大手の導入実績多数、アナログな通信手段を Web上で実現する「NEXLINK」を AWS で運用してくれるインフラエンジニア募集!

担当するプロダクトは?

Webブラウザ上で、様々な通信手段による情報伝達を実現するサービス「NEXLINK 」に携わっていただきます。

NEXLINK

Webサイト上から eメール、郵送メール、FAX を簡単に一斉送信できる、法人向けサービス。企業の広告活動などイベント要素の高いものから、受発注の仕組みの一角など、多岐にわたってご利用いただいているサービスです。

初期費用は0円。送信の通数課金制度を敷いており、ご利用のない月は費用が発生しない料金設定となっています。

2015年9月現在、導入企業は6,000社を突破、業界シェアNo.1を獲得しています。

NEXLINK は、モノやサービスを販売する現場、業務連絡を必要とする多くの現場で欠かせないものとして、多くの企業で利用されています。導入企業が順調に増えていく中で、利用者の期待にこたえられるようなサービスとして、今後も開発・改善を続けていきます。

具体的な業務内容は?

NEXLINK 」運用チームの一員として、AWS 上でのインフラ設計・構築を中心に、開発チームと連携して作業を行っていただくことになります。

具体的には、

  • AWS 上のサービスや OSSミドルウェア等を活用したインフラ設計・構築
  • Chef 等を活用したサーバープロビジョニング
  • 開発チームとの連携による、サービスの拡張・改善

に携わっていただきます。

今後出てくる技術をキャッチアップしていち早く採り入れてみたい方や、インフラの経験が浅いものの AWS を学びながら使いこなそうという気概のある方を、ネクスウェイは歓迎しております。

現場で使われている技術は?

インフラは AWS で、構成管理に Chef を導入、デプロイは Capistrano で行っています。またパフォーマンスモニターに Zabbix を使用。

データベースは MySQL(Amazon RDS)、KVS として Redis を使っています。ログは Fluentd で収集、Splunk で解析・可視化を行っています。

また、サーバーサイドは Ruby (2.2系) + Rails (4.2系) のシステム構成。

Word / Excel ファイルと連携するメールシステムについては Java を使用。言語の使用比率はおよそ 8 : 2 で、Ruby による開発が多くを占めています。

採用されたら使う技術

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

言語

フレームワーク

データベース

技術面でアピールできることは?

  • 『アジャイルサムライ』にあるお手本のような、アジャイルスタイルでの開発を行っています。
  • Ruby や Rails は極力最新版を使用、便利なライブラリはどんどん採り入れていきます。
  • 週に2回勉強会を行っており、チーム全体で技術のブラッシュアップを行っています。ロジックやソースコード1行1行についてよく練られたものを出せるよう、各エンジニアが意識して取り組んでいます。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

ディレクターが事業側と相談の上、次のストーリーを作成し、エンジニアチームが見積もりを行います。イテレーションが開始されると各自が分担して必要な機能を実装、エンジニア全員でレビューを行った後、マージ、順次デプロイをしていくという手順です。

タスクの見積もり、スケジュール管理

タスクの見積もりは各エンジニアが行います。全体スケジュールは3ヶ月単位で決めていますが、開発状況に応じてディレクターが事業側と適宜見直しを行います。

開発フロー、デプロイフロー

一般的なアジャイル開発プロセスにのっとり、2週間単位のイテレーションで開発を行っています。イテレーションの最後に KPT形式でふりかえりを行い、その後に次イテレーションのストーリー見積もりを行います。デプロイフローは半自動で行っています。エンジニアがデプロイするリポジトリにコードを反映後、運用メンバーがサーバー種別ごとにデプロイの指示を行います。

コードレビュー

全て GitHub 上で行っています。Pull Request として反映後、エンジニア全員でレビューを行います。他者のコードをレビューすることも重要な業務のひとつとして、チーム全体で認識されています。

ソフトウェアテスト

RSpec(JUnit)による単体テスト、Turnip と Poltergeist によるエンドツーエンドテストを行っています。コードカバレッジ90%を目安にテストを実施しています。また、CIツールは Jenkins をメインに使っていますが、品質管理を目的に CircleCI も導入し、用途に応じて使い分けを行っています。

チームの構成は?

メンバー構成

2015年9月現在、開発部のメンバーは以下の構成となります。

  • ディレクター 1名
  • Webエンジニア 11名(内、1名は業務委託)
  • インフラ・ネットワークエンジニア 2名
  • デザイナー 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 自らサービスの課題を見つけ、解決していくことができる方。
  • AWS 上での開発経験が豊富な方。
  • Chef を利用したサーバープロビジョニングを行った経験をお持ちの方。
  • 自動テストをしっかりと書ける方。
  • コードレビューに抵抗がない方。
  • Git を使いこなせる方。

提示年収の上限額
850 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ネクスウェイは2015年、リクルートから分社化・独立して11年目を迎えました。既存の他、新規事業も開始するなど新しいチャレンジをしていくフェーズでもあり、既存にこだわらない柔軟性の高い発想で開発・運用を進めていただける方を歓迎しています。

当社サービスの多くは、もともと開発を外部へ委託してましたが、本当に良いサービスを作りたい、作った後も要望にこたえていきたいと考え、2012年よりシステムの内製化を開始。アジャイル開発も Ruby言語も知らないメンバーがイチからチームを立ち上げ、勉強しながら、Java で作られた外注システムを Ruby製/内製へとリプレースしてまいりました。まだまだ改良の余地のあるチームなので、これからジョインする方にはチーム運営改善にも携わっていただけたら、と考えています。

利用者に近い環境で、大規模な自社サービスに関わりたい方は、ぜひ一度私たちのオフィスにお越しいただき、ざっくばらんにお話してみませんか? エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:00〜17:30(コアタイムなしのフレックスタイム制)
【休日休暇】土日祝日、年末年始休暇(12/29~1/3)、有給休暇、特別休暇(夏季休暇3日、慶弔休暇、他)

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費全額支給(6ヶ月定期)
  • 社会保険完備
  • 退職金制度
  • 従業員持株会

会社データ

株式会社ネクスウェイ
株式会社ネクスウェイ

Nexway Co., Ltd.

メンバー
masamatsu1968
松森 正彦
yusuke.otsuka.750
Yusuke Otsuka
chihiro.shitara.3
設楽 ちひろ
970125329715746
小田切 一成
543002552514781
543002552514781
wangdan
丹 王
825485910882402
横森 大輔

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル


事業内容

株式会社ネクスウェイは、複数の情報通信系プロダクトの提供を行う会社。Webを通じて様々なコミュニケーションを可能とする各種サービスの企画・開発・運営を行っています。

ネクスウェイの前身である株式会社リクルートは、1985年の通信事業の民営化による自由競争スタートと同時に、同事業分野に乗り出し、FAX通信サービスの提供を開始。そして1988年、FAX を複数地点へ一斉送信できる「FNX(Flexible Network Exchange)サービス」をリリースしました。

この FNX事業を母体として、伝票・帳票の送信サービス「Host to FAX(現・FNX e-帳票FAXサービス )」他、ビジネスコミュニケーションを簡単・便利にするサービスを複数展開。1999年には、NTTコミュニケーションズのシェアを抜き、通信業界トップへと躍り出ました。

急速に変化する情報通信ビジネスにおいて、さらに高付加価値・高品質なサービスを提供していくためには機動的な事業展開が必要との想いから、2004年10月に株式会社リクルートより分社独立。株式会社ネクスウェイとして新たなスタートを切りました。

2005年には、株主をリクルートからシステムインテグレーター事業を主軸とするインテックへと変更。2008年、ネクスウェイはインテックが設立した共同持株会社・ITホールディングスのグループ会社となり、様々な IT基盤を活用したサービスを引き続き提供しました。

2010年、メール/FAX/郵送でのコミュニケーションを Web上で実現するサービス「NEXLINK(ネクスリンク) 」をリリース。2015年9月現在までに、大手企業を中心に約6,000社に利用されるまでに規模を拡大し、ネクスウェイの中核を担っています。

当社のビジネスドメインは、様々な手段を通して「伝えること」そのものです。FAX一斉同報サービスや、メールや郵送によるダイレクトマーケティング・テレマーケティングなどの手段に加え、スマートフォンアプリやクラウドサービスといった新しい情報提供手段までをカバーし、ニーズや目的に合わせたサービスを提供。さらに広告主や広告代理店に向けて、デジタルサイネージ事業も2015年に運営を開始しています。

今後は、コミュニケーションクラウドサービスの展開を目指し、従来の通信ビジネスだけでなく、NEXLINK を活用した、販売促進の効果向上や業務の生産性向上を中心に、「お客様の成果を実現する」ビジネスを目指し、新たな価値創造を実現していきます。


会社・オフィスのアピールポイント
  • 技術に関する知見共有が活発。週に2回の社内勉強会を実施しており、意見交換も積極的に行っています。
  • 技術イベント、社外勉強会への積極的な参加を推奨しています。
  • 会社の PC とは別に、Macbook を支給しています。
  • 男女の在籍比率は6 : 4。開発部と営業部との距離は近く、自社サービスを良くしていこうという一体感の強い職場です。
  • 18時以降は、ビールとレッドブルが飲み放題です!
  • コアタイムなしのフレックスタイム制を敷いています。効率良く働けるよう、各自の裁量に任される環境です。