Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

日本発・VR特化のデータ解析ツール「AccessiVR」を開発するScalaエンジニア募集!

担当するプロダクトは?

VRプロダクトに特化した分析サービス「AccessiVR(アクセシブル) 」をご担当いただきます。

AccessiVR では、VRコンテンツを開発・運営する顧客企業に向けて、既存の分析ツールでは対応できないデータ収集・分析機能を提供しています。
専用の SDK を組み込むだけで、VRプロダクトの分析・運用の PDCA サイクルの循環をサポート。予算や施策スケジュールの管理機能も搭載しており、運用計画・実行、データ分析、改善までをシームレスに行うことが可能です。

VR 特有の「視点データ」や「インプットデバイス利用データ」といった様々なデータを取得し、データビジュアライゼーションにより誰にでも理解しやすい形で結果を算出します。
また今後は、VR 上に配置してあるオブジェクトのヒートマップ分析・動画によるヒートマップ分析機能も実装していく予定です。

AccessiVR の正式版ローンチは2017年初旬を予定。先行して、クローズド β版のオープンを2016年末に控えています。対応プラットフォームは Oculus Rift、Gear VR、HTC Vive を予定しており、Google の Daydream も併せて検討中。ゲームエンジンは Unity 5、Unreal Engine 4、Amazon Lumberyard などへの対応を行っていきます。

Webアプリ・モバイルアプリの分析ツールは世の中に数多く存在しますが、国内における VR に特化した分析ツールとしては AccessiVR が初。
VRプロダクトにおける分析・改善・広告配信のプラットフォームとして、動画・ゲームといった VRコンテンツを手がけるデベロッパー企業の方々に当たり前のように使ってもらえるプロダクトを目指しています。

具体的な業務内容は?

AccessiVR(アクセシブル) 」のバックエンドと、管理画面などのフロントエンド開発をご担当いただきます。

プロダクトの構想がまとまった2016年3月から開発をスタート、2016年9月時点は技術調査・試用しながら実装を進めています。見た目の美しさ・使い勝手の良さを重視してプロダクトとしての価値をより高めることに注力し、まずは年末のクローズド β版リリースを目指しています。

【参考リンク】ヒートマップからVRコンテンツの改善を行える「AccessiVR(アクセシブル)」開発インタビュー - VR Inside

現場で使われている技術は?

バックエンドは Scala と Akka を採用。フロントエンドは JavaScript による SPA を想定しています。

採用されたら使う技術

技術面でアピールできることは?

  • 新しい開発支援ツールやサービス/最新の技術やミドルウェアはまず試用してみて、生産性の向上が見込めるもの・コストパフォーマンスの高いものを選定、積極的かつ堅実に導入する文化があります。
  • 使用技術やミドルウェアなどの選定は、基本的には各チームのエンジニアに任せています。その分責任や設計力は求められますが、自由度は高いです。
  • モックアップの開発は開発速度を優先、本開発はしっかりテストコードを書いて品質を高めるなど、プロジェクト/フェーズに沿ったエンジニアリングを実施しています。
  • 書籍代の費用負担制度を利用して技術書などの購入も可能。WEB+DB PRESS や Software Design は定期購読しており、各々のメンバーが技術力を養っています。

【参考リンク】株式会社ダズル - Qiita

開発の進め方は?

次に作るコンテンツはどのように決められるか

COO の企画案をもとにプロダクトマネージャー(PM)が仕様策定を行います。
エンジニアメンバーもコンテンツや仕様に関して自由に意見を言える体制で、週1の定例ミーティングなどで各自が意見を発信し、議論しています。ユーザーが本当に使いやすいもの/価値のあるものを目指すという方針に沿っていれば、職種や立場関係なく、追加する機能やその仕様に関する意思決定に関われます。

当社内には VRコンテンツを企画・開発する VR事業部も設置しており、そこに所属するメンバーとも連携しながら機能開発をしています。競合サービスを使いつつ自社のメンバーからこんなものが欲しいというようなフィードバックを受け、機能を追加していくというような感じです。

タスクの見積もり、スケジュール管理

プロダクト戦略およびプロダクト全体のマイルストーン作成を COO が、タスクの見積もり・各メンバーへの割り振りおよび開発のスケジュール管理を PM が行っています。
開発期間が足りずに使い勝手の悪いもの・低品質のものを世に出すという事態にならないよう、スケジュールを調整してでも良いものを出すように心がけています。

開発フロー、デプロイフロー

PM がメンバーのスキルに合わせてタスクを割り振り、各自が実装を進めます。タスクは GitHub issues ベースで依頼しており、Slack でメンバー間のコミュニケーションをとっています。
また、週1の定例ミーティングにて進捗確認や開発に際する問題点の確認を行っています。

コードレビュー

GitHub の Pull Request ベースで行っています。簡単なものであればチームメンバーの誰かからの OK が出次第マージしていますが、難しいもの・不安なものについては CTO や上級者にレビューを依頼する体制です。

ソフトウェアテスト

単体テストを実施しており、テストコードも用意した上で Pull Request を作るようにしています。カバレッジとコーディングルールのチェックは CI で自動実行して品質を保つようにしています。

チームの構成は?

メンバー構成

プロジェクトメンバーは計7名で、以下の構成となります。

  • プロダクトマネージャー 1名
  • 開発ディレクター(兼 バックエンドエンジニア) 1名
  • バックエンドエンジニア 2名(CTO含む)
  • Webエンジニア 2名
  • クライアントエンジニア 1名
  • デザイナー 1名

チームの性別比率

  • 男性 86%
  • 女性 14%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 基盤設計ができるなど、高い技術力を保有している方
  • ビジネス全体を視野に入れて、よりプロダクトが成長するような提案ができる方
  • 常にユーザーのことを考えたプロダクトの開発ができる方
  • 社内メンバーと問題なくコミュニケーションでき、チームの結束を高めてくれるような方

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

2016年は VR 元年と言われており、これから市場がぐんぐん成長していくであろうフェーズを迎えています。
そんな中、ダズルでは未発売のハードウェアも含めた各種 VRデバイスを取り揃え、VRコンテンツ開発会社として理想的な環境を整備するとともに、日本で初めての VR に特化した分析ツールを世に送り出そうとしています。自社で蓄積した VRコンテンツ開発のノウハウをデータ収集・解析分野に活かせることが、私たちの大きな強みであると自負しています。

今後は VR事業・スマートフォンゲーム事業ともどもさらに拡大していく方針を立てており、これからジョインしていただく方にも会社の成長をいっしょに楽しんでいただけると思います。新しい市場を私たちと切り拓いてみたい、と感じてくださった方のエントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜18:00(実働7時間、コアタイム 14:00〜17:00 のフレックスタイム制)
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費一部支給(月額3万円まで)
  • 社会保険完備
  • 書籍、技術書購入補助
  • お弁当代補助制度
  • 近隣家賃補助制度
  • ドリンク・スナック補助制度

会社データ

株式会社ダズル
株式会社ダズル

Dazzle Inc.


エンジニアの割合
44%

勤務地

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-17-14 MSD20ビル2F


事業内容

株式会社ダズルは、スマートフォンゲームや VR 関連プロダクトの企画・開発事業を主軸として、複数の自社サービスを提供している会社です。

代表の山田泰央は10代の頃からフリーランスエンジニアとして活動し、24歳で起業。自身が開発者であることから "モノ創りに携わる私達が、世界で一番楽しく働ける会社を創る" を理念に掲げ、2011年2月に株式会社ダズルを創業しました。

スマートフォンアプリの受託開発事業を主軸に会社規模を拡大。スマートフォン向けコンテンツの分野においては他社との協業も行い、株式会社サイバードとの共同開発によるソーシャル RPG「ヴァリアントナイツ 」を2015年9月に提供スタート。同サービスは数多くのユーザーを集め、リリースから約8ヶ月で100万ダウンロードを突破しました。

さらに、次なる主軸事業として VR に着目。2013年、Oculus Rift の最初期バージョンである「Oculus Development Kit」を体験することで VR の持つ圧倒的な没入感に魅せられた山田は、今後 VR 市場はスマートフォンアプリ市場と同様に急成長していくと確信し、事業化を決意。
2016年5月には株式会社夢真ホールディングスおよびその子会社から約1.5億円の資金調達を実施。これを追い風に、スマートフォン関連事業で培った技術力を活かし、VR 分野における独自研究開発を経て2016年から VR 領域への本格参入を果たしました。

ダズルでは2016年9月現在、自社サービス・受託の両面における VRコンテンツ開発へ取り組み新たな事業基盤を固めつつあり、2016年末には VR に特化したデータ収集・分析ツールの β版リリースを控えています。
今後も引き続き、スマートフォンアプリ事業のさらなる拡大を図るとともに、成長の見込まれる VR 市場で技術力を磨き、「楽しい」と「便利」を創造することで世の中に価値を提供していきます。


会社・オフィスのアピールポイント
  • VR事業部のチームには Gear VR や HTC Vive、Oculus Rift などの VR機器を用意しているため、設備の充実した環境で開発を行うことができます。
  • 2016年8月に移転したばかりの広くてキレイなオフィス。「VRプレイゾーン」を設営しており、業務外でも VRコンテンツを楽しむことができます。
  • フレックスタイム制度を活用しており、エンジニアメンバーは午後出勤の人も多数。1日の実働時間は7時間としていますが、労働時間を月内合計で算出しているので実質は裁量労働制でもあります。
  • 勉強会やカンファレンスへの参加を推奨しており、業務時間内でも参加可能です。
  • 創業時は受託開発事業が主軸だったこともあり社員のエンジニア比率は高く、高い技術力を持ったエンジニアが多いと自負しています。プランナー・デザイナーも大手のゲームデベロッパー出身者が多く、それぞれの長所を活かしてより良いものづくりに取り組んでいます。
  • お弁当代補助制度あり。社員の健康維持を目的に、会社指定の店舗から購入する日替わり弁当を半額で提供しています。
  • 家賃補助制度あり。通勤の負担軽減を目的に、オフィスから3km圏内に住む社員に対して最大3万円/月の家賃補助を実施しています。
  • ドリンク・スナック補助制度あり。社内に各種飲料・菓子類を用意し、1日に2種類までの購入代金を会社が負担します。ウォーターサーバーやコーヒーメーカーも自由に利用できます。

この企業の他の求人