第一志望校合格率80%以上! 無料で学べる中高生向けのオンライン塾「アオイゼミ」の Androidアプリを開発するエンジニアを募集!

約1年前更新

担当するプロダクトは?

アオイゼミ 」はスマートフォンやタブレット、PC からライブ授業に参加できるオンライン学習塾サービスです。

毎日夕方の決まった時間に中学生、高校生向けのライブストリーミング授業を生放送配信しており、誰でも無料で受講可能、併せてテキストの配信も行っており、高品質な教育サービスを圧倒的な低価格で提供しています。

講師は有名予備校で教えた経験がある専属スタッフや、現役大学生が担当。サービスはフリーミアムモデルで、ライブ授業がずっと無料で受けられる「無料会員」と、過去に配信された3,000本以上の授業動画がいつでも閲覧できる有料の「プレミアム会員」、2つのプランを用意しています。

【アオイゼミ3つの特徴】

  • 無料で学べる

    「ライブ授業」の受講は全て無料。会員登録するだけで、毎週平日に配信されるライブ講義をいくつでも受けることができ、講師に直接質問できたり、他ユーザーと交流することができます。

  • みんなと学べる

    ライブ講義では講師に質問したり、チャットで他の受講生と教え合ったりできます。また生徒同士が交流する SNS があり、授業ごとや教材ごとに学習の記録ができ、また友達の勉強状況がタイムラインに流れてきて互いに励ましながら勉強することで、継続率向上につなげています。

  • 充実したプレミアム会員の特典

    過去に配信された3,000本以上の授業動画がいつでも見られます。またライブ講義以外でも個別質問を受けつけ、1人ひとりの理解力に合わせて専属スタッフが 対応します。

アオイゼミ が提供しているのは数学、英語、理科、社会の4教科で、プレミアム会員の月額料金は1教科の受講で2,000円、2教科で3,500円、3教科4,500円、最大の4教科で5,000円。また、スマートフォンアプリの利用者向けに、月額900円でアオイゼミの全授業動画が見放題になるコースも設けています。

またプレミアム会員向けに、半年間継続してアオイゼミの学習コンテンツを視聴したにも関わらず、定期テストにおいて対象教科の学年順位や点数・偏差値のすべてが改善されない場合は、受講料を全額返金するという成績保証制度が用意されています。

具体的な業務内容は?

アオイゼミ の Androidアプリ開発を担当していただきます。

アオイゼミでは中高生向けの授業をリアルタイムでストリーミング配信しており、 ユーザーと双方向でやりとりすることができるのが特徴です。 この特性を活かした新機能やSNSの拡張など、まだまだ開発すべきことはたくさんあります。

これらの機能の企画立案、設計、実装、運用までを一貫して手掛けていただきます。

開発においては仕様書を作らず、メンバー同士が柔軟に意見を言いあいながら 開発を進めています。また、プランナー、デザイナー、エンジニアといった 職種の垣根を越え、優れた意見を採用する方針をとっています。

ユーザー目線を大切にしつつ、新機能やUIデザインに対する意見を積極的に上げてください。

現場で使われている技術は?

Androidアプリは Java によるネイティブ開発です。JUnit を用いてユニットテストを実践しています。

チーム開発を GitHub上で行っており、タスク管理には Redmine、チャットツールは Slack を使っています。

なおサーバーサイドの開発は PHP でフレームワークは Phalcon。データベースは MySQL を利用しており、インフラは全て AWS上に構築されています。

採用されたら使う技術

言語

その他

技術面でアピールできることは?

  • 独自のライブストリーミング配信インフラを構築しています。またサービスの性質上、特定の数時間にユーザの利用が集中するため、スケーリングを考慮した構成となっています。
  • エンジニアとデザイナーが共同で、アジャイルスタイルで開発しています。
  • 毎週開催されるミーティングと社内勉強会があります。勉強会は毎週持ち回りで、メンバーが各自行っているタスクや最近学んだことを発表します。

開発の進め方は?

チケット駆動開発を実践し、設計から実装までを小さいサイクルで回しています。

サーバーサイドエンジニアが追加機能を決め、仕様におとしてスケジュール調整。サービス全体の目指す方向性を共有した上で、成果地点と目標を決めた後は各自が自律的に活動計画を組み立てる形を取っているため、自分に合った開発手法で進めることが可能です。

日々の進捗は GitHub と Redmine で常にシェアされており、進捗、成果を週単位で検証するプロセスで開発しています。

チームの構成は?

メンバー構成

  • サーバーサイドエンジニア 1名
  • iOSエンジニア 2名
  • Androidエンジニア 1名
  • Webエンジニア 2名
  • デザイナー 1名
  • マーケッター 2名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • ライブストリーミング授業は毎日およそ3,000人のユーザーが受講に訪れ、6,000件以上のコメントが書き込まれます。コメントは授業に対してのみならずシステムへの声もあり、実装した機能に対する意見がすぐに返ってくる緊張感と嬉しさがあります。
  • ユーザーの「成績が上がった!」とか「志望校に受かった!」という声がダイレクトに届きます。ユーザーの人生を変えられたような喜びを感じられます。
  • 尊敬し合うチームによる開発体制が、アオイゼミ最大の強み。毎週行われる社内勉強会で、お互いの業務に関する理解なども生まれます。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • IT系サービスを手がけるスタートアップ企業で、サービスと共に成長した経験がある方。
  • チームを率先して引っ張っていける方。

提示年収の上限額
600 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

年間1.2兆円と言われる教育市場、そこに ITを活用してイノベーションを起こすサービスは「EdTech(エドテック)」と呼ばれ、2013年から現在まで盛り上がっている分野です。

アオイゼミは ITの力を使って、高品質な教育サービスを圧倒的な低価格で提供することはもちろん、インターネットだからこそ実現できる新しい勉強法の提供により日本の教育サービスに革命を起こしたいと考えています。

2014年8月には1.2億円の資金調達を行い、これまで以上にユーザーと向き合った事業を運営する体制を整えている最中で、現在エンジニアの採用を第一に進めています。アオイゼミを、日本でいちばん多く利用される教育サービスに育て上げるのに協力してくれる方を、心よりお待ちしています。

私たちと共に教育産業に革命を起こしてみたいという方、「ちょっと話を聞いてみたい」だけでも構いませんので、ぜひオフィスに一度いらっしゃいませんか?

エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 10:00〜19:00  残業時間は平均10時間程度
【休日休暇】 週休二日、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

※個人の趣味・用事などで出来るだけお休みを取れるようにしています。
好きなアイドルのライブがある!W杯を観にブラジルに行くから、20日くらい休みたい!
このようなことも事前に相談していただければ幸いです。

社会保険・福利厚生など

【福利厚生】 書籍購入費、研修参加費等負担、ストックオプション付与
【保険】 社会保険完備

【通勤交通費】 支給(上限1万円/月)


会社データ

株式会社葵
株式会社葵

Aoi Co., Ltd.

メンバー
Nobody
石井 貴基
Nobody
井上 裕太
Nobody
tatsuleft
Nobody
pipo.po.313
Nobody
生田 総司
Nobody
uki

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都新宿区四谷1丁目1-2 四谷見附ビルディング6F


事業内容

株式会社葵は、中学生・高校生を対象とするオンライン学習塾「アオイゼミ 」のシステム開発及びサービス運営を行っています。

代表の石井貴基は福島大学経済学部を卒業後、リクルートを経てソニー生命に入社。北海道支店で営業マンとして保険販売のかたわら、ファイナンシャルプランナーとして多くの世帯の家計コンサルティングを行いました。そこで見たのは北海道の世帯年収が低下している中、教育費だけが上がり続けており、どこの世帯も子どもが中学3年のときに家計が逼迫している状況でした。

教室の場所代、講師の人件費により価格を下げにくい教育分野において、IT を活用すればもっと安く良質なサービスが提供できるはずとオンライン学習塾のビジネスモデルを考案。石井は2012年2月に上京、株式会社葵を創業しました。そしてその4ヶ月後、各科目の授業を動画配信するオンライン学習塾「アオイゼミ 」のサービスを開始しました。

毎日リアルタイムに配信される「ライブ授業」は、全て無料で受講できる圧倒的低コストと、専属スタッフが作成した教材とプロの講師によるわかりやすい講義で、アオイゼミ はリリース当初からターゲットの中学生を中心に評判を呼び、ユーザーはこの1年で30倍に増加。ユーザーを対象にしたアンケートでは、2012年度の第一志望校合格率が83.6% という結果を出し、その高い学習効果に注目を集めました。

一方で、KDDI が運営するインキュベーション事業である KDDI∞Laboの第5期チーム に採択され、経済メディアで知られる経済界の「金の卵発掘プロジェクト2013 」でも審査委員特別賞を受賞するなど、アオイゼミ はビジネスとしても高い評価を獲得。

システム開発についてはリリース当初、外部の eラーニング業者へ発注していましたが、ノウハウの蓄積や PDCAサイクルを早めることを目的に内製へと移行し、石井も代表ながらデザイナーとして開発に参加。

そして2013年8月にiPhoneアプリ をリリースしたところ、これを契機にユーザー数は急増。続けて11月に Androidアプリ も提供開始しました。

そんな中、2013年12月に日本ベンチャーキャピタル株式会社および個人投資家より総額4,000万円の資金調達を実施。さらに2014年8月には株式会社ジャフコより1.2億円を調達しています。
調達した資金で、今後は2014年4月から開始した高校生向け講座の教材コンテンツをさらに充実させると共に、システム開発を強化するためにエンジニア採用に注力していきます。

また、2014年9月には生徒の学習時間を把握できる保護者向けアプリをリリース予定。

現在、難関高校・大学を目指す多くの子供は学習塾や予備校に通っていますが、その学費は高額な上、近くに塾や予備校がない地方では物理的に通うことができません。子どもの未来を決める教育環境に、本来は経済的格差や地域間格差はあってはならないものです。その問題を解決するためにアオイゼミ のサービスは存在しています。

今後もアオイゼミでは「全ての子どもたちが平等に教育機会を手に入れられる社会作り」のため、サービスの改善を続け事業を拡大させていきます。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • オフィスにある冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、炊飯器、電気ケトルは自由に使えます。
  • バリスタマシンを完備。エナジードリンクも常備しており、格安で飲めます!
  • ストックオプション制度を設けており、会社の成長が社員に還元されます。

この企業の他の求人