元ウノウのメンバーが創業、チケット売買を活性化するC2Cサービス「チケットキャンプ」運営会社が Pythonエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

日本最大級のチケットフリマサービス「チケットキャンプ 」をご担当いただきます。

チケットキャンプ

ライブやコンサート、ミュージカルやスポーツなど、様々なチケットの売り買いができるサービスです。
不要になってしまったチケットを売ったり、目当てのチケットを探したり、Webサイトやアプリ上において、ユーザー同士の安全なチケット売買を支援します。

公演日当日にもチケットの売買取引が可能で、定価以下のチケットは取引手数料が無料。公演データベースを整備しているため、チケットを売るのも探すのも簡単です。
さらに、競合と比較してモバイルWeb・モバイルアプリが使いやすいことが特徴。オークションではないため、言い値で即座にチケットを購入することができます。

買い手にチケットが届くまで支払われたチケット代金を事務局でお預かりする、安心のエスクロー決済を採用しており、取引相手にカード番号や口座情報を知らせる必要はありません。万が一、チケットが届かないなど、トラブル発生の際は、チケット代金を全額返金する対応を取っています。

2013年4月のリリースから、ユーザー数・取引数は順調に増加しており、2015年8月にはチケットC2C としては初となるテレビCM も放送。2015年11月現在では、日本最大級のチケット売買サービスへと成長、月間500万ユーザーに利用されています。
収益面においては、チケット売買の仲介手数料をいただくビジネスモデルを採用する他、Googleアドセンスによる広告収入も得ています。

今後は「チケットを売るなら・買うならチケットキャンプ」と世の中の誰もが知っているサービスに育てるべく、チーム開発力を高めていきます。

具体的な業務内容は?

チケットキャンプ 」Web版における既存機能の改善や、新機能の作成、モバイルアプリ向けのサーバーサイドAPI の開発に携わっていただきます。

開発は少数精鋭のエンジニアチームで、担当ディレクターと二人三脚の体制となります。そのため、機能開発においては担当エンジニアの意見や判断が反映されることも多いです。

フンザでは、2016年内に新規事業を興すことも計画中。技術選定を含む、0→1のプロジェクト立ち上げにジョインを希望される方はそちらに携わることも可能です。

現場で使われている技術は?

言語は Python、フレームワークは Django による構成です。Python unittest、Nose を使ったユニットテストを実施。テストの自動化環境は Jenkins / CircleCI を使い分けて構築しています。

フロントエンドは CoffeeScipt で記述。コードの構造化のため、フレームワークとして Backbone.js / Chaplin.js を採用しています。

データベースは MySQL(Amazon RDS)、キャッシュに Redis を使用。ログ収集・解析に Fluentd、Treasure Data を使用しています。
インフラは AWS を使用。また、構成管理に Chef、デプロイに Fabric、モニタリングに New Relic、Sensu を導入しています。

チーム開発は GitHub 上で行っており、プロジェクト管理に GitHub Issues を使用。チャットツールは、全社的には ChatWork を用いた情報共有を行っており、グループ企業とのやり取りやサーバー通知の用途においては Slack を使用しています。

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

  • 「常に安定してサービスを提供すること」を心がけており、ユニットテスト、コードレビューを重視しています。
  • Django などのフレームワークやライブラリは、常に最新版へアップデートしようと努力しています。実績として、Django1.4 でスタートした開発について、2015年11月現在は 1.7 を採用しており、近日中に 1.8 へのアップデートを予定しています。
  • リファクタリングのフェーズを含めて見積もりを行うことを推奨しています。
  • エンジニアの積極的な情報発信を推奨しています。会社の業績や機密情報に関わることでなければ、自分が業務で調査したことや実施したことについて、個人ブログからの発信も自由です。

【参考リンク】

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

ディレクターやカスタマーサポート、営業といった職種からの意見を、各チームのマネージャーが吸い上げ、吸い上げた内容を基に、実際に何を行うかのプランニングミーティングを週1回のペースで行います。
実施が決定したタスクに関してはディレクターが仕様化しますが、仕様完成の60%~80%くらいの段階で担当エンジニアが参加し、ディレクターといっしょに最後の詰めを行うことが多いです。

タスクの見積もり、スケジュール管理

タスクの見積もりは基本的に各担当エンジニアが実施。担当者が新メンバーの場合や、担当の機能を触ったことがない場合に限り、リードエンジニアが見積もりを実施します。全体のスケジュールは、毎朝の朝会で進捗状況を報告しています。

開発フロー、デプロイフロー

簡略化したスクラムのような開発フローです。イテレーションは基本的には1週間単位。毎朝デイリースクラムを行い、週の最後にはレトロスペクティブとプランニングを兼ねたミーティングを実施、次週のタスクを決定します。
デプロイは必要に応じて1日1回のペースで行います。デプロイフローは、GitHub へデプロイバージョンのタグを push → Jenkinsによるデプロイ前タスク(JSのminify, buildなど)→ ステージング環境で必要最小限の回帰テストを実行 → 本番環境へデプロイ、というフローです。デプロイ自体は Fabric で自動化してあり、デプロイ元サーバーでいくつかコマンドを実行するだけです。

コードレビュー

GitHub での Pull Request に対して、コメント機能を利用して指摘を行うなど、必要な議論を行っています。

ソフトウェアテスト

変更内容をカバーする単体テスト、機能テストの追加は常に要求されることとなります。自動テスト環境については、テストの実行時間がかかり過ぎるのがボトルネックとなっており、現在は機能しておらず、今後の課題となっています。

チームの構成は?

メンバー構成

  • ディレクター 3名
  • Webエンジニア 3名
  • iOSエンジニア 2名(内、1名は業務委託かつリモート勤務)
  • Androidエンジニア 2名(内、1名は業務委託)
  • デザイナー(必要に応じ外注)

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 要求仕様を理解するのが早い方。
  • 技術面・コード面での理想追求と、ビジネス上の要求を満たすことのバランスがとれている方。
  • テスト駆動開発が当たり前だと思っている方。
  • リードエンジニアとしてチームを牽引できる実力とリーダーシップを持ち合わせた方。

提示年収の上限額
1,200 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

Python や Django を使って開発を行う会社は日本でも増えてきましたが、チケットキャンプと同じくらいの勢いで成長している会社はなかなかありません。チケットキャンプ はまだまだ発展途上のサービスであるため、あなたのコードでもっと成長する可能性を秘めています。

何のしがらみもなくコードをバリバリ書きたい、最高の UI/UX を実現したい、受託やB2Bではなくコンシューマー向けのサービスに関わってみたい、将来起業したいのでスタートアップの雰囲気を感じてみたい! という方は、ぜひ一度当社オフィスにお越しいただき、お互いにお話ししてみませんか? エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】コアタイム 10:00〜15:00 のフレックスタイム制
【休日休暇】土日祝日、年次有給休暇(初年度10日)、慶弔休暇、夏季休暇、年末年始休暇、生理休暇、裁判員休暇、子の看護休暇、介護休暇、特別休暇

社会保険・福利厚生など
  • 社会保険完備(健保組合の提携機関にて優遇制度あり)
  • 交通費支給
  • ランチ代サポート
  • ドリンクバー完備
  • 懇親会補助
  • 住宅手当
  • ライブ・観劇制度
  • プリペイドカード購入補助
  • 予防接種

会社データ

株式会社フンザ
株式会社フンザ

Hunza, Inc.

メンバー
Nobody
木下 瑛裕
Da6d0583a9b59fcab711a3948c894175
fanglang
D5fe5cbcc31cff5f8ac010db72eb000c
hpool
Nobody
上岡 史奈

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F


事業内容

株式会社フンザは、国内最大級のオンラインチケット売買サービス「チケットキャンプ 」の提供を行う、ミクシィの100%子会社です。

代表の笹森良は、楽天などを経てソーシャルゲーム開発などを手掛けるウノウ(米Zynga に買収後、Zynga Japan)に入社し、企画職として従事。また、自身で複数の Webサービスを興した経験を持ち、エコ活動と絡めたブログパーツ配布サービス「グリムス 」を JASDAQ 上場企業のユビキタスエナジー(現・グリムス)へ、ネイル写真のオンライン共有サービス「nailap(ネイラップ) 」をリクルートへ、2009年と2012年にそれぞれ売却しました。

Zynga Japan の解散後、笹森は生活に関連するサービスを新たに立ち上げようと考え、ウノウ・Zynga Japan の開発者であった酒徳千尋(現・CTO)他メンバーを誘い、2013年3月に株式会社フンザを創業。世の中の文化そのものとなるような、多くの人々に使われるプロダクト創出を目標に掲げました。

創業メンバーの1人が、売り切れてしまった某アイドルのライブチケットを血眼で探していた出来事を発端に、行けなくなったライブのチケットを保有する人が、チケットを欲しい人に譲ることができれば双方に幸せが生まれると考案。そのやり取りを可能とするプラットフォームの実現にビジネスの可能性を見出した笹森は、チケットの個人間売買をオンライン上で仲介するサービスの企画・開発をスタートしました。

そして「チケットキャンプ 」を2013年4月にリリース。モバイルからのアクセスが過半数以上を占めたことから、2ヶ月後の2013年6月にスマートフォンへの対応を開始。また、興行の公演当日の取引も可能とするなど、ユーザーの利便性向上に尽力しました。

2013年12月にオークションサイト「オークファン 」、2014年9月に「楽天オークション 」と提携。チケットキャンプ の出品データを2サービスに掲載することで、他サービスからのユーザー流入を促しました。その狙いは当たり、2015年9月時点のチケットキャンプ の流通総額は約27億円に到達、前年比717%の成長を示しました。

成長実績と将来性を評価され、2015年3月にミクシィグループへの参画が決定。
サービスは成長を続け、2015年8月には人気ロックフェス「SUMMER SONIC 2015」東京公演の公式スポンサーとして協賛、同時期に、チケットC2Cとしては初となるテレビCMも放送。2015年11月現在、チケットキャンプ は日本最大級のチケット売買サービスへと成長しており、月間520万ユーザーに利用される規模となっています。

フンザは「世の中の文化となるウェブサービスを創る」をビジョンに、2016年内には新規プロダクトの開発も計画中。設立3年目でまだまだスタートアップフェーズにあるため、事業の可能性をでき得る限り引き出すことを目指して、全メンバーが総力を挙げてサービスを創り、育てていきます。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • 成長しているサービス開発に関われるというのが最大の魅力です。自分の手掛けた仕事がエンドユーザーに届いているという実感を得られます。
  • 業務用PCは自由に選択できます。キーボードの持ち込みもOK。ソフトウェアの申請も基本的には受け付けています。エンジニアは全員デュアルディスプレイを使用しており、ご希望次第でトリプルディスプレイも可能です。
  • ライブ・観劇制度を設けており、ライブや観劇が理由で早退しても定時まで業務を行ったとみなされます。
  • レッドブル飲み放題。他に希望するドリンクがあれば、何でも飲み放題です(アルコールを除く)。

この企業の他の求人