技術に強いエンジニアが参加する「Forkwell Meetup」にて、”即戦力” をスピード採用できました!

29826f16acf2902fd19d6176d34a697a

リンカーズ株式会社は、日本全国のメーカーと大企業をつなぐビジネスマッチングサービス「Linkers 」を運営しており、ものづくり業界における専門技術の活用促進を支援する企業です。

同社は、2016年10月に開催した Forkwell の大規模イベント「Forkwell Meetup - この先生きのこるエンジニアとは 」にスポンサー企業として出展し、翌11月に Railsエンジニアの採用に成功。
当日のイベント出展に携わった同社エンジニアの山下さん(写真右)、イベント参加からリンカーズ入社に至った川口さん(写真左)にインタビューを行い、出展時のお話やイベント採用のメリットをおうかがいしました。

(以下、敬称略)


このたびは採用 & ご転職おめでとうございます!

早速ですが、御社が Forkwell Meetup へスポンサー企業として参加されたきっかけを教えていただけますか?

山下
参加した理由は、新規事業拡大にともない開発リソースを確保する必要があったためです。コーディング能力に長けた方を採用したかったということもあり、イベントに参加するほどモチベーションの高い方ならばきっと力になってもらえる、という狙いでした。

以前、求人サイトの Forkwell Jobs 経由でも Railsエンジニアを1名採用しているのですが、そもそも Forkwell を使うきっかけになったのは弊社顧問のまつもとゆきひろ氏の提案でした。なので今回のイベントに際しても、社長からトップダウンで「出展したらどう」というお達しがあり、参加させていただきました。

       

イベントでは、御社のターゲットとなるエンジニアの方は多かったでしょうか?

山下
当初は「え、今日求人イベントなの?」という言葉も周りから聞こえ、採用活動をする我々と参加されていたエンジニアとの間に温度差を感じていたのですが……

それでも「一杯いただいて良いですか?」とブースにいらっしゃる方と、日本酒に始まり色々な話に花が咲きました。技術の話を聴きに来た方が集まっていましたし、飲みながら話していて、どの方も優れた技術力を持っている・ハートが熱いという印象を持ちました。そこから「1人でも採用できれば大きな価値になる」という思いが湧きましたね。

結果として採用に至った川口さんは、高い技術力に加え PM 経験をお持ちの方ですし、手ごたえは充分でした。

参加者さん側のご意見もおうかがいします。川口さんはどういった経緯でイベントに参加されたのでしょうか?

川口
おそらく Facebook 広告でイベントの宣伝を見て、参加しました。お酒も軽食も出るし、Amazon ギフトチケットももらえるし(※ イベント限定の Forkwell Scout 登録キャンペーンにて)、良いことづくしだ! と。そのとき転職活動中で、とある企業から内定が出ている状況でもあったので、気軽な気持ちで参加しました。

イベント出展する企業さんには勢いがあると感じられるので、そういう場で情報収集をしたいというのが一番大きかったですね。

当日、リンカーズ社のブースではどんなお話をされましたか?

川口
まずリンカーズという会社・事業に関する説明をしてもらい、その後実際にどのような開発に携わることができるのかという話をしました。具体的には、今後 AI を採り入れた開発に取り組めるか、など詳しくうかがいました。

これまでの企業との出会いでは、「あなたは何ができますか?」「うちではどんな仕事でもできますよ」といった、「とにかくエンジニアが必要!」というスタンスのもと話を進められることも多かったのですが、リンカーズは「こういうポジションの、こういう仕事があります」「こんなことができる人を必要としています」と会社の明確な情報をくださったので、自身が働く姿をイメージすることができました。イメージできるからこそ、自己PR もしやすかったです。
後日会社に訪問した際も面談で話がちゃんと噛みあいましたし、「この会社良いな」と思いました。

結果、入社に至ったのですね。素晴らしいです。

川口
僕、リンカーズに入社して本当に良かったと思っているんですよ。AI 関連を含め新しい技術を触ることができますし、エンジニア・非エンジニア問わず優秀な方がたくさん揃っている環境なので。一緒に働いているメンバーも、優秀なことに加え穏やかで接しやすい人が多いです。

お互いの意見を受け止めてきちんとコミュニケーションを取ることができますし、非常に仕事のしやすい職場です。こういった会社に出会えたのも、イベントに参加したおかげだなと思っています。

Forkwell としても、ご支援できて本当に嬉しく感じています。

御社は Webサイト経由・イベント経由での採用に成功されていますね。Webサイト経由と比較して、イベントでの採用活動にはどのような利点がありましたか?

山下
これまでの Web経由での呼びかけとはまったく違い、イベントではファーストコンタクトから相手を目の前にして口説いていくようなやり取りが中心でした。採用の話に限らず、会社の紹介や技術の話をエンジニアの方々と直接カジュアルにできたことも、プラスになったと考えています。

またお話しした中には、同じエンジニアとして「採用そのもの」についてアドバイスをくださる方も多くいらっしゃいました。イベントを通した採用活動は初めてでしたが、会場にいるだけで会社の効果的な売り込み方を学ぶことができたという実感があります。

結果として2名の方が会社に訪問してくださって、その内の1名である川口さんを採用することができました。イベント参加には丸1日を費やしますが、Web経由の応募で発生するミスマッチの数やその対応にかかるであろう累積時間と比較すると、イベントの方が時間を有効に使えるかもしれません。

今回は川口さんがまさに転職活動中だったこともあり、イベントで出会ってから2週間後には内定を出し、1ヶ月後には現場で一緒に仕事をしているというスピード感でした。この点も「ネットワーキング型イベント」のメリットだと思います。

もし今後 Forkwell Meetup が開催されるなら、また参加してみたいと思われますか?

山下
ぜひやりたいですね! 今回のイベントでは即戦力の川口さんを採用できたので、「次はいつかな?」と心待ちにしています。コンバージョンが取れる間はずっと続けていきたいなと。

出展企業としてもコストをかけておりますので、採用に至らなくても「次も出展したい」と意欲的になれるようなイベントの企画力は重要だと思いますし、その点で Forkwell Meetup には期待しています。
即戦力の人材を採用したい ITベンチャー企業さんに向けて、ぜひ出展してみてはいかがでしょうか、とオススメしたいですね。

今後も満足いただけるイベント開催に向けて尽力していきます。どうぞよろしくお願いいたします!


あわせて読みたい

採用スポンサー企業を募集しています!

エンジニアと接点を持ちたい企業の皆さま、Forkwell Meetup にスポンサー企業として出展してみませんか? イベント内ブースの出展ほか、LT 登壇の機会もご用意しております。まずは Forkwell にご相談ください!

お問い合わせはこちらまでお願いいたします

転職に興味のある方

Web系・スタートアップへのエンジニアの転職を支援 Forkwell agent

人事ご担当者の方

求人を掲載