大手Web書店と連携! 日本最大の電子書籍配信システムをJavaで開発

担当するプロダクトは?

メディアドゥの電子書籍事業に関する各種システムをご担当いただきます。

当社は電子書籍流通のプロフェッショナルとして、デジタル化された著作物を Web上で流通させるために必要となるソリューションを開発・運用。大手を始めとする出版社や編集プロダクションの作品を取り次ぐ「電子書籍取次」を担い、コミックや文芸書、ビジネス書、専門書、写真集、雑誌まで、あらゆるタイプのコンテンツを取り揃えています。

法人向け電子書籍販売サービス「bizbook 」、デジタル絵本ストアアプリ「Toyboo! 」といった自社運営の電子書店を通して toB / toC 問わず電子書籍流通を推進。さらに他社の手がける電子書店の運営支援も行い、「楽天マンガ 」「LINEマンガ 」「dブック 」といった大手サービスの開発・運営、海外展開におけるコンテンツ配信支援に至るまで、様々なニーズに対応しています。

過去10年間の自社システムの連続稼働率は99.999%を達成しており、トラブル停止はゼロ。大規模かつ多彩なコンテンツ配信を支える堅牢なソリューションを提供しています。

参考リンク

具体的な業務内容は?

電子書籍事業に関連する自社システムのフロントエンド〜サーバーサイド開発に、企画・要件定義・設計業務から携わっていただきます。またインフラ運用に関しても、専任チームと連携を取りながらご担当いただくことになります。

具体的には以下のシステムを担当していただきます。

  • 電子書籍ストアシステム
  • 電子書籍配信 API システム
  • 流通ビッグデータ分析システム

「流通ビッグデータ分析システム」は独自構築の BIツールとして、電子書籍ストア・配信 API システム上のユーザーの流入経路や購買履歴などのデータを収集・解析。次のビジネス企画につなげるための分析基盤で、データ自体の管理・分析についてはマーケティング部門が担当しています。

また、開発部門には新卒入社した若手メンバーも在籍しており、スキル・経験をお持ちの方には教育方面をお任せする可能性もあります。

メディアドゥは現在、拡大の一途をたどる電子書籍市場において、会社として新たな軸を打ち立てていくフェーズにあります。企画・マーケティングといった社内メンバーや社外関係者と連携し、開発を推し進めていただける方をお待ちしています。

現場で使われている技術は?

使用する言語はほぼ100% Java で、フレームワークに Spring を採用。一部の Webシステムで PHP を使っています。

データベースは8割を Oracle が占めており、KVS に Cassandra を使用。インフラはオンプレミスが中心ですが、サービスに応じて AWS / GCP といったクラウドサービスの利用もしています。
また、チームごとに GitHub / GitBucket といったサービス上で開発を行っています。

技術情報の共有、勉強会の報告を行う目的で Knowledge を使用していますが、Backlog への移行を検討中(2017年1月時点)。

こうした新しい技術・ツールの導入は各チームが裁量を持ち、まずチーム内で起案・試用、良さそうなら他のチームに広め、全体導入に至ることもあります。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

  • toB、toC を問わず数多くの人が使うサービスを支えており、そのトラフィック数も膨大。メディアドゥの DB を通した電子書籍のダウンロード数は月間2億件を超えています。
  • ハードウェアベンダーと協力して、新しい機器やプロダクトの検証を実施しています。オンプレミスからクラウドへストレージの移動で支援を受けたり、検証環境を構築してもらい負荷テストを行うなど、協力体制を築いています。
  • 技術系イベントや外部セミナーへ参加するメンバー多数。社内へのフィードバックも積極的に行い、知見の蓄積に努めています。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

自社サービス・他社との協業プロダクトに関わらず「これから何を作っていくか」といった企画段階からエンジニアも参加しています。企画・マーケティング部門の社内メンバーや、協業企業側のメンバーと連携してサービス作りを行っていきます。
プロダクト企画に慣れていないメンバーも例外ではなく、技術に深い理解を持つ企画メンバーのサポートのもと企画から携わります。各人が技術・企画の両面においてスキルを向上させていけるよう、会社として体制を整えています。

タスクの見積もり、スケジュール管理

基本的には、チームリーダーが各メンバーへのタスク割り振り・工数見積もりを行い、それをもとに全体のスケジュールを決定。企画部門と認識を合わせて、問題なければ要件定義~設計、開発へと進めていきます。
「いつまでに必ず作る」といったゴール設定をするのではなく、良質なプロダクトを作ることを目指したプロジェクト進行を心がけ、そのためにスケジュールも柔軟に調整します。

開発フロー

プロジェクトごとに開発スタイルは様々。各チームがほぼ共通に行っていることとして、デイリーの朝会にて前日の進捗と当日やることの共有、開発の方向性や優先順位の変更共有のための打ち合わせを少なくとも週2で行う、などがあります。

外部企業との打ち合わせは、プロダクトがある程度固まってきたらおよそ週1、サービスインしたらおよそ月1で行い、開発の進捗確認・運用に関する情報共有を実施。先方に訪問することも、来社してもらうこともあります。

コードレビュー

各チームのやり方で実施しています。GitHub、GitBucket などのツール上では Pull Request 経由でレビューを行うことが多く、チームごとにルール(例えば2人以上に OK をもらったらマージ、など)を決めてレビューしています。

ソフトウェアテスト

サービス規模により異なりますが、単体テスト・結合テストを経て、ステージング~本番という流れが基本です。

チームの構成は?

メンバー構成

エンジニアはおよそ20名。プロジェクトごとに1〜5名程度のチームを組んでいます。

チームの性別比率

  • 男性 70%
  • 女性 30%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • チームリーダーとしてメンバーの士気を高めつつ、担当プロジェクトを進行させることができる方。
  • Java 開発経験が豊富で、しかしコードだけにこだわらずプロダクト作りの全領域で力を発揮できる方。

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

エンジニアに対する理解が深く、部署間の隔たりなく円滑に業務を進めていける会社風土があることに加え、開発チームでも個々の裁量が大きいことが当社の強みです。
電子書籍という市場が成長しつづける中、電子書籍事業を着々と成長させている東証一部上場企業・メディアドゥには、技術者として他にはない経験をたくさん積むことができる環境があると自負しています。

技術力向上を重視/マネジメント力向上を重視といった、キャリア構築のスタイルは問いません。ただ、技術者以外の人と仕事を進めることが多いため、コミュニケーションに抵抗がない方が当社に向いているかと思います。

机上では伝わらない魅力もたくさんあります! まずは一度オフィスへお越しいただき、お互いにお話ししてみませんか? 少しでも興味を持たれた方は、お気軽にエントリーしてみてください。

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費全額支給(月額上限5万円まで)
  • 社会保険完備
  • 企業年金制度(マッチング制度)
  • 団体生命保険/入院保険
  • 社員持株会制度
  • 育児・介護時間勤務制度
  • 社内レクレーション 等

会社データ

株式会社メディアドゥ
株式会社メディアドゥ

Media Do Co., Ltd.

メンバー
t.sassa
t.sassa

エンジニアの割合
22%

勤務地

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル 5F


事業内容

株式会社メディアドゥは電子書籍のリーディングディストリビューターとして、著作物の健全なデジタル流通事業を展開しております。

電子書籍取次として、大手出版社を中心に数百社におよぶ出版社の作品を取り扱い、電子書籍ファイルでの提供に加え、システム経由での提供や、消費者向けに直接オンデマンドで配信するコンテンツ配信代行など、信頼性の高い技術力・運用力に支えられた配信システム基盤を持っています。

創業は1999年4月。自社の中核を成す電子書籍事業は、電子書籍元年と言われた2010年よりさかのぼること4年前の2006年にスタート。着々と業績を伸ばし、2013年11月に東証マザーズに株式上場、2016年2月には東証一部への市場変更を果たしました。

電子書籍市場の成長とともに売上も右肩上がりとなっており、2010年から増収増益を続けています。2016年2月期決算の売上高は2007年2月期比で9倍の112億円。2017年2月期はさらに伸び、150億円まで達すると予想しています。

私たちメディアドゥは、「ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人に届ける」を事業理念に掲げ、日本だけでなく、海外電子書店にむけたコンテンツ輸出やグローバル配信はもとより、ボーダレスに展開するための様々な流通形態を開発し、日本の優良なコンテンツの世界での配信を推進し、著作物の公正利用のもと、できる限り広く頒布し著作者に収益を還元するという「健全なる著作物の創造サイクル」で、日本文化の発展、および豊かな社会づくりに貢献したいと考えています。


会社・オフィスのアピールポイント

開発するプロダクト・事業について

  • 大手書店の電子書店立ち上げに携わったり、出版社の海外展開を支援したりと、日本の持つ優良なコンテンツを発信できる盤石な体制を築いています。国内の電子書籍市場が年々成長していることもあり、面白い新規事業案件も外部からどんどん入って来ており、デジタル流通の可能性が拡大しています。

就業環境

  • 2016年7月に移転したばかりのキレイなオフィス。エンジニア向けにエリアが区切られており、静かな環境で作業することができます。
  • オフィスビルは皇居の裏に立地するパレスサイドビル 。100社を超えるオフィス、商店、飲食店、郵便局、クリニックなどが入居する複合施設でありながら、歴史的価値のある建物です。
  • エンジニアスペースはフリーアドレス制。ハーマンミラー製のアーロンチェアやデスク。高さを調整できる昇降デスクなどを完備しております。
  • 自社サービス開発ということもあり、各チーム・各メンバーでスケジュールが組みやすい業務体制です。

独自の会社制度・福利厚生など

  • 年2回、期のはじまりの3月と半期9月には全社で方針発表会があります。代表から会社の方向性・方針について、また各部の方針が発表され、それをもとに 各自目標設定を行います。会社と自分が一緒に成長できることが魅力です。
  • 育児・介護時間勤務制度を利用可能。勤務時間や仕事の範囲のコントロールを柔軟にできるよう会社として図らっており、実績も多数です。
  • 富士スピードウェイレース観戦、社内懇親会など、各種レクレーションを年に数回実施しています。
  • 2016年は創業20周年の記念に、社員旅行でグアムに行きました!
  • 社内にはフリードリンクあり。また、おしゃれなバーカウンターやリビングスペースもあります。

この企業の他の求人