Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

テクノロジーの力で不動産業界に価値提供するRubyエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

デジタルトランスフォーメーション事業部では、

■不動産一括査定メディア「イエウール
■外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス「ヌリカエ

という2つのプロダクトを柱に不動産に関わるすべての人を対象に価値を提供するサービスづくりを目指します。

不動産売却という人生で何度も経験することのない体験をあんしんして行ってもらえるよう、 生まれたサービスが「イエウール」。
メディアだけにとどまらず、不動産業者様が利用する業務支援アプリの開発など、不動産流通のフローに深く踏み込み価値提供を図りたいと考えています。

不動産の価値と安全性を維持するにあたり、外壁や屋根の修繕を行う施工業者とのマッチングを図るために生まれたサービスが「ヌリカエ」。
修繕のタイミングや多種多様な施工内容があるためユーザが判断するのはとても難しい中、ヌリカエは直接ユーザの悩みお聞きし仲介することで優良な施工業者をご紹介します。

お任せしたい業務

  • メディアの高速化や不動産業者さまが利用するパートナーツールの新規開発、
  • カスタマーサポートのためのAdmin機能開発など、ユーザー体験の高品質化を目指した開発を行っています。

中長期的には蓄積した不動産取引データを活用した独自コンテンツの生成、
チャットボットやAIなどテクノロジーを活かした業務支援など、既存の枠組みを超えた価値提供を実現したいと考えています。

-コールセンター業務システムの開発・運用
- ユーザーとの会話で得られた音声データの解析、提案力向上のための機能追加
- 蓄積された成約データを活用しAIよる業務支援

  • イエウール/ヌリカエともに既存領域だけではなく、 不動産資産の流動化/不動産価値の維持向上を実現するための、 新規サービスの開発に継続的に取り組んでいます。

Speeeのものづくり体制

Speeeでは、現在、プロダクトマネジメント、エンジニアリング、デザイン組織が三位一体となってプロダクト開発を推進する体制です。

事業サイド主導の開発スタイルではなく、プロダクトマネージャーが想定する製品の理想像である「プロダクトコンセプト」と、その実現のための道のりを示す「プロダクト計画書」を、エンジニアの技術力で実現し、更にプロダクト価値を最大化させるため、デザイナーが最高のユーザー体験を考えてものづくりを進めていきます。

開発計画・フローについて

Speeeでは、「開発サイクル」と呼ばれる開発運営をプロダクトを保有する全事業において、
徹底して運営しています。
1エンジニアの意見を無視することなく、プロダクトを前進させる健全な意見を真摯に開発計画に取り入れるという文化を根付かせプロダクトマネージャーだけでなく、エンジニア・デザイナーの意志も巻き込み計画を立てます。

開発体制・環境

開発メンバーの裁量

  • OS やエディタ、IDE といった個人の環境は、各自の責任で好きなものを使うことができる
  • 企画を決定する場に、実装を担当する開発メンバーが参加している
  • タスクの見積もりは、実装を担当するメンバーが中心となって行う
  • 全体のスケジュール管理は、途中の成果を随時確認しながら、納期または盛り込む機能を柔軟に調整する形で行う
  • プロダクトの開発言語やフレームワークなど主要な構成技術は、基本的に最新版より1年以上ビハインドしていない

コード品質向上のための取り組み

  • 本番にデプロイされるコードには、全てコードレビューまたはペアプログラミングを実施している
  • 「リファクタリングは随時行われるべき」という価値観をメンバー全員が共有しており、日常的に実施している
  • 何らかのコーディング規約をチーム全体で遵守するようにしている
  • 提出されたコードには自動的にリグレッションテストが実行される環境が構築されている

テストの実施度

  • ほとんどのプロダクトコードに単体テストを記述、実施している
  • 機能の実装と同時にテストコードを記述している

アジャイル実践状況

  • 1ヶ月以下の短い期間でのイテレーション開発を実践している
  • イテレーションの最後などに、定期的にチームでふりかえりミーティングを行っている
  • 継続的なデプロイ(デリバリー)を行っている
  • デイリーでスタンドアップミーティング、またはそれに準じるチーム内の打ち合わせを行っている

ワークフローの整備

  • 全てのコードをバージョン管理ツールで管理している
  • 各メンバーが実装したコードのマージは Pull Request ベースで行われる
  • 自動(=システム化され、1コマンドで実行できる)ビルド、自動デプロイ環境が整備されている
  • コードによるインフラ構成管理(Infrastructure as Code)の環境が整備されている

オープンな情報共有

  • KPI などチームの目標・実績値について、メンバーの誰もがいつでも閲覧可能になっている
  • チャットツールを導入しており、チームのためのチャットルームがある
  • 専用の情報共有ツールを使って、ノウハウや議事録、日報などの情報共有を行っている

労働環境の自由度

  • 仕事中、イヤホンの装着が許容されている

メンバーの多様性

  • 育児中の開発メンバーが在籍している

待遇・福利厚生

  • 入社時には、各自希望のスペックの PC やディスプレイが支給される
  • フリードリンクが提供されている
  • 希望者には定価 6 万円以上のオフィスチェアが支給される

技術カルチャー

  • CTO またはそれに準じる、技術やワークフローの標準化を行う役割の人・部門が存在する
  • エンジニアの人事評価にエンジニアが関わっている
  • エンジニアを対象にした勉強会、カンファレンスを主催したことがある
  • 取締役(社内)または執行役員として、エンジニアリング部門の人間が経営に参加している

現場で使われている技術は?

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

その他

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 100%
  • 女性 0%

読者に向けてメッセージをどうぞ!

エンジニアがより働きやすい環境を

Speeeではエンジニアがより開発に熱中し、ワクワクできる環境をエンジニアと共に作っています

  • 2年周期での最新高スペックMacbook Proを支給 ※iOS開発の場合はiMacも支給可能
  • 好きなキーボード、マウスを支給
  • 選べる椅子制度(エルゴヒューマン、バロン、コンテッサから選択可能)
  • 副業可(個人のサービス開発や技術顧問など)
  • 書籍購入費負担(月1万円まで)
  • 個人利用のサーバ費用を月1万まで会社負担
  • 社員向けLibrary完備(オライリーは最新刊が随時届きます)
  • ソファーやスタンディングテーブルのあるラウンジの作業環境
  • コーヒー飲み放題(Speeeオリジナルのブレンド豆使用)
  • 住宅手当3万円(規定の最寄り駅より3駅以内)
  • カンファレンス参加費負担(宿泊費・交通費負担も有り)



Speee開発部の特徴

  • Ruby開発者 まつもとゆきひろ氏、元クックパッド 井原正博氏や藤吾郎氏など 外部からも強力なメンバーを集め技術力の向上に取り組んでいます
  • RubyKaigiの上位スポンサーやもくもく会の実施等、社内外問わずエンジニアコミュニティーへの貢献を積極的に行っています

  • OSS活動支援
    クリアコード社と提携し、OSS活動や勉強会の開催を活発に行っています

    • OSS Gate in Speee:OSS活動初心者を支援するワークショップ
    • 「Rubyでデータ処理できるようにするプロジェクト」Red Data Tools の活動支援
  • 技術ブログ の更新や技術プレゼン大会の開催、カンファレンスでの登壇など、積極的にアウトプットする文化があります

勤務時間・休日休暇
勤務時間

9:30 ~ 18:30 (休憩 60分)

休日・休暇
  • 完全週休2日制
  • 有給休暇(半年勤務後10日)
  • 年末年始休暇
  • 夏季休暇
  • 慶弔休暇
  • パパ立会い休暇
  • マタニティー検診休暇
  • ファミラブ休暇
社会保険・福利厚生など
保険

・各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

諸手当・制度

・交通費全額支給
・家族手当
・皆勤手当
・勤続手当
・結婚祝い金
・出産祝い金
・パパ立ち会い休暇
・マタニティー健診休暇
・マタニティー健診補助

その他、労働条件

・契約期間:無期限
・時間外労働:あり(月平均20時間)
・固定残業代:あり(月45時間分の固定残業手当を給与に含み、超過分は別途支給)
・試用期間:あり(3ヶ月、試用期間中の雇用形態・待遇の変動は原則ありません)