エグゼクティブと資産アドバイザーをマッチングするプラットフォーム「ZUU Advisors」を開発する Webエンジニアを募集!

担当するプロダクトは?

エグゼクティブ世帯と資産アドバイザーのマッチングサービス「ZUU Advisors 」の開発を担当していただきます。

金融資産を多く抱えるエグゼクティブ層が Web上で最適な資産アドバイザーを探せるクローズドなマッチングプラットフォームで、1,000を超えるコンテンツから世帯のニーズに沿った金融情報を提供し、サイト内で資産アドバイザー(銀行、証券、ファイナンス、不動産など)の中から世代を超えて付き合えるパートナーを見つけることができるサービスです。

これまで金融機関は自身が不利になる情報を外部に提供しなかったため、中立的な情報が一般に出回ることはありませんでした。ZUU Advisors はこの情報格差を解消して、個人を対象としたリテール金融の領域へメスを入れ、金融業界で最も大きいと言われる顧客アドバイジングプロセスのマーケットを開拓しました。

  1. 500名を超える金融の専門家による執筆記事
  2. 資産アドバイザーが答えるQ&Aサービス、Advisorsコラム
  3. サイト内で選定された資産アドバイザーへの個別相談

この3つの価値をユーザーに提供することで、資産アドバイザーを選択する上で必要な金融リテラシーの不足を解消し、また信頼できる資産アドバイザーと出会える貴重な場を提供しています。
金融アドバイザーにとっては効率的に営業やコンサルティングを行うことができ、資産家とアドバイザー双方にメリットのあるサービスになっています。

また独自のアルゴリズムを用いてアドバイザーを定量的に比較・検討できるようになっており、ユーザーが多数のアドバイザーの中から自分に最適なアドバイザーを選ぶことを可能にしています。

収益源についてはプレミアムサービス会員からの利用料、資産アドバイザーへの課金、そして広告収入となっています。

【参考リンク】

具体的な業務内容は?

ZUU Advisors 」の企画、各種機能の開発、インフラ構築まで全ての工程に携わっていただきます。

また、「人(アドバイザー)を定量的かつ公平性を持って比較・検討できるシステム」をより高いレベルで実現するための研究開発についても担当していただくことになります。

現場で使われている技術は?

Rails 製のシステムで、バージョンは2014年6月現在で4.1系を使用。RSpec による単体テストを実施しています。

フロントの JavaScript は CoffeeScript で記述。データベースは MySQL(Amazon RDS)です。

インフラは AWS で、デプロイは Elastic Beanstalk でおこなっています。

またログ管理に Loggly、パフォーマンスモニタリングに New Relic を使っています。

チーム開発は GitHub上で行い、タスク管理に JIRA、チャットツールに ChatWork を使っています。

採用されたら使う技術


フレームワーク

データベース

プロジェクト管理

情報共有ツール

開発の進め方は?

ディレクターとエンジニア間でプロジェクトの方向性を話し合い、タスクレベルまで落とし込み、優先順位をつけて開発を進めます。

また、マッキンゼーの元コンサルタントが同席するプロジェクト会議を週次で行い、各項目に対して明確な KPI を設け、PDCA を意識してプロジェクトを進行しています。

ユーザーにとっての最適なプロダクトになるよう、積極的にユーザーヒアリングを行い、そのフィードバックによる改善を繰り返しながら開発しています。

チームの構成は?

メンバー構成

ZUU Advisorsチームは以下のメンバーで構成されています。

  • プロジェクト監修 3名(内、外部スタッフ2名)
  • ディレクター 1名
  • エンジニア 1名

チームの性別比率

  • 男性 ?%
  • 女性 ?%
  • その他 ?%

この仕事のやりがいは?

  • 企画段階から積極的にジョインすることになるので、「作りたいプロダクトを作る」ことができます。
  • 既存プロダクトだけでなく、新規プロダクトの企画立案も行うことができます。

提示年収の上限額が出せる人材像は?

  • 開発だけでなく、企画に対しても深くコミットできる方
  • アプリ開発とインフラ運用の双方に対して、高い知識や経験を活かせる方
  • 自分のチームだけでなく会社全体にもいい影響を与えられるリーダーシップを持った方

提示年収の上限額
800 万円

読者に向けてメッセージをどうぞ!

日本の5,000万世帯の内、1/5が金融資産3,000万円以上と言われており、株式会社ZUU はこれを「エグゼクティブ」と定義つけています。このユーザー層に銀行、証券、保険業や不動産業の金融に関わるアドバイザーが適切にアプローチできるマッチングプラットフォームを、国内だけでなく今後は海外に向けても構築することを目指しています。

今の歪んだ金融業界にテクノロジーの力で創造的破壊をもたらすことを目論む当社で、新しいテクノロジーの開発に挑戦したり、世界に通用するサービスを開発することに興味を持たれた方、まずはカジュアルにお話しさせてください。

あなたのエントリーをお待ちしています!

勤務時間・休日休暇

【勤務時間】 10:00〜19:00
【休日休暇】週休2日、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

社会保険・福利厚生など
  • 社会保険完備

会社データ

株式会社ZUU
株式会社ZUU

ZUU Co., Ltd.

メンバー
Nobody
原田 佑介
Nobody
森 大地
Nobody
Kazumasa Tomita
6392965fdafbaa1d489bd387c6790b38
寺師 佳彦
Nobody
財部 優一
Nobody
押田 裕太
Nobody
鈴木 祐一
Nobody
山上 泰史
Nobody
岩田 仙吉

エンジニアの割合

未回答


勤務地

東京都目黒区青葉台3-6-28 住友不動産青葉台タワー9F


事業内容

株式会社ZUU はインターネットを通じた金融アドバイザー支援事業、および富裕層向け金融ポータルメディアの運営を行っている会社です。

代表の冨田和成は一橋大学経済学部出身。在学中にソーシャルマーケティング事業で一度会社を興すも、卒業後は野村證券に入社。支店営業にて同年代のトップセールスや会社史上最年少記録を樹立し、その後富裕層向けプライベートバンク部門に異動。さらに金融資産10億円以上の企業オーナー等への事業承継や資産運用・管理などのコンサルティングを担当しました。

在職中にシンガポールへビジネス留学をしていた際、金融 × IT市場の調査を行う内、金融に関するノウハウやマーケットの情報が大手企業に独占されて中小企業や個人の領域にまで流通していないことに着目。

帰国後の2012年9月に金融関連の情報を配信するサービス「ZUU Online 」を立ち上げ、社員のまま事業を開始。2013年3月に野村證券を退職して事業を法人化し、同4月に株式会社ZUU の設立に至りました。

質の高い情報を大量に発信することを目指してサービスを開始しましたが、当初はコンテンツを作る人材が集まらずなかなか軌道に乗らなかったことも。そのため外部ブレーンへのアウトソーシングを行ってコンテンツを数多く集め、徐々に読者を増やすことに成功。金融業界からの中立的な情報を提供することで富裕層・準富裕層のユーザーを囲い込み、月間100万以上のPVを集めました。

これに次ぐサービスとして、金融資産3,000万円以上を保有するエグゼクティブ層と、銀行マンや証券マンを始めとした国内約100万人の資産アドバイザーをネット上でマッチングする「ZUU Advisors 」を提供開始。富裕層による金融アドバイザーサービス利用課金と広告収入を始め、サービス開始直後からコンサルティング・講演依頼や営業担当者向けの研修、また他サイトからのコンテンツ制作の依頼が殺到。起業後半年で早くも黒字化を達成しました。

また現在までに、NISA(少額投資非課税制度)情報提供サイト「NISA online 」、投資家向け不動産情報サイト「不動産online 」など、金融系の情報メディアを中心に計11のサイトを提供、広く金融関連情報の配信を行っています。

2014年2月からは、NTTグループの運営する日本最大級の Q&Aサイト「教えてgoo 」とのサイト連携を開始。コンテンツと質問に対する回答を goo のサイトに提供しています。また5月には ZUU Online が Googleニュースのコンテンツパートナーメディアに採択されるなど、配信経路の増加によりさらに読者層を拡大しています。

現在は英語版メディアも立ち上げ、海外展開もスタート。2014年中の海外法人の設立も視野に入れながら、さらなる金融コンテンツ強化への投資を続けています。

株式会社ZUU は、国内金融業界の活性化とともに凍り付いていると言われている日本人の個人金融資産1600兆円を動かし、日本経済全体の活性化を促すことを今後の目標としており、さらに24年後の2038年には「金融 × IT」で時価総額100兆円を超える世界的企業を作ることを目指しています。

【参考リンク】


会社・オフィスのアピールポイント

株式会社ZUU では、NRIでインフラサービスの管理・運用に従事し、グリーでソーシャルゲームの開発に従事した弊社開発本部長の寺師に加えて、弊社の事業に共感した優秀な仲間が続々とジョインしております。
直近では、情報処理推進機構(IPA)「未踏IT人材発掘・育成事業」においてスーパークリエータに認定(2010年)された、オンライン英会話のベストティーチャー元取締役CTOであり、現在、日本デジタル教科書学会委員を務める後藤正樹氏が10月5日より弊社のCTOに就任いたしました。
自らのスキルを伸ばしながら、優秀な仲間と会社を成長させていける環境がございます!


この企業の他の求人