【東京/福岡/京都】Backlog、Cacoo他、チーム開発支援ツールの併用を便利にする「ヌーラボアカウント」を手がけるエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

ヌーラボの複数のサービスを、1つのアカウントで使えるようにするサービス「ヌーラボアカウント」をご担当いただきます。

ヌーラボアカウント

ヌーラボは、「Backlog 」、「Cacoo 」、「Typetalk 」の3つのチーム開発支援サービスを提供しています。これらに共通して利用される認証や各種管理機能などを、1アカウントですべて利用できるようにするのが「ヌーラボアカウント」であり、いわば、サービスを支えるサービスになります。

アカウントを1つだけ登録することで、すべてのヌーラボのサービスが自動的に同期され、各サービスを簡単に切り替えて使うことができます。また、同一インターフェースでの支払い管理、グループ管理なども可能となります。

2015年6月現在は、Cacoo のみに対応していますが、Backlog Typetalk にも導入を進めており、複数のサービスを利用する管理者にとって便利なサービスとなることを目指しています。

各サービスの概要

  • Backlog

    開発者以外の方でも使いやすいプロジェクト管理ツールです。ガントチャート作成、バージョン管理、課題管理、Wiki など様々な機能を搭載しており、Web上でプロジェクトを一元管理することができます。

    有料版の導入企業は3,300社を超えており、約37万人のユーザーを保有。今なお成長中のサービスです。

  • Cacoo

    Web上で簡単に図を作成、共有できる作図ツールです。サイトマップやワイヤーフレーム、フローチャート、マインドマップなど、多種多様な図を作成することが可能。

    また、Cacooエディタで使用できるステンシルやテンプレートを、ユーザー自身が作成し、オンラインで自由に売買ができる「Cacooストア 」もご好評をいただいています。

    2015年6月現在、約160万人のユーザーを集めており、その内、85%以上が海外のユーザーという広く世界中で利用されているコラボレーションツールです。

  • Typetalk

    「チャットはもっと楽しくなれる」がコンセプトのチャットツールです。PC やスマホで簡単にメッセージのやり取りが可能で、発言に「いいね!」をつけたり、メッセージをまとめて保存することもできます。ユーザー数は約1万人を集めています。

具体的な業務内容は?

ヌーラボアカウント 」の運用、機能追加、改善についての設計、開発に携わっていただくことになります。

2015年6月現在、シングルサインオン、組織やグループの管理、契約管理といった機能を提供していますが、今後は2段階認証、外部の認証機関による認証など、多岐にわたるセキュリティ面の強化を予定しています。

設計/開発は明確に工程が分かれているわけではありませんので、開発者が主体となって機能の企画や設計、実装を進めていくこととなります。

他サービス群の基盤となるようなサービスですが、UI / UX などサービスの「おもてなし」力を高めていくために、数多くのレビューを重ね、検討を行っていただくこととなります。インフラについては、開発者とインフラエンジニアで協力しながら改善・運用を行っていきます。

現場で使われている技術は?

開発言語に Java(8系)、フレームワークに Spring Framework を使った構成です。JUnit でユニットテストを記述しており、Jenkins によるテストの自動化環境を構築しています。

フロントエンドについては、altJS として Haxe を使用しており、MVVCフレームワークに Knockout.js を使用しています。

また、Java や Haxe の開発環境として IntelliJ IDEA Ultimate を利用しています。

データベースは MySQL(Amazon RDS)を使用。ログ集積に Fluentd を使っています。

インフラは AWS。デプロイツールに Fabric、構成管理に Ansible を導入しており、サーバー監視に Nagios、Mackerel を使用しています。

チーム開発においては、Gitリポジトリの管理とプロジェクト管理を Backlog 上で行っており、チャットツールに Typetalk を使用しています。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

技術面でアピールできることは?

  • 社内には様々な領域のプロフェッショナルがおり、それぞれの知識を共有することにより、各々の技術力の向上につなげることができます。
  • 社内で得た知見は、ブログや技術発表セミナーなどで積極的にアウトプットしています。
  • 新しい技術の使用には積極的にチャレンジしており、毎週金曜日に技術的なトピックを取り上げてディスカッションを行っています。
  • 仕事上で開発したライブラリでも、有益なものはオープンソースを公開することが可能です。

【参考リンク】

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

チームメンバーのアイデアや社内からの要望、お客様からの要望を基に、将来的に実装したい機能リストを作成します。機能リスト作成後、プロダクトオーナーを中心にチーム内で議論を行い、優先順位をつけ、次に実装する機能を決定します。実装する機能は Cacoo でおおまかな設計に落とし、チーム内で議論を重ねながら細部を詰めていきます。

設計にはあまり多くの時間を割かず、早い段階で実装までを済ませます。その後、社内でドッグフーディング(自分たちで実際に使ってみること)を行いフィードバックを集め、ブラッシュアップすることもあります。

また、ヌーラボではグローバルに通用するコラボレーションサービスの提供を行っているため、海外スタッフからのアイデアや海外プロダクトの動向・トレンドも、仕様作成の参考にしています。

タスクの見積もり、スケジュール管理

タスクの見積もりは各エンジニアが行っています。

スケジュール管理については、洗い出されたタスクを基にリリースの目安をつけ、そこに向かって開発を進めますが、開発が進むにつれタスクの細部が明確になっていくため、リリース時期の調整が行われることもあります。

開発フロー、デプロイフロー

イテレーション期間について厳密な取り決めはしていませんが、本番環境へは週に1度程度の頻度でリリースしています。

デプロイフローについては、Fabric による CI 環境を構築しているため、環境によってはソースコードのコミットからビルド、テスト、デプロイまでが自動化されています。また、いわゆる ChatOps的な開発や、デプロイの見える化・自動化を進めているところです。

コードレビュー

コードレビューについては BacklogTypetalk 上、またはテレビ会議システム上で行い、議論します。

2015年6月現在は Backlog の Git にプルリクエスト機能を開発中で、これを用いたレビューに移行している最中です。

ソフトウェアテスト

JUnit による単体テストを実施しており、Jenkins による自動化を行っています。機能テストレベルでも、一部 JUnit によるテストを行っています。また、受け入れテストのために、ソースコードの更新後は自動的にデプロイされる実行環境を構築しています。

チームの構成は?

メンバー構成

ヌーラボアカウントは現在、5名のメンバーで開発を進めています。

  • プロダクトオーナー 1名(福岡)
  • Webアプリケーションエンジニア 2名(東京)
  • マークアップエンジニア 1名(福岡)
  • Webデザイナー 1名(アリゾナ)

今回のポジションでは、1〜2名程度を採用する予定です。

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 主体性を持ってアイデアを提案し、実現できる方。
  • Webアプリケーションのセキュリティに関する知識が豊富な方。
  • データベースについて深い知見をお持ちの方。
  • UNIX / Linux に関する知識が豊富な方。
  • AWS に関する知識が豊富な方。
  • 1つ以上のプログラミング言語に精通している方。
  • 周りの人と積極的にコミュニケーションを取ることができる方。

提示年収の上限額
700 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ヌーラボという社名は、Null(ヌル=無)と Lab(ラボ)を組み合わせた造語で、無から有を創り出す研究所のようでありたいという想いが込められています。

無から有を創り出すのは決して簡単な仕事ではありませんが、その分、各個人のポテンシャルを存分に活かせるとも考えています。

ヌーラボは懸命に働き・懸命に遊ぶことをモットーとしており、ユーザーの仕事に楽しさを加え、アイデアを生み出すお手伝いをすることを任務としています。チーム内の多彩な才能を1つにまとめ、BacklogCacoo といったツールにより、世界中にシームレスな仕事環境を構築できるよう、日々努力を重ねています。

そんな私たちに少しでも興味を持ってくださった方、サービスとともにご自身も成長させていきたい! という意気込みをお持ちの方は、ぜひ私たちのオフィスにお越しいただき、色々なことをお話ししてみませんか?

エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】9:00〜18:00

【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、子育て支援休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費全額支給
  • 社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
  • 英語学習手当支給(8,000円/月)

会社データ

株式会社ヌーラボ
株式会社ヌーラボ

Nulab Inc.

メンバー
12701267e76541111c17432b41954e08
吉田 太一郎
Nobody
馬場 保幸
Nobody
橋本 正徳
D821873029c4755a15c8f5fef6f494a7
松岡 博
Nobody
後藤 幸
Nobody
きむ ゆう
3d845823515bc4e1ef19c1c920e31913
中原 正二
Nobody
岡藤 佳祐
29f9a67e3ae63819bc838c0e6de8f0d6
Tsuyoshi Yoshizawa

エンジニアの割合
65%

勤務地

東京都東京都新宿区袋町3 神楽坂センタービル3F


事業内容

株式会社ヌーラボは、プロジェクト管理ツール「Backlog 」や、図の作成・共有ツール「Cacoo(カクー) 」など、世界中で使われているチーム開発支援サービスを複数提供しています。

CEO の橋本正徳は地元福岡の高校を卒業後に上京、飲食業に従事した他、劇団主宰、DJ など様々な活動を経験。その後20歳で福岡へ戻り、家業である建築業に携わったものの、水に合わず派遣プログラマーに転身、業務システムの開発などを手がけました。

Java を勉強しつつ仕事に励むかたわら、プライベートでも Eclipse に関する技術情報サイトを立ち上げるなど、Web上で自ら情報を発信。これを機に、当時開発経験が半年にも満たなかった橋本に書籍執筆のオファーが舞い込み、職場の同僚である縣俊貴(現・CTO)との共著による『Javaセンスアッププログラミング 』の発行を実現しました。

意気投合した2人は、福岡発の勉強会コミュニティ「Mobster」を立ち上げ、様々なオープンソースプロジェクトを開始。BBS やメーラー、Wiki エンジン、バグ管理システム、コード生成プログラムといった数多くのソフトウェアを次々とリリースしていきました。また、コミュニティ活動の一環としてインターネットラジオを配信、リスナーである開発者とコラボレートしながら開発談議やプロダクト改善を行っていたことも。

派遣として働きながらも多岐にわたる活動を行っていましたが、もっとユーザーとコミュニケーションを取りながら効率的にフィードバックを受けられるような、開発者にとってより良い環境を作りたいと思案した橋本と縣の間で、「自分たちの目指す開発者向けのサービスを作って、ユーザーに提供していこう」という想いが一致。Mobsterコミュニティで知り合ったエンジニアの田端辰輔(現・CMO)を加え、2004年3月、株式会社ヌーラボを3名で共同創業しました。

設立当初はエンジニア派遣業で稼いでいましたが、書籍執筆の実績も縁となり、受託開発案件が徐々に増加(2015年6月現在、派遣・受託業務は行っていません)。

さらに、過去に開発したバグ管理システムを骨組みとしたソフトウェア開発プロジェクトに必要な機能を統合した自社ツールの開発にも着手し、プロジェクト管理ツール「Backlog 」の β版を2005年にリリース。
イシュー・トラッカー、開発リポジトリ、Wiki など、チーム開発に必要な機能を数多く搭載した、「オールインワン型のプロジェクト管理ツール」としてサービス提供を開始しました。

Backlog のユーザーは順調に増加し、2006年には正式版をリリース。しかし、同サービスでは情報共有の際に必要となる作図ができないことが課題として挙がりました。

その問題解決として、Web上で図の作成・共有ができるドローツール「Cacoo 」を開発、2009年に β版をリリースしました。WordPress 主催のイベント「WordCamp NY 2009」での展示を行ったことで海外メディアにも取り上げられ、海外ユーザーを流入させることに成功。日本のメディアからも注目を集めた Cacoo は、2010年に正式版の提供を開始、ローンチから2年半後の2012年6月には、国内外含めて約50万ものユーザーを獲得しました。

また、プロジェクト管理サービス Backlog も中国語版(簡体字および繁体字)の提供をスタートし、本格的に海外へ向けてサービスを展開。

海外ユーザーを多数取り込んだ Cacoo もさらに成長を続け、2013年の時点で100万ユーザーを突破。これを追い風に新たなツール開発を行い、チーム開発用チャットツール「Typetalk 」の β版を2013年に、正式版を2014年にリリースしました。

さらに、ヌーラボが提供する複数のチーム開発ツールを1つのアカウントで利用できるよう、アカウント統合サービス「ヌーラボアカウント 」を2014年にオープン。

2015年2月には法人向けに「Cacoo for Business 」を公開。提供開始からひと月足らずで約60社に導入されており、内10社をアメリカやフランス、ブラジルなど、国外の組織や企業が占めています。

2015年6月現在、ヌーラボは福岡に本社を置き、東京、京都、シンガポール、ニューヨークに支社を構えています。世界中に複数の拠点を持つことで、自社サービスを使いながらのチーム開発を実践し、離れた場所同士のコラボレーションにおける問題点を解決することに努めています。

ヌーラボのサービスのコンセプトは、「仕事の中に楽しさを」。チーム開発に関わるすべてのメンバーが、楽しく、高いモチベーションで仕事に取り組めるようなサービスを、今後も提供していきます。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • 入社された方には、最新の MacBook Pro または iMac と、高解像度ディスプレイ、外付けキーボード(ご希望があれば Happy Hacking Keyboard Pro でもOK)をご用意しています。
  • 1年に1回、「Backlog改善週間」と称して、1週間 Backlog の改善だけを集中的に行う取り組みがあります。他のプロジェクトの開発メンバーを含めすべてのメンバーが参加するので、一体感によって盛り上がるだけでなく、大きな成果を出すことに成功しています。他のプロジェクトについても、今後は同様の改善期間を設ける予定です。
  • 不定期ですが、年に1回開発合宿を行っています。普段の仕事から離れて、自由な開発を行う機会を作っています。
  • こちらも不定期ですが、年に1回、ヌーラボのカンファレンス・NUCON(ヌーコン) を開催。イベント終了後には Nulab Night というパーティーも行っています。社員やその家族、取引先の方などを招待して、バンド演奏なども行う楽しいイベントです。
  • 全国各地に事業所があります。ニューヨークやシンガポール、台湾、ベトナムにもスタッフがおり、国際色豊かなチームコラボレーションを経験できます。

この企業の他の求人