Forkwell Scout をはじめよう。Forkwell Jobsに掲載中の企業からスカウトが届きます。

歯科医院のシゴトを便利にする!ユーザビリティー高いシステムを実現するCTO候補を募集中です

担当するプロダクトは?

歯科業界向けの CRMシステム「Apotool&Box 」をご担当いただきます。

歯科医院に特化した予約管理システムとして、患者の来院・支払い・キャンセルといった履歴データを取得し、システム上でわかりやすく見える化。初めて使う方・パソコンに不慣れな方でもすぐに使える操作性の高さを特長として、数多くの医院で活用されています(参考リンク:ユーザーの声 )。



豊富なリスト管理からの自動送信メール・患者の絞込による手動送信メールといった機能により、確実な顧客の囲い込みを行うマーケティングツールとしての役割も併せ持ち、医院の自費率向上とキャンセル率軽減に寄与。
業務効率の飛躍的な向上だけでなく、スタッフの業務成績確認、レセコン(レセプト:診療報酬明細書 を作成するコンピュータ)とのデータ連携による経営指標の視覚化まで可能です。

さらに、MFクラウド会計 for デンタルクリニックとの連携 、自社サービスである歯科医院向け iPadポスレジ「お会計さん (2017年7月リリース予定)」を併用することで、会計業務、現金管理、経営分析まですべて自動化・効率化することができます。

現在は歯科業界に特化して展開していますが、今後は美容業界への進出を見据え、院内・室内のインフラとなる基幹システムとしての提供を視野に入れています。

長期的には、診察券のアプリ化や、在庫管理、受発注管理、勤怠管理、給与管理などを搭載し、全てのバックオフィスの業務を一元的に管理できるシステムへの進化を目標とし、全ての業界における「Back OfficeのIT化」のテーマに沿ったサービス開発を行っていきます。

具体的な業務内容は?

Apotool&Box 」の各種機能の開発、およびインフラ周りの運用に携わっていただきます。

企画段階からエンジニアが関わり開発を進めるとともに、DevOps としてインフラ周りの業務にも取り組んでいただきます。また今後、派生する関連サービスの開発をご担当いただくこともあります。

募集の背景として、現 CTO の退職にともない、システム開発を統括する新たなエンジニアの方へ引き継ぎが必要な状況があります。メンバークラスのエンジニア(現在は2名)の入れ替えも視野に入れており、システム統括に加えチームマネジメントを併せてご担当してくださる方を歓迎します。
2017年9月までを目処に引き継ぎを完了し、新たなチーム体制のもと、技術部門の進むべき道を見つけることがミッションです。

まずは歯科業界、既存サービスの理解を最優先としていただきつつ、ユーザーの要望を受けてサービスをどのように改善していくかを柔軟に考えて実行することが求められます。
今後は新機能・連携機能も増えていくことから、フロントエンド・バックエンド問わず、システム全体の性能向上を考えることに長けた方をお待ちしております。

現場で使われている技術は?

システムの大半は CakePHP 製で、レセコンとの連携部分・バッチ処理などは EC-Cube を導入しています。
また、一部の管理画面では Ruby on Rails を使っています。

今後のシステム拡張性を鑑みて、CakePHP から Rails へのリプレースを検討中。ジョインする方のスキル・ご希望も考慮に入れ、今後決定していきます。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

ソースコード管理

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他、現場で使われている技術

技術面でアピールできることは?

  • 予約システムに入力される様々なデータや、各医院に設置されているレセコン(診療報酬明細書を作成する機械)から吸い上げたデータなど、通常なかなか扱えないデータを用いることができる面白みがあります。それらのデータを BIツールに落とし込めるサービスは Apotool&Box の他になく、革新的なプロダクトを成長させていけるやりがいがあります。
  • データ吸い上げは既存のレセコンメーカーのほとんどに対応。メーカーによる方式の違いを巧みに吸収するノウハウがあります。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

営業メンバーを通してユーザーの要望を受け、開発ミーティングで代表を交えて議論し、システム化する/しないを決定 → するのであればどのように進めるか、を決めていきます。
時にはユーザーである歯医者さんにオフィスへ来ていただき、エンジニアも参加して要望をうかがい、実現方法をいっしょに考えることもあります。

開発の進め方

作るものが決まったら Redmine でチケット化し、CTO が各担当者にタスクを振り分け、各々が開発工期を出して対応していきます。
アジャイル開発で2週間に1回のリリースというサイクルを回していますが、プロダクトやユーザーの特性から新機能の効果・フィードバックを長い目で見る必要があるため、今後は1ヶ月に1回リリースという期間に変更していく予定です。

また、優先度の高い機能開発・バグ改修といった緊急対応にも柔軟に取り組みます。

チームの構成は?

チームの性別比率

  • 男性 100%
  • 女性 0%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • CTO として新たな開発体制を構築し、サービス拡大・成長に寄与してくださる方。

提示年収の上限額
1,000 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ストランザでは、各部門のメンバーがオープンスペースで密に関わりながらサービス開発を進めています。
今後の規模拡大を見据えて社内体制をどんどん整えるべく、これからジョインする方を交えて、新たな開発体制だけでなく会社全体の仕組みもいっしょに作っていくことができたらと考えています。

医療業界・歯科業界の知識がなくても差し支えありません。今までになかった分野に挑戦する気概をお持ちの方を、心より歓迎します! 興味を持ってくださった方のエントリーをお待ちしております。

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費一部支給(月額3万円まで)
  • 社会保険完備

会社データ

株式会社ストランザ
株式会社ストランザ

Strainsa co, Ltd.

メンバー

エンジニアの割合
20%

勤務地

東京都港区芝公園1-3-5 バルコ御成門 8F


事業内容

株式会社ストランザは、歯科医院向け予約システムの開発・販売を行う企業です。

創業者の西島彰一は1961年12月生まれ。大学を卒業し朝日生命保険相互会社に勤務、為替ディーラー、株式ディーラーを経て、外資系消費財メーカーにてマーケティングを担当。その後も数社のベンチャー企業の代表取締役を歴任し、上場準備に携わってきた人物です。

2013年5月、今後の人口低下と中小企業における IT化の推進を読み取り、「CRM こそがインフラになる」という信念のもと株式会社ストランザを創業。
業界特化型の CRMシステムに着目し、まずは歯科業界にフォーカス。ITリテラシーの高くない同業界では CRM という言葉に馴染みがないため、「予約システムで業界内での信頼を得て、その後に CRM としての導入へと移行させていく」手法をもって、システム構築を開始しました。

歯科業界特化の予約システム開発メーカーとして後発であるメリットを享受すべく、先行メーカーの特性を徹底的に分析、先行メーカーにはない機能を搭載することで市場のニーズを組みとり、誰にでもわかりやすく使いやすいシステムを実現。その取り組みが奏功し、開発・販売スタートから約4年が経過した2017年5月現在、昨年度の契約数の伸び率は右肩上がりで、他社と比較して50%以上引き離している状況です。

直近では「歯科医院のバックオフィスをIT化する」というテーマのもと、マネーフォワード社と業務提携 。さらに、医療業界特化のポスレジ「お会計さん (2017年7月リリース予定)」を自社で開発中です。

診察券のアプリ化やスタッフ向けシステム(勤怠管理、給与管理、コミュニケーションツールなど)のアプリ化、受発注管理、在庫管理システムまでを今後の開発の視野に入れており、医院内インフラとして完全に定着させることを目指しています。
2018年以降は美容業界への進出も計画中。全てのバックオフィスの業務を一元的に管理できるシステムを実現するべく邁進しています。


会社・オフィスのアピールポイント

会社の雰囲気、いっしょに働くメンバー

  • 営業/カスタマーサポート/開発といった部門の垣根はなく、各メンバーがサービス改善・成長のための自由な発想や意見を共有できる環境です。開発チームも「こんな機能があったほうが良くない?」「この機能はなくても良さそう」といった意見を積極的に発信でき、実現することができます。
  • 歯科衛生士の資格保有者が在籍しています。歯科業界に詳しくない方も、既存メンバーに質問・相談しながら知識を深めていくことができます。

プロダクト開発のやりがい

  • 数多くの医院に導入され稼働しているサービスに、悪い影響を与えないよう開発・改修を進めることが求められます。ユーザーに手間や迷惑をかけずサービスをより良くする、というビジネス寄りの視点が身につきます。
  • 設計書通りではなく、要望を採り入れながらユーザーに役立ててもらえるサービスの開発をしています。実際に作ったシステムが世に出て、ユーザーに使ってもらえたときの達成感は非常に大きいです。