超高層マンション住人限定のフリマサイト「雅」を展開、スマホ開発特化企業バズーが Webエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

同じ高層マンション内の住人同士で自由取引ができるスマホサイト「雅 MIYABI 」、および受託の ITソリューション事業の両方に携わっていただきます。

ご担当いただく業務は「雅 MIYABI」と受託開発 50:50の割合ですが、「プロジェクト立ち上げ制度」で新規事業を提案し、それが採用された場合はそちらで専任についていただくことになります。

雅 MIYABI

20階建て以上の超高層マンションの住人に利用を限定した、スマートフォン向けフリーマーケットサイト。同じマンション内の住人同士でチャイルドシートやベビーカー、ゴルフクラブなど不要になった物品が売買できる、個人間のマーケットプレイスです。同じマンション内での取引のため、配送の手間やコストがかかりません。

会員登録制のサービスで、ユーザー入会時には実際の住人かどうか、運転免許証を始めとする確認書類による審査があります。またフリマに参加するためには、最低でも1つの商品の出品が必要です。

購入の際はクレジットカードで仮払いを行い、売り手とサイト内メッセージのやり取りで受け渡し方法を決定。受け渡し時に本決済を行い、売り手と買い手の相互評価が行われた後に「雅 MIYABI」から売り手に商品代金が振り込まれる、という流れとなっています。システム上で決済の仲介を行うことで、取り引きの安全性を確保します。

また、各ユーザーには取り引き評価に応じて「雅安心ポイント」が付与され、ポイントが貯まったユーザーは会員グレードがアップ。サービス内で様々な特典を受けることができます。会員グレードは、ノーマル・ゴールド・プラチナ会員の3段階を設定。

ビジネスモデルとしては、商品代金の15~25%の決済手数料を徴収する仕組みで、振り込む金額から差し引かれます。

今後、潜在ニーズの掘り起こし施策として車、自転車、BBQセットなどの「シェアサービス」、子供のお迎え、ペット預かり、ハウスクリーニングなどの「お願い登録」、ゴルフやテニスなどのアクティビティ参加を促す「イベント登録」の機能追加を行う予定。

現在日本には超高層マンションの住人が約30万世帯おり、4年後の2018年には40万世帯に増加する見込み。2014年内に都内の超高層マンションを中心に1,000件の会員登録数を目指し、2015年をめどに全国へと展開、「日本最大の超高層住人コミュニティサイト」となることを目標としています。

【参考リンク】

受託 ITソリューション

受託案件においては、9年の間に、ECサイト、キャンペーンサイト、 CRMサイト、スマートフォンアプリなど様々なサービスを開発。 そういった今までのノウハウを吸収しながら、ご自身のスキルを発揮して取り組んでいただきます。 新しい技術に関して制約はないので、良い技術はどんどん取り入れていきたいと考えております。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

スマートフォンサイト「雅 MIYABI 」の開発、および受託の ITソリューション案件を担当していただくことになります。

主に Webアプリケーション、またはスマートフォンアプリのサーバーサイドの開発となります。

設計、実装、運用が主な業務ですが、クライアントとのミーティングにも参加していただきます。

クライアントとのやりとりは基本プロジェクトマネージャーが行いますが、どうしても技術的な説明が求められたりするケースが発生するので、そういった際のフォローをお願いします。

担当する具体的なプロジェクト内容に関しては、入社後に詳細をお伝えさせていただきます。

現場で使われている技術は?

雅 MIYABI」や受託案件のほとんどにおいて、現在は PHP と Zend Framework の組み合わせで開発しています。

データベースは MySQL。

インフラは多くの場合オンプレミスとなりますが、案件により AWS などのクラウドを使うこともあります。

バージョン管理は Subversion、タスク管理は Redmine を使っており、チャットツールに ChatWork を採用しております。

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

技術面でアピールできることは?

  • 新しいプロダクト、サービスに関しては技術的な制約を会社が課すことはほとんどないため、エンジニアは新しい技術に積極的にチャレンジできる環境です。
  • 現在当社で主流となっている PHP の他、新たな言語へのチャレンジも歓迎です。
  • インドネシアのスタッフはスキルの吸収も早く、新しい技術に興味のあるスタッフが多いため、コミュニケーションをとりながら切磋琢磨することができます。

開発の進め方は?

雅 MIYABI

エンジニアも企画段階から携わり、設計、開発はもちろんリリース後の運用もご担当いただきます。基本的にプロジェクト立案者の指示の元での作業となりますが、随時全員でミーティングを繰り返しながら作っていきます。

受託ソリューション

クライアントからの要望にもよりますが、企画や設計から依頼を受けることがほとんどです。

何度もミーティングを重ね、営業とプロジェクトマネージャーがクライアントの要望をしっかりヒアリングし、どうしたらサービスとして成功するかこちらからも提案しながら、プロジェクトマネージャーが設計に落とし込みます。この設計と管理に基づきながら、開発を行っていただきます。

受託開発ではウォーターフォール型がほとんどですが、極力短いフェーズに切りながら進めていくというスタンスを取っています。

チームの構成は?

メンバー構成

【プロジェクトチームの一例】

  • プロジェクトマネージャー 1人
  • ブリッジエンジニア 1人
  • フロントエンドエンジニア 1人
  • サーバーエンジニア 1人
  • 通訳 1名
  • その他外注要員

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

各メンバーの裁量権が非常に大きいことがあげられます。

「プロジェクト立ち上げ制度」においては、事業アイデアが企画立案の段階で、まず小額の予算が与えられます。この予算は主に企画をブラッシュアップするために使われ、その後全体の承認が得られたプロジェクトにはメインの大きな予算が与えられます。この資金を基にプロジェクトメンバーを集め、進行を行うことができます。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 最高技術責任者(CTO)候補となりうるスキルと経験を持った、開発のスペシャリストである方。
  • マネージメントもさることながら、メンバー全体の技術底上げに貢献できる方。
  • メンバーのソースチェックや教育といった部分を担い、問題が起きた際には自ら現場に入ってコードを書き、解決できる技術力を持った方。

提示年収の上限額
600 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

バズー株式会社は「生きる力を身につけた人財を育成し、文明社会に貢献する会社を創る」ことを経営理念に掲げており、メンバー全員が会社を経営しているという意識を持って業務に取り組んでいます。

インドネシア法人の設立も、数々の新規サービスも、何かを成し遂げたいという強い思いを持った社員が一念発起して作り上げた事業です。会社全体としてもそういう社員を支援する文化があり、今後も新たな事業を生み出すことによって社会貢献を行っていきたいと考えております。

とにかく開発が好きで、自分自身の成長にとことん貪欲な方には最適な職場です。グローバルな環境で開発に取り組みたい方、新しい技術を学び自ら実践していきたい方、新規サービスを企画から開発まで行いたい方、ぜひ私たちといっしょに新しいことを始めませんか?

興味を持たれた方は、まずは一度オフィスにお越しいただき、お話しさせてください。エントリーお待ちしております!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:30〜18:30

【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額2万円まで)
  • 家賃手当支給(月額2万円まで、オフィスまで2駅内)

会社データ

バズー株式会社
バズー株式会社

Buzoo Inc.

メンバー
Nobody
withdrawn_user_10936
Nobody
hikaru.takita.5

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都港区芝5-13-15 芝三田森ビル7F


事業内容

バズー株式会社は、高層マンションの住人コミュニティ内で使えるフリーマーケット Webサイト「雅 MIYABI 」の提供、および Webサイトやスマートフォンアプリ開発など数多くの受託案件を手がけている会社です。

代表の森下洋次郎は慶應大学商学部を卒業後、外資系コンサル企業のプライスウォーターハウスクーパーズに入社。IT戦略コンサルとして活躍した後、決済代行サービスを手がける J-Payment に参画。そこで活躍が認められ、取締役COO に就任。中国、シンガポールへ進出するまで同社の成長に貢献しましたが、自らオーナーシップによるリスクテイクを行って事業を行いたいという思いから、2006年9月にバズー株式会社を設立しました。

9人のメンバーでスタートしたバズーは主に携帯サイトの受託開発サービスを手がけ、設立から順調に成長を続け、3年で自社ビルを建設するまでに会社は成長しました。この事業は「ITソリューション事業」として、ECサイト構築やキャンペーンサイト開発、さらに最近はスマートフォンアプリ開発などにも拡大、バズーの主力事業として会社を支えています。

また社員が自らのやりたいことを発案して事業計画を作成、たとえ新卒社員の案であっても承認されればプロジェクト遂行を行う「プロジェクト立ち上げ制度」を設置。半年以内に単月黒字が達成しない場合は即撤退するという厳しいルールがありますが、この制度によりバズーから多くの新規事業が生まれました。

2009年に女性向け自分磨きサロン「セレブスタイル 」のサイト運営、2010年には中国最大級のモバイルSNSサイトでソーシャルゲームをリリース、2011年10月からは犬用ブランド品の販売(現在は終了)など、事業を拡大していきました。

また海外事業として、2011年3月にインドネシアの現地法人「PT Buzoo」をジャカルタに設立。システムの企画やオフショア開発を行う拠点として現地採用を拡大、2013年12月時点で約50名の陣容となり、インドネシアNo.1の IT企業とするべく現在も拡大中です。

さらにプロジェクト立ち上げ制度から、入社1年目の井上諒が空き部屋を持った高齢者と親元を離れる学生をマッチングさせるビジネスを発案、2014年5月に「下宿らうど 」α版としてリリース。高齢者の社会的孤立や大学生の高い経済的負担といった問題に対する新しい取り組みとして、Yahoo!ニュースやテレビ東京を始め数多くのメディアに取り上げられました。

そして2014年10月にはスマートフォン向けサイト「雅 MIYABI 」を開始。20階建て以上の超高層マンション住人が同一マンション内で自由取り引きを行うサービスを開始。Webサイト上で住人同士を結びつけて「マンション内取引」の概念を普及させることで、より快適な生活環境の提供を行うことを目指して展開を始めたばかりです。

バズーは2015年までに10の新規事業を立ち上げる予定とする一方、ITソリューション事業についてはリピートオーダーが増え続けており、2014年現在までに8期連続の黒字を達成しています。

日本人の IT技術力は非常に高く、世界に誇れるレベル。中国やタイでの事業展開を経てインドネシアに開発拠点を築きましたが、私たちのノウハウを活かせる場はまだまだ世界にたくさん残されていると考えます。新規事業を育て、成長著しいアジアでのビジネス領域を拡大し、バズーは世界レベルの一流企業となることを目指しています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • 合宿やイベントなど、メンバーのコミュニケーションを活発にする取り組みを積極的に行っています。
  • 月に1度「ノマドの日」を決めており、好きな場所で仕事をすることができます。
  • 社内の席はフリーアドレスで、毎日隣に座る人が違うことも。人間関係は非常にフラットです。
  • オフィスは三田の慶應義塾大学東門正面にある森ビル。商店街も近く、学生向けのおいしい店がたくさんあります。
  • 財務データなどを全て社員に公開するガラス張り経営を行っておりますので、社員全員が経営判断に携わることができ、新規サービス立案時に収益予想を発表し承認を得ることで、社員の誰もが新規サービスを立ち上げることができます。