Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

プロダクトマネージャーを目指すWebエンジニアを募集

担当するプロダクトは?

メドレーはエンジニアと医師・医療従事者を含む開発チームを有し、「医療ヘルスケア分野の課題を解決する」というミッションのもと、インターネットを活用した様々なサービスを提供しています。

・医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」
https://medley.life/
・オンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」
https://clinics.medley.life/
・医療介護分野の人材不足を解消する求人サイト「ジョブメドレー」
https://job-medley.com/
・口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」
https://www.kaigonohonne.com/

日本はこれまで、世界にも類を見ない充実した医療システムを誇ってきましたが、近年では人材不足や労働環境の悪化、医療訴訟の増加など様々な問題が噴出しています。このままでは、これまで当たり前であった高い医療水準を維持することは難しいと言わざるを得ません。
2009年11月、代表の瀧口は、医療介護業界の人材不足を少しでも解決したいという想いから医療介護業界の求人サービス「ジョブメドレー」を立ち上げました。
7年を経過した今、国内で最も成約数の高いサービスへと成長し、医療介護の人材不足解決に貢献しています。
そして2015年2月、一人の医師として瀧口の想いに共鳴した豊田が共同代表者に加わり、医療情報提供サービス「MEDLEY」をリリースしました。患者さんとそのご家族が病気のことを正しく理解し、「納得できる医療」を受ける手助けとなるよう、数百名の協力医師の方々とともに、日々有益な医療情報の発信に努めています。
また同年4月、 介護施設の情報提供サービスである「介護のほんね」も加わりました。医療と介護の問題は相互に連動した課題を抱えていますが、これらの課題に対し、両面から包括的に取り組む素地を作ることができました。
そして2016年2月より、スマホで診療が受けられるオンライン診療アプリ「CLINICS(クリニクス)」の提供を開始しました。患者の受診継続率の向上や早期治療介入による重症化予防など、医療において遠隔診療の果たす役割は大きく、賛同いただける医療機関と共に遠隔診療の適切な普及を目指しています。
メドレーでは、医療に関わるすべての人たちにとって「納得できる医療」が実現できる社会づくりに貢献できるよう、これからも全社員が一丸となって努力を続けてまいります。

2TOP体制でのプロダクト開発

メドレーではエンジニアやデザイナー経験者がプロダクトマネージャー(PM)として事業部長とタッグを組み、2TOP体制でのプロダクト開発を行っています。

■プロダクト側とビジネス側の「対等な関係」がカギ!PM ✕ 事業部長の2TOP体制で挑む事業開発
〜「御用聞き」にはならない。より本質的な課題を解決できるサービスを作るための、プロダクトサイドとビジネスサイドが直接対話するチームづくりとは〜
https://seleck.cc/965

■メドレーの「PM✕事業部長」の考え方
'医療ITの課題を解決するためにも、医療とインターネットをクロスさせることが重要であると思っています。医療従事者がインターネット人材を外注として使う、インターネット人材が医療従事者をアドバイザーとして使う、そのようなやり方では本質的な課題解決までには至りづらいのではと考えています。
医療業界のスペシャリストとインターネット業界のスペシャリストを、対等な形で対話させ融合させること。メドレーではそれを大事にしています。
しかし、これは意外に難しかったりもします。医療の専門家、法律の専門家、どんなものでも売れるトップ営業、プロフェッショナルなマーケティングの専門家、そしてプロダクト開発に関わるデザイナー・エンジニア。従来のインターネット企業とは異なり各職種の個性がより強くなる中で、内にこもってしまい外に発信することが苦手なメンバーが多いプロダクト開発チームの主張は相対的に弱くなりがちです。
だからこそメドレーのプロダクト開発チームには強い意志をもつことを求めています。インターネットで活躍してきた人がプロダクトを作れることに自信と誇りをもって、他領域の専門家と対等に議論し結果を出していく。
それを推進させるためにも、メドレーではPMと事業部長と二人三脚で事業を推進するという体制をとっています。それは、メドレーはあくまでも医療の会社でも人材の会社でもなく、インターネットの会社であるというメッセージでもあります。
医療の大きな課題を解決する。それを実現するためにも医療とインターネットをクロスさせる。それぞれの職種のプロフェッショナルが集まる中、ハブとなるプロダクトの開発に携わるメンバーが一番の自信と誇りをもって日々の業務を進めていく。
そのようなことが、より深いレベルで実現できるよういま取り組んでいるところです。''

参照:メドレー平山の中央突破ブログより
http://toppa.medley.jp/

参考:
■医師とエンジニアは共存できるのか?ハイブリッドチームの開発体制を語る!医師・豊田剛一郎×CTO・平山宗介(株式会社メドレー)
http://workswitch-ibs.inte.co.jp/doctor-engineer-medley-02/

業務内容

・メドレーが運用するサービスのサービス開発に関わる業務全般
・ユーザの利用状況の分析と改善案の創出
・開発に必要なアーキテクチャ設計および実装
・安定稼働に必要な保守運用業務

必須スキル・経験

・LAMPあるいはそれに準ずる技術スタックでのWebアプリケーション開発・運用経験
・UNIX系OS、RDBMSについての基礎知識
・オブジェクト指向プログラミングの基礎知識
・業務要件に対する要件定義・仕様設計能力

歓迎スキル・経験

・Webサービス/スマートデバイスアプリのディレクション経験
・スマートデバイスアプリ(iOS/Android)の開発経験
・Webサービスへの深い知見

求める人物像

・社会や周囲の人たちに対して貢献しようとするホスピタリティを持っている人
・組織ミッションをふまえた上でチームメンバーを巻き込み自ら行動できる人
・チーム全体のパフォーマンスの最大化を図れる人
・立場による認識のギャップを理解し埋められる人
・自己の強み弱みを理解した上で、他者の強み弱みに対して素直にリスペクトができる人

言われたものを、言われた通りにただつくるのではなく、積極的にプロダクト開発に臨みたいと考えているエンジニアの皆さんにぜひご応募いただきたいと考えています。

参考:
私がメドレーに入社した理由
https://www.wantedly.com/feed/s/medley

メドレー平山の中央突破
http://toppa.medley.jp/

メドレー平木の「気になるあの人に聞いてみた」
https://www.wantedly.com/feed/s/medley-int

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う

コード品質向上のための取り組み

  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している

アジャイル実践状況

  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている
  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている
  • フレックスタイム制または裁量労働制を採用している

メンバーの多様性

  • 育児中の開発メンバーが在籍している

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • 希望者には定価 6 万円以上のオフィスチェアが支給される

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

その他、現場で使われている技術

フレームワーク

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 100%
  • 女性 0%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

新しい医療体験を創造する

自分が病気になった時、大切な友人や家族が病気になった時、そんな時に救いの手を差しのべる素晴しい医療の力。しかし、現在の医療に課題は全く無いのでしょうか。医療従事者の都市偏在による地方の医療崩壊、患者さんとそのご家族と、医療従事者との間の情報ギャップから生まれる、医療不信や医療訴訟、過酷な労働環境による医療現場スタッフの疲弊… まだまだ深刻で大きな課題が存在しています。メドレーではインターネットの力とモノ作りの力を信じて、そのような医療の課題を解決しようとする人を求めています。インターネットは歴史を経て成熟し、過去には困難であったことも簡単に実現できるようになってきています。AppleからiPhoneが発表されたのは2007年。あれから10年も経たずにiPhoneは世界中であたりまえなものとして認知されています。さらに10年先の未来は、どんなことがあたりまえになっているでしょうか。医療に存在する大きな課題が解決され、医療の形自体が新しいものに置きかわっている未来もあるはずです。メドレーはそのような未来を信じ、インターネットの力とモノ作りの力を信じ「新しい医療体験を創造する」ことに挑戦します。

次世代に生きる人の医療のために。

勤務時間・休日休暇

原則 10:00-19:00として応相談
 ※休憩1時間含む
週休2日制(土、日曜日)、祝祭日、年末年始、有給休暇

社会保険・福利厚生など

社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
交通費全額支給(当社規定に基づく)
住宅補助制度(正社員・フルタイム契約社員については該当条件により月額3万円支給)
家族手当(月額3万円)


会社データ

株式会社メドレー
株式会社メドレー

Medley, Inc.

メンバー
Nobody
Sosuke Hirayama

エンジニアの割合
11%

勤務地

東京都港区六本木7−15−7 新六本木ビル7F