未経験でPythonエンジニアへ。面談を重ねて気付いた「本当にやりたいこと」

50b53235880a19905531c8c1ccbd49ca

スマートフォンの位置連動型プッシュ通知ASP「popinfo 」を提供するアイリッジは、各種スマートフォンサービス、Webサービスの企画・開発・提供を行っています。次世代O2Oのリーディングカンパニーを目指す同社では、Pythonエンジニアの採用活動を積極的に展開中です。

しかし今回、Forkwell Agentを利用してアイリッジへの転職を果たした松田さん(写真右)は、Pythonでの開発経験がない元インフラエンジニアでした。松田さんがどうして転職を考え、Webエンジニアを志望したのか。担当エージェントの松木(写真左)とともに振り返っていただきました。

松田さんが転職活動を始められたのは、どんな理由からだったのでしょうか?

松田

前職では、当初はアプリの開発を担当していたのですが、インフラの方に人員が足りなくなり、約1年後にそちらにアサインされたのです。最初は自分の勉強も兼ねて頑張っていたのですが、インフラの保守や運用はあまり興味を持てない分野でした。なかなか抜け出せない状況のまま数年が経ち、「自分はこのままでいいのかな」と考えたのが転職活動を始めるきっかけでした。

転職活動はどのように進めていったのですか?

松田

まずは転職サービスに登録して、気になる企業にコンタクトしていました。Forkwell Agentを教えてくれたのは知人のエンジニアです。登録した後に担当エージェントの松木さんからメールをいただいて、すぐに面談させてもらいました。

松木さんからメールをもらったのは、何社か内定をもらっていたものの、そもそも自分は何がしたいのだろうと迷っていた時期でした。第三者目線でいろいろ意見をいただきたいなと思い、面談に行きました。

松木と会ってみて、いかがでしたか?

松田

すごく話しやすく、相談しやすかったです。その時不安に思っていることについて正直に伝え、いろいろと話を聞いていただきました。

ちなみに松木さんは、松田さんとはじめてお会いした印象はいかがでしたか?

松木

いまと変わらずすごく爽やかで、質問に対してじっくり考えてお話しされるところが印象的でした。非常に丁寧な方だなと感じましたね。できる限りご希望に叶うご転職を支援したいと強く感じました。

面談していく中で、アイリッジを志望されたのはどんな理由からですか?

松田

これは松木さんと相談しながら決めていったことなのですが、そもそもITが好きだというのと、自分の過去の経験や家庭のことを考えた時に、アイリッジが一番マッチするのではないかと思いました。

実は自分の実家が喫茶店を営んでいるのですが、小さいお店なのであんまり儲かっていないんです。O2Oのソリューションによって、自分の実家のような小さなお店をサポートできる仕組みができたらいいなと思ったのが、アイリッジを志望した理由です。松木さんに紹介されるまでは、正直、アイリッジのことは知りませんでした。

そうなのですね。紹介された時からアイリッジへの興味は高かったのですか?

松田

かなり高かったです。紹介された時から第一志望でした(笑)

松木

松田さんはインフラ構築からWeb開発に戻りたいという気持ちに加え、転職先を選ぶ軸として事業の将来性を重視されていらっしゃいました。その中でアイリッジさんでできる事とご実家で抱えている課題の解決がリンクし、アイリッジさんへの興味が他社さんより飛び抜けていた印象です。

新しい転職軸が作られた瞬間ですね!

松木

そうですね。松田さんは当時、何社からか内定をもらっていたのですが、果たして自分のやりたいことがそこでできるのかという疑問をずっとお持ちでした。アイリッジさんについては、技術面で経験のない部分もありましたが、採用にはポテンシャルも重視されるということで、ぜひ挑戦してもらいたいと考えました。

アイリッジの面接の印象はいかがでしたか?

松田

面接の時、やっぱり自分にはITの知識や経験が足りないなと感じたのを憶えています。面接官の方とお話をして、質問や課題をいくつかいただく中で、この会社はレベルが高そうだと思いました。

一次面接の時にできなかった課題を、自宅でトライして二次面接の際に持っていったそうですね。

松田

はい。Webエンジニアとして当たり前のことができないとマズいと思っていたので、再度取り組みました。できないことはなくしていきたいと思っています。好きなことに関しては負けたくないという気持ちが昔からありますね(笑)

内定が決まって入社までの3カ月間はどのようなことをされていたのですか?

松田

面接が全部で4回あったのですが、3回目の面接の時に、エンジニアの方にどんな勉強をしたらいいかを尋ねてみたんです。そこでITの技術の基礎やコンピュータ・サイエンスを学んだら良いとアドバイスをいただいたので、その分野の勉強をしていました。

また、これは会社から言われたわけではないのですが、業務でPythonを使うことはわかっていたので、PythonとDjangoを使ってちょっとしたWebサイトを作りました。好きなことなので、勉強するのはそんなに苦ではありませんでした。

アイリッジに入社されて、これまでのインフラの経験も活かせていますか?

松田

そうですね。いま携わっている業務ではサーバーサイドを担当しているのですが、クラウドのインフラ部分も任せてもらっています。前職でのインフラ経験はすごく活きています。また、社内サーバーのトラブルシューティングに携わっていて、そこでも役に立っていますね。

今後、アイリッジで成し遂げたいことはありますか?

松田

やはり、自分の実家のような地域の小さなお店が喜んでくれるソリューションができればいいなと思います。いまはストック型ビジネスが求められていますし、会社にとってもプラスになると考えています。

技術的な観点では、Pythonのライブラリを自分でも作れるようになりたいと思います。オープンソースにも貢献していきたいですね。まずは社内のサーバーとかインフラ周りで一番強くなることを目標にがんばっていきたいと思います。いつか、「松田がいたから入社した」と言ってくれる人が出てきたらうれしいですね。

松田さんのように新しい世界にチャレンジしたいエンジニアに向けて、メッセージをお願いします。

松田

会社の中で悶々と考えるのをやめて、いろいろな勉強会に参加したことは、すごく良い経験でした。自分が業務を通して身につけた知識に対して、さまざまな意見をもらうことで自分の考えが広がるし、自分とは違うタイプの人や価値観に出会うことで刺激をもらうことができます。新しいことを始めたい方には、広い視点を持って、本当に好きなことへの一歩を踏み出してほしいですね。

松田さん、本日はありがとうございました!

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載