受託開発から自社サービス開発へ − 安定を捨ててでもやりたかったこととは?

56fce5103b2957eb3bc52fb0ea481a4f

Forkwell 」や「Forkwell Jobs 」、「Forkwell Agent 」など、技術志向のエンジニア向けサービスを複数運営する grooves では、エンジニアチームの各メンバーが常にサービスを見直し、改善のサイクルを回しています。

今回は、Ruby を使って自社サービスを手がけたいという想いから、新卒で入社した上場企業を辞めて grooves に転職した徳富(写真右)と、彼の面接を担当したエンジニアの谷内(写真左)、どことなく似ている2人にインタビューを行いました。

徳富さんが転職活動を始められたのは、何かきっかけがあったのでしょうか?

徳富

転職しようと決めたきっかけは、プログラミングをしたいという思いが積もり積もってのことでした。前職はシステムインテグレーターで、新卒から5年半ほど在籍していました。業務で Java を使った開発に2年半携わった後、チームマネジメントを担当しました。

チームリーダーとして人の管理、スケジュールの管理、調整といった業務が中心で、なかなか以前のようにバリバリとプログラミングする機会はありませんでした。何度か上司にプログラミングがしたいと掛け合ったのですが、仕事は変わらずで…。それから、転職を考えるようになりました。

初めて転職活動を行う中で、不安や心配はありませんでしたか?

徳富

正直、不安は相当ありましたね。Java しか業務で使っていなかったので、違う言語で自分のスキルが活かせるのかが心配でしたし、上場して安定している会社を辞めて、安定から抜け出してチャレンジすることにプレッシャーを感じていました。ただ、自分がやりたいことをするためには、リスクを取る必要があると考えていました。

転職を踏み切るまでにはいろいろと葛藤があったのですね。

徳富

そうですね。転職を考えるようになってから実際に転職活動を決意するまでは、半年から1年ぐらいの期間がありました。決意してから会社を辞めるまではかなり速かったのですが(笑)

最後のひと押しになったのは、どんなことだったのでしょうか?

徳富

社外の勉強会に参加したことですね。ちょっとしたことがきっかけで、会社の業務とは関係のない Ruby に関する勉強会に参加したのですが、そこで世界が開けた印象でした。Ruby はすごく奥が深くて、しかも割に親しみやすくて、プログラミングしていくうちに楽しいという気持ちが芽生えたんです。Ruby をもっと書きたい、Ruby で仕事をしてみたいと思ったことが、転職の最後のひと押しになりました。

転職活動をするにあたって、転職サービスは利用したのですか?

徳富

いくつかの転職サービスに登録していました。Forkwell Jobs に関しては、もともと私はポートフォリオサービスの Forkwell しか知らなかったのですが、転職するという段階で知りました。

Forkwell Jobs は、エンジニアが働く環境に関する情報量が多くて、コンテンツも充実しているのでとても参考になりましたね。その会社がどんな想いでサービスを作っていて、どんな技術を使っていて、どんなワークフローで開発しているか、事細かく書いてあったので、求人票を見るだけで働くイメージが膨らみました。とにかく他のサイトでは載っていないような情報がたくさん載っていたので、 Forkwell Jobs が一番よく見ていた転職サービスだったと思います。

転職活動で苦労したことはありましたか?

徳富

実は最初に転職活動をした時は、全部失敗に終わったんです。前職を辞めてから転職活動をしていたので、これはマズいなと感じました。就業状態にこだわらずに、まずは技術力をつけようと社会人インターンに参加し、Ruby on Rails を使ったアプリケーションの既存機能の改修、バッチ処理などの業務を3〜4ヶ月ほど経験しました。

その会社では英語でのコミュニケーションが基本で、GitHub でのやり取りもすべて英語。実務と英語の2つを覚えるのが当時は本当に大変でしたね。でも、いま思えば新しいことを学ぶ機会にもなりましたし、その経験で英語に対する障壁も低くなったので、すごく良い経験をさせていただきました。

選考に進む企業はどういうポイントで選んだのでしょうか?

徳富

ポイントは2つありました。ひとつは Ruby を使っていること、そしてもうひとつは自社サービスを開発していることです。前職は受託開発だったので、基本的にはお客様の要望を受けて開発する作業がメインでした。もっとこうしたいなと感じても、必ずしもそれが受け入れられるわけではなかったので、スピード感を持って自分たちでサービスを改善していくような開発に携わりたいと思ったのです。

そんな中、Forkwell Jobs を運営する grooves の求人に応募したのは、どんな理由からだったのでしょうか?

徳富

実際に自分が使っているサービスの開発に携わりたいと考えていたところ、Forkwell Jobs で grooves の求人情報を見つけたんです。転職活動をしている時に一番使っていたサービスが Forkwell Jobs でしたし、使いたいと思わせる魅力がこのサービスにはありました。

一方で、サービスに不満を感じているところもあって(笑)。何か自分が力になれることがあればやってみたいと思って応募しました。応募してから採用が決まるまでは、1週間足らずというスピードでしたね。

まさに即決という感じですね! 面接を行った谷内さんは、徳富さんのどんなところに魅力を感じたのですか?

谷内

自分のスキルに対して危機感を持って、新しい技術の習得に貪欲に取り組んでいるところに魅力を感じました。会社を辞めた後にインターンでスキルを積む行動力は本当にすごいなと感心しますね。また徳富さんはコミュニケーションも上手で、面接で話をしている時に、明日からチームにいても違和感がないように感じました。

実際に一緒に働いてみて、いかがですか?

谷内

うちのチームはコミュニケーションが多いという特徴があり、サービスを新しい方向に持っていこうという時期にはコードを書くより議論している時間が多いぐらいなのですが、徳富さんは入社したばかりの頃から的確な発言をしてくれたり、着地点に向かってうまく議論を回してくれたりして、とても助かっていますね。

いまではすっかりチームに馴染んで、社内の人からは僕たち2人ともう1人のエンジニアで「Ruby三兄弟」と呼ばれたりしています。最近はさらにエンジニアが増えて5兄弟で開発を行っていますが、それぐらいチームとして一体感が出ているのだと思います。

徳富

みんなでランチに行く時も、ついつい開発に関する話をしてしまいますね。会社から帰る途中にも「ここはこうした方がいいんじゃないか」とか、技術やサービスの話ばかりしているんです。逆にプライベートの話はたまにしかしないぐらい(笑)、みんなサービスのことを一生懸命に考えているチームです。

今後、groovesでどんな仕事をやっていきたいと思っていますか?

徳富

まずは Forkwell Jobs のサービスをさらに改善して、利用者にとって転職活動が楽しく思えるサービスにしたいと思います。技術的なところでは、Ruby on Rails をまずはしっかり極めていきたいですね。いまは求めていた理想の環境にやっと入れたという達成感もあるので、リスクを取ってチャレンジして本当に良かったと思っています。

今後ともよろしくお願いします! おふたりとも、本日はありがとうございました。

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載