Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

国立がん研究センターとも提携! 大企業・研究機関と協働して医療業界に価値を生み出すデータサイエンティスト募集

担当するプロダクトは?

データ分析事業における各種プロジェクトをご担当いただきます。

MICIN では、機械学習・深層学習技術を活用した医療に関する様々なエンジン・ソリューションを提供。
これまでに、医療機関を始め、製薬会社、医療機器・システムメーカー、大学・研究機関、自治体といった、様々な領域のクライアントと連携しています。

国立がん研究センターとも提携し、「内視鏡外科手術における暗黙知のデータベース構築と次世代医療機器開発への応用」といった研究開発に参加。解剖構造や手技の認識を促進するとともに、革新的なロボット手術への技術応用が期待されています。

具体的な業務内容は?

医療データを有効活用した AIソリューション創出に携わっていただきます。データ分析事業では、これまでに

  • 人工知能技術を活用した疾患マネジメントツール
  • 企業・健保向けの検診などを起点とした受診推奨プログラム
  • 民間・公的保険者向けデータ事業

といったプロジェクトに関わってきました。

大企業および公的研究機関との取り組みが着実に増えており、幅広いデータセット・多彩な領域に関われることが魅力です。

医療制度やビジネス上の要件を理解するにあたっては、サービス開発と並行して少しずつ学習していただく必要はありますが、ビジネスチームに医療業界経験者が多いこともあり、話し合い/質問しながら理解を深め、開発を進めていくことができる環境です。

理論に加え、ビジネス視点を重視したデータ分析のスキル・ご経験を備えた方をお待ちしております。

現場で使われている技術は?

データ分析には Python、Tensorflow (1.4〜1.5系)、Keras (2.1系) を使用します。

採用されたら使う技術

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

  • CTO の巣籠 (@yusugomori ) は、エンジニアリングだけでなく Webデザインの知見が豊富で、機械学習領域においては技術書執筆 、東京大学にて特別講師を務めるなど多岐に渡る方面で活躍する人物。開発チームは他にも、チームビルディング、データ分析、自然言語処理といった分野に強みを持つ多才なメンバーが集まっています。
  • 毎週金曜日に、業務時間の20%の時間を使って新しい技術でサービス・機能開発を行う「20X」という取り組みを実施。各自が興味を持つ技術領域の知見を活かし、自己研鑽するとともにサービス開発・改善につなげています。

参考リンク

開発の進め方は?

画像認識、自然言語処理といった様々な案件がある中で、スケジュール・メンバーの要望など鑑みて、携わるプロジェクトを決定しています。基本的には、案件ごとに「いつまでに何があると良い」といった期限が設けられているので、無理のないスケジュールを組むようにしています。

プロジェクト進行中は週1で進捗確認とふりかえり、またプロジェクトが終わった時点にもふりかえりを行い、精度が出ているか、出ていない場合はどうすればもっと良くなるかなど議論しています。

チームの構成は?

2018年2月現在、データ分析事業専任のメンバーはおりません。ジョインされた方は CTO と協力して業務を進めていただくこととなります。

アプリ開発チームのメンバーはプロダクトマネージャー1名、エンジニア3名とで計4名の構成。また、VP of Engineering のメンバーも在籍しています。

チームの性別比率

  • 男性 100%
  • 女性 0%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 会社やプロダクトを良くする強い気持ちを持ち、先のビジョンを見据えて自発的に物事を進められる方
  • 独創的な発想で問題解決に取り組み、「それがあったか!」と言わしめる方法で問題解決ができる方
  • メンバーと適切なコミュニケーションを取りながら、事業をリードしていくことができる方

提示年収の上限額
1,080 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

技術に誇りを持ち、それを活かして世の中を変えて行こうと言う熱い想いを持ったチームで、Healthcare Technologyと言う、一聞すると古典的で、古めかしいイメージがつきがちな業界に、『技術』の力で変革をおこし、我々の作るプロダクトは未来の医療を作ると信じて、日々尽力をしています。技術が好きな方、医療に興味がある方、切り口はなんでも良いです。ご興味をお持ち頂けた方は、是非一度カジュアルにお話を聞きに来ていただきたいと考えています。

勤務時間・休日休暇
勤務時間

基本 10:00~19:00(実労働時間8時間、休憩1時間)

  • 裁量労働制あり
    • 専門業務型裁量労働制により、月160時間働いたものとみなされます

※ 勤務制度は整備中のため、今後変動する可能性があります

休日休暇

土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費一部支給(月額5万円まで)
  • 各種社会保険完備:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
  • 賞与あり
労働条件
  • 試用期間あり:3ヶ月(期間中は契約社員雇用、給与・福利厚生に変動はなし)

会社データ

株式会社MICIN
株式会社MICIN

MICIN, Inc.

メンバー

エンジニアの割合
25%

勤務地

東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル 9F


事業内容

株式会社MICIN(マイシン、旧社名:株式会社情報医療)は、遠隔診療プラットフォーム「curon(クロン) 」を企画・開発・運営しており、機械・深層学習技術を活用したデータ解析事業を展開する企業です。

代表取締役の原聖吾は東京大学医学部出身。研修医として、自らの生活習慣のために重篤な状態に陥り苦しい治療を受ける患者と接する中で「患者にとってあるべき医療」が提供されていない実情に違和感を覚え、1人の医者としてでなく、医療業界そのものの在り方を変えていこうと決意しました。

原は日本医療政策機構にて勤務のち、米スタンフォード大学で MBA を取得し、マッキンゼーに入社し医療分野のコンサルタントとして従事。そして2015年11月、マッキンゼーの同僚であった草間亮一を COO に、Gunosy の創業メンバーの1人である深層学習の専門家・巣籠悠輔を CTO に迎え、株式会社情報医療を創業しました。

「情報医療」の社名の由来は、医療機関が管理しきれていない情報を集約・蓄積し、きちんと活用できる状態にすることで、人々がより健康に暮らせる社会をつくろうという想いから。重症患者を治療するための最先端医療ももちろん必要として、そもそもの「重症患者の数を減らすこと」を会社の目指すところとして掲げました。

新しい医療の形を実現させる第一歩として、2016年4月、日本初のスマホ診療アプリ「curon 」を iOS/Android ともにリリース。アプリを通して診察・処方を行うことができ、医師・患者の双方に「治療を継続しやすくなる」メリットを生み出す curon は、2018年2月現在首都圏を中心に460以上の医療機関へ導入されています。

並行して、独自AI を活用した疾患マネジメントツールなど医療に関するソリューションを、製薬会社、医療機器メーカー、大学・研究機関といった様々な団体へ提供。さらに、国立がん研究センターと共同で取り組んだ研究開発課題が日本医療研究開発機構(AMED)に採択されるなど、業界内の認知を確実に広げています。

curon の提供・大学・研究機関との取り組みを通して蓄積した医療データを解析することで、人が納得感を持って医療を受けられるだけでなく、個人の健康状態から将来の病気の可能性を予測することもできると考えています。
MICIN は、一人ひとりの健康・医療に関する情報が、自ら所有するものとして蓄積され、主体的に活用されることで、人々がより健康でいられるための社会づくりを目指します。

参考リンク


会社・オフィスのアピールポイント
  • 社内勉強会が月に1回以上開かれ、それぞれ得意とする分野を共有しつつ学習しています。
  • 開発チームの仲が良く、週2〜3回はみんなでランチに行き、技術トークなど楽しんでいます。オフィスビル内のジムに行って運動をしたり、週1回は社内メンバーがゆるりと集まる飲みがあったりと、知的な刺激も受けられる、とにかく楽しいチームです。
  • Mac PC 支給 (iMac / MacBook Air / MacBook Pro)  、ディスプレイ支給、ソフトウェア・書籍購入サポート、エンジニアリング関連のカンファレンス参加費用サポート …などなど、開発環境の整備やスキルアップ支援を行っています。
  • 作業中はヘッドホンで音楽を聴けるなど、みんな自由なスタイルをとっています。
  • 裁量労働制を敷いており、出社/退社時間は各自の裁量に任せています。
  • リモートワークも可。ただし、議論のスピード感・プロダクティビティ向上の観点から多用はしていません。

この企業の他の求人