Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

【クライアントサイドエンジニア(Android)】LINEの開発エンジニア募集!

担当するプロダクトは?

クライアントサイドエンジニア(Android)

LINEクライアントまたはLINEファミリーアプリのクライアント開発や運用業務に携わっていただきます。

・ 企画チーム、デザインチームとコラボレーションしてアイデアを形にする(コーディング、ユニットテスト作成)
・ アプリのプロファイリングを行い、パフォーマンスを改善する。
・ 大人数での安定的な開発をサポートするCI環境の改善や保守
・ 新規フィーチャーを開発
・ コードレビューを通じた、コード品質の改善

【クライアント開発業務の一例】
- LINEのメッセージング機能の開発
- LINEのスタンプ購入機能の開発
- LINE@アプリ開発全般
- LINEファミリーアプリのサービス開発(例:「LINE Creators Studio」「LINE占い」「LINEバイト」など)

【開発で主に利用するテクノロジー】
Java、Kotlin、Swift、Objective-C、Perl、Python、JavaScript、MySQL、Redis、Kafka、Git、Spring、Thrift、Hadoop、HBase、Hive、etc…

LINE Fukuoka開発室

LINEでは、大規模ユーザーベースをもとに様々なプロジェクト・サービス開発を行っています。
LINE Fukuoka開発室は現在100名ほどのエンジニアが在籍しており、サーバー/クライアントサイドをはじめ、フロントエンド、機械学習、データエンジニアなどポジション・志向性も多様性の高いサービス開発組織です。
あらゆる分野において経験豊かな優れたエンジニアたちが、イノベーションや新しい物づくりに積極的に励み、エンジニアとしてのスキル・技術好奇心を日々進化させています。

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている
  • コード品質評価ツールを導入して、メンバーが常に確認できるようにしている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している
  • 想定される複数環境での品質チェックを義務づけている

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 特定の人だけしかできない業務が存在しない(属人性をなくす取り組みをしている)
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる

労働環境の自由度

  • フレックスタイム制または裁量労働制を採用している
  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている

メンバーの多様性

  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している
  • 開発メンバーの新卒採用を実施している
  • 開発部門に学生インターンを受け入れている

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • 希望者には定価 6 万円以上のオフィスチェアが支給される
  • 無料または格安の社員食堂、または「まかない」サービスがある
  • ストックオプションまたは自社株購入支援制度がある

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術


フレームワーク

読者に向けてメッセージをどうぞ!

世界中からプロが集まっている開発環境!
台湾最大規模のJavaコミュニティオーガナイザー、Java One登壇者、オープンソースコミッターなど、
LINE/LINE Fukuoka開発室には、国籍を問わず(16か国以上)、高い知識と経験を持つプロフェッショナルが活躍しています。また、所属エンジニアは年1回世界中のカンファレンスに自由に参加できる制度があり、内部だけでなく外部からの技術トレンドのキャッチアップも積極的に支援しています。

ONとOFFを切り替えられる環境!
裁量労働制で、自分の任意で労働時間を決めることができます。(平日は毎日出社は必要) 
プライベートや家族との時間など自分でコントロールできるので働きやすいです。
また、有給取得も推奨されている環境ですので、中には長期でお休みをとって海外に英語留学したりと新たなInputを得る機会もつくることができます。

技術好奇心を刺激!社内ハッカソン&ミートアップなどを定期開催
年に1回、2日間業務をストップして社内ハッカソンを行っており、エンジニアが開発したいプロダクトを自由につくり発表し合う場を設けています
(例えば、人感センサーを使って会議室の使用有無を一目で分かるようなプロダクトなど)
他にも、各エンジニアが個人で勉強会を主催し外部の方々との接点をつくっていたり、東京も福岡のエンジニアもアクティブに技術発信・習得を重ねています。

LINE Engineering Culture

LINEエンジニアのカルチャーを感じて頂ける動画をご紹介します。

LINE Engineering Culture -Japanese sub
https://youtu.be/0b1bE79U_s8

How LINE Works - LINE Fukuoka Engineers
https://youtu.be/1TDUsMnIL6I

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】
裁量労働制
※月の総労働時間は平均160~180時間/月程度です

【休日休暇】
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、慶弔、有給休暇
リフレッシュ休暇制度(勤続5年で10日間)
※年間休日120日以上

社会保険・福利厚生など

・社会保険完備
・交通費全額支給(当社規定に基く)
・LINE Benefit Plan(一定金額を自社Paymentサービスで付与)
・LINE Mobile Plan(自社モバイルサービス費用会社負担)
・LINE Store Credit (年額24,000円付与)
・国内・海外カンファレンス参加支援(年1回自由にカンファレンス参加費用を負担)
・語学学習支援制度(その方のレベルに応じて英語・日本語学習を支援しています)
・入社支援制度あり(会社規定に基づき入社支援金+一時滞在先の提供)
・兼業可能(入社後承認・申請必要)