Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

国内最大のSSP事業「fluct」のアプリ領域の広告配信基盤を担うAndroidエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

日本最大のSSP(Supply Side Platform: 広告掲載枠を保有する媒体の収益最大化を目的としたツール)「fluct 」をご担当いただきます。

各種 DSP(Demand Side Platform: 広告主が出稿する広告効果の最大化を支援するツール)やアドネットワークの膨大なデータから、インプレッションごとに最適な配信ネットワークを決定することで、メディア様の広告収益を最大化することが可能。
加えて、動画広告やプライベートマーケットプレイスなどの最先端機能を、日本のマーケットや商習慣に合わせて使いやすく提供しています。

大手プレミアムメディアからスタートアップの小さなメディアまで、10,000を超えるサイトへの導入を果たしており、その月間インプレッション数は330億以上にのぼります。

具体的な業務内容は?

fluct 」の広告配信システムのためのモバイルプラットフォーム向けSDKの開発・改修をご担当いただきます。

当ポジションにおけるミッション

fluctではモバイル領域での広告配信におけるプロダクトの立ち上げに携わっていただきます。

モバイルのアドテクノロジー領域に詳しく、ユーザエクスペリエンスの改善に熱心で、問題解決に熱意のあるエンジニアを私たちは求めています。
担当領域はfluctの広告SDKの開発及び運用、幅広いアプリケーションディベロッパー向けのエンジニアリングサポートが含まれます。
プロダクトの立ち上げにあたり、適切な技術選定を行い、fluct内外のエンジニアチームと協力しつつ、競合優位性を持ったプロダクトを作り上げるのがあなたの役割です

仕事の面白み

各媒体に表示される Web広告は、ネイティブアドや動画広告・バナー形式など多彩なフォーマットにて作られ、裏側では様々なパートナー企業・顧客企業の KPI 達成のための施策が走っており、多くの人が関わるプロダクトです。その中で、エンジニアは単にシステム開発のみに携わるのではなく、他部門のメンバーと密に連携してサービスを成長させていく役割を担います。

システム開発担当としてプロダクト全体を俯瞰するとともに、チーム全体で「メディアの収益化」という1つの目標に向かって「今の市場にフィットするプロダクトをどう作り・世に出していくか」を自身の頭で考え実行できることが、最大の面白みと言えます。

高可用性かつ高トラフィックのシステムを支えるため、ソフトウェアエンジニアには性能向上と機能追加の両方が求められます。

既存システムの課題について

2010年にスタートした fluct は、サービスの発展に伴いシステムが徐々に複雑化してきています。チームでは改善(リファクタリング、パフォーマンス向上)の時間を常に確保していますが、もちろん新規開発部分にも注力するため、双方のバランスを取りながら開発を進める手腕が求められます。
システム上の課題を抱えつつ、機能の開発を加速させ続けるために、コードベースの改善を仕組み化することもチームの大きな仕事の1つとしています。

技術面でアピールできることは?

  • 開発本部の生産性向上のため SRE(Site Reliability Engineering)チームを併設。開発用の Docker コンテナを整備してくれたり、必要な際は AWS に本番同様の設定のサーバー一式を個人開発用に立ててくれたりと、開発チームとの協働体制を築いています。
  • すべてのアプリケーションには自動テストや自動ビルドをするためのCI環境があります。デプロイもほぼすべて自動化されています。
  • 合理的な選択・判断として説明できるのであれば、新しいソフトウェアや言語を柔軟に導入できます。
  • 和田卓人(@t_wada )さんが週1で来社。また、Slack 上でも技術的な質問を気軽にすることができたりと、メンバーの技術力を底上げしてもらっています。

参考リンク

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

配信システムとして内部的に改善できるものはエンジニアが主導するケースが多いです。例えばユーザ分析のための基盤設計や、収益性向上のためのシステムはエンジニア主導で構築されてきました。広告配信システムは広告配信に関わる全ての実績データを取り扱います。したがってそのデータから何をどのように導き出すかということはエンジニアが考えられる環境が整っています。広告配信システムとしてどういった機能があったらいいか、作るものが他のシステムに応用できるかどうかを考え、エンジニア自身がビジネスサイドに提案することは数多くあります。

開発すべきことがらは会社としての戦略が前提となります。私達エンジニアはその中で解かなければならない問題を明確にし、着手します。”解くべき問題”を見つけることもまた開発本部の仕事の一つです。しかし多くの場合それは半年、一年といった期間での話であり、日々のタスクの優先順位はエンジニアが決めます。あるいは何か新しい機能を追加するために事前にリファクタリング、あるいは既存システムの設計を変更するといったこともエンジニアの判断に任されます。

開発するものには対競合戦略として作るものもあれば、内部のオペレーション効率を向上させるためにつくるものもあります。あなたが望むなら「何をすべきか」「何を戦略とすべきか」について議論をすることができますし、私たちはそれを歓迎します。エンジニアが全うなシステムを作るためには、何のために何をやるかを考えることが必須であると私たちは考えています。

タスクの見積もり、スケジュール管理

見積もりは各開発担当者が実施していますが、開発スケジュール自体を厳密に立てていないこともあり、あまり重視していません。スケジュール管理はチーム全体で行っています。

開発フロー

開発の進め方は機能・担当者によって様々で、関わるメンバーとコミュニケーションしながら決めていくことが推奨されています。

基本的には以下のように、小さくリリースしながら改善を繰り返すスタイルです。

  • GitHub issue または Redmine のチケットなどで機能デザインを相談します。
  • Pull Request 経由でレビューを実施。PR には CI でテスト類がまわります。
  • リリースします。

管理画面については、remote branch を作成したタイミングで pre環境にコードがデプロイされます。pre環境はブランチごとに作成されており、挙動を確認することができます。これらは Docker 環境として構築されており、ローカル開発環境も、開発用のビルド済み Docker コンテナが用意されています。DockerイメージのビルドもCIで実行されます。

リファクタリングやコード自体の改善については随時メンバーの判断により行われます。私たちはあなたのコードに対する判断を尊重します。コードの質の改善は私達のプロダクト開発を効率良く進めるために必要なことです。不必要な既存コードを削除し、整えることは歓迎されます。

コードレビュー

GitHub の Pull Request ベースでレビューを実施。メンバーからの LGTM がつき次第リリースという規則を設けています。レビュワーは固定化しておらず、fluct に関わるコードであれば誰でも広くレビューする体制です。

ソフトウェアテスト

機能追加もしくは改修の際には、少なくとも単体テストは追加するようにしており、CI でも実行されます。CI ではテストの他にも linter が実行され、文法も自動的に検証されます。

テストケースについては、テストを追加しやすい書き方、例えば Parameterized Testing を推奨していることに加え、テストケースが何を意図しているかをわかりやすく書くことをコーディングガイドラインで推奨しています。

QAチームはないので、パッチを書いたエンジニアによる動作確認を徹底しています。
また前述の通り、pre環境でも本番と同様のコードが動かせるので、どの画面で問題が起きているか? を Pull Request で共有しやすくなっています。社内向け機能においては、機能の利用予定者に振る舞いについて pre環境で確認してもらい、その後リリース、というフローもよくあります。

チームの構成は?

開発本部のメンバーは20人程度です。

  • バックエンドエンジニア 10名
  • フロントエンドエンジニア 3名
  • インフラエンジニア 4名
  • iOS / Androidエンジニア 3名

役割を横断することもあるため、上記の割当はおおよその人数です。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • プロダクトの未来を見据え、オーナーシップをもち、的確なデザインでプロダクトを設計し、実装までできる方。
  • エンジニアとして同僚からの信頼を築き、ともに事を成せる方。
  • アドテクノロジー業界の成長について、エンジニアとしての倫理観を持ち、健全に発展していく術を考えられる方。

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • ほとんどの機能に受け入れテストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している
  • 想定される複数環境での品質チェックを義務づけている

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている
  • フレックスタイム制または裁量労働制を採用している

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している
  • 開発メンバーの新卒採用を実施している

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • 希望者には定価 6 万円以上のオフィスチェアが支給される
  • フリードリンクが提供されている
  • 無料または格安の社員食堂、または「まかない」サービスがある
  • ストックオプションまたは自社株購入支援制度がある

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術


ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

読者に向けてメッセージをどうぞ!

fluct は日本における SSP の黎明期から今に至るまで、国内最大の SSP 事業として運営を続けてきました。
大規模なトラフィックとミッションクリティカルなシステムが注目されることの多いアドテクノロジー関連プロダクトですが、トラフィックだけでなく業界の構造全体を見通したり、実際に使っていただいているメディア様からの声を聞くことができたりと、様々な面白さがあります。

アドテク業界は変化が早く、その分日々の学びも非常に多いです。そんな中 fluct チームでは、プロダクトのさらなる成長のために、各メンバーが積極的に考え手を動かしていくことが推奨されています。また、他メンバーと協働してお互いに信頼を築き合い、学びを深めながらも楽しく働ける環境があります。

オーナーシップを持ち、自ら考え自ら動くことのできるソフトウェアエンジニアの方を熱望しています。興味を持たれた方は、まずはお気軽にエントリーしてみてください!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:30~18:30
【休日休暇】年間休日120日以上:完全週休2日制(土日)、祝日、夏季休暇(7月1日~10月末までに4日間)、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、生理休暇など

社会保険・福利厚生など

各種保険完備( 関東ITソフトウェア健康保険組合に加入)
健康診断(年1回、健康保険加入者が対象)
住宅手当(毎月5万円支給、会社から半径2km圏内に賃貸契約をされた方が対象)
昼食一部補助
表彰制度
フリードリンク
社内Bar「AJITO」では、定時以降はすべてのアルコールがフリー
特別報奨制度(勤続5年を経過した時点で4週間の休暇を支給)
社内総会
サークル活動(4半期毎に活動運営費として1人1万円を補助)


会社データ

株式会社VOYAGE GROUP
株式会社VOYAGE GROUP

VOYAGE GROUP, Inc.

メンバー

エンジニアの割合
31%

勤務地

東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F


この企業の他の求人