選考で解けなかった技術課題。できるまで諦めない姿勢と向上心に、面接官全員が感服

A04393fc4f236f206377eac30fe14a4c

2008年創業のアイリッジは、スマートフォンの位置連動型プッシュ通知ASP「popinfo 」を中心に、複数のWebサービスの提供を行っています。1年以内にエンジニアの数を倍増させることを計画している同社は、特に Python での開発経験を持つエンジニアの採用を積極的に行っています。

今回 Forkwell Agent を利用してアイリッジへの転職を果たした松田さん(写真中央)は、Python での開発経験がないインフラ出身のエンジニアでした。松田さんの採用ポイントはどこだったのか、アイリッジが求めるエンジニア像とは何か、執行役員 開発グループ長の梅元さん(写真右)と管理グループ シニアマネジャーの渡辺さん(写真左)にお話をうかがいました。

まず、エンジニアの採用にあたって Forkwell Agent を利用した背景からお聞かせいただけますか?

渡辺

応募者数の母数を増やしたかったというのが一番の理由です。大手の転職サービスだと、なかなか親密なコミュニケーションが取りにくいという課題がありました。また最近は、これまでのようなやり方ではエンジニアの採用が難しくなっています。そんな中、エンジニアの採用に特化している転職サービスとして Forkwell Agent を利用させていただきました。

実際に Forkwell Agent を経由して応募される人は、それまでと違いはありましたか?

渡辺

他の転職エージェントと比べると応募の通過率が高い印象がありますね。他社だとなかなかいないようなレベルの人が応募してくれている印象です。

今回の採用にあたっては、どんなエンジニアの方を求めていたのですか?

渡辺

当社は「Python / Django」という利用人口の比較的少ない開発環境を使っているので、常に Python エンジニアを探しています。もっとも今回の場合はそこに限定せず、サーバサイドの言語の経験がある人を幅広く探していました。

求めているエンジニア像はどのような人でしょうか?

梅元

当社の開発グループでは「スピード」と「イノベーション」を特に重視しています。スピードを重視して製品開発に取り組むということと、新しいことに継続的にチャレンジしていくということです。さらに納期を守る、遅刻をしないといったコミットメントを大事にすることも行動指針として掲げています。

加えて、仲間やお客様に対して敬意を払って仕事するといった、会社のカルチャーみたいなものが候補者の方のパーソナリティと合致しているかは、面接の場での大きな判断基準になっています。

とはいえ、そういったポイントを面接で見極めるのは難しいですよね。

梅元

そうですね。最終的には面接官の判断によるところが大きいです。ただ面接官同士で時間をかけて議論をして意識合わせをしていますので、基準がブレることがないようにしています。判断結果は、最初は意見が分かれることもありましたが、最近は少ないですね。面接では「自分が働く職場で大事にすることは何ですか?」といった質問をして、弊社の価値観やカルチャーに合うかどうかを判断しています。

採用された松田さんの最初の印象はいかがでしたか??

梅元

すごく爽やかでめちゃめちゃ好青年だったので、非常に印象に残っています。その評価は私だけではなく、「素直な感じがする」とか「向上心が高そうだ」といった印象は面接をした全員が感じていました。

なるほど。ただ松田さんは Python での開発経験はなく、インフラよりの経験を持ったエンジニアだったそうですね。

梅元

そこは応募の段階でわかっていたので、即戦力というよりは、ポテンシャルが高ければ採用したいと思っていました。当社の規模だと付きっきりで教育するような体制にはできないので、自分で積極的にスキルアップしようという高い意欲を持っているエンジニアを求めていました。松田さんはその点で評価が非常に高く、熱意がある方でした。

松田さんの熱意の高さが現れたのは二次面接の時ですね。一次面接の時に、プログラミング能力を試す課題を出していたのですが、松田さんはそこでできなかった課題を自宅で再挑戦して、二次面接の時に持ってきたのです。

それはすごいですね。確かに熱意を感じます。

梅元

わからないことがあってもちゃんと自分で調べることができ、また、積極的に勉強会などにも参加している姿勢から、松田さんの向上心の高さは面接官みんなが特に高く評価していました。

そんな松田さんに、入社後、どんなことを期待していますか?

梅元

O2O のプラットフォームに対するお客様のニーズが非常に高まっている一方、popinfo の強化スピードがまだまだ自分たちの理想に追いついていないという課題があります。松田さんは現在 popinfo の開発に携わっていませんが、早めに Python エンジニアとしてスキルアップして、製品開発に貢献してほしいと期待しています。

今後のアイリッジの採用計画について聞かせてください。

梅元

今は役員を含めて会社全体で40人ぐらいのスタッフがいますが、1年以内に2倍ぐらいの数に増員したいと考えています。エンジニアについても同様のペースで採用を行って、今の倍の構成にする予定です。

最後に、これからアイリッジを志望される方へのメッセージをお願いします。

梅元

今は O2O という業界自体が面白くて、マーケットが非常に伸びている状況です。これまでは新しいものが好きなイノベーター的なお客様が O2O にチャレンジしてきましたが、O2O の効果が認知されるにつれてメジャーな企業も取り組みを始めています。お客様の幅も広がっているし、いろいろな企業で効果が出てきて盛り上がっていますので、業界として勢いがあって面白いですよ。開発グループにも優秀なメンバーが集まっています。エキサイティングな経験をしたいエンジニアの方に、ぜひトライしてほしいです。

渡辺

弊社のエンジニアは、入社するまで O2O の業界の経験がなかった人ばかりです。あくまでプログラムのスキルや過去の経験を活かすことを目的に、アイリッジに入社しています。これまでの技術を活用して、新しい分野に挑戦したいというエンジニアは、弊社にマッチすると思います。

アイリッジの経営理念は世の中に新しい価値を創り出し続けていくことです。現在は O2O のエンジニアを求めていますが、O2O の発展形や、その先の新しいビジネスをこれから入社する皆さんに立ち上げてもらいたいと思っています。ぜひ松田さんのように向上心が高く、さらにキャリアアップを目指しているエンジニアに来てほしいですね。

本日はどうもありがとうございました!

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載