好きを仕事に。プライベート開発の熱意と努力で Rubyエンジニアの座を勝ち取りました!

Fa030d13e82e7fefe7de413a4b90c8ed

株式会社クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「CrowdWorks 」を提供する会社です。

同社がマザーズ上場を果たした2014年12月に、Forkwellキャリア相談室経由の人材採用が新たに決定。こちらの採用成功事例にご登場いただくのは、今回でなんと3回目です(!)。

このたび入社したエンジニアの板倉さん(写真右)と、クラウドワークス開発担当取締役の野村さん、2014年11月に Forkwell Agent 経由で入社 が決まったエンジニアの大浦さん(写真左)、担当コンサルタントの松木、4名にインタビューを行いました。

板倉さんがプログラミングの勉強を始められたのは、いつからですか?

板倉

2013年頃ですね。大学生活を送るかたわらレコーディングスタジオでアルバイトをしていたのですが、そこでミュージシャンの派遣サービスをやってみようという話が持ち上がり、私が事業担当者になりました。

しかし、派遣する立場の会社がマージンを取って、技術者であるミュージシャン側にお金が入りづらいという仕組みはミスマッチングだと感じ、「お互いが Win−Win となるシステムを作ろう!」と、それまで全く経験のなかったプログラミングの勉強を始めたのです。

音楽系クラウドソーシングサービスですね! その業態があることはすでにご存知だったのですか?

板倉

いえ、まったく知らなかったのですが、考えた末に思いついて「いけるじゃん!」と(笑)

すでに取り組んでいる方々がいたので、自分が先駆者になれなかったという残念な気持ちはあったものの、確実にこれから伸びていくであろう事業ですし、面白そうだなーと考えていました。クラウドワークスという会社を知ったのもその時期です。

そこからプログラミングを勉強して、1人でサービス開発を行ったのですね。

板倉

はい。初めは数ヶ月ほど PHP を独学していましたが、インターネット上で Rails の生産性が高いという意見が多く見受けられたので、じゃあ Rails を…と、技術書片手に勉強しました。Ruby は書けない Rails使いでしたが。

ただ結局、自分1人でサービスを完成させるまでは行き着かず、このままじゃダメだ! と。Ruby の勉強を続けながらも、エンジニアの仕事を探して入社に至ったのが前職の SIer で、勉強したことのない Java での開発による業務経験を積むことになりました。

…とはいえ、やはり Ruby の方で実務経験を身につけたかったので、改めて転職活動を開始したという経緯です。Ruby で自社サービス開発を行っている、エンジニアドリブンな風土の会社、と条件を絞り込んで探しました。

もともとは Java でお仕事されていたと。Forkwellキャリア相談室のご利用に至ったのは?

板倉

転職活動中に使っていた Forkwell Jobs の利用と併せて、転職相談もできるということだったので、使ってみようと。申し込んで、ご相談にうかがいました。

コンサルタントの松木さんにご相談したことは、例えば、履歴書や職務経歴書の書き方です。

私にはプロジェクトを回したり、サービスを完成させたり、という経験がないこともあって、自信を持ってアピールできるものが少なく、何を書けばいいものかと迷っていることをお伝えしました。

松木

最初に見せていただいた板倉さんの職務経歴書は、本当に「経歴のみ」を並べたシンプルなものでした。

まず、プライベートで Ruby開発を行っていることを追記していただいた他、各開発業務でどんな技術を使っていたのか、入社を希望される企業でどんなことをやりたいのか、という情報も追加したりと、一つ一つ掘り下げながら書き直していただくようアドバイスを行いました。

作り直された経歴書を後日拝見しましたところ、企業に対して「御社に入りたいです!」という強い熱意を感じられるものに仕上げていらっしゃいましたね! 板倉さんの持つポテンシャルが最大限引き出されている内容でした。

板倉

中には「これは書いた方が良いことだったんだ!」という意外な発見もあったりして(笑)

書類の書き方以外にも、転職のツボを抑えたフォローを様々な側面からしてもらうことができました。

クラウドワークス社への応募を決めて、面接へ行ってみていかがでしたか?

板倉

面接前は、開発の自由度が高く、エンジニアの発言力がありそうな会社という印象でしたが、面接で野村さんとお話ししてその通りだと感じました。

世の中に向けて良いサービスを作るという軸と、エンジニアの技術力を上げていくという軸、この2つを両立させることができる会社だ、と期待が大きくなりました。

野村さんにおうかがいします、板倉さんの採用の決め手となったのはどんなところでしょうか。

野村

「熱意」は大きいですね。前の職場に退職意志を伝えてから転職活動を始めたという背景に、ベンチャースピリッツを感じたというか…いい意味で常識にとらわれないところに、興味を引かれました。

それから、プログラミングが好きというところですね。Ruby の業務経験はお持ちでないものの、お話ししていて「もっと勉強したい」というワクワクを感じとることができました。仕事を楽しみながらできるというのはとても大事なことです。

板倉さん、クラウドワークス社は第一志望だったとのことですね。採用が決まったときのご感想は?

板倉

もちろん嬉しかったです! それから、入社が決まった12月末には当時の勤め先を辞めることが決まっていたので、決まって良かったという安心もありました。

野村

危ない橋を渡ってきましたね(苦笑)

板倉さんのメンターは、Forkwell Agent 経由で採用が決まった大浦さん とのことですが、いっしょにお仕事をされていかがですか?

(ここで大浦さんが登場)

大浦

板倉さんの担当タスクを調整したり、私はサポート的な立ち位置で関わっている状況です。彼は自発的に業務を探して取り組みますし、積極的に意見を言ってくれて頼もしいですね。

板倉

実務経験が少ないこともあり、技術面でもサービス面でもわからない部分が多々あるのですが、大浦さんに丁寧に教えてもらっています。

また、「わからない人にはわかる人が教える」という環境の中で、それぞれのメンバーに助けられています。「この分野はあの人に聞こう」とアクションできるので、大浦さんにはもちろんのこと、皆さんに良くしてもらっています。

入社から2ヶ月。板倉さんの成長はいかがでしょうか?

野村

彼は、「自分はまだまだです」と謙虚な性格なので、コードレビューがしやすいです。

「僕はできますよ!」感を出されると、「プライドを傷つけてしまうかも」と伝えづらくなってしまうので、こちらが教えやすい態勢を作ってくれるのは助かっています。

日報にも、積極的にやりたいことを書いてくれていますね。

実際働いてみて、板倉さんはいかがですか?

板倉

クラウドワークスは基本的に、エンジニアの「やってみよう」という姿勢を否定しない会社です。積極的に取り組んだ分だけサービスができていくし、自身の技術力も向上するという実感を味わっています。

気になることとしては、部署間の連携ですね。エンジニアルームは隔離されていて、静かで集中できる環境なのはとても良いのですが、その一方、他部署の人からは静かすぎて入りにくい部屋だと思われてしまっているようです。

これからメンバーがどんどん増えていきますし、他部署との連携や情報共有の改善に、自分が一枚噛みたい気持ちはありますね。

今後の意気込みをお願いいたします!

板倉

今後1〜2年のマイルストーンとして、「サービスをひと通り立ち上げられる位の技術力をつける」という目標を1つ置いています。プロジェクトに部分的に関わっていても全体を見ることができないので、Ruby と Railsだけでなく、AWS など、インフラ側の勉強もしていきます。

サービスだけでなく、技術面でもここまで伸びている会社はないと思っているので、クラウドワークスの持つ色々なものを受け取りながら、どんどん自分を成長させていきたいです。

楽しみですね。皆さま、本日はどうもありがとうございました!

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載