データとアルゴリズムで世界を変える!データ分析エンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

各メンバーごとに専門はありますが、チームメンバーとコミュニケーションを取りながら、基本的に「分析」「開発」の全てを行います。

【KPI設計、可視化】
サービスが成長する上で必要になるKPIが何なのかを考え、メンバーが常時モニタリング可能にします。
ログの設計、集計と可視化、チームメンバーへの共有などを行います。

【分析】
サービス改善のためのユーザ行動分析や、数値が異常な動きをした時の原因調査など、探索的な分析を行います。
施策考案、実施
サービスの課題を解決するために必要な施策を考え、チームで実施していきます。
優先度決めに必要な効果の見込みの算出、ABテストの実施、効果検証を行います。

■スキル・経験 ※1つ以上必須、2つ以上推奨の項目
【データ分析のスペシャリスト 】
・データ分析を用いたサービス開発、改善経験
・0からのサービス立ち上げ経験

【機械学習・自然言語処理のスペシャリスト】
・修士レベル以上の人工知能技術(機械学習、自然言語処理、データマイニング)の知識
・人工知能技術の実サービス応用経験

【Pythonのスペシャリスト】
・Pythonを利用した大規模なサービス開発経験

【必須項目】
・チーム開発経験
・プロダクションコードの開発経験
・SQLの読み書き

【推奨項目】
・AWSを用いた開発経験
・データ分析基盤 (BigQuery、Redshift、Athena、Hadoopなど) の使用経験
・Webフレームワーク (Django、Ruby on Railsなど) を用いた開発経験
・英語によるコミュニケーション能力

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしていない
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している
  • 開発メンバーの新卒採用を実施している
  • 開発部門に学生インターンを受け入れている

技術カルチャー

  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • 経営トップがエンジニア出身、または現役のエンジニアである
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他

その他、現場で使われている技術

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 100%
  • 女性 0%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

【やっていることとやっている理由】
Gunosyの企業理念は「情報を世界中の人に最適に届け、人々の生活を豊かにする」ことです。
スマホの普及により、多くの人がインターネットに触れ、コンテンツは溢れかえり、良質なコンテンツを必要な人に届けることは難しくなりました。
Gunosyは、データとアルゴリズムを活用して、「良質なコンテンツの評価」「コンテンツとユーザのマッチング」を行うことによって、この課題を解決しようとしています。
現時点では、スマホの領域で情報の入口になるサービスを目指し、「グノシー」「ニュースパス」「バザリー」「ビデレー」「Gunosy Ads」「Gunosy Network Ads」など複数のサービスを開発、運営しています。

【募集をしている理由】
Gunosyはデータとアルゴリズムの会社であり、データ分析やアルゴリズム開発を強めることが、サービスの改善や会社の成長に直結します。
データ分析のチームを3年以上運営してきて、チームとしてスケール出来る状態になり、より深い課題と新サービスに取り組むためにメンバーを増やそうとしています。

【サービスのフェーズ】
核となる事業の「グノシー」「Gunosy Ads」「Gunosy Network Ads」は引き続き成長中で、より深い課題に挑戦できる状態です。
既存事業の改善の中で得られたデータとアルゴリズムに関する知見を活用した新サービスも、ニュース領域に限らず、継続的にリリースしています。

【会社とサービスの強み】
Gunosyは、データマイニング系の研究室に所属する学生3人により始まった会社であり、会社の根幹に「データとアルゴリズム」が根付いています。
そのため、データ分析部以外も含めた全チームメンバーが数値に基づいたコミュニケーションを行っています。
「長時間ではなく長期間働く」をモットーに残業が少なく、健康的な働き方が出来るようになっています。

【エンジニアリング周りでの強みや面白さ】
Gunosyのデータ分析部は、分析から施策やアルゴリズムの提案、実装までを行う国内最高峰のデータ分析組織です。
高速な仮説検証を可能にするログ基盤やABテスト基盤が整っていて、大量のデータがすぐに利用可能な状態で存在します。
学会への参加や、学生インターンとの共同プロジェクトなど、アカデミックな試みも可能です。

ご応募、お待ちしております!

勤務時間・休日休暇

勤務時間:9:30~18:30(休憩:1時間)
休日:土、日、祝日、年末年始
有給休暇:初年度10日付与
特別休暇:夏季休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇

社会保険・福利厚生など

賞与:年2回
昇給:年2回
手当:交通費支給(上限10万円)
社会保険:関東ITソフトウェア健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険
その他:慶弔見舞金制度、MVP表彰制度、ESOP


会社データ

株式会社Gunosy
株式会社Gunosy

Gunosy Inc.

メンバー
koujiyoshida0816
Coffee Yoshida
開発本部

エンジニアの割合
43%

勤務地

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー


この企業の他の求人