ソフトバンクとの共同開発事業も展開する FiNC が、個人生体情報を活用したヘルスケアサービスをRubyで開発するメンバー募集!

担当するプロダクトは?

生活習慣の改善をサポートするヘルスケアサービス「FiNC App」をご担当いただきます。

FiNC App

FiNC App は、遺伝子・血液情報・ライフログなどの生体情報を用いて、各ユーザーにヘルスケアコンテンツをレコメンドするパーソナルコーチアプリです。

日々の食事や体重、運動の進捗を投稿して共有、ユーザー同士で繋がることで、1人ではなかなか続かないダイエットや生活習慣改善を促進します。

栄養面やメンタル面、運動に関するサポートを、現役医師・薬剤師・栄養士など幅広い専門家から受けることができるサービス「FiNC ダイエット家庭教師 」と連携。スマートフォンを通して、いつでもどこでもプロによる指導を受けることができます。また、使うごとにレコメンド内容がユーザーにフィットしたものとなっていくため、改善に向けたアプローチをより効率的に行うことが可能です。

FiNC App では、サプリメントやダイエット食品などを取り扱う EC「FiNC STORE」も展開。生体情報分析からパーソナルコマースにつなげる形の収益モデルを構築しています。

FiNC は2015年10月、ヘルスケアサービス「パーソナルカラダサポート」をソフトバンクと共同開発することを発表。IBM の人工知能「IBM Watson 」を活用し、パーソナルデータに基づいた質の高いヘルスケアサービスの提供を行っていく予定。

今後はヘルスケアプラットフォーム(SNS)としての展開を目指しており、2016年初旬のサービスインに向けて企画・開発を進めています。

具体的な業務内容は?

FiNC App」のサーバーサイド開発や APIサーバー構築、各種機能の開発に携わっていただきます。

FiNC ではサービスの多角化にともない、マイクロサービス設計によるプロダクト開発を行っています。

FiNC AppFiNC ダイエット家庭教師 )では、Webクライアントをユーザー側/管理側でそれぞれ別アプリケーションに分割。 また、ユーザーが投稿した食事の内容をもとに専門家が指導を行う部分においては、専門家側のシステムも別アプリケーションとして作り、連携を行っています。

今後は、遺伝子、生体情報からこなすべきタスクと食事をレコメンドするサービス、ウェアラブル端末とアプリを利用してライフログの収集を行うサービス、人工知能を利用したサービスなどに着手していただくことも予定しています。

【参考リンク】

現場で使われている技術は?

サーバーサイドは Ruby (2.2系) と Rails (4.2系) による構成。APIサーバーの大部分も Rails で開発していますが、演算処理を行うアプリケーションのみ一部 Go を使用しています。

RSpec、Capybara、Poltergeist を組み合わせて、単体テストから受け入れテストまでを行っており、CircleCI を導入して自動化環境を構築しています。

フロントエンドは CoffeeScript で記述しており、フレームワークに React.js を採用しています。

データベースは MySQL(Amazon RDS)を使用。データ収集・解析に Fluentd、Amazon Redshift を使っています。インフラは AWS で、Ansible + Docker による構成管理を実施。モニター監視に Zabbix を導入しています。

チーム開発は GitHub 上で行っており、チャットツールに Slack + Hubot を使用。技術情報の共有に関しては Qiita を使い、オープンに共有を行っています。

採用されたら使う技術

その他、現場で使われている技術

その他

技術面でアピールできることは?

  • DeNA を経て起業を経験したエンジニアや、KLab でマネジメント経験もあるエンジニアが在籍。メンバーの豊富な開発経験のもと、チーム開発力の底上げを図っています。
  • 技術に関する情報は Qiita 上でオープンに共有。各メンバーによる先端技術のキャッチアップ力は高いものと自負しています。
  • フロントエンドに React.js、インフラに Docker を導入するなど、新しい技術をどんどん試しながら採り入れる環境です。
  • アジャイル開発手法のひとつであるスクラムを採用。PDCAサイクルを高速に回しています。
  • 2015年5月、UBIC とサムライインキュベート主催の「人工知能ハッカソン 」にて、エンジニアメンバー2名が最優秀賞・松尾賞をダブル受賞しました!

【参考リンク】

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

ディレクターの提案にもとづき、ディレクターとエンジニア間で話し合いを行い、次のストーリーを作成、エンジニアとデザイナーで見積もりを行います。イテレーションが開始されると各担当者が機能を実装し、その後に Pull Request、皆でレビューしてマージ、順次デプロイしていくという手順です。

タスクの見積もり、スケジュール管理

見積もりは、各エンジニアとスクラムマスターによって行われます。スケジュール管理は、スクラムを統括するプロジェクトマスターが行っており、朝会で日々進捗を共有しています。

開発フロー、デプロイフロー

一般的なスクラム開発プロセスにのっとり、2週間単位のイテレーションで開発を行っています。イテレーションの最後に KPT形式でふりかえりを行った後、次イテレーションのストーリー見積もりを行います。

コードレビュー

GitHub の Pull Request ベースでレビューを行っています。

ソフトウェアテスト

RSpec による単体テストを中心に実施。CircleCI によるテスト自動化、自動デプロイを行っています。

チームの構成は?

メンバー構成

2015年10月現在、開発部のメンバーは常駐スタッフが15名。チームは4チームで、以下の構成となります。

  • ディレクター 3名
  • 技術顧問 2名(ほぼリモート)
  • Webエンジニア 5名(内、1名は業務委託)
  • iOSエンジニア 2名
  • Androidエンジニア 2名
  • デザイナー 3名

今回、当ポジションにおける採用人数は3〜5名を予定しています。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 可読性の高いコードを書ける方。
  • 自動テストをしっかりと書ける方。
  • コードレビューに抵抗がない方。
  • Git を使いこなせる方。
  • アジャイル開発に積極的に取り組める方。
  • エンジニアのマネジメントもできる方。
  • ビジネスモデルを理解した上で、設計・開発を行うことができる方。

提示年収の上限額
900 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

FiNC では、ユーザーの生体情報・ライフログデータをもとに複合的な分析を行い、各ユーザーに向けて健康のための情報提供を実施。現役医師や薬剤師、管理栄養士、トレーナーとエンジニアらが一体となり、Web やスマートデバイスなどのテクノロジーを使って、ユーザーにパーソナルな情報をお届けすることに取り組んでいます

医療費の高騰、少子高齢化、人口減少、経済の縮小… これらは日本だけではなく、世界中で発生している深刻な課題です。
どの国も明確な解決策を示すことができていない中、日本発の当社が最初に解決策を打ち出すことができれば、FiNC は「次なるトヨタ」となり、日本の健康を世界に広げていくことが可能になると考えています。

だからこそ私たちは、「FiNC の日々の歩みが日本の20年を決める」と本気で考えており、世界を代表するウェルネスカンパニーを目指しています。

「一生に一度のかけがえのない人生の成功をサポートする」というビジョンのもと、少数精鋭チームに加わり成長期をいっしょに支えてくれる方、世界に挑戦することに興味を持たれた方を、メンバー一同、心よりお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00
【休日休暇】日曜、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費一部支給
  • 社会保険完備
  • 部門懇親会費支給制度(毎月1回)
  • 里帰り支援制度
  • 社内改善提案制度

会社データ

株式会社FiNC
株式会社FiNC

Finc Inc.

メンバー
Nobody
南野 充則
Nobody
長田 直記
Nobody
小川 麻里奈
Nobody
125626497808892

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都千代田区有楽町1-12-1 有楽町ビル5階


事業内容

株式会社FiNC(フィンク)は、ヘルスケアの「予防」領域におけるサービスを展開する企業。プロによる生活習慣指導、遺伝子検査などを用いた、複数のヘルスケアサービスの企画・開発・運営を行っています。

CEO の溝口勇児は、学生時代から様々な仕事を経験。高校3年次にフィットネスクラブのトレーナーを務め、これこそが天職と確信を得ました。プロアスリートの体づくりに携わり、トレーナーを育成する指導者、さらにはクラブの支配人として経験を積みました。24歳で業績不振に陥った老舗スポーツクラブの経営を任せられ、経営改善が難しいと言われる中、見事業績回復に成功。これを機に経営コンサル依頼も舞い込むようになりました。

キャリアアップしながら日々研鑽を積み、ダイエットや体質改善に欠かせないのは生活習慣を見直すことだと実感し、人々の生活習慣ごと管理できるサービスがあればと考えました。また、2007年頃に登場・注目された遺伝子検査サービスにおいて、同じトレーニングメニューを組んでいる人々であっても検査の結果が異なることに着目。生活習慣の管理と遺伝子検査を組み合わせたヘルスケアサービスのビジネスを発案した溝口は起業を決意、経営塾に通い準備を進めました。

2012年4月に株式会社FiNC を設立。当初は経営コンサル業で稼いだお金を人件費や開発費に充て、DNAや血液・生活習慣などを調査する遺伝子検査サービスを提供しましたが、検査だけではユーザーに情報を与える以上のサポートを提供できないとして、事業方針を変更。オンラインでトレーナーや管理栄養士の指導が受けられる、ダイエットプログラムサービスを考案しました。

そして2014年3月、遺伝子検査の結果をもとにダイエットサポートが受けられる Webプログラム「REPUL(現・FiNC ダイエット家庭教師 )」をリリースしました。

ユーザーが Webサイト上に毎日の食事の画像と体重をアップロードすることで、栄養士など専門家の指導を受けることができるサービス。遺伝子検査の結果に応じて組み合わせたサプリメントを取り扱う EC も併せて展開し、着実に利用者数を伸ばしました。

栄養士やトレーナーなど講師となる人々を集めることを目的に、専門職を対象としたクラウドソーシングサービスを開始、2014年5月に「FiNC オンラインワークス 」をリリースし、専門家のネットワーク構築をスタート。

さらに、健康やフィットネスにまつわる業界人向けキュレーションアプリ「WellnessPost 」を2015年1月にリリース。ABCクッキングスタジオと共同で、料理を学びながら取り組めるダイエットプログラム「ABC GROUP DIET supported by FiNC」の提供を開始するなど、健康についての課題を解決する様々なソリューションを生み出しました。

2015年10月現在、「FiNC ダイエット家庭教師 」を通して遺伝子検査を行ったユーザーは約10万人。従業員の健康増進をサポートする法人向けサービスも展開しており、数多くのユーザーの健康増進をサポートすることに成功しています。

大型の資金調達は過去に2度行っており、2014年9月に伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、グリーベンチャーズ他から数億円を調達。2015年9月、みずほ銀行や日本政策金融公庫など金融機関からの借入を含め、総額6.5億円の資金調達を実施しています。

経営陣には、元LINE代表の森川氏や、元クックパッド最高財務責任者の成松淳氏などの人々を経営陣に巻き込み、アジアを中心とした海外展開も視野に入れています。

今後は、クローズドな有料アプリを無料サービスとして開放し、プラットフォーム化を進める予定。ソフトバンクと日本IBM が共同開発した人工知能 IBM Watson を採り入れたヘルスケアプラットフォーム「FiNC SNS(仮称)」として、2016年初旬のサービスインを目指して企画・開発中です。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • FiNCアワード:全社員からの投票により、活躍した方を月1で表彰する制度です。
  • FiNC大学:社内/社外の方を講師として招き、様々な研修を実施しています。
  • 里帰り支援制度:誕生月に、帰省のための交通費&家族との懇親費用補助を行っています。
  • 社内改善提案制度:導入されたアイデアには表彰金が出ます!
  • バリューランチ:社員同士がバリュー共有を行いやすいよう、補助付きランチ制度を設けています。
  • OFFICE DE YASAI 導入:オフィスで手軽に野菜が食べられます。

この企業の他の求人