80万店舗を突破してなお急成長中、誰でも簡単にショップが作れる「STORES.jp」を開発する Rubyエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

無料のオンラインストアが誰でもすぐに作れるサービス「STORES.jp 」の開発をご担当いただきます。

STORES.jp

インターネットの知識がなくても、最短2分で簡単にオンラインストアを開けるサービス。決済機能やオーダー受付の仕組みなどオンライン販売に必要な機能は実装済みで、ストアのデザインを自由にカスタムして利用することができます。

【STORES.jp の特徴】

  • デザイン性高く便利なオンラインストア
    テンプレートから好きなレイアウトを選んで、ロゴ画像、背景の柄、文字の色などを変えるだけでおしゃれなマイストアが完成。S、M、Lのサイズなどアイテムにバリエーションを持たせた販売も可能で、購入された商品はオーダーリストで管理できます。
  • 他社サイトとの連携による販売支援
    プロモーションスイッチをオンにすると、STORES.jp が提携するサイトへ商品が掲載され、ストアの告知や集客に繋げることが可能。売上が約2.7倍になったというケースもあります。
  • 充実の発送サポート
    ボタン1つで集荷サービスへの依頼が可能。面倒な在庫の管理や発送作業を行う必要はありません。また、保管費無料の倉庫サービスを利用して STORES.jp へ商品を預けていただくことで、在庫の管理や梱包、発送の代行も請け負っています。
  • 複数の決済方法に対応
    代金引換、銀行振込の他、クレジットカード決済やコンビニ支払いにも対応。特別な設定や申し込みは必要なくお買い物が可能です。

ストアは無料で開設でき、商品数は無制限で公開可能。ただし決済手数料が5%かかり、プロモーション機能を経由した売上にも販売価格の10%が手数料としてかかります。
月額980円のプレミアムプランになると、独自ドメインが設定できるほか、ワンクリックで様々な機能が追加できる「アドオン機能」により、アクセス解析、クーポン発行、ギフト対応なども可能に。ストアの売上を、無料プランの約10倍にまで引き上げることができます。

2016年11月現在、80万件以上の店舗が開設されており、法人・個人問わず、若い方から90歳以上(!)の方まで、幅広くご利用いただいています。また、他社との連携による膨大な販売ネットワークを保有しているところから、簡単にストアが作れる&売れるオンラインストアを目指しています。

具体的な業務内容は?

STORES.jp 」の各種機能の開発、インフラ周りの運用を行っていただきます。

新規機能だけでなく既存機能のバージョンアップなど、その都度行います。フロントエンドとバックエンドなど担当を分けていないことから、一環してサービスに携わっていただけます。またインフラ専門のエンジニアというものも存在しないため、インフラ周りの業務も見ていただくことになります。

手を挙げた、意見を言った人を尊重する風土であるため、開発する機能の企画や仕様策定などにも積極的に参加できます。

現場で使われている技術は?

開発言語は Ruby、フレームワークに Ruby on Rails を使用。RSpec による単体テスト、機能テストを実施しています。フロントエンドの JavaScript部分には AngularJS を導入。

データベースは MongoDB で、全文検索に Elasticsearch を使っています。
インフラは AWS で、デプロイは Mina で行っています。 また New Relic でサーバのモニタリングを実施。

チーム開発は GitHub上で行い、チケット管理に Redmine を使用。チャットツールは Slack を使っています。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

その他

技術面でアピールできることは?

  • フロントエンドとサーバーサイドを分業していないため、一環した開発、実装の経験を積むことができます。
  • 現場のエンジニアの新しい技術やツールなどを使ってみたい! という意見を尊重しています。チームや会社に向けてどんどん要望を挙げてください。

開発の進め方は?

アジャイルスタイルによる開発をしています。エピック(ストーリーをまとめたもの)を機能ごとに分け、短いものは1日で完結するものから、長いもので3週間〜1ヶ月程度のエピックもあります。

会社全体の戦略やお客様の声をもとに、その都度取りかかるエピックは入れ替えが発生します。スケジュールの策定や管理などは、エンジニアとデザイナーが主体になって行うことが多いです。

できる限り Pull Request ベースのコードレビューを行い、会社メンバー全体で確認を行った後リリースとなります。リリースしたものの改善についてはサービスを出してみて、お客様の声を聞きながらその時の状況を鑑みつつ実施しています。

チームの構成は?

メンバー構成

会社全体としては下記のメンバーで、プロジェクトごとにチーム構成が変化します。経営ボードメンバー、Webディレクターについては、プロジェクトにより入ったり入らなかったりします。

  • Webエンジニア 6名
  • デザイナー 3名
  • Webディレクター 2名
  • オペレーションメンバー 4名(お客様対応、テスト等を担当)

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • 業務を細かく分けて担当していないこともあり、エンジニアとして「自社サービスを開発する」という主体的な視点で、様々な角度からの知識や経験が蓄えられます。
  • 新規機能や、改善機能の決定など、担当者を決めているわけではないので企画発案や意見を言う機会がたくさんあります。エンジニアの意見から実装内容が決まることも多いです。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 可読性の高いコードが書ける方。
  • ビジネスサイドの意見も理解できる方。
  • 1人で企画〜開発〜実装〜運用までの経験が豊富な方。
  • アジャイル開発に積極的に取り組める方。

提示年収の上限額
600 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ブラケットは「新しい市場を自分たちの手で創る」というビジョンのもと、STORES.jp を誰もが知っているマスサービスへと成長させ、1人1つのオンラインストアを持つ時代を作れるよう、日々切磋琢磨しています。

開発メンバーは少数精鋭で構成されており、分業制をできる限りなくし、各々が未経験の分野でもチャレンジ精神を持って取り組んでいます。もちろん、これから入ってくる方とはお互いに話し合った上で、ご経験に応じて担当する分野を決定することとなりますが、幅広い知識や経験を積み重ねることができるかと思います。

インターネットと開発が大好きなエンジニアチームとともに、お客様に喜ばれる新しい市場を生み出すことに興味を感じられた方、ぜひ一度私たちのオフィスでお話ししてみませんか?

エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00
【休日休暇】土日祝日、年末年始休暇、有給休暇(夏季リフレッシュ休暇を含む)、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額3万円まで)
  • 社会保険完備

会社データ

株式会社ブラケット
株式会社ブラケット

Bracket, Inc.

メンバー
ayana.tsukahara
Ayana Tsukahara

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都渋谷区渋谷1-3-7 AOYAMA N−Brickビル4F


事業内容

株式会社ブラケットは、誰でも簡単にネットショップが作れるサービス「STORES.jp 」の企画・開発・運営を行っている会社です。

創業者の光本勇介(現・取締役会長)は青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、外資系の広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンに入社。自動車メーカーの広告・マーケティングを担当して約4年間勤務しましたが、とにかく自分でサービスを作って運営したいと、当時流行した SOHO スタイルでたったひとりで独立。2008年10月に株式会社ブラケットを設立しました。

広告代理店時代の経験を活かし、まずは自動車ビジネスに目を付けました。レンタカー市場が今なお拡大していることや、既存の国内約6千万台の自動車の稼働率が約2.8%とかなり低いというデータから、自動車の貸し借りが手軽にできれば便利だろうと考え、個人間で車の貸し借りを行うオンラインプラットフォーム「CaFoRe(カフォレ) 」を2009年4月にリリース。

非稼働となっている自家用車を「貸したい人」、車を所有していない「借りたい人」をオンライン上でマッチングするカーシェアリングサービス。保険を完備して加入を必須にしたり、引き渡し時に傷がないか確認するためのチェックシートを印刷できるようにするなど、レンタカーと遜色ないサービスを提供することに努めました。(2014年7月、株式会社WAKE に運営権を譲渡)

次に手がけたのが、女性向けシューズのオーダーメイドECサイト「Shoes of Prey 」。オーストラリアの企業が手がけるサービスに光本が惚れ込み、直接交渉の末、2010年5月に日本への展開にこぎつけました。

また2010年7月には、ブライベートローブ株式会社と提携してオンラインでオリジナルワンピースのデザインとオーダーができる「PrivateRobe+ 」をスタート。
同じく7月に、フリーで活動しているモデルやモデルをやりたいユーザーと、モデルに仕事を依頼したい会社のマッチングサイト「ModelTown 」をリリースしました。(ModelTown は現在、CaFoRe と同じく株式会社WAKE が運営)

次々とサービスをリリースする中、光本が親戚のおじさんから「ネットショップ作ってくれよ!」と頼まれ、「このツール使いなよ! 簡単だし格好いいから!」と返せるサービスがなかったことから自分たちで開発することに。これが最短2分で誰でもオンラインストアが作れる「STORES.jp 」の始まりでした。

オンライン販売に必要な機能を一通り用意、HTML やインターネットマーケティングなど全く知らない親戚のおじさんでも簡単に出店できる ECプラットフォームとして2012年8月にサービスをリリースしたところ各方面からの反響がすさまじく、わずか6ヶ月で25,000店舗を突破。利用者数は50万人、流通総額は8億円を超えました。

サイトのデザインクオリティも高く評価され、2013年、STORES.jp Shoes of Prey ともにグッドデザイン賞を受賞 。シンプルで美しいデザインもさることながら、オンラインストアプラットフォームという新しい市場を開拓した点が高く評価されました。

急成長を続ける STORES.jp でしたが、展開するストアの約7割がアパレルカテゴリー関連であること、出店者からの販売支援や物流サービスへのニーズが高まっていることに着目したのが、500万人以上の会員を持つ日本最大級のアパレル系ECサイト「ZOZOTOWN 」を運営するスタートトゥデイ。そのシナジー効果をねらって、2013年7月にブラケットを約6.3億円の株式交換により買収、ブラケットはスタートトゥデイの子会社となりました。
※ 2016年9月末にMBO(マネジメント・バイアウト)を実施し、単体法人化。

買収後も勢いは止まることなく、2014年2月にはヤフオク!とシステム連携を開始、設定を有効にすると STORES.jp の出品商品が自動的にヤフオク!にも掲載されるようになりました。また同年5月には PARCO と提携、PARCO のテナントの ECショップ開設に STORES.jp が使われるように。
そしてその直後に店舗数が10万店舗を突破。リリースから約1年半での快挙でした。

その後も「ストア数の圧倒的な増加」を目指し、2014年9月にユーザーがお気に入りのストアのアップデート情報を取得することができる「フォロー機能」を開始したところ、このリリースを境にストア数は急増し、2015年2月の時点で早くも20万店舗を達成。これに伴い、STORES.jp にまつわる様々な数字を示すインフォグラフィック が公開されています。

STORES.jp はさらなるサービス改善に努めており、これまでプレミアムプランでないと出品できなかった5品以上の商品登録制限を撤廃するなど、細かい施策も次々と実施。それぞれの店舗の流通額アップに貢献しています。
同様のサービスの米 Shopify は、10万店舗規模で流通額が約1,600億円であることから、サービスの質を高めることで流通額を増やせる余地はまだまだあると考えております。

ブラケットは「新しい市場を創るサービス」を自分たちの手で作っていきたいという想いから作られた会社です。自ら新しい市場を開拓することで、世の中を少しでも便利で楽しいものへと変えていけるよう、日々サービス開発、運営を行っています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • オフィスの雰囲気は非常にアットホームで、会社っぽくなく適度にリラックスして業務に取り組んでいます。
  • 毎週木曜日は会社メンバーみんなでランチをしており、職種間の隔たりなくコミュニケーションを深めることを重視しています。
  • 世の中に1人1つのオンラインストアを持つカルチャーを作ることを目指しているため、これを体現すべく、ブラケットの全社員は各自のストアを持っています。

【参考リンク】


この企業の他の求人