「尖った」エンジニアを掲載1ヶ月で1名採用! 招待率100%の理由はサービスへの信頼でした

67c50cefd4d8484f86fdf4af1cc9384c

株式会社ブレインパッドは、情報解析の専門家であるデータサイエンティストが数多く在籍する東証一部上場企業。クライアント企業の持つ膨大なデータの分析を行うアナリティクス事業を事業の柱としており、会社設立から10年で延べ300社以上のクライアントのデータ分析を支援しています。

今回 Forkwell Jobs を使った Webエンジニアの採用成功を受けて、同社取締役の安田さん(写真右)、採用に携わったエンジニアの下田さん(写真左)、人事担当である羽山さんの3名にお話を伺いました。

よろしくお願いいたします。まず、御社の採用状況についてお聞かせください。

安田:

現在ブレインパッドは、自社既存サービスと連携する新規マーケティングツールを開発中で、2014年夏に一部ユーザーへ向けて公開、その後段階的にリリースを行っています。その開発チームにコミットするエンジニアをさらに増員する運びとなり、Forkwell Jobs への求人掲載を開始しました。

この新規サービス開発を行う Pythonエンジニアの他、既存のマーケティング関連サービスに携わる Javaエンジニア、インフラエンジニアを含む3職種を現在募集中です。

Forkwell Jobs の「興味ある!」からの招待や応募からの書類選考を経て、面談へ進む率はどの程度だったでしょうか。

羽山:

基本的には全員と会うようにしています。なので、100%ですね。今回は2014年7月末に掲載を開始して8名がエントリー、約1か月後に1名採用という結果でした。契約しているゴールドプランのサポートで Facebook広告でも定期的に情報を出してもらっていますが、これを受けて最近また候補者が増えましたね。

下田:

今回採用に至ったエンジニアの方は、他媒体からの応募者と比べて明らかに異彩を放っていました。この方に限らず、Forkwell Jobs からエントリーする方は他媒体と比較して「尖った」エンジニアが多い印象です。募集をかけて有象無象のエンジニアが集まるわけではなく、一定のレベル層からの反応があるので、理想的なマーケットにリーチできているという実感があります。

ちなみに、他媒体経由でも Forkwell Jobs の掲載情報を読み込んでから面談にのぞむ方がいて、会社情報や使用する技術まで理解されているため話がしやすいことも。そのため Forkwell Jobsというサービスへの信頼は大きいです(笑)もしポートフォリオなどの情報が少なくても、進んでオフィスに招待することを心がけていますね。

だからこその招待率100%ということですね。こちらとしても嬉しい限りです!

御社の採用活動に関しては下田さんを始め、現場のエンジニアと人事が一丸となって動いていますよね。

安田:

以前は面接が3次に持ち込まれるなど選考が伸びていましたが、エンジニアが経営陣として採用活動にコミットしてからは以前より早い選考フローとなり、人材をより速く採れるようになった節があります。今成長しているテクノロジー企業は基本的に採用活動に力を入れているので、弊社もそういった体制を整えていきたいですね。

下田:

待っていても勝手に良い人が来るわけではないので、エンジニア側からも活動に貢献して、少しずつでも人員採用できればと思います。新しいサービスを作るぞ! と意気込んでも、開発をする人がいなければ何も作れないですし。

エージェントによる採用支援サービス「Forkwell Agent」もご利用いただきましたが、こちらについてはいかがでしょうか?

羽山:

Forkwell Agent経由では3名の人材をご紹介いただいて、現在1名が内定しています。良い方が見つかればすぐに担当エージェントさんから連絡をもらえる、非常に手厚いサポートだなと。また Forkwell Jobs経由の候補者に関しても同じ担当の方から、しかもエントリー当日に追加情報をもらえるので助かっています。

大手媒体だと担当者がコロコロ変わってしまうので、その都度情報交換をしなければならないのが手間なんですね。Forkwell では専任の方からいろいろな情報をいただけるので、サポートを受けるたびに「この人が窓口でよかった!」と思います。

他にこういった機能が欲しい! など、サービスを通して期待されることはありますでしょうか。

羽山:

管理画面をもっと使いやすくして欲しいです。進捗管理を手動で行うことや、面談日を入力できないことと、メモ欄が小さすぎるのが気になりますね。あと、エージェントさんとチャットでやり取りができたりすると便利かなと感じます。

下田:

候補者のソーシャル情報をもっと引っ張ってこられる機能があれば、どの立場の人間を面接にアサインするかなど、面談の選考プロセスを決定しやすいですね。またソーシャルリクルーティングを行う中で、アピールできる情報をたくさん発信しようという意識付けを、候補者側に持ってもらえたらと思います。

たくさんのご意見ありがとうございます。最後に、今後の採用予定や御社の取り組みについて教えて下さい。

安田:

今後は採用の職種を広げて、家計簿アプリ「ReceReco 」の開発を行う iOS / Androidエンジニアについても募集を行う予定です。

現在の取り組みとしては、会社情報を発信するブログを準備中です。例えばブレインパッドは東北復興支援のためのサイクリングイベント「ツール・ド・東北 」に毎年協賛しているのですが、そういったイベント情報や勉強会のお知らせとも連動させて、会社の知名度を上げるという狙いがあります。そこから良い採用のご縁にもつなげて行きたいですね。

会社ブログ、楽しみですね。本日はありがとうございました!

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載