インキュベイトファンド他から総額3億円を調達済み、不動産のWeb取引を推進する「マンションマーケット」がRailsエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

マンションに特化した不動産サービス「マンションマーケット 」の開発を担当していただきます。

マンションマーケット

東京23区内のマンションの属性情報や価格情報の配信に加え、オンライン売却支援サービスも行う、メディアと取引ツールの役割をあわせ持つ不動産サービスです。

独自算出したマンションごとの相場情報「マンションスコア」に基づき、最新の査定価格を算出。その参考価格を Googleマップ上に表示する「マンションスコアマップ 」を提供。視覚的に参考価格を表示することで、周辺相場との比較をより簡単にしています。

2015年8月の正式リリース以降、マンション売却の依頼数は順調に推移。平均単価7,000~8,000万円のマンション売却の成約実績を複数重ねており、ユーザー満足度も非常に高い不動産サービスとなっています。

さらに2016年3月、インキュベイトファンド、みずほキャピタル他から2億円の資金を調達。今後はデータ収集にも注力を行い、日本全国に10万棟とされているマンションの情報を網羅していく予定です。

マンション売却の際のサービスオプション、メディアへの情報掲載を行った不動産会社への送客によるマネタイズも視野に入れており、売却支援体制の強化、不動産メディアとしてのインフラ基盤強化を含め、サービスのさらなる拡大に努めていきます。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

マンションマーケット 」の各種機能開発、Webサイト改修などに携わっていただきます。また、インフラに関する業務をご担当していただく可能性もあります。

機械学習による「マンションスコア」の精度向上の可能性を模索しており、各種技術・ツールを試しているところ。また、各クラウドベンダーが提供している機械学習基盤の評価・選定作業を行っています。こちらにご協力いただける方も大歓迎です。

現場で使われている技術は?

開発言語は Ruby (2.2系)、フレームワークは Rails (4.2系) を使用。RSpec と CircleCI による自動テスト環境を構築しており、エンドツーエンドテストに Capybara、Turnip を利用しています。また、バグやエラー監視に Airbrake を導入しています。

データベースは MySQL(Amazon RDS)を使用しており、全文検索に Solr を導入。また2015年11月現在、Amazon ElastiCache の採用も検討しており、Redis の導入を予定しています。

インフラは AWS。構成管理に Chef、デプロイツールに Capistrano、サーバー監視に New Relic を導入しています。

チーム開発は GitHub 上で行っており、全社的なプロダクトのアイデア出し・タスク管理の用途に Trello、チャットツールは Slack と ChatWork を使い分けています。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

技術面でアピールできることは?

  • 技術の選定・導入に関しては、開発と運用のバランスを考慮しながら愚直に整備してきたという経緯があり、ある程度健全な技術体制であると自負しています。
  • 機械学習技術の他にも、有用と判断した技術・ツールの積極的な導入を推進しています。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

新機能・新規コンテンツの案は、全社員が随時 Trello にアイデアとして登録。それをもとに、想定される効果や工数を鑑みて、営業・マーケティング・開発部門の各代表者が優先順位を設定していきます。
実際の仕様は、立案者と開発担当者が協議の上詳細を決定していきます。事業戦略上大きな機能・コンテンツに関しては、プロジェクトチームを結成して決める場合もあります。

開発フロー、デプロイフロー

開発フローとしては「企画 → ワイヤーフレーム作成 → デザイン作成 → HTML モック作成 → 実装 → デプロイ」を基本としています。1~2週間以内に実装できる粒度まで issue を細分化することが多く、企画、WF 作成の段階でスコープを設定し、リリースを複数回に分けることもしばしばあります。

デプロイフローは、自動テスト結果を確認後ステージング環境でブラウザ確認、その後プロダクション環境にデプロイという手順を踏んでいます。今後は、CIツール(CircleCI)と連携した自動デプロイ環境の構築を行う予定です。

コードレビュー

GitHub による Pull Request ベースでのレビューを行っています。実装中であっても、進捗の確認や助言を目的としてレビューを依頼することもしばしばあります。

ソフトウェアテスト

RSpec と CircleCI による自動テスト環境を構築しており、エンドツーエンドテストに Capybara、Turnip を利用しています。
ガチガチにテストを書くということはあまりなく、Airbrake や New Relic によるエラー報告に対する改修を重視しています。

チームの構成は?

メンバー構成

2015年11月現在、下記の構成となっています。

  • ディレクター兼エンジニア 1名
  • Railsエンジニア 4名
  • フロントエンジニア 3名

今回のポジションは、2~3名の採用を予定しています。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • テクノロジーを駆使して世の中に新しい体験・価値を生み出したい、という想いの強い方。
  • 可読性、再利用性、メンテナンス性の高いコードを書くことができ、チーム全体のプログラミングスキル向上に寄与していただける方。
  • 定量的な指標に基づくパフォーマンスの評価および改善を行うことができる方。
  • 事業展開に併せた技術ロードマップを考え、適切なタイミングで技術選定・導入の提案を行っていける方。

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

Google マップ上でマンションの相場情報を提供する機能は、現在当たり前のように使うことができますが、マンションマーケットがそのはしりとして、他社に先駆けてリリースした機能でもあります。当社の武器は、素早い意思決定と実行力にあると自負しており、スタートしたばかりのサービスをさらに拡大するべく切磋琢磨しています。

サービスは2015年8月に正式リリースしたばかりで、旧態然とした不動産業界、消費者の意識を変えていくフェーズはまだまだこれからです。やりたいこと、やらなければいけないことはいくつもある状況の中、技術的な側面から協力してくれる仲間を募集しています。

不動産流通市場の活性化は、日本の新成長戦略の重要分野としても挙げられていますが、その不動産流通を活性化するサービスを提供することで、日本をより良くしていきたいと思っています。

急速に拡大するサービス展開を推し進めることや、マンションマーケットという会社に少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度私たちのオフィスにお越しください。メンバー一同、心よりエントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00(コアタイム 11:00〜17:00 のフレックスタイム制)
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額5万円まで)
  • 社会保険完備
  • 書籍購入補助:職務に必要な書籍を会社で負担
  • セミナー補助:職務に必要な勉強会の参加費用を会社で負担
  • PC、周辺機器の購入費用負担(上限あり)

会社データ

株式会社マンションマーケット
株式会社マンションマーケット

Mansion Market, Inc.

メンバー
yoshidakosuke
吉田 紘祐
代表取締役

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都中央区銀座7-13 -12 サクセス銀座7ビル9F


事業内容

株式会社マンションマーケットは、不動産サービス「マンションマーケット 」の企画・開発・運営を行っており、「ライフステージに合わせ、自由に住まいを選べる社会」の実現を目指す会社です。

代表の吉田紘祐は鈴鹿高専を経て立命館大学理工学部を卒業後、リクルートに入社。不動産メディア「SUUMO 」の企画営業として計300社以上のクライアントを担当し、数多くの不動産会社の事業成長や不動産メディアの拡大に寄与しました。
不動産会社の現場を数多く見てきた吉田は、消費者と不動産会社間で得られる情報に格差があったり、仲介手数料は法定上限ギリギリの額を定価とする文化が根付いていたり、過剰な店舗網などコスト高の経営手法が一般的であったりと、不動産業界における大きな課題がいくつも存在することに強い危機感を覚えました。

既存の不動産会社を支援するだけでは解決できないと考え、自らがサービス提供者となり状況を打開しようと起業を決意。リクルートを退社後、鈴鹿高専時代の同期で計算化学分野の研究者を務めていた山下裕生(現・CTO)を誘い、不動産会社向けのシステム開発を行う株式会社ドットラインを2012年10月に設立しました。

受託開発事業において物件掲載サイトなど様々なシステムを開発するかたわら自社サービスの企画を練り、信頼性が高く分かりやすい情報を掲載した、より安い手数料で物件を販売できるオンライン不動産サービスを興すことを決定しました。
そして2014年5月にネット不動産事業を立ち上げ、株式会社マンションマーケットを設立。同年7月、マンションごとの相場価格情報や売却事例情報などの配信を行う不動産サービス「マンションマーケット 」の β版リリースにこぎつけました。

約半年のプレマーケティング期間中に、マンション売却に特化した仲介手数料定額サービス「スマート売却 」を試験的に運用して市場ニーズを調査。さらに2014年12月、インキュベイトファンドから調達した1億円超の資金を元手に本格的なサービス開発を行い、2015年8月にマンションマーケット を正式リリースしました。

正式版では、熟練の不動産売却コンサルタントによるマンションの売却仲介サービスに特化。中古の不動産取引は価格の妥当性が分かりにくいという課題を受けて、各物件のページで相場の推移を見られるようにし、訪問査定の依頼も可能に。リリース後、日本経済新聞をはじめ数多くのメディアに取り上げられ、サービスは多くの注目を集めました。

さらに売主が支払う仲介手数料の再定義を行い、定額「49.8万円」を実現。「3%+6万円」と法定上限の手数料設定をしている不動産会社が多くを占める中にあって革新的な仲介取引サービスとして高い評価を受け、マンション売却の依頼数は順調に推移しており、平均単価7,000~8,000万円のマンション売却の成約実績を複数重ねています。

直近は、2016年3月にインキュベイトファンド、みずほキャピタル他から2億円を調達したばかり。「不動産の情報を整理し、最適なカタチで届ける」ことと「多様な不動産取引サービスを増やす」ことをミッションとして、サービスのさらなる規模拡大を目指しています。

将来的には、不動産売却の領域のみならず、「不動産 × IT」領域において、すべての人が住まいを選ぶ際に必要不可欠なプラットフォームとなり、世の中に価値を提供し続けていきます。


会社・オフィスのアピールポイント
  • 日本経済新聞をはじめ大手新聞社やメディアから数多くの取材を受けており、不動産業界の課題を解決するサービスとして注目されています。世の中に明確な価値を生み出すプロダクト開発に関わることができます。
  • ユーザーへの迅速な対応を心がけており、Slack API を用いて問い合わせを営業部門に飛ばすなど、手厚いサポート体制を築いています。
  • 書籍購入補助や勉強会参加補助、PCや周辺機器の費用負担を制度として設けており、開発環境整備やスキルアップを行いやすい土壌を作っています。

この企業の他の求人