組み込み系から Web系エンジニアへ 〜 Forkwell Agent と歩んだ転職成功への道 〜

00c3c839546c0a9c02fc19068e421a7a

今回 Forkwell Agent を活用してスローガン株式会社に入社した佐治和弘さん(写真左)は、もともと組み込み系の開発エンジニアとして働かれていました。組み込み系から Web系への転職は難しいこともあり、最初に1人で転職活動をしていた時はなかなかうまくいかなかったそうです。

そこで意を決して Forkwell Agent に相談したところ、見事転職に成功! 今回は佐治さんに加え、担当エージェントの松木(写真右)、面接を担当したスローガン社のエンジニアである小滝さんにお話をうかがいました。

佐治さんのこれまでの経歴を教えてください。

佐治

大学院を卒業後、組み込み系の開発エンジニアとして2社で経験を積みました。具体的には、携帯電話や Android端末、それに複合機に組み込むブラウザなどのソフトウェア開発を担当していました。

2社とも、比較的業務の自由度が高く、自分で考えてプロジェクトを進められる職場でした。職種としても、エンジニアとしてだけでなく、テスターからプロジェクトの開発リーダーまで幅広く経験しています。

組み込み系から Web開発にキャリアチェンジしたのはどうしてでしょうか?

佐治

今回の転職を考えていたとき、Ruby などの言語系の勉強会に参加して、いろいろな言語と触れ合いました。そこで感じたのが、サービスを作って、ユーザーからフィードバックをもらって、それを反映させるという開発スピードの早さです。

複合機など大きいハードウェアへの組み込み系ソフトウェアの場合、フィードバックがなかなか目に見えないですし、エンドユーザーの姿も見えないんです。エンドユーザーがすぐに使ってフィードバックを返してくれる Web系に魅力を感じ、キャリアチェンジを決意しました。

今回の転職で、エージェントと一緒に転職活動をしようと思った理由は?

佐治

実はエージェントにお願いする前に、Forkwell Jobs で自分1人で転職活動をしており、複数社に応募したのですが、なかなかうまくいきませんでした。在職しながらの転職活動ということもあり、準備などが難しかったこともあります。

そこで、エージェントに相談すれば、これまでとは違う視点での転職活動ができるかと思って依頼しました。実際、エージェントに相談したら、紹介いただいた1社目ですぐに採用が決まったのでびっくりしましたよ。

紹介された1社目ですぐに決まったのですね!

佐治

そうですね、最初に紹介いただいたのがスローガンさんです。その後、他に数社いただきましたが組み込み系の経験を活かしたものが多かったので、転職するときにはドカンと業界を変えたかったことから、スローガンさんに応募しました。

エージェントの松木さんは、なぜ佐治さんにスローガンを紹介したのでしょうか。

松木

最初に佐治さんの転職のコンサルティングをしたときに、経歴や転職にあたってのご要望などをうかがいました。1時間ほどお話するなかで、非常に勉強熱心な方で、独学で技術の習得をしていることや、HR領域の関心があることなどがわかりました。またお話がわかりやすく、コミュニケーション能力が高いと感じました。

佐治さんとの面談の前に、社内の情報共有で担当者からスローガンさんが求める人物像を聞いており、まさに佐治さんがぴったりだと思いました。特に、開発言語やスキルよりも、事業への思いを重視する点がマッチすると思って紹介しました。スローガンさんからお話をいただいた時と、佐治さんが面談に来たタイミングが一致していたこともあり、すぐにお話を進められました。

佐治さんは、もしエージェントの紹介がなく、スローガンさんの求人票を見ただけだった場合、応募されていましたか?

佐治

難しかったと思います。求人票だけでは、エンジニアの働いている姿がわかりにくかったですし、会社サイトの社員紹介のところにもエンジニアがいなかったので、そこは不安な気持ちもありました。ただ、松木さんから人物重視ということを聞いてチャレンジしようと思いました。

ですから、面接でも最初に社員にエンジニアはいるのかということを確認しました。面接の担当がエンジニアの小滝さんだったので「私がエンジニアです」と言われて、その後仕事の内容などじっくりお話できたので安心しました。

面接の前後では、松木さんは佐治さんにどんなアドバイスをされましたか?

松木

面接前は面接対策ですね。そして面接が終わったあとには、すぐに佐治さんから面接の様子を電話でご連絡いただいていました。アピールが足りなかった点などを整理して次の面接に備えました。

佐治さんは、紹介後の1回目の面接が終わった時点から、非常にスローガンさんへの志望度が高く、また先方からの評価も高かったこともあり、スムーズに採用ステップが進みました。

佐治

スローガンさんの面接は週に1回のペースで3回ありました。ほとんどその日のうちに、スローガンさんからの面接通過のご連絡を松木さんからいただいており、非常にスピード感がある形で進みました。これまで応募したどの企業よりもスピードが早かったです。

Web開発の実務経験が無かったということですが、その点をフォローするための松木さんからのアドバイスなどはありましたか?

佐治

松木さんからは、Web開発未経験ながらもこれまでの実績や能力を正しく伝えるために、職務経歴の表現や、スローガンさんのカルチャー、特性に応じたコミュニケーションなどをサポートいただきました。

また、Forkwell のポートフォリオの内容を充実させたほうがよいというお話もあったので、1年前から取り組んでいた Rails での開発実績をアピールできるよう、GitHub でのコミットを増やして、実際に Rails を使った簡単なプロダクトをアップしました。面接でもそれが話題のベースになり、スローガンさんでの開発関連の話もしやすかったです。

スローガンさんのほうでは、佐治さんの GitHub のアカウントはチェックされていましたか。

小滝

はい、見ていました。コードを見て、短期間でキャッチアップできる人であることがわかりました。新しい言語の勉強は心理的障壁が高くなかなか独学できない人も多いものですが、着々とこなしているところを見て、佐治さんは新しい事柄についての吸収力があり、技術的なスキルの面でも問題ないと判断しました。

内定をもらってから、入社されるまでに準備はされましたか。

佐治

はい。私の場合、前の会社に在職しながらの転職活動だったため、内定をいただいたのが2014年10月で、入社したのが2015年1月です。前職のほうは、業務に一区切りついて残業などが少なかったので、内定をいただいてから2〜3ヶ月間は準備期間として勉強をしていました。

Forkwell Jobs には詳しい開発環境が書いてありますので、スローガンで採用している PHP、フレームワークの CakePHP を使ってプログラムを書いていました。Forkwell Jobs の求人票の精度が高く、実際に入社してから同じ環境で仕事ができているので、よかったです。

勉強だけでなく、スローガンさんのほうで入社前に歓迎会を開いていただいたり、イベント等に呼んでいただいていたので、社内の雰囲気にもすぐに溶け込むことができました。

実際に入社してからの会社の印象は変わりましたか?

佐治

思った以上によい雰囲気で、会社が明るいのでよかったです。ワンフロア構成なので、営業などの他の業務の方も近くにいますし、お客様もご来訪されますし、学生さんも来られます。事業に関わっている人全体が見えやすいのがいいですね。

現在はどういうことを担当されていますか?

佐治

入社してから半月ほどですので、現在はサイトの修正などを担当しています。ゆくゆくは学生さんの就職支援もやりたいので、面談に同席させてもらったり、セミナーを見学したりもしています。今は、できることは積極的に手を挙げて参加し、業務の幅を広げ会社に貢献していきたいです。

松木

今回久しぶりにお会いしましたが、会社にもすっかりなじんでいらっしゃるようで安心しました。

本当ですね! 今日はありがとうございました。

■取材・執筆 深谷歩/株式会社 深谷歩事務所 代表取締役
大学卒業後、研究調査事業のドキュメント企画、執筆などに従事。その後IT系メディアにて企画、編集、執筆などを行う。 2009年渡米、シアトルにてソーシャルメディアを学ぶ。2010年、帰国後Social Media Experienceを立ち上げる。2011年(株)深谷歩事務所設立。ソーシャルメディアやブログを活用したコンテンツマーケティング支援を行う。著書:『小さなお店のLINE@集客・販促ガイド 』『SNS活用→集客のオキテ 』など。

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載