【プロジェクトマネージャー】ドローンの安全飛行支援サービスに携わるメンバー募集!

2ヶ月前更新

担当するプロダクトは?

無人航空機(UAV: Unmanned Aerial Vehicle)、通称「ドローン」に関連する自社プロダクトや受託案件に携わっていただきます。

ブルーイノベーションでは世界最先端の自動飛行技術と高度な解析技術を用いて、人が直接立ち入ることのできない危険な場所の調査、プロモーション用画像・映像の撮影システム、飛行支援地図・安全飛行管理システム構築などドローンにまつわる様々なサービスを開発・運営しています。

例えば、

  • ドローンパイロット向けの飛行支援地図サービス「SoraPass
  • 機体盗難防止や飛行ログ収集管理の認証システム「IDログ
  • 複数機体、複数箇所での制御システム「マルチフライトシステム
  • GPS に頼らない室内での安定した自動飛行システム「インドアフライトシステム

といった多彩なプロダクトを提供しています。

具体的な業務内容は?

ドローン関連サービスのプロジェクトマネジメントをご担当いただきます。

ドローン制御サーバー構築がメインとなりますが、システムプラットフォームとなるミドルウェア開発やアプリケーション開発案件に携わっていただく可能性もあります。

その他、ご担当範囲内の業務として

  • UNR Platform を活用した開発案件のマネージメント
  • 受託開発案件のマネージメント
  • 受託開発案件の見積もり作成、パートナー調整

などがございます。

現場で使われている技術は?

ソフトウェア開発は PHP と CakePHP 3 を使用しています。
制御サーバー構築は Java の採用を視野に入れていますが、今後の技術選定次第で変更の可能性もあります。

各開発メンバーは1ポジション専任となることは少なく、複数言語を用いたり、モバイルからサーバーサイド開発に移ったりと柔軟に業務に取り組んでいます。そのため単なるプロダクト開発のみならず、どの技術を採用してどのようなサービスを作るか、を考えながら開発を行っています。

採用されたら使う技術

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

  • 組み込みチームとの交流も多く、ドローンにまつわる技術の知見共有は活発です。
  • 有名企業や大学との協同研究・開発に携わることで、他社の保有する豊富な知見も得ることができます。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

ユーザーアンケートを参考にしながらメンバー間で提案を出し合い決定しており、開発チーム内で決められることもあれば他部署との話し合いで決められることもあります。最終的には代表がゴーを出し、開発チームが仕様策定やシステム設計を行います。
基本的に部署間の垣根はなく、特に SoraPass に関してはデザインや外部への打ち出しまで開発チーム内で決めることもしばしばです。

タスクの見積もり、スケジュール管理

各タスクの担当者が見積もります。スケジュールは Redmine で管理しており、機能ごとに「◯月にリリース」とざっくりとしたマイルストーンを置くに止め、間に合わない場合は随時スケジュール見直しを行います。

開発フロー、デプロイフロー

航空法の改正やユーザーの要望次第でたびたび仕様変更が発生するため、各タスクの担当者は他部署と連携を取りながら実装を進めています。特に法改正の際は、既存スケジュールに割り込みなるべく急いで対応ということもあります。実装後は試験を通してからリリースを行っています。

コードレビュー

一部でピアレビューを行っています。SoraPass では有料機能の提供も行っており、課金周りは特に重視して行っています。

ソフトウェアテスト

単体レベルでは開発者が実施。基本的には各タスクの担当者が検証レベルまで回していますが、絶対外せないところは検証担当者を随時立てています。また、単発で検証してくれる外部メンバーも存在します。

チームの構成は?

メンバー構成

開発部のメンバーは常駐スタッフが6名。チームは以下の構成となります。

  • プロジェクトマネージャー 1名
  • サーバーサイドエンジニア 1名
  • Webエンジニア 5名(内、3名は業務委託)
  • iOSエンジニア 1名

チームの性別比率

  • 男性 75%
  • 女性 25%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 能動的に業務に取り組み、ビジネス視点を持って積極的に企画立案を行うことができる方。
  • どんな開発環境も使いこなせるような、凄まじく技術力の高い方。
  • 高いマネジメントスキルをお持ちの方。

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

航空法改正や技術革新にともないその成長性が注目されているドローン市場は、メーカー、SIer、サービス事業者など多くのプレイヤーが参入しており激動の時代を迎えています。

市場の黎明期から「ドローンインテグレーター」として事業に携わってきた当社は、海岸モニタリングを始め、各プレイヤーと協業のもとシステム開発、映像空撮、インフラ点検、測量など様々な事業に携わっており、Webサービス開発・運用面において知見とノウハウを蓄積。業界での確固たる地位を確立しています。

ドローン市場の急速な拡大に伴い、今後強く問われるのは「正しい利用方法」です。これを踏まえ、当社は運用面のコンサルティングのみならず、各種プロダクトの開発・運営を通じてドローン市場の発展を支えようとしています。
ブルーイノベーションで新しい時代のインフラを築いていくことに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度オフィスにお越しいただき、お話しできればと思います。エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:00〜18:00
【休日休暇】土日祝日、GW休暇、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額3万円まで)
  • 社会保険完備
  • 各種手当(時間外、出張、住宅・社宅、家族・扶養・役職)
  • 昇給年1回(6月)
  • 賞与年1回(2014年度実績)
  • 社員旅行
  • 確定拠出年金(401k)
  • ストックオプション制度

会社データ

ブルーイノベーション株式会社
ブルーイノベーション株式会社

Blue Innovation, Co., Ltd.

メンバー

エンジニアの割合
31%

勤務地

東京都千代田区神田錦町3-16-11 エルヴァージュ神田錦町 4F,5F


事業内容

ブルーイノベーション株式会社は、ドローンに関するソフトウェア開発事業・コンサルティング事業を手掛ける、日本唯一のドローン・インテグレーターです。

代表の熊田貴之は大学院時代、ベトナム・タイで海岸侵食に悩まされる人々の生活を目の当たりにしたことを機に、この深刻な環境問題解決に向けて何かできないかと考え、海岸地形と底質粒径の変化が予測できる数値計算モデルを世界で初めて開発。大学より博士(工学)の学位を授与されました。
その後研究室のメンバーとともに海岸環境に関わるコンサルタント事業を立ち上げ、専門性を活かして様々な海岸の侵食対策を提案。特に国交省からの受託案件を数多く引き受けました。

2014年からはドローン事業に特化。日本で初めてドローンを用いた海岸モニタリングシステムを開発し、津波後の航空写真撮影などに役立てました。ドローンに関するコンサルティング事業ではこれまでに400社以上を支援。ドローンを用いた検査や監視システム構築、新規事業の創出など、導入支援から研究開発・事業化コンサルティングまで幅広く取り組んでいます。

2016年6月にはドローン産業を支援する日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ゼンリンと共同でドローンサービスプラットフォーム「SoraPass 」を開発し、第1弾としてドローン飛行支援地図サービスを公開したばかり。さらに大型の資金調達歴として日本ベンチャーキャピタル(NVCC)から最大5億円の調達枠を設定いただくなど、外部からも高い評価を受けています。

ブルーイノベーションは日本におけるドローン業界のパイオニアとして、さらなるマーケット拡大の一翼を担うことを目指しています。「空の産業革命」とも言われるドローンの活用は決して一過性のものではなく、人々の生活を変えられるほどのインパクトがあると考えています。
ドローンには安全性の問題を含め、まだまだ課題が山積みの状態です。当社ではそんな課題を1つ1つ解決し、黎明期であるドローンマーケットをますます成長させるべく邁進していきます。


会社・オフィスのアピールポイント
  • 実際にドローンを操縦するソリューションチームと様々な情報をやり取りしており、ソフトウェア・ハードウェアの両面においてドローンに詳しくなります。
  • スタートアップとして貪欲な事業展開を実施しており、スキルとご希望次第でどんどん仕事を任せる環境です。ビジネス視点からのアイデア出しも大歓迎です。
  • チームは多国籍ですが日本語堪能なメンバーがほとんどです。

この企業の他の求人