Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

シェア No.1 のクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を開発する Rails エンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

社会保険・雇用保険の手続きを自動化するクラウド型ソフトウェア「SmartHR 」を開発しています。私たちはクラウド人事労務ソフト「SmartHR」を提供し、世の中のバックオフィス業務をよりかんたん・シンプルにすることで、価値のある仕事に集中できる世界を作っていくことをミッションとしています。

1人の従業員が入社する度に作成・提出が必要な書類の枚数をご存知ですか? 私たちの生活は、社会保険や労働保険など様々な制度によって守られていますが、その手続きは未だに複雑でアナログです。SmartHR では、蓄積された従業員データを元に、入退社手続きに必要な書類を自動で生成したり、総務省が提供する行政機関API(e-Gov)と連携することで業務の効率化を実現しています。また、これらの書類に用いられる従業員の人事データは常に最新で正しい情報であることが保証されているため、この情報を活用し人事・労務領域のみならず、企業向け・従業員向けを問わず様々なサービスを企画・開発していく狙いもあります。SmartHR のバックエンドシステムは今のところ大規模なトラフィックを捌いたりする必要はありませんが、レガシーな既存の制度をソフトウェアの力でモダンにしていくため、深いドメイン知識を身につけることを要求されます。あわせて不定期に発生する法改正やフォーマットの更新、利用ユーザ層の変化などを見据えた将来の変更に耐えうるソフトウェア設計・実装能力も期待されます。

日々の業務においては新機能開発や既存機能の改修を中心として、企画・設計・開発・運用の一連の SaaS プロダクト開発に必要な全てのフェーズに携わっていただきます。また、風通しの良いオープンな社風を良しとしているため、エンジニアリング領域のみならず全社的・組織的な改善提案や議論についても自由に行うことができ、チームとして課題を解決していくことを最重要視しています。

直近の具体例は?

AWS + Heroku を活用したマイクロサービス化
雇用契約書をオンラインで締結するサービスの新規開発
サービスをより速く開発しリリースするための CI/CD 環境の改善・刷新
外部サービスとの連携を実現する SmartHR API の機能拡充や性能改善

求められるスキル・経験など

  • SmartHR のミッションに共感できる人
  • Web アプリケーション開発の実務経験

歓迎されるスキル・経験

  • Ruby on Rails による Web サービス開発・運用経験
  • GitHub を用いた複数人での開発経験
  • AWS / GCP を利用したインフラの運用経験
  • SaaS / 業務ソフトウェアの開発経験
  • OSS の公開やコントリビュートの経験

開発体制

スクラムをベースに SmartHR の機能開発やカイゼンを行っています。
週次でスプリントを回し、開発メンバー全員でゴールを共有することを心がけています。
ユーザから上がった機能要望や不具合に対しては、全員で課題のコストを見積もり、早い開発スピードを保ちつつも無理のないスケジュールを立てています。

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う
  • プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしていない

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている
  • コード品質評価ツールを導入して、メンバーが常に確認できるようにしている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している

アジャイル実践状況

  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている
  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • タスク見積もりの単位には絶対量(人日など)ではなく相対ポイントを用い、極力複数人の意見を調整する形で行っている
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている

ワークフローの整備

  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている

オープンな情報共有

  • 開発に必要な全ての資料やデータ(個人情報を除く)は、実装を担当するメンバーなら誰でも、上長その他の許可の必要なく自由に閲覧できる
  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている
  • フレックスタイム制または裁量労働制を採用している
  • リモート勤務を行うことができる

メンバーの多様性

  • 開発部門に学生インターンを受け入れている
  • 外国籍の開発メンバーがいる
  • 育児中の開発メンバーが在籍している

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • 無料または格安の社員食堂、または「まかない」サービスがある
  • ストックオプションまたは自社株購入支援制度がある

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある
  • 経営トップがエンジニア出身、または現役のエンジニアである

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術

言語

フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

その他

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 92%
  • 女性 8%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

「労務手続き」ってご存知ですか?
ざっくり言うと「雇用」に関する「役所の手続き」です。例えば従業員を雇用した時に行う社会保険や労働保険への加入手続き、育休・産休の保険金給付の申請などのことです。
小さな会社では経営者が、比較的大きな会社では総務部や人事部の方々が担当されています。

会社がこの手続きをやってくれるお陰で、医療費の自己負担が減ったり、育休・産休や、病気での休職時、失業時などに生活に必要なお金を受け取ることができるのです。
つまり「労務手続き」は、従業員が安心して働けるよう影から支えるとても大切なお仕事です。

でも労務手続きって、実はとても大変なんです。

  • たくさんの書類を書かなければいけない
  • 用語が難しい、どこに何を書けばいいか分かりづらい
  • 作った書類をお役所に持っていかなければならない
  • そもそもどんな手続が必要かわからない

などなど・・・。

私たちは SmartHR を通じて、このメンドウな手続きを分かりやすく、簡単に、親しみやすくしたいと思っています。
そして、1人でも多くの人が安心してよりよく働ける世界を実現したいと考えています。

大事にしている働き方

刺激し合える環境づくり

SmartHRにはフロントエンドスペシャリスト、インフラスペシャリスト、OSSコミッターや技術書執筆者など優秀なエンジニアが多く在籍しています。
エンジニアにとって刺激をし合える環境を作りたいと考え、日々お互いの得意領域を補完しつつ、切磋琢磨しています。

顔を合わせたものづくり

SmartHRはまだまだ小さい会社なのでスピードが重要です。何かひとつ説明するにしても、その場に全員がいれば簡単に伝わります。
なにより、みんなが会社に揃って、文化祭の一週間前のような空気の中で、一緒にひとつのものを作っていくことが楽しいと思っています。

子育てをしても働きやすく

コアタイムが10:00-16:00なので、16:00過ぎにお子さんを迎えにいく方もいます。
登園の遅れやお子さんの体調不良など、家庭の事情に寄り添った働き方を受け入れています。
エンジニアチームでは、現在3割のメンバーが子育てをしながら勤めています。

勤務時間・休日休暇

勤務時間

  • 10:00-19:00 (10:00-16:00をコアタイムとしてフレックス制度を適用しています)

休日休暇

  • 土日祝日(完全週休二日)
社会保険・福利厚生など

福利厚生

SmartHRではメンバーが思いっきり働けるような環境づくりを心がけています。
メンバーがよりパフォーマンス高く働けるよう、日々アップデートしていきたいと考えています。

〇働きやすさ
・フレックス制(コアタイム10:00-16:00)
・ツール使い放題(ほぼノールック)
・たばこ吸わない手当て
・オフィスコンビニ
・オフィスおかん
・お昼寝推奨(お昼寝スペースあり)
・セキュア手当て(1Password などの費用負担)

〇コミュニケーション活性化
・フリーアルコール(毎日18:30以降)
・シャッフルランチ(毎週水曜日)
・部活制度

〇スキルアップ支援
・書籍購入制度(Slack に書くだけ)
・資格保持費用の負担(士業など)
・勉強会や講座受講の費用負担(都度相談)

〇育児サポート
・男性向け育休制度(2週間の休暇)
・一時貸付金(育児休業給付金が支給されるまで)※1
・育児環境を整える補助※2

※1 雇用保険の育児休業給付金が支給されるまでの2カ月間の生活補助を目的にしています
※2 食洗機やルンバなどに使ってOK

〇季節モノ
・花粉症対策グッズ
・麻疹の予防接種費用の負担

〇エンジニア向け
・リモートワーク(週1回)
・PC周辺機器の自由選択
・RubyKaigi などカンファレンスの参加費、交通費、宿泊費
・業務扱いで RubyKaigi などのカンファレンス参加

最高のパフォーマンスで働くための環境を、一緒につくっていきましょう!

社会保険

完備