Forkwell Jobs
技術が好きなエンジニアの転職サイト

ちょっと転職が気になるなら...転職サイトに会員登録「だけ」してみよう

「転職が気になるけど、最初の一歩が踏み出せない」 そんなとき、深刻に考えるよりも、まずは軽めの一歩を踏み出してみるのが、転職の理解につながります。その好例が「転職サイトに会員登録だけしてみる」です。

  • 2015-05-01 公開
  • Forkwell 転職コンサルタント 松木 香緒 (監修)

「転職が気になる...」「転職しようか迷っているが、決め手がない...」

転職を考える、というのは、誰にとっても、期待と不安が入り交じるものです。

転職のベテラン、という人はいません。このところ転職も一般的になり、経験が2回、3回という人も増えてきました。しかし、それでも転職に詳しい、とまでは、なかなかいかないものです。ほとんどの人は「転職の初心者」なのです。

転職が気になるけど、何からはじめればいいか、わからない
「転職に詳しいわけではないので、うまく判断できる自信がない」

では、「迷っているけど、最初の一歩が踏み出せない」とき、まず、何からはじめればいいでしょうか。

ポイントは「深刻に考えるのではなく、軽めの一歩を選ぶ」ことです。

「転職のことがわからないから、とりあえず転職サイトに登録してみる」

では、軽めの一歩として、何をすると、うまくいくのでしょうか

当社の「HRTech研究所」の研究結果に、興味深いデータがあるので紹介します。(「HRTech研究所」は、転職にかかわる人間の行動や心理を研究し、ITの活用で、転職のお手伝いをしています)

じつは、転職の初心者が転職を理解する、そのひとつの通過点に「転職サイトに登録する」があるのです。

「転職のことがわからないから、とりあえず転職サイトに登録してみたら、はじめて感覚がつかめた

たとえば、

「転職で、どんな企業が求人を出しているのか、はじめて知った
「転職は、自分から応募するだけてなく、スカウトされる方法もある、と知った」
履歴書に、具体的に何を書けばいいか、はじめてわかった

というように、机上で転職を考えるのではなく、具体的に転職サイトに登録してみて、はじめて理解ができる、ということが、わりと典型的なケースとしてあります。

興味深いのは「転職のことがわかったから、転職サイトに登録する」のではない、という点です。

転職サイトの登録では、どのサイトも、転職の基礎となる情報を入力することになります。その流れのなかで、転職の基本概念も、自然と知ることができます。ぼんやりとしていた転職のイメージが、じっさいに転職サイトに登録してみて、はじめて、思考の取りかかりができるのです。

何か具体的なものにふれないと、いつまでたっても、何をしていいかわからない

言いかたを変えると、転職に興味をもっていろいろ情報を集めても、「転職サイトに登録してみるまで、気がつけないことがある」ということです。

なお、Forkwell Jobs はエンジニア転職に特化しているサービスですので、上記のほかに、

Ruby や PHP といった言語で、仕事を選んでいいんだと、はじめて気がついた」
エンジニアを大切にしているか、という基準で企業を選んでいいんだ、と知った」

といった声も聞きます。

もし、あなたが転職に興味があるなら、まず転職サイトに登録してみるのがオススメです。はじめて転職についてわかることがあります。

転職サイトに登録しただけで、何か費用がかかる、ということは、ふつうはありません。リスクはほとんどないでしょう。

「大手の転職サイトは、メールが多すぎる」

ただし、転職サイトに会員登録をして、困ってしまうポイントもあります。

メールが、あまりに多すぎる
本当に大切な情報がどれかわからない

大手の転職サイトでは、登録してわずか1日のあいだに、何十通もの「転職情報メール」が届いて「読むのもたいへん」そもそも転職の初心者ですので「どれが重要な情報かわからない」という話は、じつによく聞きます。

これでは、転職の取りかかりを得るために登録したのに「けっきょくよくわからない・・・」という結果になりかねません。

とはいえ、メールを完全にスパムフィルタで振り分けてしまうと、転職の具体的な情報もまったく入らなくなってしまいます。これもまた、転職への理解が進みません。

ポイントは、先にもお話したように「転職の、具体的な情報にふれること」です。

その求人情報に興味があるかないか、ではなく、それなりの量の、具体的な転職情報を見てみる」ことが、転職の理解につながります。

メールが多すぎる問題への対策は、転職サイトの「メール配信設定」で調整する方法があります。転職サイトによっては、メールの種類ごとに配信と配信停止が選べます。処理しやすい量のメールのみ、受け取る設定に調整しましょう

「エンジニア特化の転職サイトのほうが、より自分に近い気がする」

もう1点、会員登録してのポイントがあります。これは、まさに転職サイトに登録したからこそわかることですが、

大手の転職サイトは、あまりに職種や業界が広くて、エンジニアとしての自分をアピールできる感じがしない

というケースがあります。たしかに、そもそも転職サイトの側で、入力項目が限られていることもあります。

転職サイトには、たとえばIT業界やエンジニア専門、というように、特化したものもあります。(まさに Forkwell Jobs がそうです)

もし、あなたがエンジニアとしての自分を強くアピールしたいのであれば、広い業界に対応しているサイトだけでなく、業界特化の転職サイトにも登録してみるとよいでしょう。

今日の話を Forkwell Jobs なら...

Forkwell Jobs は、技術が好きなエンジニアのための転職・求人サイトです。会員登録は、手軽で、エンジニアとしてアピールになるポイントや、転職で何を求められるか、自然にわかるようになっています。

さっそくユーザー登録する

※ Forkwell が無断で Facebook や Twitter に投稿することはありません。

Forkwell Jobs への登録は、Forkwell Jobs のポートフォリオサービス「Forkwell」の会員登録を兼ねています。そのまま、あなたのポートフォリオとして使うことができます。

会員登録のなかで、エンジニアとしてのアピールできるスキルが自然にわかる!

会員登録はとてもかんたん、約3分で完了できます。ポイントは、あなたの得意な開発言語を入力する画面です。選択肢は Ruby や Java といった一般的なものから、Vim や Node.js、Scala、AWS、Chef など、エンジニアの転職をよく知っている Forkwell だからこその項目が並びます。もちろん、選択肢にないものも、自分で追加することもできます。

また、一般的な転職活動で忘れがちな「社外での活動」も、エンジニア転職では重要なアピールポイントです。社外勉強会での登壇や、GitHub で公開したコード、あなたが書いた技術系のブログなども、転職ではアピールポイントになります! SlideShare や Speaker Deck のスライドも、じつはあなたの技術の証明になります。

Forkwell のポートフォリオは、このような、エンジニアの転職の「今」をわかった項目が用意されています。

あなたのポートフォリオに合わせたメールマガジン

Forkwell Jobs のメールマガジンは、あなたがポートフォリオとして登録した内容にあわせて、カスタマイズされて、自分に関係のある情報が届きます。また、求人情報だけでなく、業界動向や人気の技術記事なども掲載されています。

また、Forkwell Jobs では、メール配信が多くなりすぎないよう、回数を1週間あたりで制限しています。ウェブに慣れたエンジニアにとって、あまりに多数のメールはかえって迷惑に感じる、というのを知っているからです。「ちょうどいい配信回数」のメールマガジンが届きます。


転職がちょっと気になるなら、まずは Forkwell Jobs に会員登録してみましょう! エンジニアとして成長する、そのきっかけがつかめるかもしれません。(無料

※ Forkwell が無断で Facebook や Twitter に投稿することはありません。


オススメの特集記事