Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

Ruby × 成長期のサービス 愛されるサービスを育てたいエンジニア募集

担当するプロダクトは?

ソーシャルPLUS

LINEやFacebook,Twitterなどのアカウント情報を活用し、簡単に会員登録やログインが可能になるソーシャルログインサービスを国内で初めて開発・提供しています。
サイトのユーザビリティを高め、ユーザー数の増加やコンバージョン率の向上に貢献し、数多くの企業に使われています。
また、2017年5月にID連携を軸としてOne to Oneマーケティングの実現を目指す「Next ID Alliance」を開始しました。顧客データベースやコミュニケーションプラットフォームを保有している企業20社とパートナーシップを組み、IDベースのマーケティングエコシステムの構築を目指しています。

お任せしたい仕事内容

ソーシャルPLUS のバックエンド開発を担っていただきます。
既存システムの改善や LINE 対応の強化、グローバル化対応など、チームメンバーと協力して主体的に携わっていただきたいと考えています。
職域の限定はしませんので、バックエンドを中心にフロントエンドやインフラにも関わることが可能です。

【主な業務(一例)】
・API 設計・開発・運用
・プロダクトに使用する技術/アーキテクチャの選定
・LINE, Facebook, Yahoo! JAPAN などログインプロバイダの情報キャッチアップ
・保守・拡張性を担保するようなコーディング・設計
・開発メンバーのコードレビュー
・スクラムに基づいた開発の計画・見積もり

配属チームの環境

  • アジャイル型開発で主にスクラムを用いています
  • アプリケーションデプロイは Slack の bot に実行させるなど、出来る限り人的ミスを排除する工夫や自動化などを行っています
  • エンジニアからの提案で、オンラインでのカンバン運用のために大型 4K ディスプレイを導入しました
    • エンジニアとセールスメンバーの情報共有や、システムのモニタリングに使用しています
  • 若手エンジニアの提案がきっかけで、チームのバックエンド全員で TypeScript 勉強会を開催しています
    • AWS Lambda における実装は TypeScript で開発しており、チームで知識やノウハウを共有しあうことで「属人化させず、継続的なメンテナンスが可能な開発」に取り組んでいます

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている
  • 特定の人だけしかできない業務が存在しない(属人性をなくす取り組みをしている)

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • フリードリンクが提供されている

技術カルチャー

  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

プロジェクト管理

情報共有ツール

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 83%
  • 女性 17%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

今回の募集背景

LINE ログインの実装により成長が加速している、 ソーシャルPLUS のバックエンドエンジニアを募集します。
ソーシャルPLUS は、エンドユーザーの会員登録や再ログインが簡単になる LINE やFacebook、Yahoo! JAPAN などのソーシャルログインを一括で実装できる BtoB の ASP サービスです。
特に2016年からは、LINE ログインにおける 1対1トーク をはじめとしたメッセージ配信機能の開発に力を入れています。
リリースして 6 年が経ちましたが、おかげ様で毎月取引先企業も増えており、今まさに成長期を迎えているサービスです。
今後は LINE 対応の更なる強化やグローバル対応、システム自体の見直しを行いたいと考えているため、開発力を押し上げ、開発スピードを加速してくださるバックエンドエンジニアを募集します。

ソーシャルPLUS バックエンドエンジニアとして働く魅力

  • 今後長期の成長が見込めるサービスをスケールさせる経験が出来ます
  • ログインプラットフォームという、お客様のサービスの使い勝手を決める重要なシステムの開発をお任せします
  • プロダクトオーナーとの距離が近く、エンジニア側から積極的に開発の提案がしやすい環境です
  • エンジニアの月平均残業時間は10時間未満、プライベートでも学習時間を確保することが可能です
  • 各種勉強会は定時時間内に開催。業務中も学べる環境です

フィードフォースの環境・文化

  • 平均年齢は31歳。20代、30代が中心です
  • エンジニアの月平均残業時間は 10 時間未満、プライベートでも勉強出来る時間を確保しています
    • 長時間労働非推奨の環境を活かし、趣味の開発や学習をしているメンバーが多いです
  • 対面のコミュニケーションはもちろん、Slack , Qiita:Team を利用した情報共有も大事にしています
  • エンジニア/デザイナーの社内勉強会を毎週金曜日に実施しています
    • 最近の勉強会テーマ「 OpenID BizDay で聞いてきた金融 API と OAuth セキュリティの話」「RubyKaigi に行ってきた話」など
  • 積極的なインプットを歓迎。社内勉強会だけでなく社外勉強会への参加を推進しています
    • 例えば RubyKaigi 2017 では RubyKaigi チケット代のほか、旅費補助も行っています
  • 積極的なアウトプットもバリューとして大切にしており、ブログ記事などの社内/社外に公開するものは業務時間を使って書いています
勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 フレックスタイム制度(コアタイム10:00〜16:00)
【休日休暇】 土日祝日・年末年始休暇・有給休暇(初年度14日)

社会保険・福利厚生など
  • 社会保険完備
  • 交通費全支給
  • 扶養手当
  • 家賃補助
    • 4駅以内に住むと、家賃補助が出る制度です。(2駅以内:2万円、4駅以内:1万円)
  • 健康増進手当
  • 英語学習支援制度
  • 自己学習支援制度
  • 書籍購入費、研修参加費など負担
  • チームランチ補助制度

会社データ

株式会社フィードフォース
株式会社フィードフォース

feedforce Inc.

メンバー

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル5F


この企業の他の求人