お店屋さんごっこアプリ「MY STORE」の立ち上げを担う、リーダー候補の iOSエンジニアを募集!

約1年前更新

担当するプロダクトは?

新規プロジェクトであるコミュニティ系サービス「MY STORE」をご担当いただきます。

開発を予定している自社サービスは、モノと人を今までになかった方法で出会わせる「発見」のサービス。コンセプトは、「みんなでお店屋さんごっこをして、おすすめのモノを紹介する CGM(Consumer Generated Media)」です。

各種ECサイトの API を利用し、 ユーザーがショップオーナーとなって、 独自の商品を取り揃えた仮想店舗を開設。オリジナルの商品 POP とともに、 商品をおすすめしていくというものです。

現状、欲しいモノを Web上で「発見」する主な方法は、Amazon を筆頭とする ECサイトやソーシャルコマースなどで直接探すことですが、MY STORE では、各ユーザー独自のショップを通して「ものすごく面白いけど、知名度はない本」や、「新潟のおばあちゃんが作った美味しいお米」など、物語や文脈のあるモノとの出会いを実現するサービスを目指しています。

EC市場は、現在の10兆円規模から、2020年には20兆円を超えると言われています。今後は世の中に売り手が増えて、モノの量が爆発的に増大していきます。市場の成長に合わせて、モノをどのように発見するのかという「How」が重要になることは間違いないと考えています。

2020年には3千万人のユーザーを保有するとともに、このサービスを使ってモノとの出会いを楽しめる世界を作ることを目指していきます。

具体的な業務内容は?

新規プロジェクト「MY STORE」の iOSアプリ開発をご担当いただきます。

既存のチームとは完全に別で立ち上げる新規プロジェクトです。エンジニアリングチームは完全に新規での採用を計画しております。

現場で使われている技術は?

現在プロジェクトは企画段階のため、下記は既存で使っている技術も含め、あくまでも一例となります。開発環境については今後、リーダーエンジニアを中心に、チームで相談しながら構築を行っていきます。

iOSアプリは Objective-C による開発。

バージョン管理は Git を使用。Backlog でプロジェクト管理、ChatWork で社内チャット環境を構築しています。

サーバーサイドに関しては、言語は PHP を想定(既存プロジェクトではフレームワークに CakePHP を使用)。データベースは MySQL(Amazon RDS)および MongoDB、インフラは AWS の使用を予定しています。

採用されたら使う技術


その他

技術面でアピールできることは?

今回のプロジェクトは、既存の事業とは完全に切り離した体制を作るため、既存で採用されている技術による「負の遺産」というものが一切ありません。

新しいサービスを作るために最適な基盤を、皆さんといっしょに構築していける状況です。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

本サービスが目指す目標を共有した上で、ディレクターとエンジニアが対話をしながら仕様を確定し実装、リリースを行います。リリース後は利用状況などの結果を振り返り、次の開発に落としこむ PDCA サイクルを回して行きます。

これから開始する新規プロジェクトのため、積極的に仕様のご提案をいただけることを期待しています。

タスクの見積もり、スケジュール管理

ディレクターとの話し合いを通じて具体化した仕様を、技術チーム全員で見積もり、Backlog にて管理をしております。上述の通り、今回は完全に新規での取り組みと考えておりますので、その辺りのルールなども一緒に作っていければと考えています。

開発フロー

既存のプロジェクトでは、2週間1スプリントのスクラム開発を基本としております。Backlog でのチケットによる共有や GitHub での Pull Request 以外に、デイリーでの簡易な報告+週に1度の簡易レビュー+隔週でのスプリントレビューの実施を行っています。

ソフトウェアテスト

既存プロジェクトでは、ユニットテスト、エンドツーエンドテスト、Jenkins などによる CI環境の構築に力を入れています。

今回のプロジェクトもそれに近い環境を構築したいと思っておりますが、手法などを含め、新しい環境作りにこれから取り組んでいく予定です。

チームの構成は?

メンバー構成

最終的には

  • ディレクター 1名
  • iOSエンジニア 2名
  • Webエンジニア 2名

を予定しており、現在はディレクター1名、Webエンジニア2名の参画が決まっております。 

チーム内において、担当役員との距離は非常に近いので、必要とあらばすぐにでも決裁をとることができます。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • サービスの思想に共感し、その実現に最後までコミットしてくれる方。
  • CGM系の iOSアプリをゼロイチで立ち上げ、スケールさせた実績がある方。

提示年収の上限額
900 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ビヨンド株式会社では、長く愛されるサービスを生み出していきたいという想いで、新しいコミュニティ系サービス「MY STORE」プロジェクトを立ちあげたばかりです。

これまでの eコマースの歴史とこれからの未来を考えると、人とモノとの関わり方が大きく変革するのはこの2〜3年にかかっていると強く感じています。この絶妙なタイミングで今回のサービスを立ち上げ、多くの人たちとモノとの出会いを作るために、私たちの仲間となる方を求めています。

現在当社では、企画者とエンジニアがマーケティング、UI・UX を必死になって考えている状態です。世の中を幸せにするサービスは、最高のエンジニアと、メンバーの固い結束から実現できるものと思っております。

サービスの実現に向けて、私たちといっしょにゼロから開発体制を作ることに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度弊社にお越しいただいて、お話しさせていただけると嬉しいです。

エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00

【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費(全額支給)
  • 住宅手当(3kmエリア内)
  • 役職手当
  • スマホ手当

会社データ

ビヨンド株式会社
ビヨンド株式会社

Beyond, Inc.

メンバー
Nobody
村井 愛子
Nobody
mayu.mrsm
Nobody
100002244581307

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都港区北青山2-7-26 ヒューリック外苑前ビル 2階 CROSSCOOP内


事業内容

ビヨンド株式会社は、スマートフォンに特化して様々なアプリ・サービスを自社展開している会社です。

代表の一谷幸一は駒沢大学経営学部を卒業後、サイバーエージェントに入社し社長室に配属。同社の社員交流を目的としたダイニングバー「amebar」設立に携わり、店長としても活躍。その後、ブログを中心とした Webサービスを提供する Ameba事業本部へと異動、動画共有サイト「AmebaVision」の責任者を務めた他、投資育成事業部にて投資事業にも従事しました。

入社から3年後、自身の手によるメディア運営を目指してサイバーエージェントを退社し、2008年6月にビヨンド株式会社を設立。モバイル市場に着目し、モバイルに特化した事業を開始しました。

創業後は受託開発を行いながら、約半年後に自社サービスも発表、フィーチャーフォン向けデコメ絵文字共有サービス「エモジバ 」を2009年1月から提供開始。既存の絵文字をダウンロードできるだけでなく、オリジナルの作成絵文字を作って共有できるサービスは人気となり、ユーザーはどんどん増加。

また、2010年11月に携帯向け画像投稿サイト「エモジバ*ピク 」もリリース。待ち受け画像やデコメールの検索を、携帯電話で簡単にできるサービスを開始しました。

スマートフォンの本格的な普及の兆しを見越して、モバイル事業をスマートフォンに完全に特化。

その決定と同時期の2011年7月、ピンポン球をグラスに投げ入れるシンプルなゲーム「GlassPong(グラスポン)」の iOSアプリを、2011年10月に Androidアプリ を続けてリリース。日本語・英語版を公開したところ大ヒットとなり、AppStore の無料総合ランキング1位を各国で達成、全世界で合計700万DL を突破。

この反響を受けて、続編の「GlassPong2 」、フリック入力で遊べる「GlassPong Flick 」もリリースし、ユーザーを数多く集めました。

人気サービス・エモジバ もスマートフォン対応を行い、iOSアプリ Androidアプリ を2011年にリリース。2013年にカカオトークとの連携を行った後さらに利用者は拡大し、スマートフォンにおけるデコメサービスでユーザー数No.1となり、アプリは国内100万DLを突破。Web版も会員数28万人を超える規模となりました。

広告事業も開始し、2012年11月にアドネットワーク「BEAD 」を Android向けにリリース。他の広告枠と被らない表示方法や、様々な画面サイズへの対応を可能とするサービスを提供し、スマートフォン広告の最適化を目指しました。(2014年10月、株式会社オルトプラスへ事業譲渡)

複数のベンチャーキャピタルより、2012年に1.6億、2014年に1.7億の資金調達を実施して体制を強化しており、2015年現在、ビヨンドのサービスの累計DL数は約1,300万を達成し、月間利用者数は300万人以上を抱えています。

ガラパゴスと言われた日本のモバイル市場で、業界が一変するようなインパクトをもたらしたスマートフォンの登場は、国内においては10年に一度の大きなビジネスチャンスだと考えています。また、スマホアプリは今までのネットサービス以上に簡単に世界中の人へ自分たちのサービスを届けられるようになりました。

そしてビヨンドは現在、新規プロジェクトとして eコマースを変革する CGMアプリケーションをゼロイチで作ろうとしているまっただ中です。

当社の目標は、世界中の人に価値ある新しいサービスを提供すること。まさに今が最大のチャンスだと感じています。日本発で、世界中の人に利用されるサービスを、なんとしても創りたいと考えています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • オフィスは銀座線外苑前駅から徒歩1分の距離です。
  • 部署ごとの交流費を毎月3千円利用可能です。
  • スマートフォン手当を毎月5千円支給しています。