Forkwellイベント経由で転職成功! 会社環境や働く人を知って入社意欲が高まりました。

D89a5c3037bcb9299cc32965b27937ba

Forkwell Jobs ではこれまでに、求人掲載中の企業さんと合同でキャリアイベントを多数開催 しています。

今回は、日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス 」を手がけるクラウドワークス社と開催したイベント「Web系企業への転職に成功する人、失敗する人 」を通して Forkwellキャリア相談室に相談し、同社への転職に成功した小屋さん(写真右)、森田さん(写真左)にインタビューするとともに、開発担当取締役の野村さんにお二人の活躍ぶりをうかがってみました。


まずはご転職おめでとうございます! お二方が会社で取り組まれているのはどういった業務でしょうか?

小屋:
現在はクラウドワークス本体の開発を Ruby on Rails で行っています。ユーザーのお問い合わせをもとにしたサイトの UX改善や、デスクトップアプリの改修などにも取り組んできました。

森田:
主にクラウドワークスのインフラを担当しています。障害対応やセキュリティアップデートの他、Chef / Serverspec / Terraform を用いたインフラのコード化や、直近では Rails のバージョンアップ対応なども行っています。

小屋さんはサービス開発チームの、森田さんはインフラチームのリーダーとして活躍されているとのことですね。

小屋:
はい、私はエンジニア4名、デザイナー1名の開発チームでリーダーを任されています。
エンジニアは一般的に「数字を追う」体制は取らないかもしれませんが、クラウドワークスの開発部門では技術的な要求や課題に取り組むだけでなく、成果を数値として出すことも重視しています。うちのチームでもその点で非常にこだわっていて、最終的に成果に繋がることをゴールとして解決すべき課題に取り組んでいます。

……と言っても初めから順風満帆に進んでいたわけではなく、チームがたびたび組み変わるなど組織として多少混乱していたこともありました。そんな時期を経て、現在は少しずつ体制が整ってきていると思います。チームの目標も定まってきた今、成果を上げるにはどのように開発するのか/プロセスを作るのかをリーダーとして考えるだけでなく、メンバーのモチベーションに気を配って1人1人が力を発揮できるような状況作りをしています。

野村:
クラウドワークスのデスクトップアプリ(時給制の稼働管理を行う「CWタイムカード」)はメンテナンスできていない部分も多かったのですが、入社間もない小屋さんにお任せしたところ、我々が長い間悩まされていたバグを鮮やかに改修してくれて「安定感があるな」と感じた覚えがあります。現在は各チームメンバーの課題に向き合い取り組んでくれたり、技術的な部分でチームだけでなく組織全体のことを考えてくれる頼もしい存在ですね。

チームリーダーの立場は、時には人に対してきついことや嫌がられることを言わなきゃいけない局面がありますが、小屋さんはそういう時にもうまく人を和ませるような言い方をしてチームを活性化させてくれる人です。

頼れるリーダーですね。森田さんはいかがでしょうか?

森田:
インフラ担当チームのリーダーではありますが、あまりリーダーらしいことはしていません。基本的にメンバーの自主性に任せるスタイルで、属人化してボトルネックにならないよう気を配っています。

入社して間もない2015年5月〜7月頃の話ですが、その時期はクラウドワークスがテレビ番組にたびたび取り上げられていて、放映時に大量アクセスが来るので負荷対策を行っていました。周りの協力を得ながら負荷の高い画面をキャッシュしたり、深夜作業でサーバ増強したり、テレビ放送時には随時スマホのワンセグで番組を見ながらサーバ負荷チェックをしたりとか(笑)

それから既存のインフラのサーバ設定をコード化する業務で必要にかられて、既存サーバとコード化したサーバの設定を diff するためのツール「Ajimi 」(参照:サーバ設定diffツールAjimi入門 #ajimi )を開発して OSS で公開したりもしました。

野村:
森田さんは入社時からバリバリ業務に取り組んでくれて、他のメンバーとの地力の違いを感じました。金融系の SE として過酷なところで経験を積まれてきたこともあるのでしょうが、キャッチアップもとても早い。その活躍が高く評価されて、社内でアワード(開発MVP)を受賞しました。
MVP に選出された理由は能力だけでなくて、自身の担当範囲を限定せずサービス開発・運用に貢献してくれたり、課題に対して「運用でカバー」するのでなく、あくまでも技術の力で解決してくれたりと、規範的なエンジニアであることも評価に繋がっています。

オーナーシップの面では、テレビ放映時の対応で段取りの準備や全体の仕切りといったプロマネ的な働きをしてくれたり、直近は Rails のバージョンアップ対応を一貫してリードしてくれたり、と非常に心強いですね。

森田さん MVP おめでとうございます! 大活躍ですね。

御社は Forkwell Agent での紹介経由や、Forkwell Jobs 経由でもエンジニアの採用に成功しています。その中で、今回のお二方のようにイベント経由で転職をされた方の特徴はありますか?

野村:
イベント経由で採用した人たちは非常に安定感がありますね。いないと組織が成り立たないポジションの人です。特に小屋さん森田さんの採用のきっかけになったイベントは SI to Web がテーマだったこともあり、彼らが培ってきた SI 力を弊社でうまく役立ててもらえています。

少し話はそれますが、SI からの転職イベントって「人材の最適化」の面で社会貢献性が高いと思います。クラウドワークスのミッションにつながるところもあり好感が持てます(笑)。面白い人材を紹介してもらえる Forkwell イベントには今後も期待しています。

ありがとうございます、今後も良いイベントを開催できるよう努めます!

小屋さん森田さんは、イベントに参加されていかがでしたでしょうか?

小屋:
転職したい! と強い気持ちで参加したわけではないのですが、イベントを通して転職意欲は上がりました。大浦さん(同社エンジニア)が転職成功された際の事例 を資料としていただいたのですが、実際ご本人が登壇されてお話しされてたのが印象的でした。
会社自体もこれから成長するフェーズでやりがいがあるなと感じましたし、ミッションも明確で共感できました。懇親会にもクラウドワークスのエンジニアが何名か参加していて、明るくオープンな雰囲気で印象は良かったです。実際働いている方の顔がわかるのは大きいですね。

後日 Forkwellキャリア相談室を通して転職相談をさせてもらいながら、イベント時に大浦さんが「十数社を受けたら大変だった」という話を参考にして、応募しすぎないよう数社に絞り込んで活動を進めました(笑)。

イベントの内容が活動の一助となったのですね!

森田:
私はたまたま connpass でイベントを見つけて、SI からの転職を考えているタイミングだったので参加してみました。自社サービスを運営していてかつ会社もこれからという規模感と、新しい働き方を作るという社会的意義の大きさに惹かれました。良さそうだなぁ、と。

私は京都出身なのですが、Web上でできるはずの仕事がなぜ東京に一極集中しているのかずっと疑問に思っていて、働く場所にとらわれないのは重要だという考えもあったので、会社の目指すところには共感しました。
それからオフィス見学をさせてもらえたのが良かったです。社内の雰囲気がわかりました。当時は渋谷・神南のオフィスでしたが(2016年6月現在、オフィスは恵比寿ガーデンプレイス内)、ゲームの筐体とか色んなものが置いてあって大学の研究室のような自由な空気があって良かった。

ただ自分のスキルセットからするとクラウドワークスは高嶺の花のイメージだったのですが、Forkwell のエージェントの方に背中を押してもらったのもあって「えいや」で応募してみたところトントンと話が進み、結果的に採用が決まりました。Web業界に転職するのであれば何か作って見せるものがなければ、と独学で Webサービスを作って、ソースコードも公開して、URL を職務経歴書に貼り付けたりしたのが良かったのかもしれません。特に急ぎの転職ではなかったですし、インフラエンジニアからのキャリアチェンジだったので時間をかけて準備しました。

小屋:
あ、森田さん初めからインフラやりたい、と入社したのではなかったのですね。

森田:
インフラを担当しつつ、サーバーサイドやフロントも学びたいと思っていました。得意なところから守備範囲を広げて、徐々に全体を担当できるようになっていく作戦です(笑)。最近は Rails のバージョンアップも担当していますし、徐々にレイヤーが上がってきてると自分では思っています。

小屋:
たしかに(深くうなずく)。

今後はどのようなキャリアを積んでいきたいと考えていらっしゃいますか?

小屋:
うーん、正直悩んでいます。クラウドワークスに入るまでは技術を磨いていこうと考えていましたが、今チームリーダーを任せてもらって、チーム作りの難しさを感じながらも何か掴んできたというか…やり方が見えてきています。まだ揺れてはいますが、マネジメント面でバリューを発揮して自分のキャリアを積んでいけそうだと思い始めました。
技術面ではサーバーサイドだけでなくインフラも勉強したりと、森田さんのように得意範囲を広げていきたいですね。

森田:
インフラ周りからサーバーサイド・フロント含め上から下まで一通りわかるようになりたいです。
それから社内にインフラに長けたメンバーが少ないので、どう増やしていこうかという課題に取り組みます。インフラのコード化もその一環で、最終的にコードになってれば誰でも手を入れられるし、障害対応もメンバー固定化せず皆でできる。ちょっとずつ布教活動していくつもりです。

転職を考えていらっしゃる読者の方へメッセージをお願いします。

小屋:
働く場所を変えるとか、「変わる」ことって大変なので、自分が何を大事にしたいか/今後どんなキャリアを積みたいかを考えて、腹落ちしてから転職活動をした方が良いと思います。私も入社してから苦労した時期がありましたが、納得してここでやりたいと決めて入社したからこそ、今になって光が見えてきたと思います。

森田:
アウトプットを見える形にするのは何より大事です。「こんなこと勉強してます」じゃなくて「勉強してこういうもの作りました、ソースコードは GitHub に置いておきました」というのがあれば良いかなと。OSS活動をしたりブログを書いたり Qiita に投稿したり、インターネット上で成果物を見せるのは大事だと思います。
私自身まだまだ途上ですが、エンジニアとしての市場価値を高めていくためにはアウトプットを続けていかなければいけないのだろうな、と考えていて、Web系で活躍したい人にはぜひそういったアウトプットをオススメしたいです。

小屋さん森田さん、そして野村さん、本日はありがとうございました!

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載