担)
・従業員持株会
・勉強会開催支援、関連書籍購入
・貢献により海外イベント派遣あり