【iOS開発】受講者数2.5万を突破、教える人・学ぶ人をWebマッチングする「ストリートアカデミー」担当メンバーを募集!

担当するプロダクトは?

教える人・学ぶ人をつなぐスキルの共有プラットフォーム「ストリートアカデミー 」と、法人向けのスキル習得支援サービス「ストアカ for Biz 」、両サービスに携わっていただきます。

ストリートアカデミー

自分のスキルを活用して講座やワークショップを開催できる、スキル共有のマーケットプレイスです。

Web上でマッチングを行い、リアルで講座を開催することが可能。誰もが先生として教えることができ、生徒として学ぶこともできる、実名制のコミュニティとなっています。

【サービスの特徴】

  • 入会金は0円、1度だけでも参加できる

    入会金や月謝は一切なし。単発もしくは短期で参加できる講座やワークショップが多くを占めています。

  • 講座の掲載は事前承認制

    各講座は、ストリートアカデミー運営事務局がプロフィールと内容を確認・承認した上で掲載。学ぶ側のユーザーにも安心して講座を選んでいただけます。

  • お金のやりとりも徹底管理、返金にも対応

    クレジットカード決済に対応。受講料は講座開催日の1週間後までストリートアカデミーがお預かりしており、申込締切日までキャンセル・返金も可能です。

2015年9月時点で、掲載講座数は全国で約3,300件、累積受講者数は25,000人を突破。国内10万ユーザーに利用されており、月間100万PVを稼ぐサービスに成長、月間受講予約数も直近1年間で5倍の規模に増加しています。

収益面については、発生した受講料売上の5〜15%を、講座開催を行ったユーザーから成果報酬ベースでいただくビジネスモデル。知らないユーザー同士がリアルに出会い、学びを体験するサービスなので、ユーザー視点での細かい配慮を心がけながら改善を続けています。

今後は、まずは東京が7割を占めているユーザーベースを日本全国の主要都市に拡大していくことを目指しており、さらに海外進出も視野に入れています。

【参考リンク】


ストアカ for Biz

社員のスキルアップを支援する、法人向けの教育サービスです。

法人・団体単位の契約が可能。事前購入したポイントを利用して、社員がスキルアップしたいジャンルの講座を自由に受講することができます。

従来の研修とは異なり、学びたいものを社員が選べることが大きな特徴であり、社員に学んで欲しい講座を会社からオススメできるレコメンド機能や、社員の受講状況を効率良くモニタリングできる管理機能も搭載しています。

会社が負担する金額と社員の自己負担の割合を0%〜90%まで自由に設定することができ、研修から福利厚生まで様々な用途にご使用いただけるサービスです。

2015年6月のリリース以降、ガイアックスや NECマネジメントパートナー、ラクスル他、10社以上への導入実績を重ねています。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

iOSアプリのネイティブ開発リーダーとして、「ストリートアカデミー 」の各種機能開発、サービス改善に携わっていただきます。

新機能や改善案について積極的な提案を行いながら、実装していただきます。社員は十数名と小さくフラットな組織ですので、エンジニア同士のみならず、ビジネスサイドの人間とも情報を共有して意見を出し合い、物事を進めていきます。

現場で使われている技術は?

iOSアプリは100% Swift で開発を行っています。

サーバーサイドは Ruby と Rails による構成。CircleCI 上で自動テストを実施しています。

2015年9月現在、データベースは MySQL(Amazon RDS)を使用していますが、近日中に Amazon Aurora への移行を予定しています。

採用されたら使う技術

言語

プロジェクト管理

情報共有ツール

その他

その他、現場で使われている技術

言語

フレームワーク

データベース

技術面でアピールできることは?

  • 月間100万PVを超えるトラフィックを効率良くさばいています。サービスの成長にともない日々増加する大量データの扱い方など、運用を経て多くの技術的知見、ノウハウが貯まってきています。
  • ご希望があれば、フロントエンドやサーバーサイドシステムにも携わっていただき、スキルの幅を広げていただくことも可能です。

開発の進め方は?

次に作るものはどうやって決められるか

ディレクターとユーザーサポート部隊、エンジニアチームを含めた話し合いにおいて、優先順位付けを行います。仕様への落とし込みは、ディレクター・エンジニア・デザイナー間で話し合いながら行います。

タスクの見積もり、スケジュール管理

プロジェクト管理は Backlog を用いて共有しつつ、全体のスケジュール管理はディレクターが行います。開発する機能ごとにエンジニア・デザイナーそれぞれにヒアリングを行って見積もります。

開発フロー、デプロイフロー

開発フローについては、ユーザーが必要とするものをより早く提供できるよう、日々改善を重ねています。デプロイフローは原則、GitHub Flow に基づいています。

コードレビュー

基本は GitHub の Pull Request 上でコードレビューを行っています。開発規模の大きいものや複雑なものについては、適宜対面でのコードレビューを行います。

ソフトウェアテスト

一部機能については単体テスト・機能テストを行っており、CircleCI を導入して自動テスト環境を構築しています。

チームの構成は?

メンバー構成

2015年9月現在、開発部のメンバーは常駐スタッフ2名と外注スタッフにより構成されています。エンジニア4名、デザイナー1名の常駐体制に向けて現在リクルーティングを進めております。

また機能実装毎に通常以下のようなチーム体制を組みます。

  • ディレクター 1名
  • Webエンジニア 1名
  • スマートフォンアプリエンジニア 1名
  • デザイナー 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • プログラムの可読性/保守性/実行速度/工数など、様々な条件を考慮した上で最適解を見出し、設計・実装できる方。
  • ユーザーやビジネスサイドのニーズを汲み取り、システムとして仕様と設計に落とし込める方。
  • 経験値が少ないエンジニアの積極的な育成支援を行うことができる方。
  • チーム全体のパフォーマンスを最大限に高めるための施策を提案・実行できる方。

提示年収の上限額
700 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

ストリートアカデミーでは、「身近な人から気軽に学べる社会を創る」というミッションのもと、小さなチームでコツコツとサービス改善を続けています。ユーザーのためになるアイデアを自ら提案し、実践したい方、会社の成長と個人の自己実現の両立を目指していきたい方を、心から歓迎いたします。

多くの人にスキルを共有することができる日本最大級の学び場を作ること、教育の自由化を実現することに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ一度私たちのオフィスでお話してみませんか? エントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】10:00〜19:00
【休日休暇】土日祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 通勤交通費一部支給(月額5万円まで)
  • 社会保険完備
  • ストリートアカデミーでスキルアップする場合、受講料を月額6,000円まで補助

会社データ

ストリートアカデミー株式会社
ストリートアカデミー株式会社

Street Academy, Inc.

メンバー
Nobody
北川 徹

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都文京区小石川1-4-1 住友不動産後楽園ビル18F


事業内容

ストリートアカデミー株式会社は、誰でも自分のスキルを教える講座を開催できる Webプラットフォーム「ストリートアカデミー 」他、複数のサービスを運営する会社です。

CEO の藤本崇はニューヨーク州・コーネル大学を卒業後、スタンフォード大学で MBA を取得。スタンフォード在籍時、スティーブ・ジョブズの有名なスピーチ「ハングリーであれ。愚か者であれ」を生で聞いて感銘を受け、いつか自身も起業したいという想いを抱くように。学生生活を終えてからは、ユニバーサルスタジオにて機械設計エンジニア、航空貨物輸送のフェデックスにてオペレーション企画、投資ファンドのカーライル・グループで企業買収担当を務めるなど、複数のキャリアチェンジを経験しました。

その後日本へ帰国。40代を超えた人が別の業界に転職したり、年配者が大学へ進学したりとキャリアシフトが容易なアメリカと比べ、日本ではそういった環境が整っていないことを実感しました。

また、藤本の妻が主催していたケーキ教室がアメリカ在住時に大好評だったものの、日本では集客に苦労して断念するといった出来事を身近に経験。個人が学びの場を提供し、多くの人が新しいことに挑戦しやすい環境を作りだす環境があればと強く感じた藤本は、その領域開拓にビジネスチャンスを見出すとともに構想を固め、1人でシステムを作り始めました。

2012年7月にストリートアカデミー株式会社を創業。誰でも自分のスキルを人に教えられる Webプラットフォーム「ストリートアカデミー 」を、翌8月にリリースしました。

コンテンツとなる講師探しから地道に行い、数名の人気講師が生まれたことを機に生徒の口コミで集客の輪が広がる、という好循環を、約1年かけて構築していきました。

リリース後しばらくは東京限定でしたが、2013年11月に国内全県での展開をスタートし、サービスエリアを順次拡大。

経験値を短期間で積むことができる場として個人講師に対するサービス認知が広がったことから、ストリートアカデミー は講師を輩出するプラットフォームとしても機能し始めました。口コミを貯めた講師が、出版社から著書執筆のオファーを受けるなどの事例が出てきたことから、講師の派遣事業も開始。ストリートアカデミーに登録している講師を企業に派遣する「オフィスク 」の運営を2014年に開始しました。

2015年6月には法人向けの受講プラン「ストアカ for Biz 」を提供開始。ガイアックスや NECマネジメントパートナー、ラクスル他、10社以上に導入されました。

2015年9月現在、ストリートアカデミー の登録ユーザー数は45,000人以上。のべ受講者数は25,000人以上、講座掲載数は3,000件に上る規模となっており、その数をさらに伸ばしています。

これまで、2013年6月にサイバーエージェント・ベンチャーズ、Genuine Startups Ltd. から総額4,000万円、2014年8月にモバイル・インターネットキャピタルから1億3,000万円の資金調達を実施済み。2015年内の調達も目指しており、上場も視野に入れています。

当社は「身近な人から気軽に学べる社会を創る」ことをミッションに、誰もが持っている好きなことや得意なことを、場所にとらわれず、気軽に教えたり学んだりできる場を提供していきます。それによって新しいことに踏み出す人や自由に生きる人、やりたいことを全うする人を増やし、出会いや発見による自己実現ができる社会を目指しています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント
  • ヤフー出身のエンジニアや Google出身のマーケター、元リクルートの事業開発担当など、様々なバックグラウンドを持つメンバーが在籍。各人の多彩なスキルを活かしたチーム体制です。
  • スキルアップ・キャリアアップを応援するカルチャーがあり、社内での勉強会を随時開催しています。
  • ストリートアカデミーの受講でスキルアップに励む社員には、受講料の補助を行っています(月額6,000円まで)。
  • 要件定義段階から参加することができるので、自分たちでサービスを作り上げていると実感できます。
  • 交流を深めるための社内イベントを、社員主導により月1の定例で行っています。
  • エンジニア限定でアーロンチェアを用意しています。

この企業の他の求人