【Scala】テクノロジーで税務・会計業務を一新するクラウド税務・会計サービス「A-SaaS」!新基盤構築のプロジェクトリーダー募集!

担当するプロダクトは?

税理士・会計事務所などのプロフェッショナル向けに、税務・会計・給与業務を効率化するクラウド会計サービス A-SaaS 開発及びプロジェクト推進に携わっていただきます。

仕事内容

税理士・会計事務所などのプロフェッショナル向け会計システムである A-SaaS を Scala でマイクロサービス化するプロジェクトに参加していただきます。 本プロジェクトでは Java で書かれたモノリシックなシステムを段階的に Scala でマイクロサービスとして切り出すことで安定化と高速化を目指します。また、Javaで開発されている既存システムの開発業務も、状況によって担当頂くことがあります。

A-SaaSは税務・会計・給与・確定申告・マイナンバーなど、サービスごとにプロジェクト化して開発を行っています。

ご入社直後は既に進捗している既存プロジェクトにメンバーとして参加して、仕事の進め方などキャッチアップいただきます。その後、新チームのプロジェクトリーダーとして周りを巻き込みながら、プロジェクトを推進していただきます。

また、経営方針に関わるマネージメントMTGへの参加や、採用など組織づくりに関わる業務も携わっていただきます。

開発体制

プロジェクトチームは8名程度で、企画、開発、QAなど職能横断的なメンバーで構成されています。
リーンスタートアップの考え方を取り入れており、仮説検証を行いながら実装するべき機能を決定しています。 また、カンバンを用いたアジャイル開発手法を実践しています。

開発環境

・MacBook Pro 15-inch (Late 2016)
・外部ディスプレイ
※キーボード・マウスなどの持ち込みは自由です。

技術スタック

プログラミング言語:Scala
ライブラリ:Play Framework、Slick、Scalaz
テストツール:ScalaTest
データベース:MySQL
インフラストラクチャ:Amazon Web Services、Docker
ドキュメント管理:Redmine、G Suite
ソースコード管理:GitHub
デプロイ管理:Jenkins
コミュニケーション:ChatWork、Google Hangouts

必須要件

・JavaまたはScalaの開発経験合計3年以上
・メンバーのマネジメント経験

歓迎要件

・100名以下のベンチャー企業でのご就業経験が有る方
・プロジェクトマネジメント業務経験
・AWS(ECS,Aurora,Lambda,Cloud Search,Cloud formation)を用いた開発環境の構築・運用経験
・CI(継続的インテグレーション)、ユニットテストの実務経験
・Githubでソースコードを公開していたり、Qiitaやブログなどで情報発信している方

こんな方と働きたい!

・自社サービスを作っていきたいという気持ちが有る方
・お客様へいかに価値提供できるかを第一に考えられる方
・会社、プロダクトと共に成長していきたい方

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている

テストの実施度

  • 想定される複数環境での品質チェックを義務づけている
  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている

メンバーの多様性

  • 育児中の開発メンバーが在籍している

待遇・福利厚生

  • ストックオプションまたは自社株購入支援制度がある
  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 91%
  • 女性 9%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

アカウンティング・サース・ジャパンとは

自社開発のクラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」を企画、開発、運用しています。

2010年にリリースされて以来、全国2,100社以上の会計事務所を通して既に15万社の中小企業に導入されています。私たちは、このA-SaaSの品質をさらに磨き上げ、閉鎖的といわれる税理士・会計事務所向けソフトウェア業界を変革するような新しい価値を提供していきたいと思っています。

創業時に800名以上の税理士の方から出資をして頂いており、ロイヤルカスタマーとして継続してご利用頂いています。多くの税理士・会計事務所の方の期待に応えていくべく、最高のプロダクト作りを目指しています。

私たちが目指すもの

私たちは 、「税理士と顧問先企業が 1つのサービスでリアルタイムに繋がることで、 税理士は財務アドバイザーとしての本来の力を発揮し、 顧問先企業は事業の成長に集中できる」世界の実現を目指しています。

税務・会計領域は、1980年代という非常に早い時期に「コンピューター化」した歴史があります。しかし、立ち上がりが早すぎた分、2010年以降の「クラウド」や「SaaS」の流れには乗れておらず、今だに「スタンドアロン」や「専用サーバー」といった古いアーキテクチャーが一般的です。その為、税理士と顧問先の中小企業でデータが一元管理できていないため、データ連携も月一回のみとなることも実際に発生しており、ビジネスのスピード感に追いつき切れていない状況です。

そんな状況を、私たちは「税理士向け×クラウド」のビジネスモデルで解決します。会計ソフトは世の中に数多く存在しますが、税理士・会計事務所向けに、会計・給与から税務の電子申告まで一気通貫でクラウド(SaaS型)で提供しているのは当社のみです。このA-SaaSを通じて税理士と顧問先の情報管理のイノベーションを実現し、全国の中小企業の成長に貢献していきます。

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】
09時00分~18時00分

【年間休日】
120日以上
※完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、慶弔休暇、年次有給休暇等

社会保険・福利厚生など

【保険】
社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)

【諸手当】
通勤手当、残業手当、近隣住宅手当等

【福利厚生】
オフィスオアシスを設置しており、飲み物やスナックなどを安価に購入することができます。