Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

ものづくりWebサービスを開発するPythonエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

カブクについて

カブクについて

当社は”3Dプリンタ”をつかったデジタルものづくりを軸とし、ハードウェア・ソフトウェア・デザインが融合したプロダクト・サービスを開発運営しています。試作から量産まで対応したオンデマンド製造サービスをはじめ、法人向け製品開発ソリューションの提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、産官学連携による先端技術研究等に取り組んでいます。

担当するプロダクトは?

3Dプリント車両

自社で開発・運営しているデジタル製造サービスKabuku Connect の設計・開発をメインに担当していただきます。その他、新サービスの設計・開発も相談の上、担当して頂くこともできます。
Kabuku Connectは3Dプリンターやデジタル製造装置で試作から量産までのモノづくりをサポートするサービスです。個人・法人のクリエイターと、3Dプリンターやデジタル製造装置を保有する製造工場とをつなぐ Webプラットフォームとして、様々な製造機器や素材使った製作を提供しています。

Kabuku Connectの事例
- 自動運転車両「Milee(マイリー)」
- 物流用AIモビリティ「Logiee(ロージー)」
- カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作
- トヨタと連携して3Dプリントカスタムパーツ制作「OPEN ROAD PROJECT」

業務内容(Python)

自社で開発・運営しているWebサービス(3Dプリンターなどを活用したデジタル製造サービス)のサーバサイドの設計や実装をお任せします。 また、新規サービス開発プロジェクトへも参画いただけます。

<< 必須スキル >>
下記要件のいずれかを有する方
- Pythonを用いたWebサービスの開発経験を1年以上有する
- Google Cloud Platformを用いたWebサービスの開発経験を1年以上有する 

<< 歓迎スキル >>
- Google App Engine開発経験
- Webアプリケーション開発・運用経験
- Git利用経験

現場で使われている技術は?

Google App Engine (Python) を始めとしたGoogle Cloud Platformを使用して開発。WebApp2やFlask、Falconなどのフレームワークを使用します。noseやpytestで単体テストを書き、Jenkinsで自動実行。git-flowで開発を進めています。
(※より良いフレームワークやライブラリ、ツールの提案歓迎!)
バックエンドサーバは、Google Cloud FunctionsやCloud Pub/Sub、Container Engine、Stackdriver、Dataflow、Cloud Composer、BigQuery、ML Engineなどなど、GCPのあらゆるサービスを使って開発を進めています。

技術面でアピールできることは?

  • CTO の足立(@adamrocker )を含む、Google Developers Expert が3名在籍
  • 有名カンファレンス、海外カンファレンスでの登壇者が多数在籍
  • 書籍・雑誌執筆経験を有するエンジニアが多数在籍
  • ISUCON上位入賞者在籍
  • 毎週、社内勉強会を開催
  • 社外勉強会への参加・登壇を推奨(業務時間中にも参加可能です)
  • 海外カンファレンスへの参加も補助
  • 勉強会の開催をサポート
  • 年2回の開発合宿を開催
  • 東京大学の研究室と共同研究

参考リンク
- Kabuku開発者ブログ
- 開発合宿
- EuroPythonに登壇
- 書籍「直感Deep Learning
- 書籍「WebGL Insights

開発の進め方は?

カブクの開発風景

次に作るものはどうやって決めるか
エンジニアの他、企画・営業・マーケなど、あらゆるメンバーから提案された機能や改善内容の中から決定されます。設計は担当エンジニアが行い、他エンジニアによるレビューを行っています。

タスクの見積もり、スケジュール管理
2〜4週間を基本としたスクラム開発を実施。エンジニアとそのプロジェクトマネージャー(エンジニアが兼務する場合もあります)とが相談して、開発工数を見積ります。

開発プロセス
git-flowにしたがって開発をします。全ての開発コードはレビューと自動テストを実施しコード品質を維持します。
リファクタリングやフレームワークのバージョンアップも開発フローに組込み、開発したものを負の遺産としないような仕組みを取り入れています。

業務の進め方
3ヶ月に1度、目標面談で上長とゴール(何をいつまでに開発するのか?など)を設定します。3ヶ月のゴール目線を合わせることで、成果を明確にします。また就業時間や開発時間はこのゴールを達成することを前提とし個人に裁量が任されます。
週次でチームが集まり、1週間の振り返りと次の1週間の開発内容を相談します。普段はSlackやF2Fでコミュニケーションし相談や雑談します。ドキュメントや資料、議事録はGSuiteで共有し知識の属人化を避け認識を共有します。

カブクで働く3つの魅力

カブクの社内風景

1. スピード✕挑戦✕安定
2013年1月設立のテック系スタートアップかつ一部上場企業の連結子会社というバックグラウンドを持つため、スピードと挑戦と安定を兼ね備えた環境で働ける点が魅力です。社員研修や毎週開催される社内勉強会により確実に技術力・実力を付けることができ、さらにスタートアップならではのスピード感をもった挑戦の出来る環境を兼ね備えています。 

2. 製造業×AI×IoT
第四次産業革命に繋がるIoT、機械学習やクラウドサービスのソフトウェア技術と、それをリアルな世界に活かす知識・経験を積んでいけるため、技術力の向上に加えて幅広く未来に繋がるキャリアを構築できる環境で働けます。

3. 仕事×家庭✕自由
経営陣をはじめ、子育てしながら仕事をしている仲間がたくさんおり、育児や保育園や子どもの病気時にかかわる突発的な家庭の都合にも、出勤時間や自宅勤務含め柔軟に対応出来ます。小さなお子さんがいても安心して働く事ができます。また、面談を通して明確化されたゴールにより成果が評価されるため、働き方の裁量を大きく個人に任される自由があります。

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う
  • プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしていない

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている
  • コード品質評価ツールを導入して、メンバーが常に確認できるようにしている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • ほとんどの機能に受け入れテストを記述、実施している
  • 想定される複数環境での品質チェックを義務づけている
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている
  • 特定の人だけしかできない業務が存在しない(属人性をなくす取り組みをしている)

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている
  • フレックスタイム制または裁量労働制を採用している
  • リモート勤務を行うことができる

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している
  • 開発部門に学生インターンを受け入れている

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • 希望者には定価 6 万円以上のオフィスチェアが支給される
  • フリードリンクが提供されている

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • 経営トップがエンジニア出身、または現役のエンジニアである
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 89%
  • 女性 11%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

Webが大好きでWeb技術をWeb以外の世界に展開したい、しかも大きなインパクトのある業界に!という想いで製造業をデジタル化する会社「カブク」は設立されました。やればやるほどWeb技術の活躍できる場が広がり、どんどんできることが増えていっています。

カブクは3Dプリントやデジタル製造の分野において、最先端のWeb・クラウド・機械学習の技術を活用し、ユーザーの利便性や利用効率を向上させるだけでなく、製造業に新たな風を吹き込み、製造業を誰にでも開かれた業界へと革新します。誰もが製品をデザイン・カスタマイズ・製造できる世界を目指しています。

優秀なエンジニアの在籍する環境で自分の技術力高めたい、Web技術を新たな業界に活かしたい、そんな想いを少しでもお持ちであれば、気軽にオフィスに遊びに来て下さい。Google Developers Expert公認メンバーを始め、各分野の専門家とともに、楽しい技術談義で盛り上がりましょう! エントリーをお待ちしています。

勤務時間・休日休暇
勤務時間

9:30〜18:30(休憩1時間)
※フレックスタイム制または裁量労働制あり

休日休暇

土日祝日、有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、産前産後・育児休暇

社会保険・福利厚生など
会社制度・福利厚生
  • 各種社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
  • 交通費支給(月5万円迄)
  • 昇給:年2回(4月/ 10月)
  • 3Dプリンター使い放題(フィラメントは会社支給)
その他、労働条件
  • 雇用形態:正社員(試用期間:6ヶ月、期間中の条件変更なし)
  • 年収:500〜1,200万円(12分割)
  • 時間外労働:平均10時間/月
  • 固定残業代制:時間外労働の有無に関わらず、月45時間分の固定残業手当を支給
  • 割増賃金:45時間を超える時間外労働分について、追加で支給