Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

大手チェーンも続々導入、電子スタンプ技術活用のギフトサービス「eGift System」をRailsで開発するメンバー募集!

担当するプロダクトは?

法人向けギフト販売システム「eGift System 」をご担当いただきます。

eGift System は、法人が自社ブランドでギフトサービスを展開できる SaaS型システム。
ネット上でのギフト購入や店舗でギフトを受け取る際の認証といった機能を自社で開発しており、オンラインギフトサービス提供に必要なものを包括しています。

店舗への導入にあたっては電子スタンプを設置するのみで、POSレジ改修や通信環境整備、電池交換などの手間は一切不要。Webブラウザ上で表示された電子チケットにスタンプを押すだけで認証できる手軽さにより、アフターヌーンティー、スープストックトーキョー、上島珈琲店といった大手チェーンへの導入を果たしています。

また、ギフティでは個人向けのソーシャルギフトサービス「giftee 」も運営しており、全国2万8,600店舗と提携、会員50万人に利用される国内最大級の規模へと拡大中。
eGift System 導入の各店で販売されるギフトは giftee 上で取り扱っている他、独自APIを通して LINEギフトなどの外部チャネルでも購入できる仕組みとなっています。

具体的な業務内容は?

eGift System 」の Webアプリケーション開発、店舗への導入に際した仕組み構築に携わっていただきます。

チーム内では各ポジションのメンバーが意見を出し合ってサービスを作り上げる体制をとっており、上流から下流まで全工程をご担当いただくこととなります。
顧客店舗への導入においては、チケットの様式やオペレーションの決定、販売サイトの構築、外部の販売チャネルとの連携など、エンジニア自ら企業と連携して要望を受け取りながらシステム開発を進めます。

現場で使われている技術は?

Ruby と Rails で開発を行っています。

データベースは MySQL(Amazon RDS)を使用。ログ収集、解析の用途に Treasure Data(Fluentd)を使っています。またインフラは AWS を使っており、構成管理に Chef を導入。

チーム開発は GitHub 上で行い、プロジェクト管理に Backlog、情報共有に esa、チャットツールに Slack を使っています。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

技術面でアピールできることは?

  • モバイル対応のための API を内製。外部のソーシャルギフトサービスや大手企業十数社と連携して、Webとリアルをつなぐマルチプラットフォームを独自構築しています。
  • 個人の裁量が大きく、便利なライブラリなど新しい技術やツールの導入に関しては積極的にご提案いただけます。
  • 代表・太田はエンジニア出身ということもあり、技術者や技術に対する理解が深いです。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

サービス本体の開発においては、全チームメンバーからの提案をディレクターが取捨選択して開発内容を決定。エンジニアやデザイナーと話し合いながら、ディレクターが具体的な仕様の資料化まで行います。
顧客企業の初期システム導入に際してはどんな機能を付けたいのかといった要望を汲み取り、また既存システムの運用・カスタマイズにおいては機能の良し悪しをうかがったりキャンペーン実施に対応したりと、エンジニアも直接やり取りを行いながら機能開発・改修を行っていきます。

タスクの見積もり、スケジュール管理

見積もりは各タスクの担当開発者が実施。スケジュール管理はディレクターによって Backlog 上で行われています。

開発フロー

状況に応じて調整していますが、およそ1週間程度のイテレーションで開発を行っています。ふりかえりは数値実績を中心に KPT形式で実施します。

コードレビュー

GitHub の Pull Request でコメントをもらい、レビューを行っています。

ソフトウェアテスト

テストの完全自動化には至っておらず、手作業でテストしている部分がまだあります。CIツールの導入を喫緊の課題としています。

チームの構成は?

メンバー構成

eGift System 担当チームは下記の構成です。

  • プロダクトマネージャー 1名
  • ディレクター 1名
  • Webエンジニア 2名
  • デザイナー 1名

チームの性別比率

  • 男性 60%
  • 女性 40%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • コミュニケーション能力が高く、チームをリードできるマネジメントスキル・経験をお持ちの方。

提示年収の上限額
750 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ギフティは「オンラインの場において、温かみのある行動を伴ったコミュニケーションを実現したい」という想いを発端にスタートした会社です。

今や多数のユーザーと加盟企業を集める「giftee 」「eGift System 」の2サービスをベースとして、私たちがおじいちゃんおばあちゃんになっても、また私たちの子どもや孫の世代の人々も、誰もが大切な人に向けて気軽にギフトを送り感謝の気持ちを伝えることができる、そんな「新しいギフトの文化をつくる」ことを目指しています。

当社では急成長中のスタートアップでご自身の実力を試したいという方、さらなるレベルアップを目指したいという方をお待ちしております。まずはオフィスにお越しいただき、雰囲気を感じてもらいながらお話しさせてください。エントリーお待ちしております!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:30〜18:30
【休日休暇】年間休日数127日:土日祝日、夏期休暇(5日間)、年末年始(5日間)、有給休暇 その他

社会保険・福利厚生など
  • 関東ITソフトウェア健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険完備
  • 通勤交通費全額支給
  • 入社時に PC(Mac / Windows)およびディスプレイ支給
  • 残業手当支給(みなし残業超過分は全額支給)
  • 技術書購入費用を全額支給
  • 勉強会への参加奨励(参加費一部補助)
  • ストックオプション制度(成果に応じて随時付与)

会社データ

株式会社ギフティ
株式会社ギフティ

Giftee, Inc.

メンバー
Nobody
太田 睦
88946d7ef29220acf3a44abee1d46591
i7a16k
Nobody
withdrawn user
D5fe5cbcc31cff5f8ac010db72eb000c
10207471697691961
Nobody
kitanokawauso
Nobody
utsunomiya

エンジニアの割合
57%

勤務地

東京都品川区東五反田5−10−25 齊征池田山ビル5F


事業内容

株式会社ギフティは、ソーシャルギフトサービス「giftee 」、法人向けギフト販売システム「eGift System 」の企画・開発・運営を行っています。

CEO の太田睦は、慶應大学総合政策学部出身。新卒で経営コンサルティングファームのアクセンチュアに入社、SE として官公庁プロジェクトのシステム開発に従事していました。プライベートで大学時代の友達と SNS 上で連絡を取り合う際、オンライン上でももっとお互いの気持ちを伝えられるようなコミュニケーションができたら…と考えるように。その想いを発端に、アクセンチュアの同僚4人と協力してソーシャルギフトが手軽に贈れるサービス「giftee 」の企画・開発をスタートしました。

2010年、デジタルガレージ主催のインキュベーションプログラム「Open Network Lab」に1期生として参加、太田らが行ったプレゼンが最優秀企画として採択されました。高い評価を受けたことを機に、太田は会社を立ち上げ giftee事業への注力を決断。2010年8月に株式会社ギフティを創業しました。

メッセージカードを添えたギフトを SNS やメールで贈ることができるサービス giftee を2011年3月にリリース。アクセンチュア現職社員による起業ということが注目を集めただけでなく、ソーシャルマーケティングを検討する企業やエンドユーザー層の間で、giftee は話題となりました。
加盟店舗とユーザーは徐々に増加し、サービス開始1年後には約7,000ユーザー・100店舗の加盟店を集めるまでに。この頃太田はアクセンチュアを退職し、giftee事業に専念していました。

2014年1月には、企業が自社ブランドでギフトサービスを展開できる SaaS型システム「eGift System 」を提供開始。同年7月からは KDDI との共同開発を行い、店舗向け専用アプリを組み込んだスマートフォン/タブレットや他アプリとの連携機能の提供も実施。各企業の POS(販売時点情報管理)システムの改修をすることなく、簡単に導入できるサービスを作り上げました。

2016年3月時点で giftee の会員数は50万近くとなり、国内最大のカジュアルギフトサービスへと成長、全国2万8,600店舗以上の商品を取り扱うまでに。さらに法人向けの eGift System は、大手のコンビニエンスストア、コーヒーショップ、リラクゼーション施設など11社にシステムを提供、その他多くの企業にも導入を検討していただいています。

日本における eGift の市場規模は、2020年度には1,100億円まで伸びるという試算が出ています。今後、市場が拡大していく中にあって、ギフティの2サービスもさらなる成長を見込んでいます。
ギフティは、日頃の気持ちを伝える手段として気軽にギフトを贈りあう習慣や文化を創出することを目指し、より多くの方にご利用いただけるギフトサービスの提供とその充実を図ってまいります。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • 技術書の購入費用を全額支給。勉強会への参加費も一部支給しており、スキルアップのための活動を会社が後押ししています。
  • 入社時、PC(Mac / Windows)およびディスプレイを支給しています。
  • 月1で社内パーティーを開催。各々の友達やギフティに興味がある方を連れて来ても良いとしており、ワイワイと交流を深めています。

この企業の他の求人