日本のPOPカルチャー商品の海外向け販売を中心に売上38億円、海外向けeコマースの先駆者・ネオウィングが Webエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

国内向けのPOPカルチャー商品のショッピングサイト「Neowing 」、および海外向けの「CDJapan 」、や新サービスの自社開発に携わっていただきます。

Neowing

音楽やアニメの CD・DVD のパッケージ販売から始まり、ゲームソフト、書籍や雑誌、フィギュアなどのグッズ、
アパレル商品や雑貨など、様々な商品を国内向けに販売するeコマースサイトです。

CD や DVD についてはネオ・ウィングのオリジナル特典を付ける以外にも、初回版と通常版を区別して販売するなど、
他社ではシステム的な運用が難しい細やかなシステム管理・運用を実施。また商品にも傷をつけずにきちんと配達されるようにと、
梱包にも気を配った極め細やかなサービスを行っています。迅速で、丁寧な顧客サポートも高い評価を得ています。

基本的に沢山の企業から直接商品を仕入れて販売を行っていますが、一部メーカーについては販売手数料と
月額費用をいただく委託販売の形式も取っています。

CDJapan

音楽、アニメ、マンガ、ゲームや書籍など、主に海外の方に人気の高い日本のポップカルチャー商材を取り扱う ECサイト。

2013年10月時点で約50万人の登録会員を抱え、月間約100万人以上の外国人が訪れる人気サイト。
毎月2万件前後の注文を出荷しており、年間の売上は15億円を超える大規模サービスとなっています。

欧米をはじめ東南アジア、南米と130ヶ国以上の地域の方に利用されており、主要な注文や会員登録フローなどは英語、フランス語、スペイン語の多言語で提供、今後さらに数ヶ国語を追加する予定です。

Japan Craft

日本の先端的なオーディオ商品から、伝統技術によって支えられた工芸品まで、
日本の旬で優れた商材」を中心に世界各国に向けて販売しています。
これまでの「Cool Japan Now」を「Japan Craft」としてCDJapan内に統合しました。

職人が1本1本手作りで作り上げた熊野の化粧筆、桜やもみじなど和柄の雑貨や服、食品関連では静岡のお茶などが人気商品で、音楽に関連した音質が良いヘッドホンやイヤホン等も人気です。

CDJapan と共通して欧米の顧客が多いですが、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシアなど東南アジアのユーザーや、ブラジルやロシアの方にも多く利用されています。

海外販売に必要な業務はネオ・ウィングがすべて請け負っており、海外へ向けてものを売りたい企業に知識やノウハウがなくても、ローコストで海外向け販売を開始することが可能。基本料は月額2万5,000円からとなっており、売上金額に応じた手数料を徴収する他、有料オプションで商品情報の英訳も行っています。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

各eコマースのシステム開発(Webサイトの構築、データベースのメンテナンス、他社との繫ぎ込み開発など)を行う他、インフラの整備、運用などについても幅広く対応していただきます。

また他部署とともにアイディアを積極的に交わしていただきながら、新しいサービス開発をお任せすることも考えています。

現場で使われている技術は?

開発言語は Perl、フレームワークは自社製のものを使用しています。

データベースは PostgreSQL、全文検索に Elasticsearch を用いています。

インフラはオンプレミス(IDCフロンティア)。バージョン管理は git-svn 経由で Git を使用。タスク管理に Redmine を使っています。

採用されたら使う技術


データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

技術面でアピールできることは?

完全に自社開発でのサービスを行っていることから、フレキシブルなシステム構築を行うことができるとともに、会社を動かしているという責任ややりがいを実感できます。
スケジュールも他部署と相談しながら決定するので、自分のペース配分で仕事ができます。新しい技術的なアイデアがあれば、直ぐに相談をして実行することも可能です。

また、次々と新しいサービスが企画されますが、その初期段階から参画し、一緒にアイデアを出しながら新サービスを立て上げて行くという醍醐味を感じることができます。
チームワークもいいことから、1人で悩まず皆でアドバイスや意見を出し合いながらシステムを構築していくことができます。

開発の進め方は?

様々な開発案件について社長を交え、優先順位と必要な開発期間を設定します。
その中で、得意分野を考え、開発案件の責任者と担当者を決めます。
新しいサービス内容については、社長を含め皆で議論します。
そして、グループ全体で進捗を管理し、困ったことがあればグループ全体で解決していくといった進め方です。

チームの構成は?

メンバー構成

社内のエンジニアは現在5名。案件毎に複数名でプロジェクトを分担しています。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

インターネットにかかわる開発は日進月歩でめまぐるしく変わっていきます。
自分次第で新しい技術の習得やフィードバックを行えることはとてもやりがいを感じます。
また、システムが全てのサービスの根幹となるために、自分の技術が会社を支えているというやりがいも感じます。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 企画、設計、プログラム、運用全てを行う能力のある方
  • 自分の考えを積極的に提案し、形にできる方
  • システム全体の流れを把握し、メンバーに適切なアドバイスができる方
  • 指示待ちではなく自分で考えて動き、臨機応変に対応することができる方

提示年収の上限額
700 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

サービス開発は大変な仕事ですが、自分で考えて思ったとおりに動いたうれしさは病みつきになります。

弊社ではエンジニアに包括的な開発業務を行っていただきますので、自分の考えを提案していただき、より良いシステムを開発、新しい仕組みを作る楽しさも味わえると思います。

ご興味のある方、まずはオフィスにおこしいただいて雰囲気を感じてみてください。エントリーお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:30〜18:30
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、勤続10年以上の社員を対象にリフレッシュ休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費支給(月額10万円まで)
  • 社会保険完備

会社データ

株式会社ネオ・ウィング
株式会社ネオ・ウィング

NeoWing Inc.

メンバー
katagiri.fumio
katagiri.fumio
代表取締役
masayuki.ueno.96
上野 正之
人事総務担当

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都中央区日本橋堀留町1-10-15 JL日本橋ビル3F


事業内容

株式会社ネオ・ウィングは、国内および海外向けに CD・DVD等の音楽・映像ソフトや書籍・グッズ等といったポップカルチャー商品のネット販売、その他エンタテインメント関連商品・サービスの企画・提供を行っている会社です。

代表の片桐文夫は九州大学工学部を卒業後、同大学大学院で土木工学を学び、卒業後は三菱重工へ入社。エンジニアとして原動機技術センターへ配属され、発電プラント建築関連の基本設計、大型コンピューターによる技術計算などを始め、海外業務にも広く関わりました。

その後株式会社リクルートの情報ネットワーク事業部に入社、新サービス立ち上げや事業推進などのプロジェクトリーダーとして活躍しました。時代は Windows 95 発売前のインターネット黎明期、目の前で様々なインターネット企業が勃興していく様を見た片桐はリクルートを退社、1995年12月に株式会社ネオ・ウィングを設立しました。

翌年の1996年、CD・DVD の販売を行う ECサイト「Neowing 」を開設、インターネットの普及が始まったばかりの時期にいち早くネット通販事業を開始。音楽やアニメの CD・DVD に始まりゲームソフト、書籍や雑貨、フィギュアなどのグッズやアパレル製品へと商材の幅を広げていきました。

当初は国内向けに展開を行っていましたが、海外からも「日本のCDが欲しい」という問い合わせが多くあり、個々に対応している内に需要はさらに増加。そこで1998年、英語対応の海外向け ECサイト「CDJapan 」をサイトオープンしました。

日本のものを購入できるオンラインショッピングサイトがまだ少なかったこともあり、そのニーズを捉えて事業は徐々に拡大。サイトの使いやすさ、日本でしか手に入らないポスター等の特典の付与、どこの地域へも商品がきちんと届くよう梱包の丁寧さへのこだわりも功を奏し、「日本で流行っている音楽やアニメ、ゲーム、書籍を探すときは、まず CDJapan 」という評判が世界中に広まりました。

これを受けて海外向け商材の幅を大きく拡大、2010年2月には、日本の特徴のある優れた商品を中心に販売するショッピングモール「COOL JAPAN NOW 」をオープン。化粧筆、浴衣、和雑貨、お茶関連商品、オーディオ関連商品等、日本の伝統技術に支えられた商品から日本が誇るハイテク商品まで
幅広く取り扱いを開始し、POPカルチャーファンとは別の顧客層を開拓しました。

現在、月間のトラフィックは国内向けサイトの Neowing が400万PV、海外向けの CDJapan が500万PV の大規模サイトとなり、現在までに会員登録した総ユーザー数は230万人以上、2013年の売上高は38億円を記録しています。また、欧米はもちろん東南アジア、南米など130ヶ国以上の地域から注文があり、海外からの売上の伸び率が著しいことから2014年次点で総売上の半分近くを占めるまでに到っています。

今後は、海外向けeコマース事業を一層拡大させるとともに、海外の顧客基盤を活かしたインバウンドサービス
(訪日外国人向けのサービス)の新たな展開も予定しています。

【参考リンク】