O2Oのパイオニア ipoca が、身近な買い物を楽しくするO2Oスマホアプリ「NEARLY」を開発する Androidエンジニアを募集!

9ヶ月前更新
年収
400  800

勤務地
東京


担当するプロダクトは?

身近なお店でのお買い物をもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得にするスマホアプリ「NEARY(ニアリ) 」の開発や設計を担当していただきます。

NEARY 」ではGPS情報に基づき、近隣の商業施設や店舗から好みに沿った写真ベースの直感的な商品情報がユーザーに送られます。チェックした商品を購入するとコインをGET、コインが貯まると景品と交換できたり、他にも連続ログインボーナスなどのゲーミフィケーション要素を盛り込み、ユーザーにリアル店舗での楽しい買い物体験を提供します。

また利用店舗にとっては、近くにいる潜在客にタイミング良く効率的な集客アプローチをすることができ、またユーザーの属性や行動ログの分析機能によって実際の店舗では可視化できていない傾向を把握し、マーケティングに活用することができます。

2014年4月初旬には新潟エリアのJR駅ビル商業施設やスキー場、商店街への導入や、千葉県柏エリアの商店街、Jリーグチームへの導入を皮切りに、東京、横浜、大阪、福岡など、全国での導入が順次進んでゆく予定となっており、業界でも非常に大きな注目を浴びているサービスです。

今後、ipoca では NEARLY事業の規模拡大に併せて日本全国の主要都市に営業拠点を設け、さらに積極的な拡販に取り組むつもりです。

具体的な業務内容は?

NEARY 」の Androidクライアントアプリの開発・運用を担当していただきます。

現場で使われている技術は?

Android用クライアントアプリは、Java によるスタンダードな開発です。

サーバーサイドについては、PHP と CodeIgniter を用いて実装されています。

採用されたら使う技術

言語

その他

技術面でアピールできることは?

  • 常に最新の技術に携わることができます。
  • 開発言語のフレームワークやライブラリは極力最新版を使用、新しい技術はどんどん取り入れていきます。

開発の進め方は?

1週間に1度プロジェクト会議を行い、開発方針とスケジュールを決定。

ローカル環境で各開発者が開発し、機能リリースのタイミングで GitHub にプッシュします。

チームの構成は?

メンバー構成

  • ディレクター 1名
  • プロジェクトマネージャー 1名
  • プログラマー 2名
  • テスター 1名
  • デザイナー 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • 少人数のチームで継続的に製品を改善していくため、個々のメンバーの意見が取り入れられやすいです。インターン生やアルバイトの方の意見も積極的に取り入れています。
  • 一般消費者向けの自社サービスなので、お客様の反応がダイレクトにわかります。
  • 経営決定に近いポジションでサービス企画・開発ができるため、経営者感覚を磨くことが可能です。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 製品の改善に意欲があり、周りをうならせる提案ができる方
  • 経営者目線で開発の環境改善に取り組める方

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

私たちは、画期的なアイデアと遊びゴコロで世の中にない新しい価値を創造するプロフェッショナルチームを目指しています。

NEARY 」のサービスは、あなた自身のアイデアでよりよいサービスへとどんどん進化していきます。

チームとして、最先端のO2Oサービスをいっしょに作ってみませんか? エントリーお待ちしております!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 9:30〜18:30

【休日休暇】 土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、バースデー休暇、特別休暇、「飛び石連休反対!休暇(笑)」

社会保険・福利厚生など

【福利厚生】 年1回海外旅行、書籍購入費全額負担、研修参加費等負担、3人以上飲み会負担、ストックオプション制度

【保険】 社会保険完備

【通勤交通費】 全額支給


会社データ

株式会社ipoca
株式会社ipoca

Ipoca Inc.

メンバー
taku.ichinose
一之瀬 卓
代表取締役
ytakahashi
ytakahashi
iimura
iimura

エンジニアの割合
21%

勤務地

東京都港区虎ノ門4-1-10 青木ビル5F


事業内容

株式会社ipoca(イポカ)はスマートフォンを利用したリアル店舗支援マーケティングサービスの開発、導入、運営を行っている会社。

代表の一之瀬は、自身の事務所「一之瀬税務会計事務所」を持つ現役の税理士。顧問先の地域の商店街の支援をしていた一之瀬が中心となって有志が集まり開催していた勉強会が法人化してできたのが ipoca。2007年8月のことでした。

そして東京都中小企業振興公社および中小企業基盤整備機構から助成金を得て、開発したのがリアル店舗の効果的な販促をモバイルで実現するO2Oサービス「タッチャン 」でした。

タッチャン 」は潜在顧客や常連脱落組を常連客化して囲い込むことを目的とする、ピンポイントでダイレクトなマーケティングサービス。顧客にお得な情報等をメールでお届け、来店時に専用リーダーに携帯電話でタッチするとスロットゲームに挑戦でき、当たれば支払いに使えるポイントが発行されるといったシステムで、「O2O(Online to Offline)」という言葉がまだ一般的ではなかった時期にその先駆けとしてリリースされました。

柏レイソルやアルビレックス新潟といったJリーグチーム、また、日本財団(ボートレース)、JR東日本グループ駅ビル、ザイマックスグループ等の大規模商業施設に次々と導入され、2014年3月現在は導入店舗1,500店舗、会員数50万人を超えるサービスとなっています。

その実績が評価され、2013年9月には日本ベンチャーキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、ケイエスピーの4社から総額1.4億円の資金調達に成功。

そんな ipoca がタッチャンで蓄積したO2Oノウハウを基に次に開発したのが「NEARY(ニアリ) 」。iOS/Android に対応したスマートフォンアプリで、自分の趣味嗜好に合った商品情報が写真ベースで流れてくるというもの。

また店舗側にとっても、ユーザーの属性分析や、商圏分析・買い回り分析などのほか、来店しても購買しなかった「来館非購買者」の動きを捕捉することができ、従来のポイントカードでは不可能だった顧客行動の把握が可能になります。

通信販売で何でも手に入るようになった今の時代ですが、私たち ipoca は、「人」・「場所」・「モノ」の「リアルなつながり」にこそ、人々の日々の幸せや楽しさがあると考えています。

その「リアルなつながり」を、最適なテクノロジーとアイデアにより新しくデザインしたい。

そのために、実際に店舗に足を運ぶことでより楽しくなるようなサービスを ipoca はこれからも提供し続けていきます。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • オフィスの立地が銀座の並木通りにあり金曜の夜は窓の外が楽しいです。
  • 自由な服装やオフィス空間で、開発しやすい環境を作ることを心がけています。
  • 社員3人以上の飲み会には補助金を支給!
  • 年1回、社員みんなで海外旅行に行きます。2013年はサンフランシスコ・シリコンバレーでした!

この企業の他の求人