月間500万UUの出産・子育てメディア「ママリ」と Q&Aアプリ「ママリQ」を開発するPHPエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

妊娠・出産・子育ての疑問を解決するメディア「ママリ(mamari) 」および、ママ・プレママのための Q&Aサービス「ママリQ(mamariQ) 」に携わっていただきます。

ママリ

妊娠・出産・子育ての疑問を解決する「ママ応援サイト」。妊娠初期症状や出産準備、また育児に対するイライラなど、女性の悩みを解決するための情報を毎日発信しています。

【サービスの特徴】

  • スマートフォンにも完全対応の見やすいレイアウト
  • ママリQ と連携、記事に関連した Q&A が見られる

2016年4月現在、サービスは月間約500万ユーザーが利用する規模となっています。

ママリQ

何でも匿名で質問できる、女性限定Q&Aサービスです。妊娠・出産・子育てから、お金や教育、美容の悩みまで、全国にいる先輩ママから無料でアドバイスがもらえる便利アプリです。

2014年5月にサービス開始。iPhone アプリ Android アプリ も展開中です。

【サービスの特徴】

  • ママやプレママのための匿名アプリ、体の悩みも気軽に質問できる
  • 登録不要で完全無料だから簡単に使える
  • 回答がすぐに来るので、疑問を即解決できる

現在は収益化に力を入れていませんが、投稿された内容をビッグデータ解析してマーケティングに活用するなどのビジネス展開を将来的に考えています。

具体的な業務内容は?

ママリ およびママリQ のサーバーサイド開発を担当していただきます。

企画から開発、改善までを各メンバーが考え、決定しています。一人ひとりの裁量権が大きいため、自身の成長に直結するだけでなく、主導的な立場で大きな挑戦ができるポジションです。

創業メンバーに近い視点で、自身の経験・アイデアをそのままサービスとして形にできる、他社では中々ないスタンスで開発に携わることができます。

現場で使われている技術は?

ママリママリQ 共に、サーバーサイドは PHP とCakePHP によるシステム構成。PHPUnit を使った単体テストを実施、また CasperJS によるエンドツーエンドテストをあわせて行っており、Travis CI で自動実行される環境を構築しています。

フロントエンドの JavaScript は CoffeeScript で記述しており、フレームワークに Backbone.js を使っています。

データベースは MySQL(Amazon RDS)を使用。Fluentd でログ収集、Amazon Redshift に格納して解析を行っています。

インフラは全て AWS。Chef で構成管理を行い、Capistrano でデプロイを行っています。また、モニター監視ツールに Amazon CloudWatch を使用。

GitHub上でチーム開発を行っており、タスク管理に ZenHub、情報共有に DocBase を、チャットツールに Slack を使用しています。

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術


フレームワーク

技術面でアピールできることは?

「ユーザーのために」自分たちの書いたコードで最大の効果を出せるよう、開発方法は日々改善しています。

例えば、

  • 継続的なリファクタリングや、コードに関する議論をオープンにすることを目指し、コードの変更は GitHub上で Pull Request によって行い、必ずお互いにコードレビューをします。
  • テストの実行は Travis CI を使って自動化。さらにその結果は、自動的に Slack へ通知されるようにしています。
  • Slack にはボットプログラムの Hubot が常駐し、Hubot を通じて GitHub の Issue を作成したり、ランチの組み合わせを出したりします。

…など、新しい技術やツールを楽しみながら、柔軟に取り入れて開発を行っています。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

少人数チームのため、企画はメンバー全員参加です。短いミーティング内で、出しあった意見に優先度を付け、その後エンジニア陣で仕様に落としこみ、実装します。

タスクの見積もり、スケジュール管理

タスクの見積もりは企画したエンジニアが行います。スケジュール管理は社内のホワイトボードで行っています。

開発フロー、デプロイフロー

Pull Request ベースで開発を行っています。CIテストが通り、PRレビューで LGTM(Looks Good to Me=OK)をもらえたらブランチを Master へマージ後、デプロイ。デプロイは1日数回〜数十回行われます。作成した機能のインパクトはトラッキングツールで数値を追い、必ずふりかえりを行います。

コードレビュー

GitHub上で Pull Request を通じてコードレビューを行っています。Master へマージされる前に、必ず PR作成者以外の開発者がレビューを行います。

ソフトウェアテスト

単体レベルでモデル、コントローラーのテストを実施。E2Eテストも併せて、Travis CI で自動化しております。

チームの構成は?

メンバー構成

2016年4月現在、開発部のメンバーは以下の構成です。

  • ディレクター 1名(CEO)
  • フロントエンドエンジニア 1名
  • サーバー/インフラエンジニア 3名(内、1名は CTO)
  • クライアントエンジニア(iOS および Android の他、サーバーサイドも一部担当) 1名
  • デザイナー 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • ユーザーに喜ばれるサービスを作るために、コードが書ける方。
  • 圧倒的な自走力を持ち、自身で仕事を作り出してこなしていける方。
  • ベンチャーの「創る」フェーズにて、サービスだけでなく組織作りにもコミットできる方。

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

私たちのビジネスは、長期的には「日本の出生率」を上げられる可能性を持ったビジネスです。少子化と人口の減少という大きな課題に対して、Connehito のサービスがあることで少しでも未来を改善したい。そのために IT の力を最大限に活用して、社会に貢献したいと愚直に考えています。

また女性向けのサービスということで技術的チャレンジが少ないのかもと思われる方がいるかもしれませんが、そんなことは全くありません。ユーザーが投稿するデータや行動履歴にもとづいて、その人の健康情報や次に取るべきアクション、出会うべき情報をより分けるのは、データマイニングやビッグデータ技術が介在する歯ごたえのあるテーマです。データマイニングの領域で修士号をもつ CTO のもと、日々技術力を研鑽しています。

「ユーザーのため」に技術力を高め合い、コードで人の生活をより良くすることにチャレンジしてみませんか? Connehito なら、自分が企画した内容をすぐにコードに落として、1秒でも早くユーザーに良い体験を与えることが可能です。

少しでも興味を感じられたら、ぜひオフィスまでお越しいただいて弊社の雰囲気を感じてみてください。エントリーをお待ちしております!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:00〜20:00(見込み残業40時間含む)
【休日休暇】年次有給休暇(法定通り)、育児介護休暇(法定通り)

社会保険・福利厚生など
  • 各種社会保険完備
  • 通勤交通費支給(月額2万円まで)
  • 勉強会費用・技術書籍費用を会社が負担
  • いい仕事環境費支給(お好きな PC・チェア・キーボードを選べます)
  • ランチ補助制度
  • 会社主催の隔週勉強会(ランチ補助を含む)
  • 勉強会参加費用の一部補助

会社データ

Connehito株式会社
Connehito株式会社

Connehito Inc.

メンバー
shunsuke00
Shunsuke Oyu
tatsuro.shimada
tatsuro.shimada
Co-founder
takuya-nakajima
takuya-nakajima
utsu0007
宇都宮 雅敬

エンジニアの割合
35%

勤務地

東京都港区南麻布3-20-1 麻布グリーンテラス5階


事業内容

Connehito株式会社は、妊娠・出産・子育ての疑問を解決する女性のための生活応援サイト「ママリ(mamari) 」および Q&Aアプリ「ママリQ(mamariQ) 」の開発と運営を行っている会社です。

CEO の大湯俊介は慶應大学法学部出身。大手コンサルティングファームに内定をもらいそのまま入社する予定でしたが、学生生活の最後に米カリフォルニア大学に留学し、そこで投資ファンドのインターンを経験したことが人生の転機になりました。

帰国後、大学で機械学習を用いて広告効果を最大化する研究を行っていた島田達朗(後の Connehito の CTO)と出会い、意気投合。2人で議論を繰り返す内に、クリエイターが自分の創作物をネットで販売できるサービスのアイディアが盛り上がって現実味を帯びてきたため、そのテーマで起業することを決意。コンサルティングファームの内定を辞退し、大湯が CEO、島田が CTO となり、2012年1月に Connehito株式会社を設立しました。

創業当時のアイディアはクリエイターのためのオンラインギャラリーサービス「Creatty(クリエッティ) 」というサービスとして具体化され、正式リリース前に戦略的にしかけた表参道でのリアルイベント「Creatty Salon」も大好評。2012年7月には参加していた第2期「KDDI∞Labo」の最優秀チームにも選ばれ、順調なスタートを切りました。

しかし実際にリリースしてみると熱狂的なファンはついたもののクリティカルマスを超えるまでには行かず、Etsy のような海外勢と張り合っていくには難しいと判断。一時は会社をたたむことも考えましたが、もう一度チャレンジしてみたいと新事業に取り組む方針を決めました。

創業時に、大湯と島田が考えていたのが「デザイン能力のアーカイブ化」と「健康や体の悩みの情報のアーカイブ化」。前者のテーマを具現化したものが Creatty でしたが、今度は後者に取り組むことに。その背景には、大学在学中の23歳で結婚し、起業直後には第一子が生まれていた大湯が、仕事と子育ての両立に苦労した経験がありました。

育児や妊娠、出産といった情報は主に病院や医療機関が発信していましたが、情報はバラバラでインターフェースも悪く、若い母親たちにとっては非常に使いづらいものでした。そこで UI にこだわってスマートフォンにも対応したネットメディアを提供しようと、妊娠・出産・子育ての疑問を解決するママ応援サイト「ママリ(mamari) 」を2014年3月にサービス開始。1週間に100本程度のペースで記事を作成、育児や妊娠・出産に悩む20代・30代の女性に向けて発信を始めました。

また同年5月には Q&Aサービスの「ママリQ(mamariQ) 」も開始、あわせて iOS および Android アプリもリリースしました。

ノンプロモーションであったもののユーザーのニーズを的確に捉え、ママリ(mamari) はリリースから約半年で多くのユーザーに使われる状況に。ママリQ(mamariQ) もクチコミによりユーザー数は徐々に増加しており、2015年に入ってからというもの月次40%の成長を続けています。

サービスの将来性も評価され、3月には B Dash Ventures とプライマルキャピタルから合計約1.5億円の資金調達を実施しました。

直近はマネタイズの検証を行いつつ、「ユーザーに与える価値を向上させることができているか」という視点を軸として、サービスの満足度と UX の向上に注力しています。長期的には「日本の出生率」を上げることができる社会的意義のあるビジネスとして、IT の力を最大限に活用しつつ、サービスの拡大に邁進していきます。


会社・オフィスのアピールポイント
  • 書籍代や勉強会費用など、学習にかかるお金はすべて会社が負担しています。
  • お菓子食べ放題、水とコーヒーは飲み放題です!
  • スタッフの7割以上が女性で、中にはお子さんがいる方も多く勤務しています。ユーザーを幸せにするだけでなく、雇用形態によっては非常にフレキシブルな勤務形態で働けるような制度を導入しています。

この企業の他の求人